建築設計の転職エージェントでは担当のアドバイザーがサポート

公開日:2018/12/25  

建築設計に関する仕事をしている人が転職をしたいと思った時には、自分で転職先を探す以外に転職エージェントを利用して求人を探すという方法があります。

大きな違いは取り扱っている求人情報が違うということと専任の担当者がつくという点です。

自分一人では達成できなかったような転職先に就職できる可能性もあります。

転職エージェントを活用するメリット

建築設計を専門にしている人は専門職として特別なスキルがある人が多く、条件を高くしなければ転職先が見つかることが多いかもしれません。

しかし、より良い条件で転職をしたいと思った時にはいくつか注意をしておくことがあります。

まず建築設計に関してはプロだとしても転職の経験がない場合には、転職に関する知識が不足していることがあります。

仕事の内容と転職は全く違った分野の知識が必要になることもあり、労働の条件などを詳しくみて転職先を選ばないといけません。

また、新しい職場との交渉では人間関係スキルが必要になりますし、この業界の相場のようなものも必要です。

一つの職場に長く勤めている場合には勤めている企業内のことには詳しくても、他の職場がどのような感じなのかは知ることができず、転職先に求める条件の優先度がつけられないといった問題を抱えることになります。

こういったことを予防するには、転職に関しての専門的な知識を持つ転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職のサポートが専業なので、一人で活動をするよりも条件の良い求人を見つけることができるでしょう。

決まった人がみてくれるところがおすすめ

建築設計の仕事をしている人が転職をする時に転職サイトを利用するメリットのひとつは、担当アドバイザーがつくことです。

エージェントの中で一人の人が継続して担当してくれるので、細かな部分まで相談にのってもらえます。

転職をする時には求人を見つけるだけでなく、自分がどのような仕事をしたいと思っているか、何を優先させて仕事を選びたいか、体調に関する悩みはないかなどプライベートな価値観が大きく関わってきます。

良い条件の求人といっても人によっては給与が高いところの場合もあれば、休みがとりやすい求人を探しているという人もいるでしょう。

こういった細かな自分の希望を先に決めてから転職活動をすることで、自分の希望にあった職場を探すことができます。

そのためには、毎回違ったアドバイザーに話を聞くのではなく、同じアドバイザーに担当をしてもらったほうが、自分の希望を理解してもらいやすく、より良い求人先を探してくれるでしょう。

担当の人が固定されていないところは、毎回自分の希望を使えるなど余計な手間がかかるので、同じ人に担当してもらえるところを探すのが大切です。

担当アドバイザーがいると転職活動が楽になる

担当アドバイザーがいることで孤独になりがちな転職期間中も精神面で支えてもらいつつ活動をすることができます。

転職期間は前の職場の仲間にも話ができないことが多く、相談できる人が少ないといった環境になりがちです。

転職は人生を変えることもあるほどの大きな出来事なので、色々なことで悩んだりして精神的な負担がかなり大きくなります。

その時に大切なことはストレスを程よく解消しながら落ち着いて転職活動を続けることです。

中には転職活動に疲れてしまって、活動を中断してしまう人もいます。

そうなってしまうと不満を抱えたまま前の職場で働くことになったり、新しい職場が見つからず無職の期間が長くなってしまうといったことが起こります。

転職活動中に同じ担当者がアドバイザーになってくれれば、徐々に親しくなるうちに心のうちを出すことができるようになり、相談をしながら一緒に活動をすることができます。

それが励みになり、孤独で精神的な負担の大きい転職活動を乗り越えることができるでしょう。

特に精神的な面で心配が大きい人は転職エージェントを使うことをおすすめします。

求人先との交渉をしてくれることもある

転職をする時には良い求人を見つけても、もう少し条件をよくしてほしいという気持ちになることがあるようです。

完璧な条件の求人はそうそうあるわけではないので、少し気になる条件がある時には転職エージェントを通して求人先の人と連絡をとって条件を交渉してくれることがあります。

もちろん、全ての希望を叶えられるわけではありませんが、自分の希望を伝えることで求人先も条件を譲歩してくれる可能性があることを覚えておきましょう。

個人で転職活動をしている時にも電話などで条件を話すことができますが、あまり強引にすすめると、イメージが悪くなり採用してもらえないという危険もあります。

強気な性格の人は自分で交渉ができても、求人先に自分の希望を言い出すことができないという人もいると思います。

その場合には不満に思っている条件のままで就職してしまうことになり、仕事を長く続けることが難しくなるかもしれません。

一度就職をしてしまうと、それから条件を変えてもらうのは難しくなるので、できるだけ面接の前に話し合いをするのがポイントです。

転職エージェントはこういったことに慣れているので、上手に交渉できることが多いようです。

アフターサービスが充実している

転職エージェントで転職を成功させた時には、新しい職場に移ってからもアフターサービスを受けることができます。

求人の際に提示された条件がきちんと実行されているかなどを相談することもできますし、もしも条件が変わってしまったなどの不満があれば、それからでも転職エージェントの人が交渉してくれることもあります。

転職先での細かなトラブルなどがあった時などにも相談をすることができます。

決まった期間だけになりますが、アフターサービスがあることで転職後の悩みにも対応してくれれば心強い存在になるでしょう。

また転職直後は新しい職場での知り合いも少なく誰にも相談をすることができないという孤独な状況になってしまうことがあります。

転職前の職場の人間関係も薄くなっていることが多いので、毎日にストレスを感じることもあるようです。

そういった時には、今までの経緯を知っている人に話を聞いてもらうことができれば、気持ちの整理ができ、転職先になれるまでの期間を頑張りきることができます。

この業界のことに詳しいので色々な相談をすることができるのも良いところです。

相性が悪い場合には変更することが可能

担当アドバイザーがつく時に心配なことは相手との相性が悪かった時のことです。

人間同士なので必ずしも良い関係が築けるとは限らず、相手によってはアドバイザーを変えてほしいという気持ちになるかもしれません。

そういったことはよくあることなので、気にせずに変更を申し出れば別の人に変えてもらえます。

もちろん多少の言いにくさはあるかもしれませんが、特別に理由を聞かれることもないので、別のスタッフとも話がしてみたいといった感じで依頼すればスムーズに変更できると思います。

気を使ったままでは良い転職活動を行うことができませんし、気持ちを何でも話せるような人に巡り合えるのが理想です。

転職エージェントの人はみなアドバイスをすることには慣れていますが、一人一人性格が違うので、同じようなアドバイスをするにしても言葉使いや言い方が変わってきます。

そこに少し気になるようなところがあれば相手を変えてもらって転職活動を再スタートしましょう。

スタッフは変更にも慣れているので、変えてほしいという希望がある時には思い切って相談をしてみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

志望する企業に受かりたいという思いから、履歴書や実務経歴書に嘘を書いてしまおうと考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。この記事では、履歴書に嘘を書いてしまう人の心理や嘘がバレ

続きを読む

建築士の資格を持っているけどこれまで資格を活かした仕事をしてこなかった方や、これから建築士の資格を取ろうとしている方にとって、資格が転職に有利に働くかどうかは大いに気になるポイントでしょう。

続きを読む

二級建築士は、一般的な戸建住宅などを設計および監理できる国家資格です。取得後、建築事務所で働いているうちに、将来独立したいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、独立は自分の責任のもと

続きを読む

建築現場の経験を活かしたい、もともと設計したかったといった理由で設計事務所への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。そもそも建築現場と設計事務所は、建築という共通点があるため、転職は

続きを読む

人手不足が叫ばれる建築業界において、内装施工管理も例外ではなく、大手による優秀な人材の囲い込みもさかんになっています。内装施工管理は関係する資格取得も大切ですが、それ以上に現場経験と実績も重

続きを読む

転職活動について調べていると、転職エージェントの利用をすすめているサイトを多く見かけますが、実際はどうなのでしょうか。「転職エージェントを使わなくても転職できるのはどんな人?」「転職エージェ

続きを読む

転職エージェントは転職活動をする際に強い味方ですが、実は怪しいサイトもあるのをご存じでしょうか?せっかくの転職活動が辛いものにならないように、怪しい転職エージェントに当たってしまったらエージ

続きを読む

女性は結婚や子育てがあるため建築士になるのは難しいという噂がありますが実際はどうなのでしょうか?建築士として活躍している女性はいるのでしょうか?本記事では女性が建築士になるのは難しいのかにつ

続きを読む

建築設計は、これからつくる建物の資材、構造、工事費を計画し、図面に起こす仕事です。建築設計は日本に限らず、世界中で行われているため、海外で仕事をして、稼ぎたいと考えている方も多いのではないで

続きを読む

建築業界に興味を持つ人にとって、もっとも有名かつ、花形とも言える職業は建築士ですね。世のなかのあらゆる建物は、建築士が設計した図面をもとに建てられます。そんな建築士の仕事内容は意外にも忙しく

続きを読む