【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト5選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計の転職エージェントを選ぶ際の注意点

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/03/25

建築設計の仕事は専門性が高い仕事ということもあって、一般的な求人サイト等では十分な求人数を見つけることが難しいといえます。

これまで培った建築設計のスキルや建築系の専門資格などを十分に活かしてさらなるキャリアアップを考えているという人は、できるだけ専門的な求人に特化しているサービスを利用したほうが良いでしょう。

建築業界に携わっている人は、社会でも一定の割合がいるので、転職エージェントの中にも建築系の仕事を得意としている会社も見つけることができます。

インターネットから会員登録をして利用することができる転職支援会社も多いので、気軽に利用することが可能です。

 

建築設計業界に強いサービスを利用するとよい

 

建築設計の求人を探す場合、忙しい時には転職エージェントに就職活動をサポートしてもらえると効率的に情報収集や企業への応募をすることができます。

また、自分のこれまでのキャリアにふさわしい良い仕事を紹介してもらいたいという時も転職エージェントを利用すると良いです。建築設計を中心に仕事を探している人は、まずは転職エージェントを選ぶ際に業界に関して一定の知識をもっている会社を探すことが、一つの注意点と言えます。

あまり業界に詳しくないという人がエージェントとして担当になってしまった時には、自分の培ったキャリアの内容をきちんと理解できないケースがあり、良い求人を紹介してもらうことも期待できなくなってしまいます。

大手の転職支援サービスを利用するのも良いですが、幅広い業界の求人を扱っている会社の場合には、担当者が建築業界の事をあまり理解していないこともあります。サービスの知名度よりも、建築業界にどの程度実績があるかを目安として利用するサービスを選択することが重要となります。

これまで建築設計に関しての業務が未経験だという場合、どのようにして建築設計の仕事に従事していくことができるかを相談したい時なども業界に特化している相手の方がしっかりとしたアドバイスを貰えることでしょう。

建築の設計と一言でいっても、意匠設計や構造設計、設備設計など幅広い分野があり、携わっている建物の種類も幅広いものとなっています。細かい設計業務の違いなども一般の人には理解することが難しいので、自分のキャリアを相談したい時には話が分かる専門の転職支援会社の担当者が良いといえます。

戸建て住宅の設計に携わりたいという人、病院や学校などの特殊な建物の設計を行いたいという人など個別にキャリアの方向性に違いがあるので、そういった細かいキャリアへの想いをくみ取ってくれる相手を選ぶと良いです。数多くの転職支援サービスを利用してみて、自分が良いと感じたサービスを利用することに決めると良いでしょう。

 

サービスが手厚い会社を利用したほうがよい

 

建築業界で特に建築設計に携わっている人は、仕事が深夜まで及んでしまうことが多くなってしまうので、転職活動をする時間もかなり限られてしまっています。

転職エージェントのサービスを受ける場合、注意点としては、どの程度のサービスを行ってくれるかを事前に確認しておくことが大切です。

忙しい人はできるだけ多くのサービスを受けることができたほうが、時間を有効に活用して転職活動をすることができるようになります。

転職エージェントの中には、しっかりと求人応募先の企業の担当者と、面接等の日程調整を実施してくれるところもあるので、そういったサービスを活用するとこまごました調整作業から解放されます。

仕事が忙しくて自由に転職活動をする時間を確保できないと、転職を諦めてしまう人もいるので、しっかりと手厚くサービスしてくれるエージェントを利用したほうが良いです。

自己アピールをする際にどのように記載をすればよいかは応募する企業によって違いがあるので、書類の具体的な書き方のなどの相談に乗ってくれるような相手を探すと良いです。

また建築関係の企業向けの応募書類の作成方法などのノウハウなどをもっていて、サービス利用者に対してきちんと記載仕方を教示してくれるような転職支援サイトであれば、かなり助かるでしょう。

最終的に複数の企業から採用通知を頂いたときなどに、本命の会社以外の会社に断りの連絡をすることが必要となります。そういった断りの連絡なども求職者に代ってすべて行ってくれる転職支援会社を利用すると忙しい時にはかなり助けになることでしょう。採用を貰った後の、ガイダンス等の日程調整なども行ってくれるところがあり、すごく助けにもなります。

また、転職後に実際に働き始めてから、ちょっとした問題や悩みなどができてしまった時などに相談にのってくれるような会社もあります。転職後は新しい仕事に慣れるまで不安な時期を過ごすことになるので、気軽に相談できる相手になってくれることはかなり精神的には助かるでしょう。

 

実績が多い会社の担当者であればリアルな話を聴ける

 

転職エージェントを選ぶ際の注意点としては、建築設計の会社に多くの求職者を送り出している実績があるかどうかを確認したほうが良いでしょう。応募を考えている会社の実態などを具体的に知っている担当者がいれば、応募前に詳しく内部事情を教えてもらうことができて良いです。

また、働いている人たちの年齢層や職場の雰囲気、残業時間等も具体的に尋ねることができるので、働き始めた後の事をイメージしやすくなるでしょう。転職した先輩の話なども聞くことができれば、よりリアルに職場の事をイメージすることができて良いです。

働き始めてから事前に聞いていた話と職場の環境が違うというような、失敗も少なくなることでしょう。企業の風土は会社ごとに異なっているので、応募を考えている会社ごとに面接時の対応方法を変えていくことが重要となります。

建設業界の様々な会社に採用者を送り出してきた実績があれば、会社ごとの対策などを教えてもらうことができるので、ライバルに差をつけることができるでしょう。

面接に失敗してしまった時などにも、どのような点がマイナスだったなどを教えてもらうことができ、違う会社の面接の際に活かすことができます。これから行われる大規模なプロジェクトを実施するために経験を積んできたメンバーを募集したいと考えている会社もあります。

実績が多い転職支援会社であれば、そういった特殊な募集案件も多数扱っていることが多いので、大規模なプロジェクトに携わっていくことができる仕事も紹介してもらえることでしょう。

 

建築設計業は専門性が高い仕事なので、転職活動をする際には、転職エージェントを選ぶ段階からしっかりとした会社を選ぶことが重要となります。

キャリアアップを考えており、これから更に活躍していくことができる環境が整っている転職先を探したいという時には、建築設計業務について知識をもっていることが大切です。

転職エージェントの人がこちらのキャリアの価値を適切に理解していないとよい転職先を紹介してもらえることも期待できなくなってしまいます。キャリアの価値や資格の重要性などを理解している担当者であれば、これからどのようなキャリアアップをしていきたいと相談しやすくなります。

利用するサービスを選ぶ際には、知名度だけではなく、建築業界の転職に特化してサービスを行っている会社を利用することが重要でしょう。

その際にはできるだけサービス内容が充実している転職支援会社を選んだほうが、転職活動の負担が軽くなります。忙しい人が後悔のない転職をするためにも、エージェント選びをしっかりと行うことも重要となるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧