ゼネコンの現場監督はきつい?忙しい?業界の実情を解説

公開日:2024/05/01   最終更新日:2024/01/29

?ゼネコンの現場監督といえば、労働環境や年収などに対する様々なイメージが存在します。一部では厳しい労働環境が指摘されていますが、最近は働きやすい環境が整備され、給与面でも魅力的な職種になりつつあります。本記事ではゼネコンの現場監督の実態と、転職の際のポイントを徹底解説します。

ゼネコンの現場監督はきつい?忙しい?

ゼネコンの現場監督は、建設プロジェクトにおけるキーとなるポジションであり、その仕事は多岐にわたります。

かつては激務とされ、過酷な労働環境が指摘されていました。しかし近年では、働き方改革の一環として週休2日制度の導入や残業時間の規制が進み、労働条件がずいぶん改善されています。これによって、従来のハードな就業環境から、働きやすい状況になりました。

ゼネコンの仕事の特徴は、高度なスキルや知識が求められ、優秀な人材が集まりやすいという点です。建設業界は今後も拡大する見通しで、現場監督の需要も高まっているため、大手ゼネコンでは高学歴で優秀な人材を多く求めています。

激務という一面がある一方で、給与水準が高いため、大学の建築学科出身者が現場監督を目指すことも少なくありません。現場監督の仕事は非常に多岐にわたり、現場での指示や安全管理、工期管理などの業務に加えて、事務作業も多くあります。

プロジェクトの進捗状況や予算管理、資材調達などもその責任範囲に含まれるのです。特に繁忙期には、早朝から夜遅くまで働くことを求められ、一日の労働時間が長くなることもあります。

現場での業務だけでなく、事務所での書類作成や管理業務も重要な役割であり、これらの要因が現場監督の忙しさのもととなっています。このように、他の職種と比較するとたしかに現場監督の仕事は忙しいと言えますが、その分高い給与水準が期待できます。

また、大規模な建設プロジェクトに携わることが多いため、成し遂げたときの達成感ややりがいも大きいと言えます。建設業界の発展と共に、現場監督の役割も重要性を増しており、これからも注目を集めるポジションであると言えるでしょう。

ゼネコンの現場監督の年収は最低でも450万円以上!

ゼネコンの現場監督は、他の職種や業種に比べて平均年収が高いとされています。

建設プロジェクトの規模や企業の規模により異なりますが、全体的に高い給与水準が維持されているのです。小規模企業でも、年収が450万円以上となることが一般的であり、中規模企業では600万円以上、大規模企業では700万円以上の年収が期待できます。

大手ゼネコンでは、大規模な建設プロジェクトに従事することが多く、高い年収の一因となっています。プロジェクトの規模が大きいほど、それに従事する現場監督の責任やスキル要求も高まりますが、その分報酬も増加します。

このように、建設業界での現場監督の給与は他の職種や業種に比べて引けを取らない水準にあります。現場監督の仕事は専門性が高く、優秀なスキルや経験が求められるため、それらを持つ人材は市場価値が高くなっているのです。

そのため、現場監督がキャリアアップを果たすと、年収もアップしやすくなります。また、昇進やスキルアップだけでなく、大手企業への転職も収入増の一つの手段として考えられます。

大手企業では、より大規模で複雑なプロジェクトに携わる機会が増え、それに伴い年収も向上することが期待できます。工事の規模が大きければ、それに伴う報酬も高まり、給与面での充実感も得られるでしょう。

繁忙期には長時間の労働が必要となることもあるものの、その分の報酬とやりがいを感じながら働くことができます。その給与水準の高さや建設業界の成長性から、ゼネコンの現場監督職は他の職種と比べて魅力的なキャリアパスの一つと言えるでしょう。

現場監督に向いている人の特徴

次に現場監督に向いている人の特徴を見ていきましょう。

リーダーシップのある人

現場監督の仕事では、プロジェクト全体を指揮し、計画通りに進行させる役割が求められます。

リーダーシップのある人は、チームをまとめ、問題発生時に冷静かつ迅速な判断ができるため、プロジェクトの成功に大きく寄与できます。

コミュニケーション能力のある人

現場監督は多岐にわたるステークホルダーとコミュニケーションを図る必要があります。

発注者や設計者との打ち合わせ、現場の職人への円滑な指示・連携、関係機関との調整など、幅広い人と円滑に意思疎通を図るために、高いコミュニケーション能力が求められます。

問題解決力のある人

現場監督は施工現場で様々な課題やトラブルに対処する必要があります。

そうした状況において、迅速かつ効果的な問題解決が求められます。現場監督は柔軟かつ創造的な発想で問題に対処し、プロジェクトの進行を円滑に保つ必要があります。

計画性のある人

現場監督は工程管理や進捗管理が不可欠です。

計画通りに工事を進めるためには、スケジュールや予算の管理が重要です。計画性があり細部まで気配りができる人材は、プロジェクト全体を効率的に進めることができます。

技術的知識を持つ人

建設プロジェクトにおいては、技術的な知識が求められます。

現場監督は設計図を理解し、建築や土木工事に関する基本的な知識を有していることが望まれます。これにより、的確な指示や判断を行い、工事の品質を確保することができます。

ゼネコンの現場監督に転職するために必要なポイントとは?

ゼネコンの現場監督に転職する際に成功するためには、いくつかのポイントがあります。

第一に、関連する資格や免許の取得が欠かせません。

建築士や施工管理技士の資格は、専門的な知識やスキルを証明するものであり、転職先での信頼性を高め、選考での競争力を向上させます。同時に、安全管理やプロジェクトマネジメントに関する資格も有益です。

これらの資格を取得することで、自己の専門性を強化し、新しい職場での役割に対する自信を築くことができます。

次に、人脈の構築が重要です。業界内でのつながりや信頼関係は、転職活動を成功に導くために不可欠です。

セミナーやイベントへの積極的な参加、そしてSNSを活用したネットワーキングが役立つでしょう。他の建築関連のプロフェッショナルとの交流を通じて、求人情報や転職に役立つ情報を得ることができます。

転職先を選ぶ際には、企業の働き方や環境、将来性などを検討することも大切です。週休2日や残業規制を導入している企業や、従業員のキャリア開発を支援する制度が整っている企業は、長期的なキャリア形成に適しています。

選択する企業が自分の価値観やキャリア目標に合致しているかどうかを確認し、将来の成長を見据えた転職を目指しましょう。

最後に、履歴書や職務経歴書の作成も慎重に行うことが必要です。自分の強みや実績を明確にアピールし、転職志望動機を具体的に伝えることが重要です。これらの文書によって自分が企業に対してどのような価値を提供できるかを示すことが、転職成功への鍵となります。

資格取得から人脈形成、企業選定、書類作成までをバランス良く進め、現場監督という新たなステージへのスムーズな転職を目指しましょう。

まとめ

ゼネコンの現場監督は、過去に比べて働きやすい環境が整備され、給与も他の職種と比較して高水準となってきています。一方で忙しいことは確かで、特に繁忙期には長時間労働が必要となることもあります。優秀な人材が多く揃う業界であるため、その中で積極的にキャリアアップを図り、給与面でも充実した生活を築くことが可能です。現場監督に転職を考える際は、自身の経験やスキルを活かしつつ、転職市場や求人情報をしっかりと把握し、成功に導くことが大切です。

 

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

宅建士とは、不動産分野で専門的な知識を有する資格です。本記事では、建築設計業界でも活躍の場が広がりつつある宅建士のスキルに焦点を当て、どのようなメリットがあるのかについて探ります。建築や不動

続きを読む

プラントエンジニアはプラント設計の専門家で、企画から維持管理まで幅広い役割を果たしています。その高度な専門性とスキルはモノづくりに欠かせず、将来性も期待されているのです。この記事では、プラン

続きを読む

ゼネコンの現場監督といえば、労働環境や年収などに対する様々なイメージが存在します。一部では厳しい労働環境が指摘されていますが、最近は働きやすい環境が整備され、給与面でも魅力的な職種になりつつ

続きを読む

建設業界では、「ゼネコン」と「ハウスメーカー」が主要なプレイヤーとして活躍しています。この両者は建築においてそれぞれ異なる役割と特徴を持っています。この記事では、ゼネコンとハウスメーカーのそ

続きを読む

建築積算士資格試験は、その難易度からすると少し高いといわれています。建築業界で欠かせない資格であるため、取得することで転職やキャリアのステップアップにつながります。この記事では、建築積算士の

続きを読む

建築士になるためには、単なる資格取得だけでなく、特定の性格や特徴が求められます。建築士に向いている人物像や必要な資質について、4つの視点から解説していきます。自分自身の適性を知り、建築の世界

続きを読む

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境

続きを読む

転職エージェントは転職を検討している人にとって効果的なサービスです。しかし、いつまでサポートを受けられるのかわからず、利用を迷っている人も少なくないと思います。本記事では、転職エージェントの

続きを読む

電気通信工事施工管理技士になるには、実務経験が必須ですが、実務経験がなくても資格を取得する方法が存在します。本記事では、実務経験の有無に関わらず資格を取得するための詳細な情報を提供します。受

続きを読む

建設・土木業界における長年の悩みである3K(きつい、汚い、危険)から脱却し、新たな働き方新3K(給料がよい、休暇が取れる、希望が持てる)を実現すべく、国土交通省を中心に業界全体で取り組みが進

続きを読む