女性が転職エージェントを選ぶ際に意識するべきポイントとは?

公開日:2022/04/15   最終更新日:2022/05/18

女性が意識するべきポイント

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが変わる場合があります。女性に多い悩みにも的確なアドバイスができる転職エージェントが望ましいでしょう。

女性が転職エージェントを選ぶ際に意識するべきポイント

転職エージェントを選ぶときに意識したいポイントをご紹介します。

複数登録して求人数を増やす

案件数の多いエージェント1社に登録しても、紹介してもらえる案件は50社ほどで決して多いとはいえません。23社ほど登録して紹介される案件数を増やし、条件にマッチした求人を見つけましょう。また非公開求人の数も多いと、高条件な求人を見つけられる可能性が高くなり、転職の幅も広がりやすくなります。

女性専門のサポートがある

女性ならではの悩みにも相談しやすい環境にあるか確認しましょう。チェックしたいポイントは以下の通りです。

・出産経験のあるキャリアアドバイザーがいる

・女性専用の転職コンテンツがある

・女性の活躍する案件数が多い

・企業との交渉力のあるコンサルタントがいる

希望する転職の求人紹介はもちろんですが、今後のキャリアを見通したアドバイスもあるかが大切です。たとえば結婚や出産などのライフイベントにより生活環境が変わる場合、働き方や企業の対応などを教えてもらいましょう。

子育て経験のあるアドバイザーだと、実体験を交えたアドバイスをくれます。さらに、女性の職場環境についても的確な情報を与えてくれるでしょう。

総合型か特化型

エージェントには総合型と特化型があります。総合型は幅広い業界・業種を取り扱い、求人の数も豊富です。求人数を重視したい人や転職したい業界が決まっていない人に便利なエージェントです。

利用者が多いため、アドバイザーにもよりますが、やりとりが事務的になる場合もあります。看護師や介護士、IT関係など特定の業界の転職を考えている場合は、その専門の特化型エージェントへ登録しましょう。

専門知識、経験が豊富で書類の書き方、面接の対応方法など、具体的なアドバイスがされます。業界によっては、求人の数が少ない場合があります。

転職エージェントと転職サイトを併用

転職エージェントだけでなく転職サイトも活用すると、より自分にマッチした求人が見つけられます。資格や経験が少ない人だと、転職エージェントでよい条件の求人を紹介してもらえないことがあります。

また、エージェントは採用の合否が担当者に伝わりますが、転職サイトは他人には伝わりません。自分のペースで転職活動ができるのは、転職サイトのメリットといえます。エージェントと転職サイト、それぞれの特徴を活かしながら上手に進めていくと、イメージ通りの企業に出会えるでしょう。

女性が転職エージェントを利用する際のポイント

利用する転職エージェントが決まったら、次のポイントを確認しましょう。よりスムーズな転職ができるようになります。

転職の意思を伝える

転職の時期が未定、先であっても「3か月以内の転職を考えている」と伝えましょう。エージェントの特性で、転職希望者が内定をもらうと、その企業から紹介料がエージェントに支払われます。

そのため、転職に意欲的な人を優先して手厚いサポートを行うのです。今すぐの転職は考えてないといってしまうと、熱心にサポートされず高条件な案件があっても紹介してくれません。キャリアアドバイザーから有益な情報を手にしたいのなら、転職に対する熱意をしっかり伝えましょう。

キャリアアドバイザーとの相性の確認

キャリアアドバイザーは人なので、相性があります。希望する条件の求人を紹介しない、サポートする熱意が感じられない、レスポンスが遅いなどキャリアアドバイザーに不満があれば、エージェントへ担当者の変更を依頼しましょう。

アドバイザーが変わってもイマイチ、変更の依頼をしたけれど変わらないといった場合には、エージェントそのものを乗り換えます。キャリアアドバイザーは、面談や面接のことなどで顔を合わせる機会が多いです。

相性の悪いアドバイザーである場合、相談そのものが苦痛になってしまいます。精神的負担を増やさないために、相性のよいアドバイザーを見つけましょう。相性のよいアドバイザーを見極めるポイントは、転職希望者の話を真剣に聞くことです。

女性が転職する際に気を付けるべき点

女性だから転職は難しいことはありません。企業の求める人物像に当てはまる、長く働けるといった点をクリアしていれば問題ありません。しかし、女性はライフスタイルの変化により、長く働くことが難しくなる場合もあります。転職する際に気を付けたいポイントをご紹介します。

パートナーと仕事の相談をする

結婚をしている場合は、転職前に希望する業界や企業についてパートナーに相談しましょう。正社員・フルタイムで働きたいと思っていても、パートナーの考えと食い違うこともあります。

将来、子どもができた場合の働き方や家事の分担など、夫婦で話し合うことはたくさんあります。理想のキャリアビジョンになるためにも、必ずパートナーに転職のことを伝えましょう。

ワークバランスを決めておく

希望するワークバランスは人によって違います。仕事を優先してフルタイムで働きたい、家庭や趣味を優先したいなどさまざまです。理想のワークバランスが明確化されていないと、転職活動をするときに、希望の条件と違った企業に就職して大変な思いをするかもしれません。

せっかく転職したのにプライベートとの両立でしんどくなる、仕事に対するストレスが溜まるなどで退職になる可能性があります。転職をする前に自分のワークバランス、キャリアビジョンを整理するようにしましょう。

福利厚生を確認する

企業ごとで福利厚生や資格取得制度などのサポートは異なります。とくに出産を考える場合、出産後の手当は気になるものです。育休制度の充実度や育休明けの働き方のサポートなどは、必ず情報収集をして確認しましょう。

子どもの急な発熱などで仕事を休むときに、柔軟に対応する企業か口コミや評判を参考にします。またスキルアップを考える場合は、資格取得のサポートをチェックします。企業によってはテキスト購入金の立て替え、資格取得の無料講習など手厚い支援を行っています。

転職直後は育休が利用できない場合がある

入社してからの在籍期間が短いと、育休が適用できない企業もあります。産休は労働基準法に労働者から休みの要請があれば、休ませなければいけないため産休は可能です。

しかし、育休は1年以上、企業に在籍していないと取得できない企業がほとんどで、転職直後の育休取得は難しいでしょう。退職はしない方向で進むのであれば、パートナーや実家などに相談し、保育園に預ける月齢に達するまでサポートしてもらえるか相談します。

 

女性が転職エージェントを選ぶポイントは女性ならではの悩みに的確なアドバイスができるかです。子育て経験のあるアドバイザーは、知識が豊富で実体験を交えてアドバイスをするのでイメージが湧きやすいです。女性はライフイベントで働き方に変化が出ます。このような場合にも柔軟に対応する企業、育休やそのほかの制度が充実しているかなどの情報収集が大切です。失敗しないためにもエージェント選びは慎重に行いましょう。

 

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む