無資格でも建築設計専門の転職エージェントを利用すれば転職できる?

公開日:2019/10/01  

建築設計の仕事に従事している人が転職を考えている場合、建築分野の求人情報に特化した転職エージェントを利用すると、これまで以上にキャリアアップすることが出来る仕事を見つけやすいでしょう。

多くの建築設計業界の企業も実務経験者を求めているので、専門職を扱っている転職サービスに求人情報を掲載することが多いです。

資格も大事だが実務経験の方が重視されることも多い

建築設計などの求人を多数扱っている転職エージェントに掲載されている求人情報の多くのものは一級建築士等の専門の資格を持っている人を応募条件にあげているところが多いですが、専門資格を持っている人が必ずしもスキルが高いとは言い切れないこともあって、無資格者でも採用している企業も少なくありません。

無資格でも十分な実務経験を持っている人であれば、実務経歴書の内容を充実させ、自分のスキルを十分にアピールすることが出来れば、採用されることも可能となることでしょう。

一級建築士や二級建築士の資格を持っていると、基礎的な知識を身に着けているというアピールにはなりますが、求人を募集している設計事務所などは即戦力の人材やこれから成長していける人を好んで採用することでしょう。

専門の資格については、採用後に試験に挑戦すればよいので、これから勉強を頑張っていきたいということを伝えるとやる気のアピールとなります。無資格者の場合には、資格を取得することが出来ない位、一生懸命に実務経験を重ねてきたことをアピールするのも良いです。

無資格でもこれから成長していくことが出来る人材を求めている

企業の内部に十分に資格取得者がいるようであれば、あえて一級建築士などの資格を持っている人を募集する必要もなく、実務を行ってくれる若くてやる気がある人材を好んで採用することが考えられます。

老舗の大きな企業などでは、ベテランの社員が定年退職してしまうことも多いので、これから会社と一緒に成長していくことができる若い人を求めているので、無資格の人でもやる気をアピールしていけばチャンスも広がることでしょう。

多くの建築設計事務所などでは、表向きの募集要項には一級建築士を持っている人を求めているような記載をしていますが、実情としては、やる気が十分にある人を求めていることが多いので、専門の転職エージェントスタッフなどからそういった企業の情報を貰うと役立ちます。

転職を考えている人の多くが、一級建築士や二級建築士などを持っているとは限らないので、転職エージェントの担当者も無資格者の支援を実施した経験が多いと考えられます。 資格を持っていない人なりに、企業にどのようにアピールすればよいかの戦略も指導してもらえるでしょう。

建築設計の中でもさらに専門性の高い特別な経験をアピール

一級建築士の資格を取得するためには、かなりの勉強時間を確保することが求められるので、仕事が忙しくて帰宅が毎日深夜になってしまうという人にとっては、取得が難しいという問題もあります。

しかし、企業としては有資格者を採用したほうが安心だと考えており、一級建築士を持っているという点を重視している企業もあります。無資格者が資格を持っている人と同様に企業に評価されるためには、実務経験の内容や知識をアピールしていくことが必要であり、アピールが上手くいけば、採用されることも可能となることでしょう。

建築設計の仕事の種類も細かく考えると内容が細分化されており、建築する建物の種類や用途に応じて必要とされるスキルが異なってくることがあります。建築設計の中でもさらに専門性が高い特別なスキルを持っている人であれば、そういった経験をアピールすると他の応募者に対して差をつけることが出来ます。

求人募集をしている企業ごとに求めているスキルが異なっているので、狙っている企業ごとに対策を考えていくと有利になります。

採用担当者が採用したいと感じてくれるようにスキルをアピール

企業の採用担当者は応募してくる求職者のスキルを短期間で見極めなければならないので、スキルを見極めるための情報の一つとして、専門的な資格の取得状況を重視することになります。

無資格で転職活動を進めている人の場合には、企業の採用担当者が、自社の業務の発展に役立ってくれそうな人材だということを意識してもらえるようになると採用される確率がかなり高くなることでしょう。これまで培ってきた自分の仕事を通じて身に着けたスキルを、新しい会社でどのように活かしていくことが出来るかを、相手に上手にアピールすることが出来ると良いです。

求人募集をしている企業も、人手が足りないから募集を出しているので、採用担当者が採用したいと感じてくれるように面接時に受け答えをできれば、資格の有無は関係なくなってくるでしょう。

転職活動に慣れていないという人は、自分のアピールの仕方に慣れていない人も多いので、採用面接で具体的にどのように話をすればよいかなどを、転職エージェントのスタッフにアドバイスをもらうようにする事が大切です。

面接対策や応募書類作成をサポートしてもらえる

建築設計の仕事は大規模なプロジェクトになると多くの人が業務に関わっていくことになるので、全ての人に専門の資格が必ずしも必要とはならないのが実情となります。将来の幹部候補として一級建築士等の資格を持っている人を企業は求めていますが、本来であれば、採用後に一生懸命に資格試験の学習をして取得しても良いと考えられるでしょう。

無資格者が建築設計の募集されている求人に応募する際には、無資格であることを隠さず、これから一生懸命に資格取得に向けて頑張っていきたいことをアピールすることが重要となります。 面接の相手に上手く伝える方法については、転職エージェントのスタッフと相談をしながら作戦を考えていくことが必要です。

面接以前に、書類選考を通過するためには、短い文章の中で無資格であることをカバーすることが出来るほどの、印象に残る・会ってみたいと思わせることが出来る文章を記載することが求められるでしょう。 書類作成についてもしっかりとサポートを実施している転職エージェントもあるので、そういったところを利用すると助けになります。

良い転職エージェントを選べばスタッフの転職サポート経験も豊富

転職エージェントの種類はかなり豊富にあり、それぞれの企業が独自のサービスを展開しているので、使いやすい所を選ぶと自分が働きたい職場への転職を成功に導いてくれることでしょう。 転職エージェントは、求職者の転職を成功させることが仕事であり、相談者の境遇やスキルに応じた転職活動の進め方を考えてくれることが期待できます。

無資格だからと言って、転職自体を諦めてしまうような人も少なくありませんが、建築設計の実務経験が十分にあるようであれば、無資格でも転職を成功させるためにサポートをしっかりとしてくれます。

これまで携わった大規模な建築設計プロジェクトは、他の人には経験できるものではなく、その仕事の中で培ったスキルは、貴重なものであり、他社の設計業務でも活かしていくことが出来ます。

建築設計の求人に応募する場合、相手企業の採用担当者に上手にこれまでの経験をアピールして会社にとって役立つ人材になってくれそうだと感じてもらうことが出来れば、次の面接ステップに進んでいくことが出来て採用に近づいていくことでしょう。

 

建築設計の仕事はかなり専門性が高い分野ということもあり、建築士などの専門の資格を持っている人が転職には有利なのは事実です。 しかし、資格を持っていること以上に、採用担当者に実務経験や向上心、仕事へのやる気を示すことができれば、採用されることも難しくはないでしょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む

建設業界における施工管理の労働環境にはさまざまな課題が潜んでいます。労働基準法改正による労働時間の上限設定や、国土交通省のICT化推進による改善策がある一方で、ブラックな環境も少なくありませ

続きを読む

異業種から建築設計への転職は大きな挑戦です。この記事では成功への道筋や重要なポイントを解説します。基礎知識、関連スキルの獲得から始まり、柔軟なアプローチや業界内ネットワーキングの重要性まで紹

続きを読む

建築設計のアルバイトは、アトリエや組織設計事務所でさまざまな実務業務に携わります。模型製作やCADを使用しての図面修正、デザイン作業など、業界における重要なタスクに従事し、設計スキルを向上さ

続きを読む

近年、建築設計業界は、テクノロジーの進化と共に、働き方に大きな変革を迎えています。特にコロナ禍をきっかけに、リモートワークの導入が加速し、業界全体の働き方に影響を与えています。この記事では、

続きを読む

建築設計業界での転職は、自分のスキルと経験を際立たせる必要があります。その鍵を握るのが「ポートフォリオ」です。ポートフォリオは、技術や経験を示す重要なツールであり、転職成功のためには効果的な

続きを読む

建築士は、創造性と技術的なスキルを要求される職業であり、プロジェクトの期限や顧客の要望など、多くのストレス要因に直面しています。では、建築設計業界におけるストレスマネジメントはどうすべきでし

続きを読む

  デベロッパーとゼネコンの仕事に興味があるけど、詳しく違いが分からない人もいるでしょう。さまざまな部署と連携して仕事を進めていくので、バランス能力に優れた人が求められています。そ

続きを読む

転職は人生の大きな転機です。しかし、どこから始めればいいのか、どのように進めればいいのか、多くの疑問や不安がつきものです。そんなとき、転職エージェントの存在が大きな力となります。本記事では、

続きを読む