【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト5選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計希望者の転職エージェントの選び方のポイント

公開日:2018/12/25  最終更新日:2019/03/12

建築設計は特殊な業界であり、一般の就職活動とは違って特殊なスキルや実務経験を求められる求人が多くなっています。

自分の建築設計で培ったスキルを求めている企業などの求人をたくさん扱っているサイトを利用すると、新たな挑戦をすることが出来る職場も見つけやすいでしょう。

設計業界に特化している転職エージェントであれば、こちらの希望している条件なども細かく汲み取ってもらうことが期待できます。

建築設計の就職について情報収集をしてくれる相手を選ぶとよい

建築設計で働いている人が自分の建築設計に関してのスキルをさらに上げることが出来るキャリアアップ先を探している場合、建築業界に特化したサービスを提供している転職エージェントを活用すると良いでしょう。

建築設計業界全体の事から、個々の企業の特徴まで知識を持っている転職エージェントが様々な情報を提供してくれるので、1人で転職先を探すよりも効率的に情報を集めることが可能となります。

また、建築の設計の仕事は基本的にはかなり遅い時間まで働くことが多いので、十分な情報収集の時間を確保することが出来ない人が多くなっています。

その点においても、建築設計業界の就職先等に関しての情報をたくさん提供しているサービスを選ぶことはとても役立つポイントなります。

専門分野に特化している転職エージェントは数多くありますが、求職者が忙しい時でもしっかりとサポートを行ってくれる担当エージェントがいる会社を選んだほうが良いでしょう。

会員登録してサービスを利用する料金は無料としているので、実際に利用してみて自分にとって役立つかどうか判断するのも良い選び方のポイントです。

過去にたくさんの求職者を送り出した実績がある会社を選ぶ

建築設計と一言で言っても、得意としている分野は様々なものがあり、企業ごとに社風も大きく異なっていることが多くなっています。

利用する建築業界に特化した転職エージェントの選び方のポイントとしては、多くの求職者の転職をサポートしてきた実績がある会社を選ぶことが重要です。

よりたくさんの設計関係の会社にたくさんの人材を送り出した経験が豊富な転職エージェントであれば、企業一つ一つの社風などの知識や情報を持っていることが多いので、より細かい役立つ情報を提供してもらうことが出来るでしょう。

自分が希望している設計分野の会社に多くの人を送り出した経験があるエージェントがサポートをしてくれれば、内定を頂くための具体的な応募書類作成方法や面接時の受け答え方などの詳細なアドバイスをもらえます。

建築に関して十分な知識を持っている担当者がいることも重要なポイントであり、自分の希望している業務分野を伝えたい時も話を分かってもらいやすくなります。

大きな転職会社であれば、豊富な実績が蓄積されていることが多いので、多くの企業の情報を提供してもらえることでしょう。

希望する募集の新着情報をいち早く教えてくれる会社がよい

こまめに新規求人方法を教えてくれる転職エージェントを利用することも就職活動を有利に進めるためにはすごく役立つでしょう。

良い求人情報はたくさんの応募者が殺到してすぐに採用が決まってしまうことが多いので、新規の募集情報をすぐに連絡してくる人がサポートをしてくれれば、有益な情報を見逃さずにしっかりと応募することができるようになります。

就職したいと考えている具体的な会社があるのであれば、その会社の募集が始まった時にすぐに情報をもらえる様にしてあると、すぐに応募することができます。

転職支援を行っている会社によって、情報提供の仕方等は異なっているので、新規求人情報をいち早く把握したいと希望している人の良い会社の選び方としては、リアルタイムに情報を伝えてくれるような会社が良いです。

新着情報をメール等で伝えて貰えることもありますが、電子メールの場合はたくさんの他のメールに紛れてしまって見逃してしまったり、メールを見るのが少し遅くなってしまうことが懸念されるので、電話等で直接新着求人情報を伝えてくれる転職エージェントが良いでしょう。

建築分野に関してしっかりと勉強をしている担当者を選ぶ

建築設計業界についてしっかりと勉強している人が転職エージェントをしてくれると、これからのキャリアアップに向けた転職活動の進め方について相談をすることが出来るので、よく建築の事を知っている担当者がいる転職支援会社を選ぶこともポイントです。

建築の仕事は設計と施工等に分かれているだけではなく、設計の中にも基本設計やデザイン、プランニング等幅広い分野があります。

また、意匠設計や構造設計、設備設計と専門分野もかなり幅広くなっているので、建築設計業務全般の理解が出来ている担当者を見つけたほうが良いと言えます。

良い転職エージェントを見つけるためには、評判を調べることも良いですが、実際に会ってみることもとても重要となります。

少し手間はかかるかもしれませんが、まずは実際に転職支援会社に登録をして、担当者と会ってみることが良い選び方のポイントとなるでしょう。

複数の転職支援会社のサービス内容を利用しながら比較することで、それぞれの会社の支援サービス特徴が良くわかり、利用しやすい相手を見つけやすくなるというメリットがあります。

密に連絡をしてくれる支援会社を選ぶと安心

転職エージェントの人は、希望する転職先への応募書類の送付から、相手の提示する面接日時等の日程調整等のスケジュール調整を行ってくれるサービスも行っています。

特に仕事が忙しい設計業務に携わっている人は、転職先との調整の時間を十分に確保することが難しいので、しっかりとサポートをしてくれると安心できるでしょう。

日中は今働いている会社の仕事に集中して、仕事が終わった後に転職エージェントと連絡を取り合いながら調整を進めていくことができれば、業務に支障をきたすこともないです。

内定を複数の企業からもらえた時なども、お断りの連絡を転職エージェントが代わりに伝えるサービスをしている支援会社もあるので、手間はかなり楽になります。

企業への応募書類の送付等をしっかりと行ってくれているか気になっている人は、こまめに状況報告を行う担当者であれば、安心できることでしょう。

面接の日程調整や日付の確定なども逐一報告をしてくれれば、細かい余計なことを心配せずに安心して転職活動を進めていくことができるので、密な連絡が欲しい人はそういった会社を選択することがポイントです。

就職後のサポート体制の良さも重要

建築設計の仕事は、かなりハードな労働環境の企業が多くなっていますが、求人を募集する際には、見かけ上は残業や休日出勤が少ないように記載されていることが多くなっています。

就職支援を行っている転職エージェントの人は個々の企業にたくさんの求職者を送り出しているので、それぞれの会社の実態に詳しい情報を持っている人が多くなっています。

就職が決まって実際に働き始めてからトラブルが生じてしまったり、悩みを感じる様になってしまった時などに親身に話を聞いてくれるような転職エージェントがいると精神的にもとても助けになります。

実際に働き始めてからのアフターサポート体制がしっかりとしている会社を選ぶことも、転職を成功させるためには重要なポイントです。

建築設計業務に関しての悩みを相談することになるので、仕事内容をしっかりと理解していることが転職支援会社の担当者には必要となります。

悩みを聞いてくれそうな知識を持っているかどうかを事前に見極めておくことも選び方のポイントとなるでしょう。

たくさんの求職者を建築設計業界の会社に送り出している人であれば、たくさんの人の悩みを聞いてきた経験があるので、的確なアドバイスをしてくれることも期待できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧