一級建築士の年収はどれくらいが平均?

公開日:2019/06/15  

病院などの大きな建物も設計できる一級建築士は人気があり、収入も高く安定して働ける良さがあります。

仕事をするときは年収がどのくらいなのか確認しておくと、実際に働くときに困らずにすみます。

どの程度の金額を得られるかは働く会社によって変わりますが、ある程度は相場があるのでわかりやすいです。

 

十分な収入を得られる一級建築士の仕事

建物の設計をする建築士は重要な仕事をしますが、資格がないとできない作業も多いです。建築士には一番難しい資格が存在していて、一級建築士になれれば特別な建物の建設でも対応できます。

大きなビルなどの仕事もおこなえるので人気が高く、社会的にも評価されている資格です。もしこの資格を取れれば高収入を得るのも難しくなく、十分な成功ができるのでメリットがあります。

資格を取るためには試験に合格しなければいけませんが、簡単ではないので注意しなければいけません。十分に勉強をして経験を積んでいれば、資格試験で成功しやすく良い結果を得られる可能性が高くなります。

仕事をするときに使える資格ですが、一般的には600万円程度の年収になりやすいです。難しい資格で十分な収入を得られるので、家族で生活する程度の利益を得られるため評価されています。

ただある以上の収入を得るのはかなり難しく、長く仕事を続けていても高収入を得られない場合があります。好条件で働ける資格ですが、良く考えてから資格を取らなければいけません。

多くの分野で働けるこの資格は転職するときも便利で、新しい仕事を探したいときにも使えます。仕事探しは普通におこなうと手間がかかりますが、支援をしてくれる所を利用すれば負担を軽減できます。

転職は資格があると簡単にできる場合も多いので、別の仕事につきたいときは取っておくのも効果的です。簡単に取れる資格ではありませんが、好条件で働きたいときに利用しやすくメリットがあります。

普通におこなうと負担が大きい転職活動ですが、支援をしてくれる所を使うと短期間で成功できるケースが多いです。無料で頼める所も少なくないため、上手く使えば簡単に新しい仕事を見つけられます。

仕事探しをするときは建築関係の求人を重視している所を使うと、安心して仕事を探せるので便利です。専門でおこなっている会社の紹介を利用すれば、自分に向いている仕事を効率良く調べられます。

高い給料で仕事をしたいときは特別な資格を取っておくと、評価を得られるので効果的です。資格をとるのは手間がかかりますが、それ以上のメリットを得られるので収入を増やしたい方に向いています。

 

仕事先によって変わる一級建築士の収入

建設関係の仕事は多く存在していますが、一級建築士として働ける職場も少なくなりません。働くときはどの程度年収を得られるかが重要になるため、事前に情報を集めて良い所を探す必要があります。

実はこの資格を持っている人の収入は、働く所によってある程度変わります。地域によっても違いが発生しやすいため、働くときは具体的にどの程度の年収になるか確認しなければいけません。

中小企業で仕事をするときは600万円程度の収入になりやすく、それ以上得るのは難しいので注意がいります。地域によってはもっと安くなるときもあるため、具体的な金額を調べてから働かなければいけません。

大手企業で仕事をするときも相場は600万円程度になりますが、出世をすれば1000万円近い収入を得られるときもあります。十分な収入を得るためには出世がいりますが、上手くいけば高い給料で仕事ができます。

地域による違いは人が多く住む所だと高くなりやすく、地方だと安くなるので気をつけなければいけません。収入が大きく変わってしまうときもあるため、どの程度得られるか十分に確認する必要があります。

好条件で仕事をしたい場合は求人の調べ方が重要で、具体的に得られる金額を調べておくべきです。会社の規模などによって収入が変わってしまうため、十分に確認してから選ばなければいけません。

自分で求人などの情報を調べるのが難しいときは、転職の支援をしてくれる所を使う方法もあります。そういう所は会社で働くときに得られる収入について、詳しく調べてくれるので便利です。

転職支援をしてくれる所では地域による収入の違いについても、詳しく調べてくれるので安心して仕事を頼めます。納得のいく仕事探しをしたいときは、支援をしてくれる会社を利用するのが効果的です。

一級建築士として働くときに得られる収入は、600万円前後になるので知っておく必要があります。ただ働く会社によって金額は大きく変わるため、より良い条件で働きたいならば工夫がいります。

仕事探しを十分にしておけば好条件の求人も見つけやすく、高い給料で働ける会社を見つけられます。労働条件なども詳しく調べておけば、自分に向いている会社で仕事をおこなえます。

 

好条件で一級建築士が働ける会社の選び方

良い条件で仕事をするためには対策が必要で、何も考えずに仕事をしてしまうと失敗してしまいます。一級建築士として働く場合も仕事の選び方は重要で、良く考えてから就職をしないと問題が起こりやすいです。

この資格を持っている方の年収は600万円くらいですが、会社によって得られる金額はある程度変わります。業績が良い所ならば給料も良くなるので、そのような会社を探して就職すればメリットを得られます。

就職するときは会社の経営状態が重要になりやすく、詳しく調べておかないと後で問題になります。成功している会社に就職できれば長く働けるため、安定した収入を得られるので効果的です。

一級建築士として働くときの収入は、会社の経営状態の影響も受けるので注意しなければいけません。仕事をするならば経営状態の良い所を選び、将来性のある会社にすれば問題が起こりづらいです。

大手企業ならば安定した収入を得られますが、簡単には就職できないので注意がいります。良い大学に出るなどの条件がある企業も多いため、転職をする場合は特徴を知っておかなければいけません。

年収が高い一級建築士ですがある以上の収入を得るのは難しく、給料が上がりづらくなるときもあります。仕事をしても給料が殆ど上がらない場合は、転職するのも一つの方法です。

新しい職場で働ければ給料が高くなる可能性が高く、好条件で仕事ができる可能性もあります。労働条件を確認する必要はありますが、信頼できる会社で働ければ問題が起こりづらいです。

仕事をするときは収入がどの程度得られるかが重要で、働く前に十分に確認しなければいけません。実際におこなう仕事の内容を知っておくのも大切で、自分に向いている所か調べておかないと問題になります。

高収入を得られる資格ですがどの程度の金額になるかは、詳しく計算しないと分からない場合があります。具体的な金額を知りたいときは、転職の支援をしてくれる所に相談するのも効果的です。

転職を支援してくれる所では具体的な金額を調べて、説明してくれるので自分に合っているか判断できます。仕事探しをするときは自分でおこなう方法もありますが、支援を受けつつおこなえば効率良く転職活動をおこなえます。

 

特別な建物の建築もできる一級建築士は人気のある資格ですが、得られる年収は600万円程度になるケースが多いです。ただ働く会社によって金額が変わるため、実際にどの程度の収入になるか十分に確認しなければいけません。

収入について詳しく知りたい場合は転職の支援をしてくれる所に相談すると、具体的な金額を説明してくれます。仕事探しの支援をしてくれる所では、仕事内容についても詳しく話してくれるので転職をしたいときに便利です。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む