建築設計業の転職エージェントとの電話面談の流れと内容

公開日:2021/02/01  

建築設計業の転職エージェントとの電話面談では、転職活動の計画方針を決めたり、こだわりたい条件を伝えて仕事を探してもらったりすることができます。対面式ではないため、効率よくコミュニケーションを取れる点がメリットだといえるでしょう。初めて転職活動をする方もサポートが充実しているため、しっかりと準備を進めてから行動を起こせます。

挑戦したい仕事と転職の選択肢に注目

建築設計業の仕事をする中で、実務経験を積みステップアップすることを考える方も数多くいます。たとえば、もっと大規模な建築設計をしたいなど、希望する仕事をしたいときには、転職することも1つの選択肢でしょう。

今の職場では大きな仕事を任せてもらえないため、企業の情報を集めて、今までの経験を活かしてやりがいのある仕事をさせてもらえる求人を探すことも重要です。建築設計ができる人材を探す企業も多くあり、建築設計業の求人を調べる時に仕事内容に注目しながら、比較することも大切なポイントでしょう。

転職活動を進めていくときに、ハローワークを利用する方法もあります。しかし、条件がよい求人や挑戦したい仕事を任せてもらえるように、転職エージェントにも注目することをおすすめします。建築設計業に詳しい転職エージェントを見つけることで、慣れない転職活動もサポートしてもらえ、安心感をもてるでしょう。実務経験をしっかりと積んでいる方でも、転職活動が初めてだと失敗するリスクがあるため、注意が必要です。

初めての転職はサポートの充実が重要になる

初めて転職活動をする場合、わからないことが多くあると、行動の仕方を間違えてしまったり、希望する建築設計業の求人を見つけられなかったりすることがあります。リスクに注意しながら転職活動を無理なく進めていくことができるように、転職活動の計画をしっかりと立てていくことが必要です。

転職エージェントならサポート体制が充実しているため、転職活動の計画も含めて相談できるメリットがあります。詳しいスタッフにアドバイスをもらった結果、行動の仕方がきちんとわかるなど、安心感を持てる方も多いようです。転職活動は事前の準備をしっかりと行うことが重要になるため、まずは相談することをおすすめします。

転職支援サービスは、ホームページでサービス情報をわかりやすくまとめてくれているだけではなく、ネットから登録を進めることができます。面談をする場合も電話で対応してもらえますし、ネットや電話を使って効率よく準備を進められるでしょう。相談しやすいスタッフがいる、評判がよいサービスを見つけることも重要なポイントです。

転職活動の計画と電話面談の流れを紹介

転職エージェントに登録して相談する流れへと進めていく場合、キャリアアドバイザーとの面談が設定されます。今後の転職活動のことを話し合っていくことができるため、方針をきちんと決めて準備を進められるでしょう。初めて転職活動をする方も、計画を立ててサポートしてもらうことができれば、安心感をもてるという人は多いものです。

直接会って話をすることもできますが、電話面談をとるところも多くあり、電話面談に成功するように流れを把握することも重要になるでしょう。まず電話面談では、転職理由を話したり、今までの実務経験を伝えたりするなど、面接に近いスタイルで自分自身のことを話す流れとなります。緊張する必要はなく、相手もリラックスして話せるように丁寧な対応をしてくれるでしょう。

仕事を探している方の話をしっかりと聞くことで、必要な情報を集めて、1人1人に合ったサポートを行うためです。担当のキャリアアドバイザーに職務経歴書や履歴書を提出してから、電話面談の流れへと進むことが多く、書類を見ながら内容を確認したり、質問をしたりすることもあります。

電話面談のメリットと注意点を紹介

対面型の面談と比べると、電話でのやり取りで効率よくやり取りができるようになります。そのため、仕事を続けながら転職活動を行うことを考えている方も、活動しやすいメリットがあるでしょう。相談のためにオフィスまで足を運ぶ場合、時間も交通費もかかる場合があるため、効率よく動けるようにすることも大切なポイントです。

建築設計業専門の転職エージェントに相談してみると、希望する仕事を豊富に取り扱っている可能性があります。また、早めに相談することで、できるだけ早く希望する条件に合う求人を探してくれ、紹介してもらえるでしょう。

注意点としては自分の口で、わかりやすく希望することを伝えるなど、相手に理解してもらえるように伝える工夫をすることも大切です。思うように自分の考えを伝えられなかった場合、キャリアアドバイザーが適切な求人を紹介しにくいケースもあるため、注意が必要になります。履歴書や職務経歴書を提出する際に、書類を通しても希望する仕事や実務経験がわかりやすく伝わるように、丁寧な字で書くことも重要です。

メモを取る準備をすることも大切なポイント

話の内容を後でまとめることも大事なことなので、メモを取る準備をすることも必要になります。イヤホンをつけて両手を使える状態でキャリアアドバイザーと話せる状態にすると、大切なことをメモできるでしょう。

初めての方は転職活動方針を決めて、希望する求人を探してもらえるようにこだわりたいことを話すやり取りのため、希望が多くある方はノートに事前に書いておくことをおすすめします。業務内容にこだわることはもちろん、希望年収を話すなど、スムーズに話ができるようにノートにまとめておくことは大切です。

建築設計業はさまざまな仕事がある中で、自分が任せてもらいたい仕事をキャリアアドバイザーに伝えることも重要になります。アドバイザーが求人を出す企業と話をする中で、条件がよい内容の仕事を持ってきてくれる可能性もあるようです。

すぐに希望する条件に合った求人が見つからなくても、キャリアアドバイザーにうまく伝えることができれば、条件がよい求人が見つかったときにすぐに紹介してくれるため、チャンスを作りやすいでしょう。

建築業界に特化した転職エージェント

大手の転職支援サービスを利用する安心感はありますが、多くの求人を取り扱っていても、希望する仕事が決まっている場合、あまり条件に合う求人が見つからないことがあります。建築業界に特化した転職エージェントなら、その業界で働くことに決めている方が条件に合う求人を多数見つけることが可能です。

業界向けの講習会や建築に関する情報をサイトで発信するなど、知りたい情報を効率よく集めることができるでしょう。特定の業界に詳しいアドバイザーに相談できるようになるため、知りたい情報をしっかりと集めて転職活動の準備を進めていけます

建築業界に詳しいスタッフのほうが、円滑にコミュニケーションをとることができるため、電話でも希望を伝えやすいでしょう。企業への応募が簡単になるWeb履歴書など、オンラインサービスが充実していると、対面でのやり取りを減らしてより効率よく転職活動ができるようになります。資格が必要な専門性の高い求人を紹介してもらうなど、建築業界に特化した転職エージェントに注目してみてください。

 

建築設計業の転職エージェントとの電話面談は、まず転職活動の方針を決めて、希望する仕事を伝えて探してもらう流れです。建築業界に特化した転職エージェントなら、資格が必要な専門性の高い求人を紹介してもらうこともできます。業務内容のこだわりや希望年収を伝えるなどの希望する内容を伝えることは重要なので、事前に伝えたいことをノートにメモすることをおすすめします

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む