建築設計の転職エージェント登録方法

公開日:2019/08/01  

建築設計の方が、現在働いている職場に不満を持っているのなら、よりよい条件で働けるところへの転職を考えるのも大切です。

そのときは、転職エージェントを活用がおすすめなので、適切なサービスを見つけて登録しましょう。

 

エージェントサービスを選定する

 

建築設計業界に特化したエージェントサービスは、インターネット上にたくさんあります。

もしも、利用したいと考えるのなら、その中から自身にもっとも合っているところを見つけなければいけません。ただの転職サポートサイトならば、いろいろなところを利用して、数多くの求人情報を得られるようにするのもよいでしょう。

しかし、エージェントサービスの場合は、担当のスタッフが付いてくれるシステムなので、いろいろなところに登録するのはやめたほうがよいです。満足できるサポートを行ってくれるところの一つに絞って、転職活動の手助けをしっかりとしてもらいましょう。

なお、エージェントサービスを選定するときは、まずはサポートを受けられる施設に通えるかどうかチェックしましょう。エージェントサービスは、オンライン上で行われるのではなく、スタッフと直接会うことで提供されるものです。

そのため、いくら素晴らしいサポートが用意されていたとしても、通えなければ意味がありません。公式ホームページにサポートを受けられる施設の所在地が載っているので、通える範囲にあるか確認してみましょう。

本社だけではなく、全国各地に事務所を構えるサービスもあるため、そちらのチェックも忘れてはいけません。また無料でサポートしてくれることがハッキリと記載されていることを確かめましょう。

多くのところでは、企業や会社側から報酬を得るシステムなので、無料でできる場合が多いです。そのことが、きちんと公式ホームページ上に書かれていれば、費用を心配せずに利用ができます。

もしも、書かれていないのなら、連絡先が書いてあるはずなので、そちらからサポート料金について聞いてみるとよいでしょう。電話番号かメールアドレスを利用して尋ねれば、料金についての疑問はすぐに解決できます。

無事に無料で使えるのが分かったのなら、自身が就職したいと考える職種の求人情報を取り扱っているか確認しましょう。建築業や設計業に加えて、管理などの職種もあるので、条件に合うものがないか調べることが大切です。

もちろん、現在の職種ではなく、これからやってみたい職種をチェックするのもよいでしょう。エージェントサービスでは、未経験者でも大丈夫な求人情報を取り扱っているケースも多いので、望み通りの職種の働き先を紹介してくれる可能性は高いです。

そして、最後は転職活動を成功させるために提供されるサポートについて、しっかりと調べることをおすすめします。悩み相談やセミナーなど、各エージェントサービスによって、受けられるサポートが異なるのですべてを把握しましょう。

ほかにも、書類の添削や面接の練習など、いろいろなサポートがあるため、自身が苦手とする分野を手伝ってくれるところを探すのもよいです。ちなみに、転職についての基本的な情報は、エージェントサービスに登録していなくても、公式ホームページ上で見られる場合もあります。もしも、転職活動が初めてなら、そのようなコンテンツを読んで、心の準備をしっかりとしてから申し込むようにしましょう。

エージェントサービスに登録すると、どんどんと転職に向けての道が開けていくため、流れに乗れるように基本知識は事前に蓄えておいたほうがよいです。

 

登録する際に必要な情報は正確に

 

さまざまなエージェントサービスをじっくりと比較・検討して、申し込みたいと思えるところが決定したのなら、公式ホームページを訪れましょう。

ほとんどの場合は、トップページの分かりやすいところに、登録用のバナーが掲載されていて、そこから専用のフォームに飛べるので、特に迷わずに申し込めるはずです。なお、申し込むときには、住所や名前やメールアドレスなどの個人情報が必須ですが、それ以外のさまざまな情報を入力しなければいけないケースがあります。

勤務希望地だったり、取得している資格だったり、現在の年収だったりしますので、正確にデータを入力しましょう。誤魔化したいと考える項目があるかもしれませんが、今後お世話になる予定のスタッフに嘘をついてもよいことはありません。

なお、フォームには、入力が必須の項目だけではなく、任意となっている項目もあります。転職を成功させたいのなら、エージェントサービスに熱意を伝えるのも重要なので、任意の項目もできる限り入力したほうがよいでしょう。

ちなみに、申し込みの方法が分からないのなら、利用ガイドのような使い方を説明するコンテンツがあるはずなので、そちらの確認をおすすめします。そこには、申し込み方法だけではなく、今後の流れも記載されているので、エージェントサービスを使いたいすべての方に役立ちます。

もしも、利用ガイドがないのなら、電話をして方法を聞いてみましょう。電話での申し込みにも対応しているところもあるので、スタッフの指示に従えば、そのまま登録を完了できる可能性があります。

 

完了したことをメールで確認しよう

 

申し込みフォームに必要なデータをすべて入力して、送信ボタンを押したとしても、そこで安心してはいけません。

なぜならば、まれに何かしらのエラーで登録が完了していないケースもあるからです。きちんと完了したかどうかは、入力したメールアドレスに、メールが届くことで分かります。

無事に処理が成功したのなら、メールが届きますので、中身を読んで完了を確認しましょう。ただし、即送信されるのではなく、メールが届くまでにある程度のタイムラグが発生する可能性があります。

数時間以上かかるケースもあるので、メールボックスに届かなくても1日程度は待ってみましょう。もしも、2.3日待ってもメールが届かないのなら、もう一度エージェントサービスの公式ホームページ上から申し込んでみるのをおすすめします。

エージェントサービス側に問題があるのなら、2回目の申し込みでメールがきちんと届くはずです。ですが、何度申し込みをしても、メールがまったく届かないケースもあるでしょう。

そのときは、迷惑メールに指定されていないか、設定を確認してみるとよいです。迷惑メールに設定されていると、ゴミ箱に入っていたり専用のファイルに保管されていたりしますので、そちらを確かめてみましょう。

迷惑メールの場合の挙動は、利用しているメールソフトやプロバイダによって異なるので、それらの説明を読むことが必要です。

登録がすべて完了したのなら、あとは実際にエージェントサービスのサポートを受けることになります。まずは直接会っての面談から始まるはずなので、都合のよい日を伝えるようにしましょう。

どのようなところか分からずに不安に感じるかもしれませんが、面談の日にサポート内容を詳しく説明してくれるため、問題なく転職活動に挑めるようになります。

 

建築設計専門の転職エージェントを使いたいなら、公式ホームページを訪れて、登録用フォームに必要なデータを打ち込みましょう。あとは、送信ボタンをクリックすれば、申し込みは完了なので、難しさはまったくありません。

登録よりも、エージェントサービス選びのほうが難しいといえるので、しっかりとそれぞれのところを比較・検討するようにしましょう。自身に合ったサポートを活用できれば、現在の職場よりも、ずっと満足できる転職先を探し出せます。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建設現場で働く職人や大工は、雨の日は工事がストップするので休みになることがほとんどです。施工管理は雨の日もデスクワーク中心の業務を行っています。業務内容が多岐にわたるので、これまでの業務の遅

続きを読む

建築設計業に携わっており、転職エージェントでハウスメーカーに転職しようと考えていませんか?ハウスメーカーといっても、さまざまな仕事が存在します。そこで本記事では、ハウスメーカーの仕事内容や魅

続きを読む

別の仕事がしたい、今の会社とどうしてもあわない、長時間働かされすぎてプライベートの時間がとれないなど、転職を考える理由は人それぞれです。ただ、人手不足が深刻化している近年、引き止められてなか

続きを読む

建築設計業界への転職を考えている人にとって、実務経験が求められるかどうかは気になるところでしょう。募集求人によって異なりますが、建築設計業界の転職では実務経験が求められるのが多い傾向にありま

続きを読む

現在の会社を退職したいけれど、上司から引き留められるなどスムーズに退職ができるかどうか不安に感じる人も多いかもしれません。会社を辞めるときにはトラブルなく円満に退職したいところですが、どのよ

続きを読む

コロナ禍になり、オンラインでの面接する企業も増えています。対面式とは違うオンライン面接を受ける場合、やったことがなく戸惑う方も多いでしょう。本記事では、オンライン面接の流れや準備するべきもの

続きを読む

建築設計業界で働く際には、押さえるべきポイントがたくさんあるでしょう。会社としての規模や自分ができること・やりたいこととマッチしているかも重要ですが、ブラック企業に就職しないよう注意が必要で

続きを読む

働き方の多様化が進んでいる近年、働く曜日や時間帯、場所にとらわれず働けることで、社員のライフスタイルにあわせた働き方ができます。そんな働き方改革のさきがけであるフレックスタイム制という言葉を

続きを読む

CADオペレーターという職業をご存じですか?CADというソフトを活用して、建築や機械系などさまざまな分野の図面を作成する仕事です。資格がなくても働くことができますが、CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターという仕事をご存じですか?CADという専用のソフトを活用して、製図の支援を行う役割を担っています。建築や機械、自動車、ジュエリー、航空機など幅広い業界で使われているため、近

続きを読む