自身が女性の場合、転職エージェントの担当も女性を指定できる?

公開日:2020/10/01  

転職の際、女性であることはメリットにもなりますがデメリットにもなります。そのため、転職をサポートしてくれるエージェントサービスを利用する場合、悩みをきちんと理解してくれる同性の方に担当して欲しいと感じるかもしれません。こちらでは担当を女性に指定できるか説明するので、同性に担当してもらうことを望んでいるのなら読んでみてください。

基本的には指定できないところがほとんど

転職エージェントサービスを利用したいと考えているのなら、まずはインターネットで情報を集めてみましょう。インターネットから簡単に登録できるようになっているところがほとんどなので、ほぼ間違いなく公式ウェブサイトが開設されています。もちろん、公式ウェブサイトにはどのようなサポートを行ってくれるのか記載されているため、隅から隅までしっかりとチェックをしてみましょう。

そうすればわかると思いますが『担当を指定できる』という文面は見つけられないはずです。基本的にはサポートを行ってくれる担当の方は自動で決まってしまうため、こちらが選ぶ余地はありません。したがって、性別にかかわらず、利用者から担当を指定することはできないと考えたほうがよいでしょう。

ただし、転職エージェントサービスによっては公式ウェブサイトに記載がなかったとしても、できる可能性はあります。登録をするまえでも問い合わせられるようになっているので、メールを利用して担当の方の性別を指定できないか聞いてみましょう。もしかすると、こちらの希望を叶えてくれて、サポートしてくれる担当の方を女性にしてくれるかもしれません。

なお、登録をすると面談が行われるので、そちらで質問をすればよいと思う方もいるでしょう。たしかに、その方法でも確認できるのですが、できなかった場合のことをきちんと考える必要があります。もしも、指定は一切できないといわれたとしても、そのままサービスの利用を続けるのならよいでしょう。

しかし、できないことを知って利用をやめるのなら、面談の手間をかけさせただけになってしまいます。それは、大切な時間を使って対応してくれた方に対してとても失礼な行為です。メールで連絡すればよいだけなので、必ず登録をするまえに指定ができるかどうかを確認するようにしましょう。

ちなみに、指定ができないといわれた場合でも、同性に担当してもらう方法も存在しています。それは、担当者が男性だった場合は、変更して違う方に担当してもらいたいとお願いをすることです。担当の変更のお願いをできない転職エージェントサービスはないでしょうから、このシステムを利用すれば、女性の方にサポートをしてもらえるかもしれません。

ただし、この方法はとても自分勝手な行為で大きな迷惑をかけることになるので、やらないほうが無難でしょう。そもそも、スタッフが男性しか空いていないのなら、何度変えたとしても同性の方に担当してもらうのは難しいです。

女性が担当してくれるサービスを探そう

確実に同性に担当して欲しいと考えるのなら、やるべきことは、女性が担当するとアピールしている転職エージェントサービスを探すことです。ハッキリと宣伝しているのですから、そちらを利用すれば間違いなく同性にサポートを行ってもらえます。厳密にいえば、指定をすることはできませんが、必ず同性になるので結果的には同じことだといえるでしょう。

ただし、たくさんの転職エージェントサービスがある中で、そのようなアピールをしているところを見つけるのは困難です。しかし、インターネットで探す方法を知っていれば、さほど迷うことなく見つけられるはずです。その方法はとても簡単で、女性に特化をした転職エージェントサービスを検索してみることです。

そちらならば、性別による特有の悩みやメリット・デメリットを理解して完璧なサポートをするために、同性の担当者しかいない場合があります。もちろん、特化していたとしても、必ずしもそのような状況なわけではないので、概要はしっかりと確認するようにしましょう。同性が担当するというのはアピールポイントとして大きいため、実地しているのなら間違いなく概要に記載がされているはずです。

なお、公式ウェブサイトの表現がとても曖昧で、本当に同性が担当してくれるのか不安に感じる場合もあるでしょう。そのときは直接聞いて、本当に担当してくれるのかハッキリとさせるようにしましょう。もしかすると、一部の担当者だけで、場合によっては男性に担当されてしまうケースもあるため、きちんと明らかにしておくことは大切です。問い合わせのメールならば、個人情報を一切伝えることなく聞き出せるので登録をしてから損をすることはないでしょう。

女性担当だけではなくサポートの充実も重視

女性が担当してくれるのは心強いことですが、それだけではベストな転職先を探すことはできません。そのため、できることならば担当してくれるところをいくつか探して、その中からさらに自分にあったところを見つけることをおすすめします。なぜならば、同性だからといって、必ずしも完璧なサポートをしてくれるとは限らないからです。

同性が担当してくれるならどこでもよいと考えて適当なところを選んでしまっては、男性に担当してもらったほうがよかったと後悔するかもしれません。なお、自分にあったところを見つけたいのなら、登録をして実際にサポートを受けてしまうのが一番です。転職エージェントサービスを利用してよいのは、一つだけと決まっているわけではありません。

したがって、二つや三つのところに登録したとしてもまったく問題ないので、いろいろなところのサポートを受けてそれぞれを比較してみましょう。そうすれば、同じ女性が担当してくれるところでも、サービスに違いがあることがわかり、自分が望む転職先を紹介してくれそうなところがハッキリとするはずです。

ちなみに、手当たり次第とにかく多くのところに登録して、どのようなサービスを受けられるか比較したいと考えるかもしれません。確かに、今後の人生が大きくかかっているので、できる限り多くのとこに登録するのは間違いではないでしょう。しかし、きちんと管理できなければ逆効果になってしまうので、転職を成功させたいなら気をつけなければいけません。

いろいろなところに相談をしすぎて、それぞれが中途半端になってしまったのなら、本当は見つけられるはずだった完璧な転職先を逃してしまうこともあります。したがって、多くのところに登録をするのはよいのですが、自身のキャパシティーを超えないように活動ができる数にとどめておきましょう。

 

転職エージェントサービスは担当者を指定できないところがほとんどなので、利用者が女性を指定することはできないかもしれません。しかし、要望を聞いてくれるところはあるため、同性がよいと考えるのなら積極的に伝えてみましょう。もしくは、女性の担当者が相談に乗ってくれるとアピールする転職エージェントサービスを利用するのもおすすめです。

そちらなら確実に同性の方が転職に関するサポートを行ってくれるので満足できる環境で相談ができるでしょう。なお、同性がいるからといってよいところとは限らないので、きちんとリサーチして、転職の夢を叶えてくれるところを見つけなければいけません。そのため、実際にいくつか登録してみて、感触のよいところを二つか三つピックアップして、同時進行で転職先を探していきましょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建設現場で働く職人や大工は、雨の日は工事がストップするので休みになることがほとんどです。施工管理は雨の日もデスクワーク中心の業務を行っています。業務内容が多岐にわたるので、これまでの業務の遅

続きを読む

建築設計業に携わっており、転職エージェントでハウスメーカーに転職しようと考えていませんか?ハウスメーカーといっても、さまざまな仕事が存在します。そこで本記事では、ハウスメーカーの仕事内容や魅

続きを読む

別の仕事がしたい、今の会社とどうしてもあわない、長時間働かされすぎてプライベートの時間がとれないなど、転職を考える理由は人それぞれです。ただ、人手不足が深刻化している近年、引き止められてなか

続きを読む

建築設計業界への転職を考えている人にとって、実務経験が求められるかどうかは気になるところでしょう。募集求人によって異なりますが、建築設計業界の転職では実務経験が求められるのが多い傾向にありま

続きを読む

現在の会社を退職したいけれど、上司から引き留められるなどスムーズに退職ができるかどうか不安に感じる人も多いかもしれません。会社を辞めるときにはトラブルなく円満に退職したいところですが、どのよ

続きを読む

コロナ禍になり、オンラインでの面接する企業も増えています。対面式とは違うオンライン面接を受ける場合、やったことがなく戸惑う方も多いでしょう。本記事では、オンライン面接の流れや準備するべきもの

続きを読む

建築設計業界で働く際には、押さえるべきポイントがたくさんあるでしょう。会社としての規模や自分ができること・やりたいこととマッチしているかも重要ですが、ブラック企業に就職しないよう注意が必要で

続きを読む

働き方の多様化が進んでいる近年、働く曜日や時間帯、場所にとらわれず働けることで、社員のライフスタイルにあわせた働き方ができます。そんな働き方改革のさきがけであるフレックスタイム制という言葉を

続きを読む

CADオペレーターという職業をご存じですか?CADというソフトを活用して、建築や機械系などさまざまな分野の図面を作成する仕事です。資格がなくても働くことができますが、CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターという仕事をご存じですか?CADという専用のソフトを活用して、製図の支援を行う役割を担っています。建築や機械、自動車、ジュエリー、航空機など幅広い業界で使われているため、近

続きを読む