建築設計専門の転職エージェントを利用するべき人とは

公開日:2019/03/16  

建築や設計の業界でのサービス利用とはどんなものがあるのでしょうか。

また、こうしたサービスを活用すべき人とはどんな人なのでしょうか。

メリットがどこにあり、そして成功する秘訣が分かれば、悩みレスで転職ができそうです。

 

必要な求人情報だけを探したい人に向いている

建築設計に就いたものの、諸事情により転職をしたいと思った時、自分だけで転職活動を行うのではなく、転職エージェントの利用をする方が、成果が得られるケースが多いようです。

利用するべき人とは、例えば、転職情報を自分だけで得ることができない人であったり、活動を続けることに疲れる、いわゆる就職難民の問題に難色を示す人です。

希望に合う求人を探すには、プロフェッショナルな人材ばかりが籍を置く転職エージェントと活動するだけで、より良い条件の企業に転職できるようです。

自分自身が求人情報を収集するにも、求人数自体も少なく、それでいて不確かなものばかりです。

本来、求人数は多くあるようですが、それは非公開求人にいえる内容です。

一般求人を出していない、そうした企業が沢山あります。

一般求人だと真剣に転職を考えていない求職者からの面接の問い合わせも少なくないようで、そうなると企業にとってメリットはありません。

だからこそ、転職エージェント限定公開とする求人情報を出す対策がなされています。

非公開や未公開になっている求人ほど条件が良いものはなく、登録した求職者だけが閲覧できる仕組みです。

人手不足の企業ではなく、優秀な人材が欲しいと思っている企業では、お金を払ってでも惜しくはないようです。

建築設計の求人情報を紹介してもらうにも、通常は登録も有料です。

しかしながら無料登録ができるため、お金をかけずに転職活動したい人にも向いています。

求人を出す企業がお金を払って人材探しを依頼する形になるので、転職サイト自体も決して怪しいものではないのも安心できる情報でしょう。

また、活用すべき人といえるのは、特別な条件で求人を探している人です。

担当者が1人に1人付くのがポイントです。

例えば、転職したことを後悔したくないがゆえに、条件を細かく設定してしまう求職者もいるはずです。

その条件に合った求人を探してきてくれるのが、自分につく担当者の役割で、探す手間さえ省けます。

細かな条件でも非公開求人数は数多くあって、常に更新され続けています。

また、条件の整っている求人情報というのはすぐに応募が殺到、すぐに人材確保済みとなりがちです。

だからこそ、精通する転職エージェントが利用できるのです。

お手つきでも後悔もせず、優良企業との面談・面接に駒を進めることが容易にできます。

 

満足できる希望条件で転職がきっとできる

建築設計業界は特殊な職種であることは、働いている人にこそ理解できる内容です。

一般企業と違った条件、特殊な勤務体系を採るケースもあるようです。

そういった点では、希望する条件との食い違いがあるようで、誰もが良い条件で働きたいと内に秘めています。

交渉をしたいと思っていても、なかなか言い出せないことも転職活動での難題と指摘されています。

転職エージェントを利用するべき人とは、不満のない働き方がしたい人ということになるのではないでしょうか。

面接を受けるにしても、企業にとってデメリットになるような条件で交渉すれば、面接で落とされてしまう、誰もが感じる点です。

スキルやキャリア構成次第では、交渉権もあるでしょうが、それすらないのならば、転職エージェントを利用するという手が使えます。

面接に同行したり、交渉してくれることが魅力の1つです。

建築設計業界で顔が広いのがウリで、良い条件で交渉が成立し、雇ってくれる可能性も大きいようです。

それだけ、企業との信頼関係が整っているのでしょう。

給与面はもちろん、休みのとり方やキャリアアップを図るための仕事の内容に関することまで交渉してもらえます。

ちなみに、雇用側も本人と話すよりもこれまでに培ったノウハウやコミュニケーションの取り方により、話しがしやすいので、企業にとってもメリットがあるようです。

転職エージェントを介するだけなのに、互いが納得できる条件や折り合いをつけてくれるのなら、利用しない方が損ではないでしょうか。

また、転職をする時には、誰もが裏側である本音を知りたいものです。

自分で調べるにしても、裏側までは難しいもので、それこそ勤務する社員からの声を集めるしか方法はありません。

しかし、そうした裏側、内情も教えてもらうことができ、大変便利に転職活動が進められます。

自分で調べるにも、建築設計業界に顔が広くないはずです。

顔が広ければ転職支援なども必要とさえしないはず、情報を集めるためにも利用することはおすすめです。

ちなみに、転勤などで引っ越しを余儀無くされることもあるかもしれません。

そういった場合、土地勘もない状況での職場探しは困難です。

今や、全国展開をしているところが多く、引っ越し先で探す・紹介・交渉もしてくれるのなら、現在住んでいる場所から離れることになっても安心でしょう。

また、地域に根付いた情報を網羅しているため、その地域ならではの特徴や文化などまで教えてもらいましょう。

そうした内容を事前に知っておくことで、地域性も含めた働きやすさが増すはずです。

地元民との意思疎通を図り、長く働き続けられるようです。

 

道筋の立て方をアドバイスしてくれる

建築設計の仕事の範囲や種類は、意匠・構造・設備に分けることができます。

国家資格を取得した後、したい仕事を決めてキャリアアップをスタートさせますが、国家資格を取得すればやり甲斐のある仕事ができるというワケではないのも耳にします。

建築設計で分野を決めたのなら、どのような経験を積むべきかを考えなければなりません。

また、道筋を決めたのなら、キャリアデザインを考えなければ、面接に臨んでも受け答えすらできないでしょう。

だからこそ、転職活動の際には建築設計に特化する転職エージェントのサービスを利用すべきなのです。

こうした道筋を決めきれずに悩む人にこそ、活用できます。

ある程度のキャリアを積んだら、別の仕事をして経験や実績を積むその目的で転職をするのが一般的な流れです。

ですが、建築設計の仕事は硬度、専門的知識も求められる、だからこそ一般向けの求人誌からは転職先を見つけることができにくいと指摘されています。

人材を必要としている企業と、仕事を必要としている人の仲介役となるだけではありません。

専門的だからこそ、キャリアアップをするための支援活動も担ってくれるのです。

国家資格を取得したばかりの若手、自分がしたい仕事を見つけられずに悩んでいるものです。

希望の分野が見つからない場合にも、これまで培ったノウハウを駆使し、キャリアデザインの提案を行ってくれるようです。

目標を決めることができるだけでなく、実際の仕事の経験の重ね方までアドバイスしてくれます。

転職エージェントを活用するだけなのに、自分が希望する分野、希望する仕事、希望するライフスタイルで仕事をする楽しさややり甲斐を見出すことができます。

ちなみに、独立することや、諸事情によって仕事の量を調整しなければならないタイミングでも、仕事とプライベートのバランスを考慮した上で仕事の紹介・交渉・アフターフォローも行ってくれます。

もちろん、活動し、内定をもらえたのなら、引継業務もあるかと思いますが、それら業務もサポートしてくれます。

 

建築設計の転職エージェントは、プロフェッショナルな人材で構築されています。

転職活動しても、なかなか成果がでない理由には、情報収集の難しさや面接時の交渉の決裂などもあるようです。

こうした悩みもサポートしてくれるからこそ、失敗や挫折した人の利用がおすすめされています。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む

建設業界における施工管理の労働環境にはさまざまな課題が潜んでいます。労働基準法改正による労働時間の上限設定や、国土交通省のICT化推進による改善策がある一方で、ブラックな環境も少なくありませ

続きを読む

異業種から建築設計への転職は大きな挑戦です。この記事では成功への道筋や重要なポイントを解説します。基礎知識、関連スキルの獲得から始まり、柔軟なアプローチや業界内ネットワーキングの重要性まで紹

続きを読む

建築設計のアルバイトは、アトリエや組織設計事務所でさまざまな実務業務に携わります。模型製作やCADを使用しての図面修正、デザイン作業など、業界における重要なタスクに従事し、設計スキルを向上さ

続きを読む

近年、建築設計業界は、テクノロジーの進化と共に、働き方に大きな変革を迎えています。特にコロナ禍をきっかけに、リモートワークの導入が加速し、業界全体の働き方に影響を与えています。この記事では、

続きを読む

建築設計業界での転職は、自分のスキルと経験を際立たせる必要があります。その鍵を握るのが「ポートフォリオ」です。ポートフォリオは、技術や経験を示す重要なツールであり、転職成功のためには効果的な

続きを読む

建築士は、創造性と技術的なスキルを要求される職業であり、プロジェクトの期限や顧客の要望など、多くのストレス要因に直面しています。では、建築設計業界におけるストレスマネジメントはどうすべきでし

続きを読む

  デベロッパーとゼネコンの仕事に興味があるけど、詳しく違いが分からない人もいるでしょう。さまざまな部署と連携して仕事を進めていくので、バランス能力に優れた人が求められています。そ

続きを読む

転職は人生の大きな転機です。しかし、どこから始めればいいのか、どのように進めればいいのか、多くの疑問や不安がつきものです。そんなとき、転職エージェントの存在が大きな力となります。本記事では、

続きを読む