転職エージェントから合否連絡がくるまでの日数はどれくらい?遅い理由とは?

公開日:2021/09/15  


転職エージェントを通じて募集に応募すると、転職エージェントを通じて合否の連絡が来ますね。でも、連絡が来るまで日数があると心配になるでしょう。連絡が来ないままでよいかわからず、連絡を催促するようなことになったら印象が悪いため、どうしようかと悩むこともあるかと思います。今回はそんなときに考えるとよいことをまとめました。

転職エージェントから合否連絡がくるまでの日数

転職エージェントから合否の連絡が来るまでの日数は、何日くらいが一般的なのでしょうか。誰でも初めて転職活動をするときは、気になるところですね。人によって、相手方の企業によって日数にバラツキはありますが、転職エージェントから合否連絡が届くまでの目安は、面接後「1週間程度」くらいといわれています。そのため、面接から数日が経っても連絡が来ないとしても、そのくらいは待ってみないと採用なのか不採用なのかは、どちらともいえないというのが正直なところでしょう。

なぜこれくらいの日数を要するのか、気になるところかもしれません。これは、社内での意思決定のプロセスによるところが大きく、応募者について面接した結果を社内の関係者の間で共有し最終決定まで行くのに、やはりこれくらいの日数が掛かるということです。既に会社やその他の組織で働いたことがある人ならなんとなく想像が付くかと思いますが、社内の重要なことほど、末端の社員が一人で決められる訳ではないはずです。

必ず上長承認があったでしょう。採用プロセスでも、やはりこのプロセスが欠かせず、面接をした社員が自分だけの意思で採用や不採用を決定しているわけではありません。面接した結果を上長に報告し、協議した上で採用や不採用を決めています。

当然、他にも仕事を抱えながら採用活動を行っているため、上長との打ち合わせもすぐにはできないかもしれません。新しい社員を雇うということはとても重要な判断なので、どこの会社でも慎重に議論を重ねて意思決定しているはずです。そういうことを考えると、1週間くらいの時間は要するだろう、というのが一般的な相場になるのです。

もちろん、組織の大きさによってもこの日数は前後します。大企業であれば関係する人が多いため、時間を要することも多いでしょう。一方、中小企業やベンチャー企業であれば、採用の権限を持った人が直接面接に参加している場合もあるため、早めの回答がある場合も多いようです。早く結果を知りたい気持ちもあると思いますが、まず1週間は待ってみましょう。それでも回答が来ない場合は、後述の対応方法を検討してみてください。

合否連絡が遅くなる理由

とはいえ、あまりにも回答が遅いと心配になりますね。そこで、ここでは合否の連絡が遅くなる理由として考えられることを2つほど挙げます。

転職エージェント側に理由がある場合

そもそも応募先の企業から回答が返ってきていない場合と、転職エージェントが回答を知らせてくれていない場合があります。

まず、そもそも応募先の企業から回答が返ってきていない場合というのは、たとえば、応募先の企業が結論を出せずにいることも考えられるうえ、応募先の企業が転職エージェントへ結論を通知していないことも考えられます。いずれにしても、折を見て転職エージェントから応募先の企業へ状況の確認の連絡を入れると思いますが、キャリアアドバイザーが多忙を極めているなどでそれを行っていないことも考えられます。

次に、転職エージェントの手元で情報が止まっている場合です。単に連絡を入れ忘れていることが多いかもしれませんが、場合によっては、応募先の企業からの連絡が「不採用」だったので、次に応募してもらう企業を探していることがあり得ます。これは、不採用に落胆して転職活動を断念してしまったり他の転職エージェントへ移ってしまったりしないように、つなぎ止めておきたいという気持ちが働くためです。

転職エージェントは、転職を成立させることで求人を出した企業から報酬を受け取るので、できれば1人でも多く採用に結び付けたいという事情があります。いずれにしても、連絡が遅い場合はまず転職エージェントの担当者に聞いてみるとよいでしょう。

応募先の企業に理由がある場合

次に応募企業の事情も考えてみます。こちらは5つあります。

一つ目は、企業の採用プロセスが複雑であることが考えられます。先ほどもお話ししたように、企業の中で採用するか否かを関係する責任者の決裁を取りながらプロセスが進んでいきます。大きな企業だとそのプロセスが長いこともよくあることなので、単純にそのプロセスを踏むのに時間が掛かっているという場合です。

次に二つ目はこれと似ていますが、採用する応募者を決める会議が長引いていることが考えられます。意思決定者がたくさんいる場合だけでなく、応募者が多数いることも考えられますが、なかなか結論に至れずに会議が長引いているということもよくあることでしょう。新しく社員を雇い入れるというのは、とても大変な意思決定のため、慎重な企業であれば時間も長く掛かると考えてもよいでしょう。

三つ目は、応募者が多数いて、他の候補者の面接が終わっていないという場合です。中途採用だと応募者も在職中のことが多く、面接の日程がすんなりとは決まらないことが多いでしょう。そういった中で応募者が多数いると、すべての応募者の面接が終わるまでに、ある程度の期間が掛かります。他の応募者とも会ってみてから最終決定をしたいと考えていれば、すべての応募者の面接を待たなければならないことになります。

四つ目は、既に応募先の企業にとっての本命の応募者がいて、その人からの内定受け入れの連絡を待っているため、ということが考えられます。

最後に五つ目は、新卒採用の時期と重なっている場合です。当然ですが、新卒採用の時期と重なっていれば、採用担当者の負担も増えているため、採用プロセスを回すのに時間が掛かっても当然と考えられます。もし、あなたが採用プロセスを踏んでいる時期が新卒採用の時期であれば、この理由が最も大きいのではないでしょうか。

いずれにしても、転職エージェントを使って大々的に人を募集していれば、応募者もたくさんいて、そうした応募者の中での調整も当然考えられます。そういう中で、いろいろな都合で待たされるということはよくあることと考えてもよいかもしれません。

合否連絡があまりにも遅い場合の対処法

さて、合否の連絡があまりにも遅い場合はどうしたらよいのでしょうか。先ほど、「1週間は普通に掛かる」と書きましたが、10日も経ってしまったという場合は、どうするべきでしょうか。この場合は、転職エージェントに面接の結果を確認してみても問題ないでしょう。

あなたにとっても、この応募先が不採用になのであれば、早く他の応募先を探して応募しないと転職の時期が遅くなるうえ、せっかくの求人を逃してしまうことになるかもしれません。目安として1週間なので、これを過ぎたら気を遣うことなく聞いてみましょう。

一般的なビジネスのシーンでも、連絡があるはずの相手から連絡がなければ、状況を聞いてみるということを普通にしていると思います。回答があるはずなのに何も連絡が来ないことについて状況を聞くということは、一般的なビジネス慣習から考えても普通の話なので、きちんと聞いてみましょう。それも重要なビジネススキルの一つかもしれません。

 

今回は転職活動を進めるにあたって気になる「転職エージェントから選考の合否の連絡が来るまで掛かる時間」についてまとめました。通常、1週間前後の時間が掛かることは承知しておいた方がよく、応募先の企業や転職エージェントの事情でそれを前後する場合もありますが、そうした一般的に考えうる相手方の事情を推察した上で、回答の連絡までに時間が掛かっているようであれば、転職エージェントに質問するのがよいでしょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む