建築設計専門の転職エージェントで履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスをもらおう

公開日:2019/07/15  

建築設計業界に転職することは大変可能性のあることです。

建築設計業界に転職することによって思わぬ進路が広がることもあるでしょう。

とはいえ、建築設計業界に転職する際には知っておきたいことも多いです。

例えば、建築設計業界に転職する際には履歴書対策職務経歴書対策などもしっかりしておかないといけません。

こうしたことも転職エージェンシーによってはしてくれることがありますから、利用して転職すると良いでしょう。

 

建築設計業界の対策をする際に知っておくべきこと

建築設計業界は独特な業界です。

建築業界は閉鎖的な印象がありますが、建築業界ならではの慣習も幾つかあります。

例えば、転職時には履歴書や職務経歴書の書き方に気をつけておきましょう。

建築設計業界では履歴書や職務経歴書をかなり重視するもので、これ次第で次に進めるかが大きく左右されてきます。

このため、こうしたことは建築設計業界に詳しい人から教えてもらうか、転職エージェントに聞くようにしておきましょう。

具体的にどのように履歴書や職務経歴書を書けば良いかも紹介します。

まず、具体性がかなり求められることはポイントです。

職務内容も役職名だけでなくどのような仕事を実際に行ったのかできるだけ具体的に記入しましょう。

こうすることによってより目にとめてもらえる可能性も高まってきます。

とはいえ、履歴書の紙面は制限もありますから工夫も必要です。

例えば、文言を工夫することによって対策ができます。

こうしたことも転職エージェンシーに行けば履歴書の添削やアドバイスがもらえるので相談してみましょう。

こうした履歴書や職務経歴書対策以外にもしておきたいことはかなり多いです。

例えば、建築設計業界の面接はかなりラフで打ち解けた感じのところが多いです。

こうした面接を受ける際には迅速な受け答えが大事になってきます。

また、柔軟にいろいろと答えられることも大事です。

このようなことから転職エージェントに面接指導をしてもらって面接慣れしておくことが大事になってきます。

転職エージェントによっては、特にこうした建築設計業界の面接に強いところもあるので選んでおくべきです。

建築業界はデスクワークでもけっこう動くことから建築業界に転職する際にはバイタリティーも必要です。

こうしたことも面接でアピールできるようだと良いでしょう。

例えば、面接時に学生時代にしていたスポーツなどについて紹介するといったようにです。

こうすることによってより有利に面接を進められます。

そもそも建築設計の仕事が自分にあっているのかどうかも確かめておきましょう。

建築業界に転職したいと考えている人は少なくありませんが、転職後に後悔するといった人は多いのです。

このため、面接でも動機などがしっかりと聞かれます。

もしも動機不十分な場合には改めて考えなおしてみるのも良いでしょう。

実際に建築業界に転職する前に職場見学などをして実際の仕事について知ってみることもおすすめです。

こうしたことをすれば転職対策をするモチベーションアップにもつながってきます。

 

建築設計業界に転職する際に知っておきたいこと

建築・設計業界に転職する際の流れについても知っておきましょう。

まず、建築・設計業界は時期によってかなり人手不足のこともありますが、時期によっては全く求人情報を出していない企業も多いのです。

このように時期によってかなり転職難易度も変わってくるので、こうした違いを理解しておくことが必要になってきます。

もしもこれから転職するならば建築・設計業界が人手不足かどうか確認しておいてください。

もしもあまり求人情報がない場合には仕事を辞めないで転職活動を控えたほうが良いこともあります。

仕事しながら転職活動するのもありですが、こうした際にも転職エージェントが役立ってくるものです。

最もいけないのは求人情報がない時期に仕事を辞めて転職活動を始めることです。

こうした時期に転職活動をしても仕事が見つからなくて数ヶ月経過することも。

こうなると建築・設計業界への転職活動を諦めて他の業界に行かないといけなくなるなんてこともあります。

他にも建築・設計業界にいく際には会社研究もかなり大事です。

会社によってかなり違いが大きいですし、それぞれで扱っている建築分野も異なります。

このため、どのような仕事を建築・設計業界でしたいのか明確にしてしっかりと自分にあったところを見つけておくと良いでしょう。

実際に建築・設計業界で転職活動をする際には時間の余裕もしっかりと取っておきましょう。

建築・設計業界の転職活動はかなり長引くこともあります。

実際、建築・設計業界は書類選考にしても面接にしても時間をかける傾向にあるのです。

これは転職希望者によってはマイナスとも思えるかもしれませんが、建築・設計業界は転職後のミスマッチが生じにくいということもポイントになっています。

また、建築・設計業界の場合、一つの転職エージェントだけにしか求人情報を出していないといった会社も多数存在しています。

このため、これから転職したい会社がすでに決まっている場合、その会社が利用している転職エージェントを選んでおきましょう。

こうした情報もNETで調べればわかります。

加えて、転職エージェントを利用するのは建築・設計業界に転職する際にはかなり大事です。

とはいえ、うまく建築・設計業界に転職するためにも転職エージェントを使いこなすことが必要になっています。

例えば、紹介したように転職エージェンシーに面接対策などをしてもらうことはかなりおすすめです。

他にも転職エージェンシーを利用する際にはコツが多いですが、せっかくお金を払って利用するのですから転職エージェンシーはとことん使うようにしましょう。

 

転職活動に失敗するケースもある

転職エージェンシーを利用しても転職活動が必ず成功するとは限りません。

例えば、転職エージェンシーを利用しても求人情報がほとんどなくて転職活動が頓挫することもあります。

求人情報もいつも出ているとは限らないので転職活動をする時期はしっかり見積もっておくと良いでしょう。

他に運の要素もあります。

転職エージェンシーを利用して転職活動をしても運が悪ければいくら応募しても転職につながらないといったことはあるのです。

こうしたこともあり、転職エージェンシーを利用して転職活動をする際には気長になっておくことが大事です。

このように転職活動に失敗するのが嫌な場合には転職活動失敗時の保証がある転職エージェンシーを利用するのもありです。

保証がある転職エージェンシーであれば転職活動が失敗した際に利用料金がタダになるといった特典があります。

また、転職活動に失敗しても良いように仕事をしながら転職活動をするのも良いでしょう。

こうすることでより精神的に安定して転職活動を行っていくことができます。

 

転職エージェンシーを利用することで建築・設計業界への転職も用意になります。

建築・設計業界に転職する際には履歴書や職務経歴書の書き方に気をつけることも大事です。

例えば、履歴書や職務経歴書に記載する際には具体性が求められてきます。

他にも建築・設計業界ならではの慣習もあるのでしっかりと対策しておくと良いでしょう。

転職エージェンシーに転職する際には希望の会社がどのような転職エージェンシーを利用しているのかといったことを調べることも大事です。

このようにポイントが多いですが、建築・設計業界の転職活動は時間がかかることも多いので気長に行って行くと良いでしょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む

建設業界における施工管理の労働環境にはさまざまな課題が潜んでいます。労働基準法改正による労働時間の上限設定や、国土交通省のICT化推進による改善策がある一方で、ブラックな環境も少なくありませ

続きを読む

異業種から建築設計への転職は大きな挑戦です。この記事では成功への道筋や重要なポイントを解説します。基礎知識、関連スキルの獲得から始まり、柔軟なアプローチや業界内ネットワーキングの重要性まで紹

続きを読む

建築設計のアルバイトは、アトリエや組織設計事務所でさまざまな実務業務に携わります。模型製作やCADを使用しての図面修正、デザイン作業など、業界における重要なタスクに従事し、設計スキルを向上さ

続きを読む

近年、建築設計業界は、テクノロジーの進化と共に、働き方に大きな変革を迎えています。特にコロナ禍をきっかけに、リモートワークの導入が加速し、業界全体の働き方に影響を与えています。この記事では、

続きを読む

建築設計業界での転職は、自分のスキルと経験を際立たせる必要があります。その鍵を握るのが「ポートフォリオ」です。ポートフォリオは、技術や経験を示す重要なツールであり、転職成功のためには効果的な

続きを読む

建築士は、創造性と技術的なスキルを要求される職業であり、プロジェクトの期限や顧客の要望など、多くのストレス要因に直面しています。では、建築設計業界におけるストレスマネジメントはどうすべきでし

続きを読む

  デベロッパーとゼネコンの仕事に興味があるけど、詳しく違いが分からない人もいるでしょう。さまざまな部署と連携して仕事を進めていくので、バランス能力に優れた人が求められています。そ

続きを読む

転職は人生の大きな転機です。しかし、どこから始めればいいのか、どのように進めればいいのか、多くの疑問や不安がつきものです。そんなとき、転職エージェントの存在が大きな力となります。本記事では、

続きを読む