建築設計の転職エージェントでは求人紹介からキャリアデザインまで提案してくれる

公開日:2019/01/02  

建築関係のお仕事を探している方は、建築設計専門の転職エージェントを利用して自分に合った職場を見つけて就職をすることができます。

転職エージェントと聞くと、求人紹介や転職先を見つけるためのサービスと思われがちです。

ですが、最近は仕事を見つける他にもキャリアデザインの提案をしてくれるサービスが増えているので、将来自分の夢を実現させるために利用できます。

 

建築設計のお仕事の範囲・種類とは?

一言で建築設計といっても仕事の範囲や種類はさまざまで、多岐の分野に及びます。

一般的に建築設計は、意匠・構造・設備の3つの分野に分けることができます。

意匠設計とは建築物の外観や内部空間のデザインを、建物のコンセプトやイメージに基づいて具体化するための作業です。

建築物の用途・人間工学・コスト(予算)などを考慮した上で、設計図を作製します。

構造設計とは、建築物の骨組み構造を作ります。

地震や風雨、荷重などに耐えられるようにするために、荷重の計算や十分な強度の材料を選ぶ必要があります。

設備設計とは建物に設置する電気・電話・インターネットなどの電力・通信ケーブル類や空調設備用のダクト、浄水や下水などの給排水設備の配置や構造の設計図を作製します。

建物の外観や内装などのように目立つ部分だけでなく、建築物を支えるための骨組みや電気・通信・給排水設備などのように目立たない分野に至るまで幅広い分野に関係しています。

1人の建築士が意匠・構造・設備の全ての設計作業を行う訳ではなく、各分野で専門的な知識を持つ人が仕事を分担しながら建物を創り出します

 

自分の夢を実現するためにキャリアアップが必要な理由とは?

建築設計の仕事は非常に幅広い分野に及ぶので、学校を卒業して仕事を始める際は自分がしたい仕事の内容を考えておくことが大切です。

中には独特なデザインの美術館・博物館・コンサートホールを生み出した、世界的に有名な設計家がいます。

そのような人も最初は簡単な仕事からスタートして、少しずつ経験を積んでキャリアアップをしました。

建築設計は仕事の分野や建築物の規模などの点で非常に幅が広いので、国家資格を取得した後に、自分がしたい仕事を決めてキャリアアップをスタートすることが大切です。

建築設計のお仕事の流れですが、建築主との打合せ・現地調査・設計コンセプトと基本構想のプランを立てる・基本設計・実施設計・施工会社選定・施工監理の順番で作業が進められます。

若くて経験が浅い間は、それぞれの分野ごとに割り当てられた自分の仕事をします。

経験を積んでキャリアアップをすれば、一連の作業を統括するより重要な仕事を任せられるようになります。

自分が創りたいと思う建物を設計するためには、各段階を踏みながらキャリアアップをすることが求められます。

独立して個人で設計の仕事をしたい場合でも、多くの経験をして実績を積む必要があります。

 

仕事の魅力とキャリアデザインを考えておくことの重要性

建築設計の仕事内容は、単に建物の設計図を作製するだけではありません。

キャリアを積めば、自分の美的センスを生かして独創的な建物を生み出すことができます。

建物を設計することは誰にでもできるような単純な作業ではなく、クリエイティブで自分らしい仕事ができるという点が大きな魅力です。

ただし、国家資格を取得すればすぐにやりがいのある仕事ができるという訳ではありません。

建築設計の仕事をするためには大学・大学院などで学ぶ物理学の基礎知識に加えて、コミュニケーション能力・プレゼンテーション力・課題解決力・発想力や想像力・地道な作業を続けるための根気と集中力を身につける必要があります。

コミュニケーション能力や発想力などは学校で学ぶことができず、実際に仕事をしながら学ぶことになります。

建築設計の業界で自分が目標とする分野を決めたら、どのような経験を積むべきかを考えます。

具体的な道筋を決めたらキャリアデザインを考えて就職・転職活動を開始します。

そして、就職・転職活動をする際は、建築設計を専門とする転職エージェントのサービスが活用できます。

 

転職エージェントで受けられるサービス‐求人・転職活動支援

一般的に建築設計の仕事のためにキャリアアップをする場合には、最初に自分で目標を決めてから設計事務所に就職して経験を積む必要があります。

そして、ある程度のキャリアを積んだら、別の仕事をして経験や実績を積む目的で違う会社・設計事務所に転職をします。

単純労働や介護・福祉の派遣などのような需要が大きくて誰でも仕事ができるような業種であれば、民間企業が行う転職支援サービスの他に求人広告やハローワークなどでも簡単に仕事を見つけることができます。

これに対して建築設計の仕事は硬度で専門的な知識が求められるので、一般向けの求人広告やハローワークでは転職先を見つけることができません。

専門性が高い建築設計業界で転職活動をする場合には、民間の会社がサービスを提供する転職エージェントを活用することができます。

転職エージェントに登録をすれば求人紹介を受けることができますし、転職活動支援に役立つ情報を入手することもできるからです。

自分がやりたい設計の仕事探しや、勤務地や給料などの面でも希望する会社・事務所を探す際に役立ちます。

インターネット上で条件を指定して検索をするだけで、該当する会社を簡単に見つけることができます。

 

転職エージェントで受けられるサービス・キャリアデザインの提案

転職エージェントと聞くと、求人情報の提供などのように転職活動の支援をする会社というイメージを抱く方が多いかもしれません。

転職支援サービスのひとつは求人紹介などのように人材を必要としている企業と、仕事を必要としている人の仲介役を果たすことです。

専門的な業界を扱う転職支援サービスは雇用者と労働者の間で仕事の仲介を提供することに加えて、キャリアアップをするための支援活動も行われています。

学校を卒業して国家資格を取得したばかりの若い方の中には、自分がしたい仕事を見つけられなくて悩んでいる人が少なくありません。

自分がしたい分野が見つからない場合には、転職エージェントを活用してキャリアデザインの提案を受けることができます。

目標を決めることができても、実際にどのような仕事をして経験を積むべきかが分からないという人もいます。

転職エージェントのサービスを活用すれば、建築設計業界で自分が希望する分野の仕事や希望するライフスタイルで仕事をするための相談をすることができます

目標を見つけて具体的な道筋を決めてから、経験を積むことができるような職場を探して就職・転職活動を開始します。

 

転職エージェントを上手に活用してキャリアアップをしよう

国家資格を取得して建築設計業界の仕事に就いてキャリアアップを始める場合には、建築業界を専門とする転職エージェントのサービスを上手に活用するようにしましょう。

最初に自分に合った会社を選び、登録を行います。

登録をすると建築業界に詳しい専任のエージェントと面談をして、自分がしたい内容の仕事やワークスタイルを伝えます。

希望をもとにエージェントがあなたに合ったキャリアデザインの提案をしてくれるので、どのような会社・設計事務所に就職をすべきかを知ることができます。

キャリアデザインが決まったら、就職や転職活動をスタートすることになります。

既に建築設計関係の仕事をしている方でも、自分のキャリアを積む目的で転職をするケースがあります。

そのような方でも、転職エージェントに登録して相談をすることができます。

会社を辞めて独立することや、何らかの事情で仕事の量を調整しなければならなくなることもあります。

転職エージェントは単にキャリアアップをするだけでなく、仕事とプライベートのバランスを考慮した上でその人に合うような仕事の紹介も行われます。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建設現場で働く職人や大工は、雨の日は工事がストップするので休みになることがほとんどです。施工管理は雨の日もデスクワーク中心の業務を行っています。業務内容が多岐にわたるので、これまでの業務の遅

続きを読む

建築設計業に携わっており、転職エージェントでハウスメーカーに転職しようと考えていませんか?ハウスメーカーといっても、さまざまな仕事が存在します。そこで本記事では、ハウスメーカーの仕事内容や魅

続きを読む

別の仕事がしたい、今の会社とどうしてもあわない、長時間働かされすぎてプライベートの時間がとれないなど、転職を考える理由は人それぞれです。ただ、人手不足が深刻化している近年、引き止められてなか

続きを読む

建築設計業界への転職を考えている人にとって、実務経験が求められるかどうかは気になるところでしょう。募集求人によって異なりますが、建築設計業界の転職では実務経験が求められるのが多い傾向にありま

続きを読む

現在の会社を退職したいけれど、上司から引き留められるなどスムーズに退職ができるかどうか不安に感じる人も多いかもしれません。会社を辞めるときにはトラブルなく円満に退職したいところですが、どのよ

続きを読む

コロナ禍になり、オンラインでの面接する企業も増えています。対面式とは違うオンライン面接を受ける場合、やったことがなく戸惑う方も多いでしょう。本記事では、オンライン面接の流れや準備するべきもの

続きを読む

建築設計業界で働く際には、押さえるべきポイントがたくさんあるでしょう。会社としての規模や自分ができること・やりたいこととマッチしているかも重要ですが、ブラック企業に就職しないよう注意が必要で

続きを読む

働き方の多様化が進んでいる近年、働く曜日や時間帯、場所にとらわれず働けることで、社員のライフスタイルにあわせた働き方ができます。そんな働き方改革のさきがけであるフレックスタイム制という言葉を

続きを読む

CADオペレーターという職業をご存じですか?CADというソフトを活用して、建築や機械系などさまざまな分野の図面を作成する仕事です。資格がなくても働くことができますが、CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターという仕事をご存じですか?CADという専用のソフトを活用して、製図の支援を行う役割を担っています。建築や機械、自動車、ジュエリー、航空機など幅広い業界で使われているため、近

続きを読む