未経験でも建築士の資格があれば転職しやすい?転職成功の秘訣とは

公開日:2022/11/15   最終更新日:2023/05/16


建築士の資格を持っているけどこれまで資格を活かした仕事をしてこなかった方や、これから建築士の資格を取ろうとしている方にとって、資格が転職に有利に働くかどうかは大いに気になるポイントでしょう。ここでは建築士としての仕事が未経験の方に向けて、資格を活かせる仕事や未経験でも転職を成功させる秘訣についてご説明します。

おすすめのエージェントはこちら

資格を活かせる仕事・職業とは

まず最初に建築士についての一般的な知識や資格を活かせる仕事について確認しておきしょう。建築士には1級建築士、2級建築士、土木建築士の3種類があります。この中では1級建築士と2級建築士が、設計範囲が限られる土木建築士に比べて転職には有利といえます。この2つの資格についてそれぞれのメリットとデメリットを見ておきましょう。

一級建築士のメリットはどんな建物でも設計できることで、そのため転職の幅も広がります。また、責任の大きな仕事に携わることができ、手当も支給されるため年収アップも期待できます。デメリットは資格取得に時間がかかることで、4年制の大学卒で2年、高卒で7年の実務経験が必要です。

一方2級建築士のメリットは当然のことですが1級より試験が簡単なことと資格を持たない人に比べて建築の転職に有利なことです。デメリットは設計できる建物が限られているため1級よりも転職に不利であることと、手当が支給されないことがあげられます。

次に建築士の給料、年収について確認しておきましょう。ここでは30代の1級建築士を例にあげます。もちろん事業所の規模によって上下しますが30代前半の1級建築士の給料の目安は40万円前後、ボーナスは140万円前後、年収は640万円前後となり、一般的な会社員より高めの相場です。30代後半になると年収は800万円前後という相場です。では次に建築士の資格を活かせる職業を見ていきましょう。

設計事務所

建築士の仕事として真っ先に思い浮かぶのは設計でしょう。設計事務所には多くの建築士が勤務を希望します。資格に加えて実務経験がアピールできれば大手への転職も狙えるでしょう。

ゼネコン

土木や建築にかかわるゼネコンも建築士が活躍できます。大手は1級建築士の資格保有者を求めていることが多いので、ゼネコンの設計部への転職も視野に入れておきましょう。

デベロッパー

ゼネコンよりも転職のハードルは上がりますが、1級建築士の資格を持ち、ゼネコンでの勤務経験があればデベロッパーへ転職しキャリアアップを目指すことができるでしょう。

インテリアデザインオフィス

建築ではないですが、インテリアデザインや製造の過程で設計に関する知識とスキルが求められるので、製図などの知識がある建築士には有利な転職先といえるでしょう。

プロジェクト、コンストラクションマネージメント

技術職ではなく建築のマネージメントをする職種です。設計は好きだけど設計そのものよりもマネージメントに興味があり、知識を活かして人のために働きたいという人の転職先としておすすめです。

建築士の資格さえあれば未経験でも有利なのか

建築士の資格を活かせる職種への転職を検討している方の中には、建築士の資格を取得したものの資格を活かした実務の経験がないという方や、これから建築士の資格を取得して、それが活かされる仕事に転職したいというという方も多いのではないでしょうか。

ここでは実務経験がない場合でも建築士の資格が転職に有利に働くのかどうかについて見ていきます。1級建築士の場合は資格取得の条件として年数の多い少ないはあるものの、必ず実務経験が必要になるので未経験ということありませんが、2級建築士の場合は違います。では、実務経験のない2級建築士でも、資格取得者であれば転職に有利なのでしょうか。

結論からいうとそれは年齢によるといえます。一般的に転職は年齢が若いほど有利で、20代半ばくらいまではあらゆる職種がこの年齢層を獲得したがっています。建築士が活躍できる職種とて例外ではありません。なぜなら年齢を重ねた人と比べると仕事の知識やノウハウ、スキルを吸収するスピードが速く、短期間で成長する可能性にも伸び代にも大いに期待ができるからです。

逆に20代半ばを過ぎると年齢が上がるほどに期待値が薄れてしまいます。限られた建物の設計しかできない2級建築士で、しかも実務経験がなくゼロからのスタート、しかも年齢を重ねているとなれば、雇う側にとってあまりメリットがないとみなされてしまいます。

そのため、2級建築士の資格を活かして未経験の職種に転職を希望する場合は、できる限り早く行動に移すということがもっとも大切だといえるでしょう。建築士に限りませんが、転職において未経験者よりも経験者の方が優遇されるのは当然のことです。資格さえあれば転職が有利とはいえないというのが実情ですが、年齢によるアドバンテージがあるということは覚えておきましょう。

未経験でも転職を成功させるためには?

建築士の資格を活かした仕事が未経験でも、この資格を活かした職種に転職することは可能です。年齢によるアドバンテージがあることもご説明しましたが、それ以外にもいくつかのポイントがあります。ここでは未経験の建築士免許保有者が転職を成功させるための3つのポイントについて見ていきましょう。

転職するまでのブランクを短くする

前職をやめてから転職するまでのブランクはできるだけ短くしましょう。これから建築士の資格を取得する場合はスクールに通うという選択肢を検討する方も多いでしょう。しかしながら前職を辞めてから転職せずに長期間スクールに通っても資格を取れない可能性があるうえ、実際に通っていたのかを疑われ転職に不利になることもあります。仕事との両立は大変ですが、自主学習や通信講座、夜間スクールなどを活用してできる限り転職までのブランクを短くしましょう。

経験を積む

1級建築士と違って2級建築士はインパクトが弱く、資格に加えて経験もアピールしたいところです。2級建築士が資格を活かした職業への転職する際、実務経験がない場合は年齢を重ねるごとに転職が難しくなりますが、年齢というハンデを打ち消す、またはハンデを越える目的で建築関連の経験を身に付けておくことはとても重要です。就業規定によるところですが、現職を続けながら建築事務所でアルバイトをするなど、副業によって経験を積むのも一つの方法でしょう。

自分の力だけに頼らない

転職は情報収集からエントリー、面接に至るまで一貫して自分の力でやるものだと思っている方も多いのではないでしょうか。確かに転職活動をするのは自分ひとりだといえます。しかし、転職にはそのサポートをしてくれる転職エージェントというプロフェッショナルの存在があることをご存じでしょうか。

転職エージェントは転職にまつわるたくさんの情報とノウハウを持っているので、一人で抱え込まずエージェントに相談してみましょう。ひとりで判断するよりも、エージェントのアドバイスを受けて進めるほうが転職成功の確率が上がるでしょう。

転職成功のために資格をとるなら

建築士を目指す場合、絶対に資格を持っていないと転職ができないというわけではありませんが、転職成功のためにはあった方が有利になることは間違いありません。建築士の資格をとるための方法には、実務経験を積んで取得する方法と学校に通うことで取得する方法の2つの方法があります。

下記からは、それぞれの資格取得方法について詳しく解説していきます。転職活動を始めるにあたって、資格の取得も視野に入れているという方は、ぜひ参考にしてください。なお、建築士の資格はどちらの方法を選んだとしても簡単にとれるものではないので注意してください。

実務経験を積む

建築士の資格を実務経験を積むことで取得を目指す場合、必要になってくる実務経験の期間は、建築学科・土木科を卒業しているかで変わってきます。大学や短大、高専などで建築学科を卒業していた場合は、実務経験は0年で受験することができ、大学や短大、高専で土木科を卒業していた場合は、1年で受験することが可能です。

もし建築学科も土木科も卒業していないのであれば、二級建築士の資格を得るために必要な実務経験は7年となります。二級建築士の資格を持っていないと、資格を持っている人の元でしか働くことができないため、将来的に建築士として活躍したいと考えているのであれば、早めに資格取得に挑戦できる学校に通うこともおすすめです。よく考えて判断しましょう。

学校に通う

建築士の資格は、学校に通わずとも実務経験を積むことで取得できますが、建築学科や土木科を卒業した方が早く建築士の資格を取得可能です。二級建築士の資格を例に考えてみると、建築学科を卒業していたら実務経験なしで試験を受験することができ、土木科を卒業していたら実務経験1~3年で試験を受験できるようになります。

しかし、建築学科も土木科も卒業していない場合、実務経験を7年間してやっと受験資格を得ることができます。建築学科にしても土木科にしても短大の場合は2年で卒業できるため、学校に通った方が資格取得までに約7年~6年ほどの時間を短縮することが可能です。

もし金銭的に余裕があり、建築士として生きていくという硬い意思があるなら学校に通う選択肢がおすすめです。なお、建築業界が想像と違い肌に合わなかった場合、実務経験なしに学校に通ってしまうと学校に通った分だけ時間を無駄にすることになるので注意してください。後々大きな後悔につながる可能性があるため、軽い気持ちで学校に通うことを決めるのはおすすめしません。

失敗しない!未経験から建築士に転職する際のポイント

せっかく転職をするなら失敗して後悔したくはないですよね。そこでここでは、未経験から建築士に転職する際のポイントを紹介します。絶対に転職活動で失敗したくないと考えている方は、転職活動を始める前に確認してください。

どんな分野を担当したいのか決める

建築士は、どの職場に転職するかによって仕事内容が変わってきます。そのため、建築士を目指すことを決めたら、まず先にどの分野を担当したいか決めることで、探す求人を大きく絞ることができます。まずは、どんな分野の建築士になりたいかを考えてみましょう。

建築士の主な就職先としては、設計事務所・ゼネコン・ハウスメーカー・工務店・不動産会社などがあります。設計事務所では、戸建て住宅や商業施設の建築を担当することが多いです。たくさんの人が働いているような設計事務所であれば、大規模なプロジェクトに関われる機会もあります。しかし、基本的には住宅などの設計がメインになるため、戸建て住宅などの設計をしたいと考えている方は、設計事務所への就職がおすすめです。

ゼネコンでは、オフィスビルや商業施設といった規模の大きな設計をする機会が溢れています。将来的に大型の施設の設計を任せられるような建築士になりたいと考えているのであれば、ゼネコンへの就職を検討してみましょう。ハウスメーカーや工務店では、戸建て住宅などの設計に携わることがほとんどです。ハウスメーカーや工務店は特に顧客と接する機会が多いため、実際に顧客と対面するような仕事がしたいと考えている方はハウスメーカーや工務店への就職がおすすめです。

不動産会社は、建築士を雇わず外注しているケースが珍しくないためあまり求人がないかもしれませんが、不動産会社で働く場合は、戸建て住宅などの設計に携われることが考えられます。不動産会社の建築士の求人は多くはないため、不動産会社一択に絞ることはおすすめできません。

スキルが身につくのか、どんなスキルが身に着けられるのかチェックする

転職活動は転職先が決まったら終わりですが、転職自体は人生の新たなスタートラインに過ぎません。そのため、建築士として転職活動をする際は、必ずスキルが身につくのか、どんなスキルが身に着けられるのかをチェックするようにしましょう。

実務経験だけでなく、勉強もしたことがなく全くの未経験という場合には、二級建築士の資格を取得するために7年の実務経験が必要になってくるため、できる限りたくさんのスキルを身に着け磨いていけるような職場を選ぶことがおすすめです。1つだけでなく、いろいろな作業を任せてもらえるような職場に就職できれば、自分の得意な作業やそもそも建築士に向いているのかが早く見分けられます。

支援実績がある転職エージェントを活用する

未経験から建築士を目指して転職活動をする際は、支援実績のある転職エージェントを利用することがおすすめです。転職エージェントとは、求人情報の紹介から面接などの日程調整や面接対策まで転職活動を全面的にサポートしてくれるサービスです。利用料は基本的に無料のケースが多く、サポートを受けることで見事に就職出来たとしても1円もお金は請求されません。

初めて知ったという方もいるかもしれませんが、最近では転職活動に転職エージェントの力を借りることは珍しいことではありません。過去に建築業界への転職の支援実績がある転職エージェントを活用すれば、未経験からの転職でも有利に活動を進めていくことができます。

未経験だけど建築士の夢を諦めたくないと考えている方は、積極的に利用していきましょう。建築士を目指している方に特におすすめの転職エージェントは「支援実績のあるおすすめ転職エージェントならアーキテクト・エージェンシー」という章で詳しく紹介しています。興味がある方はそちらも参考にしてください。なお、一般的な求人サイトには載っていないような求人を保有しているケースも少なくないため、転職活動は1人でしたい方も利用を検討してみることがおすすめです。

無事に転職できた後のキャリアも考える

転職活動は転職先が決まったら終わりですが、転職自体は人生の新たなスタートラインに過ぎません。そのため転職活動をする際は、次の転職先のことだけでなく、必ず先のキャリアのことも考えて決めることがおすすめです。特に、建築士の場合は、建築学科・土木科を卒業しているかどうかが大きくキャリアに影響してくるため、建築士になってみたいから転職先に建築事務所を選ぼうなどと安直に考えると後々後悔することになる可能性が高いです。

転職は、あくまでも新しいスタートラインのため、必ずもっと先のことを考えてから決めるようにしてください。最近では転職のタイミングでもう一度学校に通い学び直しを選択される方も増えてきています。

なお、自分の将来のことや人生設計を考えるのが苦手だと感じている方は、1人で頑張ろうとせずに転職エージェントのサポートを受けることがおすすめです。建築士の転職活動において、おすすめの転職エージェントについても本記事で紹介しているので興味がある方は、そちらの章も合わせてご確認ください。

情報収集は徹底的に行う

未経験から建築士を目指して転職活動をする際は、まず活動を始める前にしっかりと情報収集を行うようにしましょう。最近では、スマホからでも簡単に求人情報や会社のホームページが確認できるため、休憩時間にちょっとずつでも良いのでしっかりと情報収集を行ってから転職活動を始めるようにしてください。

当たり前かもしれませんが、適当に転職先を決めてしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高まるので注意が必要です。1人で転職活動を頑張れる自信がないという方は、転職エージェントを利用すると転職活動を全面的にサポートしてもらうことが可能です。選択肢の一つとして検討してみてください。

転職先が見つかるまでは仕事をやめない

今の職場への不満からか勢いで仕事をやめて、その後で転職先を探す方がいますが、転職活動が終わるまでは仕事は辞めないことがおすすめです。転職活動中に仕事を辞めてしまうと、貯金で生活することになり、転職活動に焦りが出てしまいます。

仕事を辞めてから転職活動を行うことで、人によっては失業手当がもらえる方もいるかもしれませんが、失業手当にも期限があり、期限内に転職先が見つからなければ貯金での生活になります。じっくりと自分の次の職場を考えるためにも、転職活動中に仕事を辞めて余計な心の負担は増やさないようにしましょう。

転職先に求める条件と優先順位を明確にしておく

未経験から建築士に転職する際は、必ず転職先に求める条件と優先順位を明確にしておきましょう。転職先に求める条件というのは、週に何回休みがあるのか、残業時間はどのくらいなのかなどの働くうえで希望する条件です。転職先に求める条件と、その優先順位をあらかじめ明確にしておかなければ、転職活動中にあの求人もこの求人も気になると目移りをしてしまい転職活動が長引く原因になります。

建築業界は人手不足の傾向にあるため、他業種に比べて求人が多く、転職先に求める条件や優先順位を決めていても求人が見つからないことは基本的にありません。おおよそでも良いので決めておくようにしましょう。先に条件を考えてから優先順位を考えると、スムーズに決められます。なお、転職エージェントを利用する予定の場合は、転職エージェントの方と相談して決めることもおすすめです。

給料にこだわりすぎない

未経験から建築士に転職する場合、これまでとキャリアの方向性が違うことから大きく給料が下がってしまう可能性があります。これは建築士に限らず、これまでとは関係のない業界への転職を目指す上で仕方がないことなので、挑戦する代償として割り切って妥協点を考えておくようにしましょう。今までのキャリアが活かせないような転職なのに給料にこだわってしまうと、いつまで経っても自分の希望条件に当てはまる求人が見つからず後悔することになる可能性が高いです。

支援実績のあるおすすめ転職エージェントならアーキテクト・エージェンシー

前の「失敗しない!未経験から建築士に転職する際のポイント」の章で転職活動をする際は、支援実績がある転職エージェントを活用することがおすすめと紹介しました。そこで、ここでは、支援実績のあるおすすめの転職エージェント、アーキテクト・エージェンシーについて詳しく紹介していきます。転職エージェントを利用したことがなく、どのエージェントを利用すれば良いのかわからないとお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

アーキテクト・エージェンシーとは?

アーキテクト・エージェンシーとは、建築設計業界への転職に特化した転職エージェントです。登録をすると、建築設計業界完全未経験の方でも無料で専任のエージェントに転職をサポートしてもらえます。

無料で利用できるにも関わらず、転職先の紹介だけでなく職務履歴書の添削から面接対策まで転職活動を全面的に支えてもらえます。一般的な転職エージェントとは違い、独立を目指す方への案件の紹介なども行っているため、今回の転職だけでなく将来を見据えた生涯キャリアの形成という視点で自分に最適なプランを提案してもらうことが可能です。

サポート内容

アーキテクト・エージェンシーでは、自分の希望に合わせた求人情報の紹介や履歴書の書き方のレクチャー、企業ごとの面接時のポイントのレクチャーなどのサポートを受けることができます。

建築業界に特化しているからこその行き届いたサポートが受けられるため、転職活動で悩んでいる方は気軽に相談してみましょう。なお転職活動の際にサポートを受けていたら、転職後にもサポートを受けることができます。

どんな人に向いている?

アーキテクト・エージェンシーでは、単発的な転職活動だけでなく生涯を見据えたキャリアの提案を受けることができるため、自分では先のことまで考えることは苦手だけど生涯を見据えた転職が行いたいと考えている方に最適です。

また、転職に関係することであれば、面接対策や職務経歴書の添削まで幅広くサポートしてもらえるため、初めての転職活動で不安があるという方にもおすすめです。利用は受けるサポートの内容に関係なく完全に無料なため、少しでも転職に不安がある方は積極的に利用することがおすすめです。気になる方は、まずは相談だけでも問題ありません。

まとめ

建築士の資格を活かせる職業はたくさんあります。その業界、職種への転職を目指す方にとって、2級建築士の場合は実務経験がないことはハンデになるということがご理解いただけたかと思います。しかし年齢によってはハンデを打ち消すことができたり、何らかの方法で実務経験を積むことでカバーできたりするので、計画的に行動することが大切といえます。本気で転職を目指し具体的な戦略を立てるなら、よき指南役とし転職エージェントに相談してみるのもよいでしょう。

建設業界転職エージェントおすすめランキング

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む

建設業界における施工管理の労働環境にはさまざまな課題が潜んでいます。労働基準法改正による労働時間の上限設定や、国土交通省のICT化推進による改善策がある一方で、ブラックな環境も少なくありませ

続きを読む

異業種から建築設計への転職は大きな挑戦です。この記事では成功への道筋や重要なポイントを解説します。基礎知識、関連スキルの獲得から始まり、柔軟なアプローチや業界内ネットワーキングの重要性まで紹

続きを読む

建築設計のアルバイトは、アトリエや組織設計事務所でさまざまな実務業務に携わります。模型製作やCADを使用しての図面修正、デザイン作業など、業界における重要なタスクに従事し、設計スキルを向上さ

続きを読む

近年、建築設計業界は、テクノロジーの進化と共に、働き方に大きな変革を迎えています。特にコロナ禍をきっかけに、リモートワークの導入が加速し、業界全体の働き方に影響を与えています。この記事では、

続きを読む

建築設計業界での転職は、自分のスキルと経験を際立たせる必要があります。その鍵を握るのが「ポートフォリオ」です。ポートフォリオは、技術や経験を示す重要なツールであり、転職成功のためには効果的な

続きを読む

建築士は、創造性と技術的なスキルを要求される職業であり、プロジェクトの期限や顧客の要望など、多くのストレス要因に直面しています。では、建築設計業界におけるストレスマネジメントはどうすべきでし

続きを読む

  デベロッパーとゼネコンの仕事に興味があるけど、詳しく違いが分からない人もいるでしょう。さまざまな部署と連携して仕事を進めていくので、バランス能力に優れた人が求められています。そ

続きを読む

転職は人生の大きな転機です。しかし、どこから始めればいいのか、どのように進めればいいのか、多くの疑問や不安がつきものです。そんなとき、転職エージェントの存在が大きな力となります。本記事では、

続きを読む