一級建築士が転職すべき理由とは?

公開日:2019/05/15  

国家資格でもある一級建築士の資格取得は大変難しく、資格をやっと取得していざ就職をしたけれど本当にここで良いのかと考える人も中にはいるのではないでしょうか。

そこで一級建築士が転職したほうが良いと思われるその理由はどんなことなのか詳しく紹介しているので、ぜひ参考にして下さい。

 

資格に見合った収入をもらっているか考えよう

専門的な知識が必要となる一級建築士の資格は国家資格です。毎年多くの人が資格取得を目指していますが、実は大変取得するのが難しい資格の一つでもあります。

そんな一級建築士の勉強をしっかりおこない、やっと資格を取得し就職したのは良いのですが、中にはこのままこの会社で働いていて良いのだろうかと考える人もいるのではないでしょうか。やはり就職先を探すのも簡単なことではありません。

やっと就職した職場を離れるのはなかなか決心がつかないものではないでしょうか。しかし中には転職をしたほうが良い場合もあります。

まず仕事に見合った給料をもらっていない場合は他を探したほうが良いかもしれません。一生懸命資格の勉強をし、豊富な知識を身につけていたとしても、それに対する対価が低くては意味がないのではないでしょうか。

合格することさえ難しい資格を取得してせっかく頑張ってきたのにこれでは報われません。そんなときこそ、きちんと資格を持っていることを評価してくれる会社を選ぶべきではないでしょうか。

今の時代、人手不足で悩んでいる会社も増えてきています。実は今こそ個人が会社を選ぶ時代になってきているのです。もしきちんと資格に対して評価をしてもらえないのであれば、今こそ新しい職場を探すべきです。

転職が年収をアップさせることができるチャンスかもしれません。現に多くの人が転職をしたことで年収がアップしているでしょう。現状で満足せずに新たなチャンスを掴むためにもぜひ一歩踏み出してみましょう。

もちろん現在の給料に満足しているという場合であれば何も問題がありません。しかし中には資格をきちんと評価してもらえずこき使われるという人もいます。

それではこれまで一生懸命に勉強してきたことが評価されず、それに見合った収入を得ることができませんよね。それならきちんと評価をしてもらえ、それに対する給料もしっかりもらえる会社を選ぶことが大切です。

 

一歩踏み出すことで未来が変わる

資格に対してきちんと給料をもらえていないとそれだけでやる気がなくなってしまいます。また、中にはサービス残業ばかりさせられるという人もいるのではないでしょうか。

労働時間は労働基準法で1日8時間と定められています。しかし中にはこれを越えて、しかも労働基準法で引っかかってしまうからとサービス残業をさせている悪質な会社もあります。

そのような会社で働いていてはこき使われてばかりで、収入面がなかなかそれについてこないのではないでしょうか。このような場合も転職を考えるべきです。

きちんと働いた分の給料をもらえる会社であり、また一人だけに負荷が掛からないように配慮してくれる会社を選びましょう。近年労働基準法も厳しくなっています。

そのためすぐにチェックが入りますが、やはり建築関係の仕事は今大変忙しい時代になっておりなかなか休める体制になっていません。しかも一級建築士といえばありとあらゆる建物の設計をすることが可能です。

大型ショッピングセンターであったり一般の住宅などさまざまな建物の設計をすることができます。そのため、仕事の依頼も多く、現場では重宝される存在です。

仕事が多いということは良いことですが、それが過剰な場合は注意が必要です。やはり仕事をする上で一番大切なことは健康ではないでしょうか。仕事が多すぎて体を壊してしまったり、精神的に追い詰められてしまっては大変です。

このように常に心や体に負担を感じるような職場ではどんどんストレスだけが溜まってしまいます。近年過労死などの問題も取り上げられているように働きすぎが体にどれだけ影響を与えているのか知ることも大切です。

日本人は働くことこそが良いことと考えてしまいがちですが、体を壊してまで働くということはまた意味が違ってきます。そのような状況を抜け出すためにも転職は必要かもしれません。

仕事探しは簡単なことではありませんが、新たな道に進むためには自分から一歩踏み出す必要があります。新たな道に進む時は誰でも不安がありますが、それを乗り越えることで今以上のものを見つけることができるかもしれません。

一級建築士の資格を持っていれば大規模な建物さえも設計することができます。二級建築士の場合は建物の規模など限度があるので、やはり建築の現場としては一級建築士のほうが重宝されます。まずは勇気を出して前に進みましょう。

 

より良い職場探しをするためにできること

新たな職場を探すといってもきちんと就職先が見つからなければ意味がありません。しかし中にはなかなか自分に合った職場を見つけることができないという人もいるかもしれません。

自分でいろいろ求人情報を探すのも良いのですが転職エージェントを利用することで有利に仕事探しをおこなうことができるでしょう。この転職エージェントを利用すれば仕事探しをトータル的にサポートしてもらうことが可能です。

非公開求人を扱っているところも多数あり、より多くの求人の中からぴったりの会社を見つけることができます。しかも仕事探しをするうえで何か悩みがある場合も専属のエージェントがきちんとサポートしてくれ的確なアドバイスをもらうことが可能です。

またこんな働き方がしたいなど希望がある場合はそれにあった仕事を紹介してもらうこともできます。やはり人それぞれ希望する会社の条件が異なります。

どんな働き方をしたいのかなどいろいろ要望があると思うのでそれに合わせた求人の紹介も行ってもらえるでしょう。もちろん選ぶ会社によっては収入アップにつながるのではないでしょうか。

また建築業界に特化した情報を紹介してくれるところであったりそれを越えてでも、資格をしっかり活かすことができる職場の紹介をしてもらうことが可能です。

せっかくの専門的な知識を無駄にしないためにも、自分の持っている資格やスキルに合わせた仕事探しをすることが大切です。また、登録をすることでヘッドハンターからスカウトされる場合もあり、より好条件の職場を見つけることができるかもしれません。

仕事探しは決して簡単なものではありませんが、転職エージェントを上手く活用すれば仕事探しを楽におこなうことができます。たくさんある求人の中から仕事内容や給料面もぴったりの仕事が見つかるかもしれません。今の職場で良いのだろうかと考えている人は一度立ち止まってしっかり考えてみることが大切です。ぜひ仕事探しを上手におこないましょう。

 

大変取得が難しいとされる一級建築士の仕事は、現場でとても重宝されます。しかし中にはきちんと資格やスキルに見合った収入を得ることができない場合もあるでしょう。その場合は他の職場を見つけることをおすすめします。

新しい職場を見つけることで収入をアップさせることも可能です。またより条件の良い職場を探すためにも転職エージェントの利用をおすすめします。利用することでより多くの情報を得ることができ、条件の良い職場を見つけることができるでしょう。

また非公開求人や就職までのサポート体制が充実しているところもあるので利用してみましょう。

転職エージェントを探す

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む