建築設計専門の転職エージェントはどれくらい業界知識がある?

公開日:2019/09/01  

建築設計への転職を考えている場合のポイントの1つが、どのような転職エージェントを利用するのかという点です。ですが利用したとしても、担当者の知識が乏しいと良いところに転職できるとは限りません。

業界に関する十分な知識があるのかという点は、利用する転職エージェントによっても変わってきます。

利用する転職エージェントの選択肢を知る

建築設計の業界で転職を考えているものの、良いところをどのように見つけたらいいのかわからないという方もいるでしょう。実際に転職をしたとしても、良い職場に出会えずにすぐ仕事を辞めてしまうという方も多くいます。

苦労して就職先を見つけたとしても、すぐに辞めることになったら今までの努力が無駄になってしまうかもしれません。努力を無駄にしないようにするためにも、どのような形で転職先を探すのかというのもポイントの1つです。

例えば仕事を探すときの選択肢の1つに、転職エージェントを利用するという方法があげられます。エージェントを利用することで、職探しの専門家にサポートしてもらったうえで職場を見つけることにつながります。

ここで問題になるのが、建築設計の転職エージェントといっても複数の選択肢が存在しています。複数の選択肢の中から良いところを選ぶことによって、より良い職場と出会えるかもしれません。働き始めてから後悔しないように、より良いエージェントを選んで自分に合った建築設計の仕事を探せるようにしましょう。

担当者の知識量に問題がないのか

数ある建築設計の転職エージェントの中から、どのように利用するところを選べばいいのでしょうか。選ぶ際のポイントの1つとしてあげられるのが、担当者の質に問題がないのかという点です。建築設計の業界といっても、さまざまな企業が存在しています。

さまざまな企業の選択肢の中から、自分に合った職場を選ぶのは簡単なことではありません。そこでポイントになるのが、業界の知識が豊富な人のサポートが得られるのかという点です。

もしも担当者の知識面で問題がある場合には、状況を考慮したうえで自分に合った環境を紹介してもらいにくくなります。

一方で詳しくない人が担当になった場合には、業界の状況がわからない状態で仕事を探すことになってしまいます。中途半端な形で職場を探してしまうと、あまりよくない環境で働くことになるかもしれません。

少しでも良い環境で働きたいなら、その分野に詳しい方のサポートが欠かせないのです。詳しい担当者がいるのかという点は、利用する転職エージェントによって異なります。実際にどのようなスタッフがいるのか情報を集めたうえで、転職先探しを検討していくことが大切です。

多くの求人を扱っているところを探す

多くの転職エージェントの選択肢があると、どのような基準で利用するところを選べばいいのか迷ってしまう方も多くいます。そこで迷っている場合の選び方の1つに、どのくらいの求人を扱っているのかという点があげられます。利用者が多い業者だとしても、求人の種類が少ないとしたらどのような問題が生まれるでしょうか。

もしも扱っている求人の数が少ないと、自分に合ったところを紹介してもらいにくくなります。ただし扱っている求人の数が多いとしても、質が高い情報を扱っているとは限りません。良い求人が揃っていなければ、紹介してもらえるところが多くても意味がなくなります。

だからこそ情報量だけではなく、質という面にも注目するようにしましょう。具体的な数字の問題を知りたければ、実績を参考にするのも1つの手です。

実績面を調べることで、どのような形で業務を行ってきたのかなどの情報を把握することにもつながります。自分に合った求人を見つけるためには、さまざまな情報に基づいて考えていくことも欠かせません。トータルで考えていくことが大切です。

自分の可能性を模索したい場合の選択肢

実際に転職を考える場合には、目的を明確にすることも忘れてはいけません。同じように建築設計で働きたいと考えている方でも、どのような目的で転職をしたいのかという点は人によって異なります。自分の目的を整理したうえで、より良い形で転職するための選択肢を探っていきましょう。

例えば実際に仕事を探している方の中には、やりがいを求めているという方や自分の可能性を広げたいと考えている方もいます。自分の可能性を広げたいと考えている場合には、どのような環境で働くかは重要なポイントの1つです。

新しい仕事にチャレンジしたくても、環境によっては責任のある業務はなかなか任せてもらえません。新人にもチャンスがある職場を見つけられれば、やりがいを感じやすくなる可能性もあります。

実際にやりがいを感じられる職場を選ぶために、転職エージェントを利用してどのような職場なのか情報を集めるのも1つの手です。担当者が業界に精通している方であれば、自分の希望をくみ取ったうえで良い求人情報を紹介してくれる可能性が高くなります。

自分との相性を考えて選ぶことも大切

実際に転職エージェントを利用する場合には、自分と相性が良いのかというのもポイントの1つです。

例えば担当者の知識面で問題がないとしても、自分の意図をくみ取ってもらえなければ良い求人は紹介してもらえません。自分の求める職場が相手に伝わっていれば、満足度の高い職場を紹介してもらえる可能性が高いのです。

では実際に自分と相性の良いところを選ぶためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。例えば相性の良いところを選ぶために、複数のところを利用してみるのも1つの手です。無料で登録できるところであれば、登録して実際に担当者と話をしてみることで相性が良いサービスなのか判断できます。

仕事探しというのは、これから長い時間を過ごすことになるかもしれない場所を選ぶ人生のターニングポイントのようなものです。そのようなターニングポイントを少しでも良い形で迎えられるように、建築設計の業界に詳しい転職エージェントを探すことが欠かせません。相性が良いと感じる条件は人によって異なるからこそ、比較しながら自分にとって良い環境を選べるようにしましょう。

利用者の意見も考慮して選ぶのも1つの手

建築設計の転職先を探すとき、どのようなエージェントを利用したらいいのか迷ってしまう方も多くいます。迷っているという状況であれば、実際に利用した方の意見を参考にするというのも選択肢の1つです。利用者の意見を参考にすることによって、自分に合ったサービスを見つけることにもつながります。

同じように転職エージェントを利用した方でも、どのように感じたのかという点には個人で違いがあります。そこで利用者の評判を参考にするときには、複数の意見をチェックしましょう。複数の意見を把握することによって、どのような形で利用することでメリットが感じやすいのか見えてきます。

例えば転職エージェントを利用するメリットの1つが、担当者に個別のアドバイスなどがもらえるという点です。担当の方か得られるサービスや情報を活用することで、より良い形で転職しやすくなります。

一方で担当の方と相性が悪く連絡を取り合わないと、利用するメリットが減ってしまいます。利用するのであれば、少しでもメリットが大きくなるようにサービスを活用していきましょう。

 

建築設計への転職を考えている場合、転職エージェントを利用して求人探しをサポートしてもらうのも1つの手です。

実際に利用するときには、担当者の知識が豊富なところを選ぶようにしましょう。また相性が良いところを選ぶことで、自分に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

志望する企業に受かりたいという思いから、履歴書や実務経歴書に嘘を書いてしまおうと考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。この記事では、履歴書に嘘を書いてしまう人の心理や嘘がバレ

続きを読む

建築士の資格を持っているけどこれまで資格を活かした仕事をしてこなかった方や、これから建築士の資格を取ろうとしている方にとって、資格が転職に有利に働くかどうかは大いに気になるポイントでしょう。

続きを読む

二級建築士は、一般的な戸建住宅などを設計および監理できる国家資格です。取得後、建築事務所で働いているうちに、将来独立したいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、独立は自分の責任のもと

続きを読む

建築現場の経験を活かしたい、もともと設計したかったといった理由で設計事務所への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。そもそも建築現場と設計事務所は、建築という共通点があるため、転職は

続きを読む

人手不足が叫ばれる建築業界において、内装施工管理も例外ではなく、大手による優秀な人材の囲い込みもさかんになっています。内装施工管理は関係する資格取得も大切ですが、それ以上に現場経験と実績も重

続きを読む

転職活動について調べていると、転職エージェントの利用をすすめているサイトを多く見かけますが、実際はどうなのでしょうか。「転職エージェントを使わなくても転職できるのはどんな人?」「転職エージェ

続きを読む

転職エージェントは転職活動をする際に強い味方ですが、実は怪しいサイトもあるのをご存じでしょうか?せっかくの転職活動が辛いものにならないように、怪しい転職エージェントに当たってしまったらエージ

続きを読む

女性は結婚や子育てがあるため建築士になるのは難しいという噂がありますが実際はどうなのでしょうか?建築士として活躍している女性はいるのでしょうか?本記事では女性が建築士になるのは難しいのかにつ

続きを読む

建築設計は、これからつくる建物の資材、構造、工事費を計画し、図面に起こす仕事です。建築設計は日本に限らず、世界中で行われているため、海外で仕事をして、稼ぎたいと考えている方も多いのではないで

続きを読む

建築業界に興味を持つ人にとって、もっとも有名かつ、花形とも言える職業は建築士ですね。世のなかのあらゆる建物は、建築士が設計した図面をもとに建てられます。そんな建築士の仕事内容は意外にも忙しく

続きを読む