【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト5選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

資格がなくても転職エージェントを利用すれば建築設計業界で働ける?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/03/12

転職をする際、転職エージェントを利用することでスムーズに転職活動を進められるというメリットがあります。

もちろんエージェントを利用するメリットはスムーズな転職活動ということ以外にもあり、例えばエージェント利用だからこそ紹介してもらえる案件というのも存在しています。

そのため、現在ではスムーズに、そしてより自分に合った求人 に出会うためにも転職エージェントを利用する人は増えています。

また、エージェント自体は色々な転職サイトに存在しているので、例えば建築設計業界で働きたいというときはその求人を多く扱っているサイトを利用すれば、より自分の条件 にマッチしたものを紹介してもらえます。

 

資格はあるに越したことはありません

転職をする際は、新入社員のように成長するのを待っていてもらえるというわけではなく、基本的には即戦力として働いてもらうことを期待して採用されます。

だから経験者はもちろんのこと、色々な資格を持っている人の方が優遇される傾向です。

建築設計の場合も専門性が高い仕事が多く、その仕事を行うために色々な知識や技術が必要です。

だから、できるだけ色々なところで活躍したい、自分の市場価値を高めたいと考えているのであれば、なるべく資格を取得しておく方が無難です。

そのため、転職活動をする際、離職中であればまずは必要なものを一つでもとっておくことが推奨されています。

また在職中の場合も時間が許す限り頑張って勉強し、試験などにも合格して取得しておく方が良いといえるのです。

自分が持っているものは、自分自身にその技術があることを証明するものだからです。

もちろん建築設計に関係ないものばかり取得しておくというのは自分のアピールポイント にはしづらいのであまりおすすめできませんが、建築設計に関係するものは一つでも多く取得しておく方が良いでしょう。

履歴書にも記入することができるし、面接を受ける際の自分のアピールポイントとして活用することも十分かのうです。

 

資格がなければ仕事が見つからないというわけではない

実際に転職をする場合、建設設計業であれば、その仕事に関する資格を持っておく方が自分にとってもプラスになります。

ただ、自分は何も持っていない、技術がないからその業界で働くことができないかと言ったらそうではありません。

採用されないのではないか、そもそも求人がないのではないかと心配する人もいますが、実際に探してみると何も持っていなくても採用されている人は多くいます。

たしかに持っている方が色々な仕事ができるということで採用される確率がアップする可能性も十分ありますが、もっていなければ採用しないというわけではありません。

そもそも、仕事というのはその人にどれだけ技術があるかを証明することも必要ですが、その人がどのような経験をしてきたかということも重要になってくるからです。

だから、どのような実務をしていたかということ、更にどう言った能力があるかを面接の時にアピールできれば、知識や技術がもしなかったとしてもそれほど悲観する必要がないと言えます。

では未経験の業種の場合はどうでしょうか。

建設設計業で働く人の中には、前の職種はまったく関係のないものだったという人も珍しくありません。

その場合、以前の職場での実績がほとんど建設設計業では活かせない可能性も出てきます。

ただ、実はこの場合も悲観する必要はなく、自分が今までどのような経験をしてきたか、どう言ったことができるかというのをアピールすれば、採用される可能性は十分にあるのです。

 

注意しておきたいことを知りましょう

建設設計業に転職をする際、実際には資格がなかったとしても、また全くの未経験のジャンルだったとしても採用される可能性が全くないというわけではありません。

とはいえ、絶対に採用されるというわけでもないので注意が必要です。

まず重要になってくるのが、応募要項の必須条件のところに資格が記載されていないかどうかということです。

ここに何も記載されていなければ何も気にすることなく応募することができます。

また記載されている場合は残念ですが諦めるか、自分が必要なものを取得してから再度応募するということになります。

では転職エージェントを利用した場合はどうでしょうか。

転職エージェントは自分の希望するジャンルの仕事などを紹介してくれます。

現在では平日だけでなく休日対応をしているところもあるので、より転職を行う際の強いパートナーだと言っても決して過言ではありません。

だから、現在転職活動をしている人の多くは自分だけで活動しているのではなく、転職サイトに登録し、エージェントの助けを受けながら活動している人が多くいます。

もちろん利用する方が色々な求人に出会うことができるし、何より自分の転職の成功率がアップする可能性が十分にあります。

では資格がない場合の採用に関してですが、こちらに関しても、自分の条件でも応募できる求人を紹介してもらえるということになるので、自分だけで求人を探しているときよりも成功率がアップすると言って良いでしょう。

なので、資格がなくても転職エージェントを利用すれば建設設計業界で働くことは十分可能です。

しかし1つだけ注意していただきたいのは、エージェントを利用すればどんな条件でも働けるというわけではないということです。

実際に必須事項に書かれている内容を満たしていない場合は、エージェントの助けを得ても採用はかなり難しいからです。

あくまでも必須事項を満たしている求人に応募した際は、ということを頭の中に置いておくと良いでしょう。

 

実際に転職活動をする場合は、建設設計業だけでなく転職エージェントの利用が推奨されています。

自分だけで転職活動をするときよりもはるかに本人の負担が軽減されるからです。

特に仕事をしながらの転職活動の場合は、エージェントの助けがかなり役立つと感じるケースも少なくありません。

ただ、エージェントを利用すれば百発百中で採用されるというわけではないので注意が必要です。

あくまでも採用される確率が格段にアップするだけだと理解しておきましょう。

また、転職をする際は資格の有無を問われることもありますが、ないからと言って自分に不利に働くとは限りません。

応募要項の必須事項の中に書かれていなければ、未経験者であっても建設設計業で働くことができます。

とはいえ、持っているに越したことがありません。

だから、もし時間と予算に余裕があるのであれば、必要となりそうなものを取得しておくと良いでしょう。

その方が採用試験の際だけでなく、採用後の仕事の幅も格段に広がるからです。

また転職エージェントを利用しても資格が必要な求人に無資格でも採用されるというわけではありませんが、自分の状況に合った求人を紹介してもらうことができます。

だから、採用率はアップするということです。

しかし、建設設計業自体は専門性が高い仕事も多いので、条件によっては求人数が少なくなってしまったり、採用数が格段に少なくなる可能性もあります。

ですから、未経験者でも知識や技術がなくても採用される可能性はありますが、なるべく自分の市場価値を高めておく方が、転職活動をする際はプラスに働くということも知っておくと良いでしょう。

また、実際に何を取得しておくと良いかわからない場合は、エージェント に聞くと教えてもらうこともできます。

自分の転職を有利に進めるためにも、転職エージェントは上手に活用すると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧