転職エージェントの担当とは仲良くなったほうがいい?

公開日:2020/02/15  

転職エージェントに登録すると専任の担当者が決まって転職活動が終了するまでずっとサポートを受けることになるのが一般的です。その人とはできる限り仲良くなれるように努力をしたほうが良いだろうと考える人も多いでしょう。どのくらいの努力をして良好な関係を保つようにしたら良いのでしょうか。

嫌われてしまうことのリスクを知ろう

転職エージェントに登録して専任の人が決まったものの、些細なことで嫌われてしまったようだという状況に陥る人もいないわけではありません。仲良くすることができず、一方的に嫌われてしまう場合もあれば自分も担当の人が嫌いだと感じる場合もあるでしょう。本当に仲を保てるように努力をすることに意味があるのかどうかを判断できるようになるためには、嫌われてしまうことのリスクについて理解するのが良い方法です。

基本的にはたった一人のエージェントからサポートを受ける形になるため、嫌われてしまうと不利益を被ることになる可能性があることは否定できません。エージェントからはキャリアについてのコンサルティングを受け、キャリアプランを立てたり、キャリアパスを提案してもらったりすることができます。

この人は嫌いだと思われてしまっていると、いい加減な気持ちでコンサルティングをしてしまうこともないわけではないでしょう。自分の転職についての希望を伝えて、適切な条件を満たしている求人を紹介してもらうこともできます。その際に希望に合わない求人ばかり紹介されてしまったり、エージェントのほうで処理に困っている求人への応募を強く推薦されたりしてしまうリスクもあります。

また、この求人に応募したいと伝えても取り合ってくれなかったり、本当なら数時間か一日くらいで手続きができるはずなのに一週間以上も放置されてしまったりすることもあるかもしれません。

さらに応募後についてもエージェントによっては面接対策の支援をしてくれたり、雇用条件の交渉をしてくれたりします。この際に特に問い合わせても面接についてのアドバイスをもらえない、雇用条件が納得できないから交渉して欲しいと言ってみてもそれなら応募を取り下げましょうと答えられてしまうなどといった対応になる可能性もあるでしょう。

エージェントによっては入社後のアフターフォローもしていますが、このサービスに対応してくれずに困ることもあるかもしれません。エージェントサービスはビジネスとしておこなわれているものなので、サービスの提供会社が定める適切な内容の対応をするのが原則です。

ただ、対応しているのが人間なのでどうしても主観を交えたサービスになってしまうことは否めません。波長が合っていて是非とも転職に成功して欲しいと心から思う人に対しては手厚くサポートをしてしまい、話をするのも嫌だという人はサポートを疎かにしてしまいがちになるのは容易にイメージできることでしょう。

利用者としては不当な対応だと感じてしまうのは確かですが、実際にこのようなトラブルが発生しているケースもないわけではありません。失敗しないためには転職エージェントの担当とは良好な関係を保つように努力をするのが肝心なのです。

ビジネスとしての関係作りを

どこまで仲良くなろうとしたほうが良いのかというのも大きな問題で、家族や親友のような腹を割って正直にどんなことまで話せる間柄になることは必要ではありません。一緒に食事に行ったり、飲みに出かけたりするような親しい関係になろうとするとかなり大変で、エージェント側もそのようなことは期待していません。

重要なのはビジネスの現場での付き合いだと認識することで、あくまで仕事上の付き合いの中で最良のものを目指すのが賢明な判断です。社会人としての最低限のマナーを持って接するようにしていれば嫌われてしまうようなことはないでしょう。

また、同じ会社で働いている人と違って同じ目標を見て一緒に歩んでいける相手ではないのが普通です。形のうえでは二人三脚で理想的な転職先を見つけられるようにサポートするという話をしてくれる場合が多いですが、エージェントは一人で多数の転職志望者の面倒を見ているのであまり時間も労力も割けられません。

同僚ではなく外部の会社の人との付き合い方と同じようにするのが適切だと考えましょう。ただ、自分が顧客の立場になるということは念頭に置いて、相手を敬いつつもきちんと希望を伝えて叶えてもらえるようにするというスタンスで接することは忘れてはならないポイントです。

エージェントとのやり取りできちんとビジネスマナーを守り、良好な仲を築けるようにするのはエージェントからの評価を高めることにもつながります。きちんと対外的に適切な対応ができる社会人かどうかを見極めるポイントともなっているのです。

話ぶりや電話への対応の仕方、メールでの返信におけるビジネスマナーなどもチェックしてどんな人材かを見極めようとしていることはよくあります。ただ良好な関係を築くための基本になるだけでなく、転職するうえでプラスに働く可能性が高いことからマナーを守ってビジネスとしての関係作りに励むようにしましょう。

転職エージェントを探す

もっと深い仲になることにメリットはあるか

どうせならもっと自分のことを好きになってもらう努力をしたほうが良いサービスを受けられるのではないかと思う人もいるでしょう。確かにビジネス上で付き合いやすい人という程度の印象を持たれているよりは、誠心誠意を込めて尽くしてでも理想的な転職を遂げて欲しい人と思ってもらえたほうが徹底したサポートを受けられる可能性もあります。

ただ、どのようにしてそんな関係を作るのかと考えてみると、難しいのも容易に想像できるでしょう。基本的には電話やメールだけのやり取りになり、電話で話をする時間も最初の面談を除くとそんなに長いものではありません。

直接会っていつでも面談できるサービスがあるエージェントもありますが、頻繁に通うのもかなりの労力が必要になってしまいます。エージェント側としても面談のためにまとまった時間を確保しなければならないのは負担なので、かえって嫌われる原因になってしまうリスクもないわけではありません。

手土産などを渡して気を引こうとしても受け取らないように指示されていることも多く、なかなかもっと距離を近づけようとするアプローチを選ぶのが難しいのです。その努力に見合った形で充実したサポートを受けられるようになるとは限らないので、あくまでビジネス上の良好な関係を構築することを目指すのが無難です。

 

転職エージェントの担当とは仲が良いに越したことはありませんが、無理に親しい間柄になろうと努力する必要はありません。あくまでビジネス上での関係なのできちんとしたビジネスマナーを持って接するようにし、外部の人と仕事上で良好な関係を作るときと同じようにやり取りをしていれば大丈夫です。

嫌われてしまうと不利益を被るリスクがないわけではないので、最初の面談のときからビジネスマナーを守ることは徹底しましょう。ビジネスマナーを体得していて適切な外部対応ができることを示せると、社会人としての基本ができている人材だと判断してもらえるメリットもあります。転職活動を有利に進める鍵になる部分でもあるので、ビジネスという観点から良好な関係を作れるように心がけていきましょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは転職活動をする際に強い味方ですが、実は怪しいサイトもあるのをご存じでしょうか?せっかくの転職活動が辛いものにならないように、怪しい転職エージェントに当たってしまったらエージ

続きを読む

女性は結婚や子育てがあるため建築士になるのは難しいという噂がありますが実際はどうなのでしょうか?建築士として活躍している女性はいるのでしょうか?本記事では女性が建築士になるのは難しいのかにつ

続きを読む

建築設計は、これからつくる建物の資材、構造、工事費を計画し、図面に起こす仕事です。建築設計は日本に限らず、世界中で行われているため、海外で仕事をして、稼ぎたいと考えている方も多いのではないで

続きを読む

建築業界に興味を持つ人にとって、もっとも有名かつ、花形とも言える職業は建築士ですね。世のなかのあらゆる建物は、建築士が設計した図面をもとに建てられます。そんな建築士の仕事内容は意外にも忙しく

続きを読む

終身雇用が崩壊し、転職が当たり前となりつつある昨今では、転職を視野に入れている、一級建築士の方も多いのではないでしょうか。実は、設計意外にも一級建築士が求められる仕事は、たくさん存在するので

続きを読む

一級建築士の転職活動は、40代からでも可能です。一般的には、40代の転職は遅いというイメージが強いため、積極的に慣れない方も多いのではないでしょうか。確かに60歳を定年と考えたときは、すでに

続きを読む

建設工事において工程管理や安全管理を行う施工管理職にはさまざまなやりがいや魅力があり、転職先として志望する人も多い職種です。ここでは施工管理職の仕事のやりがいや魅力から志望動機やアピールした

続きを読む

施工管理士は所属する会社によって仕事内容がさまざまなため、就職前のイメージとのズレが大きく転職を考える方もいるようです。本記事では、施工管理技士が転職する際に多い理由と転職後に選ばれやすい仕

続きを読む

建築業界というと男性のイメージが強いですが、建築士資格保有者の4分の1が女性であることからもわかるように実際は女性も多い職場です。しかし女性は体力面や出産、育児などの理由により前線で働き続け

続きを読む

建設設計業界はほかの業界と比べて転職をする人が多いことで有名です。本記事では、建設設計業界に勤める人々が転職を考える理由について解説します。おすすめの転職タイミングや他業種への転職についても

続きを読む