【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト5選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計専門の転職エージェントの特徴と一般的な求人媒体との違い

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/26

一般的な求人媒体の場合は、様々な業種を扱っていますよね。色々な職種をチェックしたい方には便利ですが、特定の仕事に関する情報は少なくなってしまいます。

その点、建築設計専門の転職エージェントであれば、その分野の仕事のみを扱っているので数も多くて待遇のよい求人が揃っています。

求人媒体にはどのようなものがあるのか

求人媒体には様々なものがあります。人材を求めるにあたって利用されるものとしては、ハローワークや一般の運営会社が提供する求人、求職者が登録して利用する派遣会社などがあります。ハローワークは厚生労働省から指示を受けて、都道府県労働局が管轄する地域の状況に応じて展開しています。

一般の運営会社が提供する求人は無料ではありません。なんらかの形で費用が発生しています。求人媒体にはインターネットを利用したものと紙を使用したものが存在しています。紙を使ったものは、求人情報誌やフリーペーパー、新聞折り込みチラシや新聞広告といったものです。

最近はインターネットを利用したものも多くあり、ハローワーク提供のインターネット求人もあります。紙を使ったものが主流だった求人媒体ですが、現在ではインターネットを利用したものが主流となっています。

インターネットを利用した求人媒体も棲み分けが進んでおり、求人票のみを掲載しているようなところだけではありません。転職のサポートを行ったり、特定の業種に絞って活動しているところも増えています。

一般的な求人媒体と転職エージェントの違い

一般的な求人媒体と転職エージェントの違いは、サポートを受けられるかどうかが大きく異なります。一般的な求人媒体としてあげられるのは求人サイトです。様々な職種の求人票を簡単に見ることができます。

条件も自分で見比べて選ぶことができますから、働きたいエリアの希望する職種を簡単に探すことが可能です。希望に合った求人に簡単に応募することができます。

しかし、様々な手続きを自分で行う必要があります。応募するにあたっては履歴書を用意しなければいけません。面接のための日程を調整したり、疑問点があったら聞いたり、条件が合わないときには交渉するなど、様々なことを自分で行う必要があります。

一方転職エージェントは、転職にあたって必要なことについてサポートをしてくれます。求人があれば転職に成功するとは限りません。キャリアについて考えることも必要ですし、本当に自分に合った職場かどうか判断することも必要になります。

面接対策や履歴書の作成も慣れていない方にとっては大変なことです。転職エージェントを利用すれば、面接対策や応募書類の作成指導、条件の交渉など様々なことを手伝って貰うことが可能です。

建築設計専門の転職エージェントの特徴

転職エージェントと一口に言っても、様々なところがあります。業種により事情が異なるため、特定の仕事に絞って活動している所が多いからです。転職を成功させるためには、どのような職場でも構わないというわけにはいきません。

建築設計の仕事で転職を成功させるためには、その分野の知識が必要です。建築設計専門の転職エージェントの特徴としては、その分野に絞って活動しているということが挙げられます。求人もサポート内容も特定の分野に絞って活動しているわけですから、よりよい求人やサポートが期待できます。

建築設計の分野に絞って活動していることで業界とのパイプも太くなり、待遇のよい求人が集まりやすくなるからです。人材を求める企業からの信頼が厚いことは、求職者側にもメリットが大きいです。経験や実績があることで、サポートの内容についても信頼することができます。

どの企業がどのような人材を求めているのか、仲介に入るエージェントの理解が深いことで自分に合った職場を見つけやすくなります。結果として満足のいく結果を出しやすいです。

効率がよく転職を成功させやすい

一般的な求人媒体との大きな違いは、効率よく動くことが出来る上に転職を成功させやすいということが挙げられます。求人が沢山あっても、自分の希望に合ったものがなければ意味がありません。一般的な求人媒体の場合、数は合っても希望に合ったところは少ないのが現状です。ひとつも見つからない事すら考えられます。

なぜなら専門性が高くなればなるほど、一般的な求人媒体に情報は出なくなってくるからです。 採用にあたっては手間もお金もかかります。面接にあたる方にも給与が発生しているからです。採用する側からしても無駄な時間をかけるのは避けたいですから、効率よく優秀な人材を得ることができるサービスを利用します。

それが転職エージェントです。建築設計のように専門性の高い仕事であれば、その傾向は強くなります。自分を活かしてよりよい職場に行きたいのなら、そのような求人を多く扱うサービスを利用しましょう。

建築設計専門のサービスを利用すれば、効率よく転職活動ができるだけではありません。成功する転職を叶えることができます。

自分に合った職場を見つけるためには

転職が成功したかどうか決めるのは自分です。自分に合った職場を見つけるためには、まずは自分に合った転職エージェントを見つけましょう。エージェントにはサポートをお願いできますが、相性というものがあります。

人間同士ですから相性が悪い相手にあたってしまうと転職を成功させるのは難しくなってしまいます。そのため慎重に選択することが必要です。最初から登録先をひとつに絞って動くのはよくありません。まずは比較することが大切です。

複数の登録先を見比べて、自分にとって便利なのはどこなのかを検討するとよいです。転職するのは自分ですから、主体性を持って動きましょう。満足のいく転職をするためには、どのような優秀なエージェントであっても、お任せにしてはいけません。

自分のことですから主導権を手放すのはよくないです。よく検討してから登録するのがおすすめです。複数に登録して比較しながら利用するというのも方法のひとつです。しかし登録しすぎると転職活動がかえって大変になります。自分が動ける時間を考慮に入れて、賢く選択するとよいです。

上手に活用するには工夫が必要

建築設計専門の転職エージェントを上手に活用するには、工夫が必要です。登録しただけで満足のいく職場が見つかるわけではないからです。優秀なエージェントが在籍していても、活用の仕方が悪いと満足のいく結果を出すことが出来ません。

転職を成功させたいのなら、積極的に動くことが大切です。まず考えておきたいのが、自分にとって満足のいく職場の条件です。誰にとっても満足のいく職場というものは存在しません。条件には様々なものがあり、その優先順位は人により異なります。

収入が高ければ良いというものでもありません。通勤にかかる時間や残業のこと、職場の雰囲気や仕事内容など様々なことを考える必要があります。まずは優先順位をつけて条件をまとめておきましょう。

キャリアのことも含めて、その段階からエージェントに相談するというのもひとつの方法です。サポートを受けられるのですから、活用しない手はありません。

希望を上手に伝えられないとエージェント側も動きにくいですから、遠慮しないほうがよいです。受けられるサポートは上手に受けて、満足のいく転職を実現しましょう。

 

仕事探しは個別の求人で行う時代ではありません。自分に合った良い条件の仕事を見つけるためには工夫が必要です。建築設計の仕事を探しているのなら、まずはその分野を専門としている転職エージェントを探しましょう。

そして自分の要望をキチンと伝えて、上手にサポートを受けるとよいです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧