建築設計業を目指す第二新卒におすすめの転職エージェントの特徴

公開日:2021/02/15  

建築設計業で働くことを希望している第二新卒が、転職の際に利用できるのが転職エージェントです。転職に関する多くのノウハウを持っていることから、働きやすい職場を見つけやすくなります。利用するエージェントによってもサービスの内容に違いがありますが、ここでは、おすすめできる転職エージェントに共通する特徴について、詳しく紹介します。

多くの情報を持っているエージェント

建築設計業に転職を希望している第二新卒におすすめできる転職エージェントの特徴の1つが、多くの情報を持っていることです。働きやすい職場を見つけるためには、できるだけ多くの企業を比較検討したほうが最適でしょう。建設設計業の企業に関係する多くの情報を把握しているエージェントの方が、会社の実情がわかりやすくなります。

会社のことをよく知らないで入社してしまうと、実際に入ってから後悔することも多いので、転職をする際には入りたい会社のことをしっかりと調べておく必要があるのです。個人の力で会社のことを調べるには限界がありますが、多くの情報を持っている転職エージェントの力を借りることで、通常では入手できない情報が手に入る場合もあります。

給与や福利厚生など、求人情報に掲載されているようなことだけでは会社の実情がわからないことも多いものでしょう。しかし、企業の内情に詳しい転職エージェントに相談することで、自分に適した環境のある会社が見つけやすくなります。多くの情報を総合的に分析して、一番働きやすそうな会社を選ぶのがポイントです。

企業の人事関係者と知り合いが多いエージェント

建築設計業の会社で人事を担当している人を多く知っていることも、第二新卒におすすめできる転職エージェントの特徴でしょう。第二新卒がエージェントに相談した場合、希望する条件を満たしている企業を実際に紹介してくれることがありますが、企業の人事関係者に知り合いが多いエージェントほど、より多くの企業を会員に紹介できます。

建築設計業の人事関係者とパイプがあるエージェントは、普段から多くの関係者とコネクションを作ることに努力しているのです。そのため、このようなネットワークを活用できるのが、転職エージェントに相談するメリットでしょう。企業に知り合いが多いエージェントならば、複雑な条件に合った企業も紹介してもらいやすくなり、理想に合った職場で働くための就職活動ができるのです。

特定の会社の人事関係者と強力な信頼関係を築いているエージェントもあり、就職を希望する建築設計業の会社がある場合には、その会社と関係が深い就職エージェントに相談するのもおすすめの方法でしょう。難しい就職活動もスムーズに進めやすくなります。

親身になって相談にのってくれるエージェント

利用者の転職に関する相談に、親身になってのってくれるような転職エージェントも、第二新卒におすすめできるエージェントです。相談するエージェントによっても対応に違いがある場合があり、親身に話を聞いてくれるようなエージェントならば、話もしやすくなります。

どのような会社に入りたいのかをしっかりと相談できるような担当者がいれば、就職活動を続けていく際にも何かと心強いのではないでしょうか。簡単なことでも丁寧に教えてくれる担当者がいれば、就職活動に関して疑問がある場合にも、気軽に相談できます。就職活動をしていくうえでトラブルが生じた場合でも、親身になって話を聞いてもらえる担当者がいるエージェントならば、問題の解決策を見つけやすくなるでしょう。

第二新卒が就職活動を続ける場合、簡単なことばかりとは限りません。しかし、さまざまなことを相談できる担当者がいれば、あせらないでじっくりと新しい職場探しを続けることができるので、そのような面でも相談する転職エージェント選びは重要です。

建築設計業で働いたことがある担当者がいるエージェント

建築設計業の会社で働いたことがある担当者がいる転職エージェントも、第二新卒におすすめできるエージェントの特徴です。第二新卒の中にはまったく違う業種の会社から、建築設計業の会社に転職を希望する人もいるかもしれません。しかし、どのような内容の仕事をする企業なのか具体的に知っておいてから選考を受けた方が、入社した後も仕事を始めやすくなります。

建築設計業で働いた経験があるエージェントならば、具体的な仕事の内容なども熟知しているので、どのような仕事を行う会社であるのか教えてもらえるでしょう。実際にその業界の会社で働いてみなければわからないようなことも多いので、建築設計業の会社で働いたことのある担当者の話はさまざまな面で参考になります。

建築設計業の会社で働いたことがある担当者の中には、かつて働いていた企業の人事関係者とコネクションを持っていることもあり、担当者を通して会社を紹介してもらえる可能性もあります。第二新卒が就職活動をするうえで、頼りになる存在だといえるでしょう。

書類の書き方について丁寧に指導してもらえるエージェント

第二新卒におすすめできる転職エージェントには、建築設計業の企業に提出する書類の書き方を丁寧に教えてくれるという特徴もあります。求人に募集する際には、さまざまな書類を提出する必要がありますが、記載する書類の内容によって、応募者に対する印象が決まってしまうこともあります。そのため、できるだけ内容を吟味しながら書類に必要な事項を記入していかなければいけません。

そのような場合にも力になってくれるのが転職エージェントです。どのように応募書類を書けば、企業の人事関係者によい印象を持ってもらえるかしっかりとアドバイスを受けられるので、自分1人で書くよりも、説得力のある応募書類を書くことが可能でしょう。

企業に提出しなければいけない履歴書なども書き方次第で印象が大きく変わることがあり、エージェントの担当者と相談しながら書類を記載していくことで、好印象を与えやすい履歴書に仕上がります。志望動機書なども合否の重要なポイントになりますが、しっかりと文章をまとめるための手助けをしてもらえるのが就職エージェントです。

面接の受け方も丁寧に指導してくれるエージェント

面接を受ける前の指導を丁寧にしてくれることも、第二新卒におすすめできる転職エージェントがもっている特徴です。応募書類をしっかりと書き終わっても、肝心の面接の応対が不充分だと試験に落ちてしまうこともあるでしょう。

試験に合格するために欠かせないのが、事前のしっかりとした面接対策です。面接のときの対応の方法を充分に研究しておけば、本番の日にも安心して面接を受けやすくなります。丁寧に面接の指導をしてくれるエージェントならば、試験官によい印象を持ってもらえる受け答えの方法も丁寧にレクチャーしてくれるでしょう。

面接ではその会社を志望した動機などを聞かれることもありますが、志望動機書だけでは書ききれなかったことを面接で話すことで、その会社に入りたいという強い気持ちを相手に伝えることができます。話す内容などもエージェントの担当者と相談しながら決められるために、面接で話しやすいことを選びながら内容を決めることもできるでしょう。想定されるさまざまな質問に対する答え方も担当者と事前に考えておけば、面接もスムーズに進められます。

 

建築設計業で働くことを希望している第二新卒は、最適な転職エージェントに相談することで、転職を進めやすくなります。おすすめできるエージェントの特徴を複数あげてきましたが、このような特徴をできるだけ多く持っているエージェントの方が、しっかりとしたサポートを受けられるでしょう。自分に合った転職エージェントを探して、転職活動を有利に進めてください。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建設現場で働く職人や大工は、雨の日は工事がストップするので休みになることがほとんどです。施工管理は雨の日もデスクワーク中心の業務を行っています。業務内容が多岐にわたるので、これまでの業務の遅

続きを読む

建築設計業に携わっており、転職エージェントでハウスメーカーに転職しようと考えていませんか?ハウスメーカーといっても、さまざまな仕事が存在します。そこで本記事では、ハウスメーカーの仕事内容や魅

続きを読む

別の仕事がしたい、今の会社とどうしてもあわない、長時間働かされすぎてプライベートの時間がとれないなど、転職を考える理由は人それぞれです。ただ、人手不足が深刻化している近年、引き止められてなか

続きを読む

建築設計業界への転職を考えている人にとって、実務経験が求められるかどうかは気になるところでしょう。募集求人によって異なりますが、建築設計業界の転職では実務経験が求められるのが多い傾向にありま

続きを読む

現在の会社を退職したいけれど、上司から引き留められるなどスムーズに退職ができるかどうか不安に感じる人も多いかもしれません。会社を辞めるときにはトラブルなく円満に退職したいところですが、どのよ

続きを読む

コロナ禍になり、オンラインでの面接する企業も増えています。対面式とは違うオンライン面接を受ける場合、やったことがなく戸惑う方も多いでしょう。本記事では、オンライン面接の流れや準備するべきもの

続きを読む

建築設計業界で働く際には、押さえるべきポイントがたくさんあるでしょう。会社としての規模や自分ができること・やりたいこととマッチしているかも重要ですが、ブラック企業に就職しないよう注意が必要で

続きを読む

働き方の多様化が進んでいる近年、働く曜日や時間帯、場所にとらわれず働けることで、社員のライフスタイルにあわせた働き方ができます。そんな働き方改革のさきがけであるフレックスタイム制という言葉を

続きを読む

CADオペレーターという職業をご存じですか?CADというソフトを活用して、建築や機械系などさまざまな分野の図面を作成する仕事です。資格がなくても働くことができますが、CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターという仕事をご存じですか?CADという専用のソフトを活用して、製図の支援を行う役割を担っています。建築や機械、自動車、ジュエリー、航空機など幅広い業界で使われているため、近

続きを読む