建築設計業の転職エージェントの成功率は?休日対応についても確認

公開日:2020/06/15   最終更新日:2024/04/18

転職エージェントに登録して転職活動を進める人も多くなってきていますが、登録したら成功できるのかということを疑問に思う方もいるかと思います。成功できる可能性をできるだけ高くしたいと考えるのはもっともなことで、それぞれのエージェントでの転職の成功率を知りたいと思う人も多いでしょう。

また平日休みのない仕事をしている方は、土日にも転職エージェントが対応してくれるのかという点も気になるポイントとなります。そこでここでは、転職エージェントの成功率や土日対応についても確認していきましょう。

建築設計業の転職エージェントの成功率はわかる?

建築設計業の転職エージェントを活用するとどれくらい転職率が上がるのか気になる方も多いと思います。ここでは、建築設計業の転職エージェントの成功率について紹介していきます。

エージェントを使って成功したかは判断が難しい

まず、エージェントから成功率についての具体的な数字は公表されていません。成功している人の割合が多いということをアピールすればエージェントとしても多くの登録者を集めやすくなり、企業からも人材紹介をして欲しいというオファーを受けられる可能性が高まるのは確かでしょう。

それでもなぜ公表しないのかと疑問に思うのは当然のことです。しかし、この指標を具体的に明示していないのには理由があります。

そもそも成功とは何かを客観的に判断するのが難しいからです。単純に考えるのであればエージェントから求人の紹介を受けて応募し、書類選考や面接を受けて無事に内定を獲得することができ、きちんと入社できるのが成功と言えます。ただ、これで本当に成功だったのかは実はわかりません。例えば、入社してから想定したような仕事ができなくて困ってしまうという事例もあります。

給与が交渉時点よりも下がってしまったり、勤務条件が変更されてしまったり、前噂で聞かされていたよりもずっと残業が多くて辛くなったりしてしまうこともないわけではありません。さらに上司との関係や同僚との付き合いがうまくいかないなどのトラブルが生じることもあります。

試用期間が定められていることが多く、その期間が満了した時点でやはり辞めてもらうと通達されてしまうケースも決してないわけではないのです。このような状況に陥ってしまうと転職したのが成功だったとは考えられないでしょう。

そのため、必ずしも内定を獲得できた、入社を達成したというのが成功と断言することはできないのです。また、転職した先でしっかりとした活躍をすることができ、待遇も期待以上のものになっているケースもあるでしょう。

それならきっと成功だったと言って良いのではないかと思うかもしれません。しかし、最終的には納得できる働き方ができるようになったのは確かでも、採用されるまでのプロセスは苦痛だったという場合もあります。

結果は良かったとしても希望していたように短期間で転職できなかったので成功ではないと考えることもできます。さらに別のケースとして選んだ転職先が長期的に見て良いものではなかったとかなり後になってから気づくケースもないわけではありません。

エージェントによるキャリアコンサルティングを受けてこの道に進むのが良いと思って転職し、その瞬間は成功したと感じたとしましょう。しかし、その会社の業績が低迷してしまって習得しようとしていたスキルを身につけられずに他の仕事を任されてしまうことになる場合もあります。

結果としてキャリア構築をすることができず、次のステップに進めないということになってしまうこともあるのです。この事例のように転職直後は成功したと思っても、長い目で見ると失敗したという結論になる場合もあるのです。

このようにして考えてみると成功を定義するのはエージェントにとってはかなり難しいことがわかります。そのため、成功率という指標を計算するのが困難なので公表もできないという状況ができているのです。

顧客満足度については公表されているのが一般的

転職エージェントではそれでも魅力的なエージェントだと世の中の人に理解してもらえるために指標を公開しているのが一般的です。成功率ではなく顧客満足度という指標を用いている場合が多くなっています。

これは転職を遂げた人や登録している人を対象にしてアンケート調査をすることによりサービスについてどのくらい満足できたかを数字で評価してもらうことで得ている指標です。特に転職を終えた人からのアンケート調査結果になっていれば、少なくともその時点でどのくらい満足できたかを示す数字になります。

この数字が成功率に近い値を示していると解釈するのは合理的な叶え方です。ただ、今まさにサポートを受けている人や途中で諦めてしまった人の満足度が反映されていないことには注意しなければなりません。

また、長期的に見ると失敗だったというケースも含まれていないということにも留意して顧客満足度を見てみることも重要になります。

建築設計の転職エージェントは休日も対応してくれる?

建築設計の転職エージェントを利用するときに、平日だけではなく、土日も対応してくれるのか否かは気になるポイントでしょう。中には、転職活動のために仕事を辞めて行う方もいますが、リスクが伴ってしまいます。

そこで、建築設計の転職エージェントは休日も対応可能なのかどうかを確認していきましょう。

土日も対応可能な転職エージェントは増えている

実際に転職活動をする人は、仕事を辞めてしまっている人もいますが、仕事をしながら次の職を探している人も数多くいます。仕事をしながらの転職活動の場合、平日は自分の仕事をし、休みの日や空いた時間を活用して転職活動をするスタイルをとっています。

とはいえ、平日はどうしても仕事がたくさんになってしまうと自分の時間も減るため、平日の転職活動というのはかなり難しい場合も少なくありません。そのため、現在転職エージェントでは、平日だけでなく休日も対応しているところがかなり増えている状態です。

そうすれば、平日だけでなく土曜日にも転職活動を行うことができるようになるので、よりスムーズに次の仕事を見つけやすいというメリットがあるからです。活動することができる日数が増えれば増えるほど、色々な情報収集ができるようになるからです。

建築設計業の転職エージェントも土日も対応可能

従来は、平日だけ転職活動ができる状態となっていましたが、今は休日対応もしている転職エージェントが増えてきているので、土曜日でも転職活動ができるようになってきています。これは建設設計業での仕事探しをしている人も同様です。

平日の方が確かにエージェントの対応時間が長いこともまだまだ多い状態ですが、土曜日の方が時間の余裕があり、休みの日の方が時間的な拘束も少なく動きやすいというメリットがあります。そのため、今仕事をしながら次の仕事を探したいという人は、平日に時間をやりくりするのではなく、土曜日に活動する方にシフトチェンジする方が良いでしょう。

その方がより動きやすく、時間のストレスを感じる必要がないからです。忙しい合間を縫って転職活動をすることもできますが、イライラしながら、また時間に追われながらになってしまうと転職先のことをよりじっくりと考慮した上で結論を出すことも難しくなる場合があります。

その場合、せっかく転職したいにも関わらず、結局また別の職場を探すことにもなりかねません。しかし時間的な余裕があれば急ぐ必要はないし、なによりゆっくりと考えることもできます。

結論を急がなくても良いので、自分に合っているか熟慮した上で返答することも可能です。

建築設計業の転職活動を行っているときの注意点

職場にいるときでも、スマートフォンを利用すれば簡単に転職活動を行うことはできるようになっています。とはいえ、仕事をしながらの転職活動の場合、離職中の転職活動よりも気をつけなければならないポイントがあるのをご存知ですか。

それが周りの人 に転職活動をしていることを知られ、その結果職場の方にも転職活動が発覚してしまうということです。平日に次の仕事を探す場合、仕事を休んだりするだけでなく、休み時間に抜け出す必要も出てきます。

もちろん無断で行うことはできないので、あれこれ理由を伝えて抜け出した経験がある人もいるでしょう。しかし周りの人に知られないようにしながら行うのはかなり大変です。

また自分のところに転職先から電話がかかってきたりすると、その話をもしかしたら職場の誰かに知られてしまう可能性もないわけではありません。もちろん転職自体は自分にとってプラスに働くので、決して無駄なものではないし、誰にでもその権利はあります。

しかし職場の方 にバレてしまうと、余計なトラブルが起きてしまう可能性があるのをご存知でしょうか。例えばその一つとして考えられるのが人間関係の悪化です。

全ての人がそういうわけではないのですが、転職をすると聞くと不快に感じる人も中にはいます。また不快に感じるだけでなく、中には嫌がらせをしてきたりする人もいるので、職場の方に自分の転職活動のことを知られるのは決して得策ではありません。

また反対に嫌がらせではなく、引き止めてくる人も出てくる可能性があります。どうしても自分に辞められたくない、辞めて欲しくないという人がいた場合、あれこれ周りの人に相談して労働条件の改善などを提示してなんとか引き止めようとすることは決して珍しくありません。

また恩師や上司 から引き止められると断りづらくなってしまい、結局今の会社に残ることを選択してしまう人もいます。しかし本当にそれが自分自身にとってプラスになるのか、また納得できるのか、後悔しないのでしょうか。

もちろん後悔しない人もいるでしょうが、やはり悔んでしまう人もいるはずです。したがって、転職活動をしていることを今の職場の人に知られてしまうことは決して良いとはいえません。

しかし平日だけの転職エージェントを利用する場合は、周りに知られてしまうリスクが高くなります。その点土曜日に転職活動を行えば、職場の人の目を気にすることなく動くことができます。

そのため、こうした職場での注意点も踏まえながら転職活動を行っていく必要があります。

建築設計業の転職を成功するために重要な4つのポイント

先ほども述べたように成功率については情報を得るのが難しいですが、成功するために努力できるポイントはあります。代表的な4つのポイントを紹介します。1つ目に挙げられるのは成功とは何かを明確にしておくことです。

成功したかどうかは自分で判断するものなので、何が満たされれば成功なのかをはっきりとさせておきましょう。そうすることで成功するためにはエージェントからどんなサービスを受ければ良いのかも明確になります。

2つ目は明確にした成功基準に基づいて適切なエージェントを選んで登録することです。エージェントによってどんな点に力を入れてサポートをしているか、どんな企業とのつながりがあるかといった点には大きな違いがあります。

成功基準を満たすためにはどのエージェントが適切なのかを比較検討して登録すれば成功できる可能性が高まるでしょう。3つ目はエージェントに対して自分の強みをはっきりと分かり易くアピールすることです。

やりたい仕事に本気で取り組める職場に移りたい、高い待遇で働けるようになりたいというときには特に重要なポイントになります。エージェントが理解してくれないと紹介してもらえる求人も的を射たものにならないので成功する確率が下がってしまいがちです。

4つ目は希望する条件を具体的に提示することです。漠然と給料が高い方が良い、仕事が楽しいのが良いといった伝え方をしてもエージェントはどんな求人を紹介したら良いのかがわかりません。

年収は少なくともいくら以上、担当する業務はこのようなものといった形で具体的に条件を伝えることで希望に合った職場に転職できる可能性が高まります。

 

登録先の転職エージェントをどこにするかによって成功率が上下するのは確かですが、どのエージェントならどのくらいの人が成功するかについての具体的な数字は公表されていません。成功とは何かを定義するのがそもそも難しいからで、数字を示しているエージェントでも顧客満足度という形になっているのが一般的です。

顧客満足度を参考にして登録先を選ぶのも良い方法ですが、成功のポイントも押さえておくことが重要でしょう。成功とは何かを自分なりに決めておき、その基準を満たすためのサービスがあるエージェントを選ぶのが大切です。

そしてエージェントに対して強みや希望条件を具体的に伝えれば成功できる可能性は高くなります。また近年は、平日に限らず、土日にも対応可能な転職エージェントも存在しているため、自身の休みの日にも対応可能な転職エージェントを探して進めていくこともおすすめです。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建築積算士資格試験は、その難易度からすると少し高いといわれています。建築業界で欠かせない資格であるため、取得することで転職やキャリアのステップアップにつながります。この記事では、建築積算士の

続きを読む

建築士になるためには、単なる資格取得だけでなく、特定の性格や特徴が求められます。建築士に向いている人物像や必要な資質について、4つの視点から解説していきます。自分自身の適性を知り、建築の世界

続きを読む

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境

続きを読む

転職エージェントは転職を検討している人にとって効果的なサービスです。しかし、いつまでサポートを受けられるのかわからず、利用を迷っている人も少なくないと思います。本記事では、転職エージェントの

続きを読む

電気通信工事施工管理技士になるには、実務経験が必須ですが、実務経験がなくても資格を取得する方法が存在します。本記事では、実務経験の有無に関わらず資格を取得するための詳細な情報を提供します。受

続きを読む

建設・土木業界における長年の悩みである3K(きつい、汚い、危険)から脱却し、新たな働き方新3K(給料がよい、休暇が取れる、希望が持てる)を実現すべく、国土交通省を中心に業界全体で取り組みが進

続きを読む

建築プロジェクトや製造業において、施工管理とCADオペレーターは重要な役割を果たしていますが、その違いを理解することは業界において不可欠です。施工管理者とCADオペレーターは異なるスキルと責

続きを読む

建築業界にはさまざまなプロフェッショナルが存在しますが、なかでも建築デザイナーと建築士は混同されがちです。同じ建築業界で携わっているとはいえ、異なるポイントがあります。この記事では、両者の違

続きを読む

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む