【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト5選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計で転職エージェントを使用した転職活動に最適な時期とは?

2019年2月1日

建築設計業界でキャリアアップをするためには、自分のスキルに応じて新たな設計の仕事や経験ができるような建設会社や設計事務所に転職をすることが大切です。

転職エージェントを利用して転職活動をする場合には、現在の仕事をやめて別の会社・事務所に就職をするのに最適な時期があります。

ここでは建設設計業界で転職をするためのタイミングを解説します。

 

企業の中途採用の求人が多い時期とその理由

建築設計の仕事をするためには、ゼネコンなどの会社か小規模の設計事務所に就職をする必要があります。

建設会社に転職を希望する場合には、求人が多くなる時期に合わせて転職活動を行う事が大切です。

建設業も含めて企業の中途採用の募集が増えるのは、決算期の直後に組織の改編が行われる4~5月頃と、9~10月頃です。

4月~5月は新卒の社員が入社して各部署に配属されるのですが、人員を配置する際に欠員が生じやすくなるからです。

企業は前年度の実績に応じて新たに組織の規模や事業計画を立てるので、決算期の直後になると社員の転勤や部署の配置換えが増えます。

新入社員は研修を受けて一定の経験を積む必要があり、入社後にすぐに仕事ができるという訳ではありません。

人事異動で生じた欠員を補充する目的で、中途採用の求人募集が増えます。

大手ゼネコンであれば9月にも中間決算を行うため、10月頃にも人員の配置を調整する場合があります。

もしもこの時に人員が不足すると、中途採用の募集が行われて欠員が補充されます。

大手ゼネコンに転職することを希望する方は、4~5月と9~10月頃に中途採用の募集が増えることを考慮して準備を進めるようにしましょう。

小規模な設計事務所に転職活動をするタイミングとは

大手ゼネコンであれば、他の多くの企業と同じように決算後の人事異動に伴う求人案件が増えるタイミングが決まっています。

これに対して個人経営などの規模が小さい設計事務所の場合には、ある特定の時期に求人募集が増えるという訳ではありません。

新卒採用を行わない設計事務所は、欠員が生じた際に随時募集を行うという場合が多いです。

ただし4~5月と9~10月頃になると大手ゼネコンに転職をするために辞める人が多いことから、5~6月頃と10月以降に欠員を補充するための募集が行われるケースがあります。

もしも大手ゼネコンへの転職活動に失敗した場合は、5月または10月頃に個人経営の設計事務所への就職を検討してみることができます。

小規模な設計事務所は知名度が低いので、長期間にわたり募集が続けられるケースが多いです。

突然誰かが辞めて欠員を補充するために求人募集が出される場合があるので、求人情報を積極的に収集することが大切です。

設計事務所への転職を考えている方は、求人の募集が出たらすぐに応募をすることができるように準備をしておくようにしましょう。

希望する転職先の規模・種類に応じて活動を開始しよう

建築設計業界でキャリアアップをするために転職を考慮している方であれば、就職を希望する会社や設計事務所の種類に合わせて活動を開始するタイミングを選ぶことが大切です。

大手ゼネコンへの中途採用を希望している場合には、4~5月頃と9月~10月頃に応募をすることができるように準備を開始しましょう。

小規模なアトリエや設計事務所の場合は欠員が生じた際に随時求人募集が行われるので、いつでもすぐに応募することができるように準備を整えておかなければなりません。

新卒の募集に応募する場合と同じように履歴書の作成や、各種証明書類(学校の成績証明書・卒業証明書・取得した資格の免状など)を用意しておく必要があります。

面接の練習をしなければなりませんし、大手ゼネコンであれば健康診断を受けて診断書を提出することが求められます。

提出すべき書類は求人の募集を見つけてから活動を開始しても間に合わないので、可能な限り早めに作成または取り寄せておく必要があります。

転職と新卒採用に応募する場合の大きな違いは、現在の仕事を続けながら新たな就職先の求人に応募をするための準備をすることが求められることです。

仕事を続けながら転職活動の準備をする方法や必要な期間とは?

建築設計業界でキャリアアップや希望するライフスタイルで仕事をするために転職活動を行う場合には、現在の仕事をしながら就職のための準備を進める必要があります。

転職は新卒採用とは違い、履歴書などに加えて過去の職歴・キャリアをアピールすることが大切です。

職務経歴書の作成や、過去に自分が設計を手がけた案件を紹介するための資料を作成しなければなりません。

特に個人経営のアトリエや設計事務所であれば、履歴書や取得した資格よりも過去の実績が重視されます。

学生が就職活動をする場合であれば、求人に関する情報を簡単に入手することができるのです。

これに対して転職をする場合には、現在の仕事をしながら中途採用の募集情報を自分で収集する必要があります。

仕事を続けながら自力で転職を計画する場合は、半年~1年もの長い期間をかけて必要な書類の用意や情報収集を行わなければなりません。

現在の職場を退職する場合には他の人に引き継ぎをし、自分が手掛けている仕事を終了させておく必要もあります。

建築設計業界では、自分のスキルに応じて転職をしてキャリアアップをすることが大切です。

キャリアアップをするために職場を変えたい場合には、求人案件に応募するタイミングを考えて早めに準備を始める必要があることを理解しておきましょう。

転職エージェントを活用して準備を開始するのに最適な時期とは?

自力で転職活動をするためには、現在の仕事を続けながら必要な書類の準備をしたり求人案件の情報収集をしたりしなければなりません。

転職をするための準備を短期間かつ効率的に行うために、建築設計専門の転職エージェントを活用する方法があります。

転職エージェントに登録をすると、専任のエージェントがその人に合った転職先の紹介をしてくれます。

転職先が決まったら、応募する会社・事務所に合わせて面接や履歴書・職務経歴書の作成方法などのアドバイスを受けることができます。

転職エージェントを利用して転職活動をする流れですが、最初に登録をしてから転職アドバイザーと面談を行って希望を伝えます

本人の希望に合う求人案件の紹介をしてもらい、応募先を決めたら面接や応募書類の作成方法・その他の準備を始めます。

準備ができたら転職アドバイザーが応募先の企業に連絡をして推薦を行い、面接や書類の提出をして正式に応募をすることになります。

内定が決まったら、専任アドバイザーが入社のための準備や退職の際のアドバイスをしてくれます。

アドバイスを受けて以前の職場を退社して、新たな就職先で仕事を開始します。

転職エージェントに登録して応募するまでに必要な期間は、おおむね2~3ヶ月間です。

大手ゼネコンへの転職を希望する方であれば、中途採用の募集が多くなる4月・9月に合わせて登録をして準備を開始するようにしましょう。

転職エージェントのメリットと登録をするのに最適な時期は?

建築設計業界ではキャリアアップのために転職をする人が多いのですが、仕事を続けながら職場を変えるためには長い準備期間と多くの労力を必要とします。

転職エージェントを活用すれば、効率的に転職先の情報収集ができ、準備のための期間が短縮できます。

転職エージェントを活用する最大のメリットは、自力で転職活動を行うよりも短い期間で転職をすることができることです。

登録してから2~3ヶ月ほどで応募をすることができるので、現在の仕事に集中をすることができます。

情報収集や面接の段取りなどの面倒な手続きを専任のアドバイザーが代行してくれるので、短い期間に面接や応募書類・職務経歴書などの作成に専念することができます。

大手企業への転職を希望する方であれば、求人案件が多くなる春または秋に合わせて1月または6月頃が転職エージェントに登録をして活動を開始するのに最適な時期といえます。

小規模な設計事務所やアトリエは求人案件が発生する時期が決まっていないのですが、転職を決断したらなるべく早く転職エージェントに登録をして、情報収集や応募の準備を開始するようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧