転職エージェントと音信不通になることもある?

公開日:2020/02/15  

転職先を探すときにはいろいろな角度からサポートを受けられる点に着目して転職エージェントを使うことが多くなってきました。ただ、サポートを受けようと連絡を取ろうとしても音信不通になってしまうのではないかと懸念する人もいます。そんな心外なことが起こるようなサービスなのでしょうか。

基本的に連絡が途絶えてしまう心配はない

転職エージェントに登録してからサポートサービスを利用しているうちに担当者と取れなくなってしまうことがあるのかというと、基本的にはそんなことはないと考えていて問題ありません。

転職エージェントは求人を探している個人と人材を欲している企業とを橋渡しするマッチングサービスを提供しているのが特徴で、個人も企業もとても大切にしています。マッチングをできる限り完璧な形でできるようにするのがエージェントにとって重要なことで、企業が希望している人材を紹介するためには人材の能力や志向、経験などを詳しく聞く必要があります。

個人が魅力的な転職先を見つけて、本当にこのエージェントを利用して良かったと思ってもらえるようにするには希望をヒアリングするだけでなく、転職に成功するためのノウハウの伝授や不安点の多角的なサポートをしなければなりません。

エージェントを頼って転職しようとしている人ほど頻繁に連絡をする場合が多く、その一つ一つに対して丁寧に応じることによって信頼してもらえるようになるということをエージェントもよく理解しています。

音信不通になってしまうのではないかと懸念する人が考えている理由として多いのが、あまりにもいろいろなサポートを依頼しているので嫌がられてしまうのではないかということです。エージェントサービスは仕事を探している個人が費用を負担する必要がなく、無料で手厚いサポートを受けられるのが特徴として知られています。

だからこそ、手間がかかる人は放置してしまおうと考えるエージェントもいるのではないかと心配になるのはもっともなことでしょう。しかし、エージェントは転職に対して意欲がある人をサポートし、きちんと新しい職場で働けるようになってもらうことで採用した企業から報酬を受け取ることができます。

そのため、少しでも意欲がある人なら積極的にサポートし、是非ともここで働きたいという企業やこの条件で働きたいという求人を見つけて応募し、雇用されて欲しいと考えているのが当然なのです。かなりの手間がかかったとしても、最終的に新しい企業に雇用され、その現場でしっかりと働いてくれるのであれば問題はないと考えているのが一般的です。

確かに相性が合わなくて話をするのが面倒だと感じたり、あまりにもサポートしなければならないことが多くて大変だと思ったりすることもないわけではありません。しかし、エージェントにとってはそれが仕事なので、主観的な判断で連絡を切ってしまうようなことはないのです。

連絡手段を確認しておくことは大切

転職エージェントに登録して面談を終了し、これからサポートを受けながら転職活動を進めようと意気込んでいたら、連絡が最初から取れなくて困ってしまったという事例もないわけではありません。

そんなにすぐに裏切られてしまうこともあるのかと驚いてしまうかもしれませんが、決してエージェントが逃げてしまったというわけではないのが普通なので注意しましょう。面談のときにエージェントの担当者とどのような方法で連絡をするのかを打ち合わせしたでしょうか。

エージェントによって面談の仕方には違いがあり、オフィスに行って対面で話をする仕組みになっている場合もあれば、電話で話をする形になっていることも、近くのカフェなどまで来てもらえることもあります。対面や電話での面談はなく、アンケートに答えたり、メールで返事をしたりする形になっていることもあるでしょう。

このようなやりとりをしてこれからサポートしてもらえる状況になったときに、普段の連絡はどんなやり方かは面談のときの連絡の仕方とは違うことがよくあります。オフィスで面談をした場合に、オフィスに行けばいつでも相談できるだろうと思ったら面談を断られてしまったというケースは少なくありません。

面談は電話だったから電話で連絡したら全然出てくれないという場合もあるでしょう。どんな連絡手段を使うかはエージェントによって違いますが、普段はメールやオンラインシステム上でのやりとりになることが多くなっています。

電話の場合には通じる時間帯が決まっていたり、面談のときとは違う電話番号を指定されたりすることも珍しくありません。オンラインシステムはアカウントを発行してもらえるのが一般的ですが、手続きをきちんと進めておかないと有効期限が過ぎてしまってログインできなくなることもあります。

少し時間が経ってからログインして問い合わせをしてみようと思ったものの、もうログインIDやパスワードが無効になっていて連絡が取れなくなったというケースもあるのです。初回の面談のときには今後の連絡手段はどんな方法があり、連絡先はどこなのか、対応してくれる時間帯はいつなのかを聞いておくようにしましょう。

音信不通になってしまうケースとは

実は音信不通になってしまうケースもないわけではないので注意しましょう。原因が自分にある場合とエージェントにある場合の二通りがあるので、どちらもきちんと理解しておくのが大切です。

自分に原因がある場合としては連絡手段がわからなくなってしまうというのが代表例です。この電話番号に連絡すればサポートしてもらえる、このIDとパスワードでログインしたページからサポートを受けられるなどといったシステムになっている場合に、電話番号やIDなどを忘れてしまうと音信不通かのように思われてしまうでしょう。

また、メールベースでのサポートの場合に登録したメールアドレスがこれだと思っていたら実は違ったという場合もあります。他のメールアドレスから連絡しても本人かどうかわからないのでサポートをしないというスタンスで対応されてしまうこともあるので注意が必要です。

基本的に自分に原因があって音信不通になるケースは連絡先がわからなくなったり、連絡するのに使うべきメールアドレスやアカウントを間違えてしまったりしたときだと考えましょう。

エージェントに問題があるケースとしては詐欺が最も懸念されます。たまたま休みを取っていて一週間くらい音信不通だったというケースもないわけではありませんが、あらためて登録したエージェントサービスについて調べてみると運営会社が存在しなかったということもあるのです。詐欺は起こらないと言い切れるものではないので、登録のときには運営会社の確認を怠らないようにしましょう。

 

転職エージェントは企業に人材を紹介して雇用契約を成立させなければ利益を得られないので、貴重な人材をないがしろにしてしまうことはありません。サポートを期待して登録したのに音信不通になってしまうようなことは通常はあり得ないので安心して利用しましょう。

ただ、連絡手段については面談のときに確認しておき、連絡先を忘れてしまわないようにするのは大切です。また、詐欺も全くないわけではないので運営会社が存在しているかは必ず確認してから登録しましょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む