建築業界でホワイトな業種は?優良企業を見抜く方法も解説

公開日:2024/04/01   最終更新日:2024/01/24

?

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境やホワイトな職種、企業の見極め方に焦点を当てて解説します。建築業界で充実感をもって働きたい方は、本記事を参考にしてください。

建築業界はブラック?ホワイトの基準

まず建築業界の現状について把握し、ホワイトの基準を抑えておきましょう。

労働環境の現状とブラックの課題

建築業界は、一部でブラックな労働環境が指摘されています。

残業時間の長さや休日の少なさが挙げられ、従業員の健康やワークライフバランスに影響を与えています。全てではないものの、ブラックな職場が存在することは否めません。従業員が十分な休息を取り、安心して働けるような改善が求められています。

建築業界全体での改善が望まれており、国土交通省や業界団体も積極的な取り組みを進めています。

ホワイトな職場の基準とは?

ホワイトな職場を構築するためには、給与水準や残業時間、体力面、休日数が重要なポイントです。

給与が仕事の内容に見合った水準であることはもちろん、残業時間が適切であり、労働者の体力を守り、充実した休日の確保が求められます。これらの要素がバランスよく整っている企業が、従業員にとって働きやすい環境です。

ホワイト企業は、働く環境だけでなく、従業員のスキルやキャリアの発展にも注力し、総合的なサポートを提供することが期待されます。

業界全体の変化と期待されるホワイト化

建設業界は、従来のブラックなイメージを払拭し、ホワイトな労働環境を構築しようとしています。

国土交通省や業界団体の施策が進むなか、大手ゼネコンを中心にホワイト化の流れが広がっているのです。とくに、残業時間の上限規制が期待され、業界全体がより働きやすい環境を整備していく方向に向かっています。

建築業界の労働環境改善がますます進むことが期待されています。ホワイトな労働環境の整備が進み実現するのは、新たな人材の取り込みや従業員の定着率向上です。

建築業界でホワイトな業種5選!

それでは建築業界でのホワイトな業種についてみていきましょう。

設計職

設計職は、建築設計に携わる職種で、ホワイトな労働環境にある職種のひとつです。

資格が必須ではなく、柔軟な働き方が可能です。意匠設計、構造設計、設備設計などの分野に分かれ、建築主の要望を取り入れつつ美しさと機能性を両立させる仕事が求められています。

設計職は比較的安定した労働環境にあり、ワークライフバランスを大切にする企業が多い傾向があります。プロジェクトにより変動する業務量もありますが、裁量の大きな仕事であり、専門性を活かせる点が魅力です。

事務職

建築業界にはデスクワークメインの事務職も存在し、ワークライフバランスを取りやすい特長があります。

人事職や警備員も含まれ、天候や気温の影響を受けず、安定した環境で働ける点が魅力です。とくに人事職は、工期変更が労働状況に直接影響しづらく、休日の取得がしやすいため、ライフワークバランスを大切にする人に適しています。

建築業界における事務職は、屋外作業に比べて安定した労働環境を提供し、多様なスキルが求められるため、やりがいを感じられる職種です。

施工管理

施工管理は、建築プロジェクトの進行を監督する職種であり、将来性が高く、比較的高い収入を見込める仕事です。

現場監督として作業者や関係者を取りまとめ、プロジェクトを成功に導く役割を果たします。ただし、企業によっては長時間労働や休日が少ない場合があるため、企業ごとの勤務条件を確認することが重要です。

建築プロジェクトのリーダーシップを発揮し、プロの現場マネージャーとして成長できるポジションが施工管理であり、将来的なキャリアの展望も魅力です。

環境設計

環境設計は、建築プロジェクトにおいて持続可能性や環境への配慮を担当する職種です。

エネルギー効率や再生可能エネルギーの活用、緑化計画など、環境への影響を最小限に抑えるための施策を策定します。近年、環境への配慮が重視されるなか、企業や市場において需要が拡大しており、働きがいと社会貢献を両立させる職業といえます。

テクニカルライター

建築業界において、テクニカルライターは技術や製品の情報を的確かつわかりやすく伝える重要なポジションです。

建築プロジェクトの提案書や技術文書、マニュアルの作成が主な仕事であり、専門知識と表現力が求められます。デジタル技術の進化により、オンラインでの情報発信も増加しており、柔軟な働き方が可能な点が魅力です。

建築の透明性向上やクライアントとの円滑なコミュニケーションにつながる重要な存在といえます。

これらの職種は、建築業界においてホワイトな労働環境にあり、専門性や柔軟性が重視されています。個々の適性や志向に合わせて選択することで、充実したキャリアを築けます。

ホワイトな企業を見抜く方法

最後にホワイト企業を見抜く方法についてみていきましょう。

残業や休日出勤の量を把握しよう

ホワイトな企業を見抜くポイントのひとつは、残業や休日出勤の量を注意深く調査することです。

建設業界がブラックとされる一因は、残業時間の多さにあります。業界全体の平均残業時間は51.3時間とされ、これを下回る企業を選ぶことが重要です。残業が発生する状況でも、業界平均を大きく下回る企業は、ワークライフバランスに配慮している可能性があります。

従業員の声を聞きながら、柔軟な働き方が奨励されている企業が理想的です。さらに、残業が発生した場合でも、適切な手当や福利厚生が用意されていることも重要です。

平均勤続年数は?離職率は?

優良企業を見抜くポイントの2つ目は、平均勤続年数と離職率の確認です。

平均勤続年数が長い企業は、働きやすい環境が整っている可能性が高く、従業員が安心して長く働ける環境を提供していることを示します。また、離職率が低い企業は、給与や福利厚生が充実しており、休暇が取りやすいといった好条件が期待できます。

これらの指標の確認で、企業の安定性や従業員へのサポートの質を把握できます。さらに、企業のカルチャーや働きやすさについての従業員の声を聞くことで、数字だけでなく雰囲気や人間関係も考慮に入れることが大切です。

就職四季報や口コミサイトを活用しよう

ホワイトな企業を見抜くポイントの3つ目は、就職四季報や口コミサイトの積極的な活用です。

就職四季報には、企業の労働条件や従業員の声が掲載されており、これらの情報を基に検討できます。また、口コミサイトでは生の声を垣間見ることができ、企業の実態を知るうえで貴重な情報です。

これらの情報を総合的に判断することで、入社後のギャップを最小限に抑え、自身に合ったホワイトな企業が見つかります。従業員のリアルな声や感想は、企業の内部状況を知るうえで非常に有益であり、将来的なキャリア形成においても重要な指針です。

まとめ

建築業界は従来、ブラックなイメージがつきまとっていましたが、現在はホワイトな労働環境を構築する取り組みが進んでいます。労働環境の改善が期待される一方で、ホワイトな企業を見つけるには慎重な調査が必要です。給与水準、残業時間、体力面、休日数をバランスよく考慮し、就職四季報や口コミサイトの活用で、従業員にとって理想的な職場を見つける手助けとなります。建築業界がよりホワイトな環境を整備していくなかで、これらのポイントを押さえて楽しく、安心して働ける環境を見つけてください。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建築積算士資格試験は、その難易度からすると少し高いといわれています。建築業界で欠かせない資格であるため、取得することで転職やキャリアのステップアップにつながります。この記事では、建築積算士の

続きを読む

建築士になるためには、単なる資格取得だけでなく、特定の性格や特徴が求められます。建築士に向いている人物像や必要な資質について、4つの視点から解説していきます。自分自身の適性を知り、建築の世界

続きを読む

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境

続きを読む

転職エージェントは転職を検討している人にとって効果的なサービスです。しかし、いつまでサポートを受けられるのかわからず、利用を迷っている人も少なくないと思います。本記事では、転職エージェントの

続きを読む

電気通信工事施工管理技士になるには、実務経験が必須ですが、実務経験がなくても資格を取得する方法が存在します。本記事では、実務経験の有無に関わらず資格を取得するための詳細な情報を提供します。受

続きを読む

建設・土木業界における長年の悩みである3K(きつい、汚い、危険)から脱却し、新たな働き方新3K(給料がよい、休暇が取れる、希望が持てる)を実現すべく、国土交通省を中心に業界全体で取り組みが進

続きを読む

建築プロジェクトや製造業において、施工管理とCADオペレーターは重要な役割を果たしていますが、その違いを理解することは業界において不可欠です。施工管理者とCADオペレーターは異なるスキルと責

続きを読む

建築業界にはさまざまなプロフェッショナルが存在しますが、なかでも建築デザイナーと建築士は混同されがちです。同じ建築業界で携わっているとはいえ、異なるポイントがあります。この記事では、両者の違

続きを読む

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む