転職エージェントの面接を辞退したい!先方にはどう断るべき?

公開日:2022/07/15   最終更新日:2024/06/19


転職エージェントに紹介された提案が自分には合わないので、面接を辞退したい場合にどう断りを入れればよいでしょうか。辞退することで、今後転職エージェントから案件紹介されなくなったらと思うと断りづらいかもしれません。今回は転職エージェントの面接を辞退したいときに、先方にどう断りを入れたらよいかについてご説明します。­

面接辞退の際に最低限守るべき3つのマナー

転職エージェントを活用して転職活動をしていると、面接を辞退したいケースもありえます。場合によっては紹介された企業との面接がすでにセッティング済みであったり、すでに面接を終えた状態であったりしますが、何らかの理由で辞退しなくてはならない状況に至ることもあるでしょう。

結論をいうと、転職エージェントの面接は辞退できます。とはいえ、登録者の面接を行うために、少なくとも転職エージェントや先方の担当者は時間の確保や、面接のための準備といった対応をしているので、辞退の際には相応の態度を示すのは社会人として当然です。とくに理由もなく面接や選考を辞退すると、転職エージェントからの信頼が下がってしまい、転職サポートを受けられなくなるなど悪影響が発生する可能性もあるので注意しましょう。面接辞退の連絡は、面接の日程調整前であれば転職エージェントに、面接日が決定した後であれば転職エージェントと相手企業に対して行います。

面接を断る場合に心がけておきたいのはすぐに伝える」「無断辞退はご法度」「営業時間内に連絡する」の3つのマナーです。転職エージェントを活用して転職活動をする場合、求人案内を受け、面接のスケジューリングを行い、面接を受けるという流れになります。面接で内定が出た場合には、実際に先方へ就職を行うかどうかの最終判断を行います。流れが後のほうに行くにしたがって、転職エージェントが割く手間も多く、企業側も受け入れのための準備が本格化するので、辞退を決めたらできるだけ早い段階で断りを入れることが大切です。

企業側としては面接辞退者が出た場合にはほかの人材を探さなければならないため、断りの連絡がギリギリになってしまうと、採用スケジュールに大きな影響が出てしまいます。企業側への迷惑を最小化するためにもすぐに伝えることが大切です。もちろん、無断辞退は社会人としてあるまじき行為です。辞退する際の連絡はもちろん、面接当日にアクシデントに見舞われて遅刻しそうな状況であっても、必ず先方に一報を入れることを忘れないようにしましょう。自分と関わりを持ってくれた企業に対して、常に誠意ある対応を心掛けることが大切です。

また、辞退の連絡方法は電話であってもメールであっても問題ありません。相手先企業の営業時間内に連絡するようにしましょう。電話で伝える際には相手に聞き取りやすい状況であることを心掛け、電波状態がよく、周囲に雑音の少ない場所に移動してかけ、通話の最後は相手が電話を切ったことを確認してから終了するようにします。担当者が不在の場合は、電話をかけてよい時間を電話口の相手に確認をします。戻り時間が分からない場合には、メールに切り替えて連絡するとよいでしょう。

メールでの辞退連絡は、面接日までに余裕がある状態、または電話で連絡してもつながらなかった場合にとる手段です。件名で内容が分かるよう自分の名前と辞退のお願いなどの文言を入れるようにします。本文は面接を辞退する意志が伝わるよう、前置きは長くせずに簡潔に書くことが大切です。不誠実な面接辞退によって相手企業に迷惑をかけてしまうと、転職を仲介するエージェントにも当然しわ寄せが行きます。“いい加減な人材を紹介するエージェント”という烙印を押され、最悪の場合は企業が転職エージェントとの契約を打ち切ることもあり得ます。とくにNG行為とされるのは、無断辞退、ドタキャン、内定後のキャンセルです。

なぜ面接を辞退するのか、面接を断ることで後悔しないか、辞退を決める前にしっかり考えてみましょう。とくに内定承諾後に辞退するのは致命的です。相手の企業はもちろん、転職エージェントからの信頼を大きく損ないます。そのような事態に至らないよう、内定を承諾する際にもしっかりと検討を重ねたうえで決断しましょう。転職エージェントを活用した転職活動は二人三脚であることを忘れずに、社会人としてのマナーを守った行動をするよう心がけましょう。

角が立たない断り方とは

面接辞退の連絡を転職エージェントにする際には、なぜ辞退するか理由を明確にしておくことが大切です。提示された求人の勤務時間帯や年収といった条件が希望とかけ離れていることが辞退理由である場合、正直に伝えることで次回は希望する条件により近い求人先を紹介してもらえることにつながります。転職エージェントも人間です。辞退連絡以外であっても、社会人のマナーを守った行動と、何か問題が発生したときは連絡を忘れずにすることを心掛けましょう。転職エージェントから信頼できる人材であることを認められれば、さまざまな企業への紹介も受けやすくなります。

また、面接終了後に先方企業に選考辞退の連絡を入れる際、企業によっては今後の採用活動の参考として、辞退理由を調査している場合もあります。答えにくい理由で辞退する場合には一身上の都合で問題ありません。面接後の辞退理由として気を付けたいのは、企業に非があるような伝え方をしないことです。「社内の雰囲気が悪かった」「面接官の態度が悪かった」「給料が低すぎる」などは企業に対する中傷や不平不満ととらえられることもあります。角が立たないよう「よく検討した結果、自分のキャリアプランや適性と合わない」などの旨を伝え、互いに禍根を残さない形で辞退できれば理想的です。

転職エージェントの面接を断ると悪影響はある?

無断辞退、ドタキャン、内定後のキャンセルなどの悪質な行為によって、転職サポートを継続して受けることが困難になったり、ブラックリストに載って利用できなくなったりする可能性はあります。しかし、正当な理由で面接を辞退するのであれば、新たに転職先を探すときに悪影響が表れるということはありません。ただし、面接に進んでからの辞退を繰り返したり、当日キャンセルが重なってしまったりすると、転職エージェントから「転職活動をする気がない」「紹介しても意味がない」と思われてしまうかもしれません。

また、希望する職種や労働条件を伝えているにもかかわらず、まったく見当違いの求人の提案を何度も受けるなど、転職エージェントの担当者と合わないような場合には、信頼関係を築くことも困難です。面接を辞退する正当な理由を伝えているにもかかわらず、面接辞退受け入れてくれなかったり、新しい求人を紹介してくれなかったりするような場合には、転職エージェントの問い合わせ窓口に問い合わせするか、ほかの転職エージェントを利用するなどの方法をとるとよいでしょう。

 

転職エージェントの面接を辞退する際の先方への断りの入れ方について解説しました。面接まで進んだものの、思っている仕事と違ったり、給料などの労働条件が想定と異なったりして辞退を検討するに至ることは珍しくありません。面接辞退する際には、早期に連絡をすること、無断辞退はしないこと、相手企業に対する気配りを忘れないことをマナーとして心掛けましょう。辞退で角が立たないようにするには、企業に非があるようないい方をしないことが大切です。ちゃんとした理由を伝えれば面接辞退によって転職エージェントの関係が悪化することはありませんが、ドタキャンや内定後の辞退など相手企業からの信頼を失うような行為はNGです。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建築設計業業界でも、転職エージェントはキャリアチェンジ希望者にとって強い味方となっています。しかし、未経験の場合、転職エージェントを有効活用できるのか疑問に思う方も多いでしょう。今回の記事で

続きを読む

近年、建設業界における人手不足や高齢化が深刻化しており、生産性向上や安全性の確保が一刻も早い課題となっています。こうした課題を解決するために、AI技術の活用が期待されています。本記事では、建

続きを読む

建築設計業への転職を成功させるためには、自分に合ったキャリアサポート業者を選ぶことが重要です。特化型エージェントと一般エージェント、それぞれの特徴とメリット・デメリットを理解し、自分の経験や

続きを読む

建設設計業界でも転職エージェントの利用が増えており、その役割やメリットは多岐にわたります。本記事では、建設設計業に特化した視点から、転職エージェントの利用方法やそのメリット・デメリットについ

続きを読む

建築業界での転職はキャリアアップや新たな挑戦の絶好の機会ですが、慎重に進めないと失敗するリスクもあります。たとえば、準備不足や自分の強みを活かせない選択が失敗の原因となります。本記事では、転

続きを読む

設計の世界で成功するためには、単に美的センスがあるだけでは不十分です。問題解決能力やクリエイティブな思考、細部へのこだわりが求められます。本記事では、設計士に向いている人の特徴や、向いていな

続きを読む

設計士の就職・転職先として設計事務所が一般的にあげられますが、実はそれだけではありません。ゼネコン、ハウスメーカー、アトリエ事務所など、多様な分野で設計士のスキルは求められています。設計の専

続きを読む

建築業界のなかで収入が高い職種を知ることは、キャリアパスを考えるうえで非常に重要です。本記事では、建築士や技術士など、とくに高収入が期待できる職種について取り上げ、その職種で求められる資格や

続きを読む

宅建士とは、不動産分野で専門的な知識を有する資格です。本記事では、建築設計業界でも活躍の場が広がりつつある宅建士のスキルに焦点を当て、どのようなメリットがあるのかについて探ります。建築や不動

続きを読む

プラントエンジニアはプラント設計の専門家で、企画から維持管理まで幅広い役割を果たしています。その高度な専門性とスキルはモノづくりに欠かせず、将来性も期待されているのです。この記事では、プラン

続きを読む