複数の建築設計の転職エージェントを利用しても問題はない?

公開日:2019/10/01  

建築設計の転職エージェントを利用するとき、単体と複数利用のどちらを選べばよいのでしょうか。

ここでは建築設計の仕事探しをする人を対象にし、上手な転職エージェントの利用方法について説明していきます。プロの力を借りることが転職を成功させる近道になるのは間違いないです。

複数の転職エージェントを利用してもよい?

建築設計の転職エージェントは数多くあり、複数を利用してもまったく問題ありません。サイトによって掲載案件が異なるので、複数サイトに登録して探すのが効率的です。会員登録は無料になっており、転職後は退会しても問題ないからです。

もちろん複数のエージェントとやり取りするのが面倒という人は、ひとつのサイトに絞っても問題ありません。実際にさまざまなサービスを比較することで、相性のよいサービスが見えてくるでしょう。

建築設計業界に詳しい専門家が在籍しているか、適性診断や面接アドバイスなどのサポートがあるか、具体的に企業の雰囲気・人間関係などの情報を教えてくれるか、などをチェックしておくといいです。自分に合った転職エージェントを利用することが、よい職場にめぐり合うための近道になります。

仕事探しでは焦る必要はありませんが、自分の中で期限を決めておいたほうがモチベーションを維持する上で有利となります。期限を設定すればスケジュールが必然的に埋まりやるべきことが明確になるからです。そして自分がよいと思える求人が見つかったら、早めに応募するのがコツです。

短期集中で探したほうが見つかりやすい?

どんな仕事を探すときにも言えますが、マイペースで探すという方法は失敗しやすいです。地道にコツコツと探すのは合理的に思うかもしれませんが、今日やるべきことを明日に延ばしてしまいがちになります。

すると時間ばかり経過して結果が出ない状態となりますから、転職活動のモチベーションが低下していくでしょう。仕事探しの成功の鍵はモチベーションですから、短期集中を意識して探したほうがうまくいきやすいのです。

時間をかければよい仕事が見つかるわけではなく、むしろチャンスを逃すことになります。特に人気案件ほど応募が集中しますので、すぐに採用者が決まってしまう傾向があります。人間のモチベーションはずっと続くわけではなく、時間の経過に比例して低下していくことが多いです。

だからこそ建築設計の転職活動は短期集中を意識したほうが好ましいわけです。活動期限を決定すれば、今日やるべきことが見えてくるでしょう。転職で成功を勝ち取るためには、とにかく応募をしてみることです。まずは候補案件を3~5社ほど絞ってみて、そこからさらに精査して絞り込んでください。

専属エージェントがつくかチェックする?

建築設計の仕事を転職エージェントで探すときは、専属エージェントがついてくれるサイトから選びましょう。毎回エージェントが変わるようだと、そのつど説明が必要になったりします。

前担当者との引き継ぎがうまく行われていないなど、スムーズな転職活動をする上で問題が発生したりします。専属制のエージェントならば、話が迅速に進むのでストレスが溜まりません。転職活動で意外と大切になるのは、ストレスをいかにコントロールするかです。数打てば当たるの感覚で応募しても、全落ちするケースは少なくありません。

大切なのは応募者と企業のマッチングになりますので、マッチングした企業に絞って応募することです。自分という人材を欲しがってくれる企業を見つければ、採用率はぐっと高くなるでしょう。そのためにも専属エージェントを見つける必要性は高いです。

なんでも話せるパートナーがいれば、心強い味方になるはずです。転職活動は本来孤独なものですが、エージェントがついてくれれば精神的な負担はぐっと軽くなります。企業との条件交渉の代行サービスもあるなど、メリットは非常に大きいのです。

オーダーメイドで対応してくれるエージェントがおすすめ

オーダーメイドで対応できるエージェントが在籍するサイトなら、自分に合った建築設計の職場を見つけられるでしょう。一人ひとりにマッチした案件を提案してくれるエージェントがいれば、短期間での転職も夢ではありません。適性を正確に把握してもらうことが、自分に合った企業探しのコツです。

自分のことを自分で診断するのは困難であり、だからこそプロに客観視してもらう必要があります。優れたエージェントは転職後のキャリアまで考慮して仕事探しをサポートしてくれるでしょう。複数サイトを利用しなくても大丈夫ですが、登録してよかったという人は少なくありません。

それぞれのサイトの使い勝手や掲載案件、サポートなどを比較検討できるためです。個別面会してヒアリングをするサポートがあれば、条件を明確に伝えることができます。電話やメールサポートだけですと、考えの行き違いが発生するケースがあります。

面会すればその場で質問したり、疑問を解消したりできるのです。また企業へのアプローチにも対応していますので、内定までスムーズに進行するはずです。

書類作成や面接サポートは受けるべき?

転職活動成功の鍵となるのは、自分の強みをいかに伝えるかです。そのためには書類作成と面接対策が必要になりますので、建築設計の転職エージェントでサポートしてもらいましょう。転職する場合は職務経歴書が必要になることが多いので、書き方の指導を受けてください。

空欄を作らないこと、気持ちを込めて丁寧に記載することがポイントになります。文字というのは人間性が現れてしまいますので、ごまかしがきかないです。面接対策はさらに大切であり、面接で大体の評価が決定すると考えてください。

自分を最大限にアピールするのが面接の場ですから、これを利用しない手はありません。面接をネガティブに考えてしまう人は多いですが、ライバルと差をつける場にもなるわけです。面接で勝つためには、いかに緊張しない状態に調整していくかがポイントです。

緊張すると本来の自分を出せなくなるので、企業にうまく魅力を伝えられません。適度な緊張は誰にでもあるでしょうが、過度の緊張はマイナス評価を受ける可能性が高くなります。面接にはイメージトレーニングが役立ちますので、模擬面接を通しながら大丈夫だと自分に言い聞かせましょう。

セミナーなどのサポートは充実しているか?

建築設計の転職エージェントを利用するときは、掲載案件数が多いほど有利になるのは間違いありません。ただ掲載案件の問題は複数サイトに登録すればクリアできます。エージェントの利用において重要となるのは、セミナーなどのサポート制度が充実しているかどうかです。

安定したスキルアップのためには、無料転職サポートが重宝します。セミナー参加サポートを用意しているところなら、積極的なスキルアップが可能になるでしょう。有益な人材でいるためには、時代について行くことがポイントです。

転職エージェントの中には、定期購読のマガジンを用意しているところもあります。建築設計業界の現状を知っておくこと、その上でキャリアアップを検討することが重要になります。転職エージェントは複数利用しても費用がかかりませんから、必要に応じて使い分けてください。

3~5サイト以上の登録をしている人もおり、仕事の合間を見つけてコツコツと活動しているケースが多いようです。完全に仕事をやめてしまうと、収入減から焦りが発生する場合が多いため、働きながら探すのがおすすめです。

 

建築設計の転職エージェントは単体で利用、または複数の利用をするのも大丈夫です。サイトによって性質が異なりますので、自分に合ったサービスを見つけてください。期限を明確にした上で活動すること、専属エージェントのいるサイトを利用することなどが大切です。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建設現場で働く職人や大工は、雨の日は工事がストップするので休みになることがほとんどです。施工管理は雨の日もデスクワーク中心の業務を行っています。業務内容が多岐にわたるので、これまでの業務の遅

続きを読む

建築設計業に携わっており、転職エージェントでハウスメーカーに転職しようと考えていませんか?ハウスメーカーといっても、さまざまな仕事が存在します。そこで本記事では、ハウスメーカーの仕事内容や魅

続きを読む

別の仕事がしたい、今の会社とどうしてもあわない、長時間働かされすぎてプライベートの時間がとれないなど、転職を考える理由は人それぞれです。ただ、人手不足が深刻化している近年、引き止められてなか

続きを読む

建築設計業界への転職を考えている人にとって、実務経験が求められるかどうかは気になるところでしょう。募集求人によって異なりますが、建築設計業界の転職では実務経験が求められるのが多い傾向にありま

続きを読む

現在の会社を退職したいけれど、上司から引き留められるなどスムーズに退職ができるかどうか不安に感じる人も多いかもしれません。会社を辞めるときにはトラブルなく円満に退職したいところですが、どのよ

続きを読む

コロナ禍になり、オンラインでの面接する企業も増えています。対面式とは違うオンライン面接を受ける場合、やったことがなく戸惑う方も多いでしょう。本記事では、オンライン面接の流れや準備するべきもの

続きを読む

建築設計業界で働く際には、押さえるべきポイントがたくさんあるでしょう。会社としての規模や自分ができること・やりたいこととマッチしているかも重要ですが、ブラック企業に就職しないよう注意が必要で

続きを読む

働き方の多様化が進んでいる近年、働く曜日や時間帯、場所にとらわれず働けることで、社員のライフスタイルにあわせた働き方ができます。そんな働き方改革のさきがけであるフレックスタイム制という言葉を

続きを読む

CADオペレーターという職業をご存じですか?CADというソフトを活用して、建築や機械系などさまざまな分野の図面を作成する仕事です。資格がなくても働くことができますが、CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターという仕事をご存じですか?CADという専用のソフトを活用して、製図の支援を行う役割を担っています。建築や機械、自動車、ジュエリー、航空機など幅広い業界で使われているため、近

続きを読む