建築設計専門の転職エージェントから来るメール・電話の頻度とは?

公開日:2019/10/15  

建築設計専門の転職エージェントがいくつかありますが、基本的に連絡は電話やメールなどで行われます。

選考が進んだり複数の企業と面接が予定されると、連絡が頻繁に行われるようになるでしょう。転職エージェントは企業と転職希望者の間に立ち、求人の紹介や企業情報などの提供を行うのが仕事です。

企業と転職希望者の間をとって求人を探してくれる

建築設計を専門した転職エージェントはいくつかあり、企業と転職希望者の間をとって求人を探してくれるので利用している人は多いです。エージェントを利用する場合いくつかポイントがあり、例えば面接日程の依頼はなるべく早い返信を行うことが大事です。

転職エージェントから面接日程の調整のメールなどが依頼されますが、可能な限り素早く回答することをおすすめします。素早く対応することによって応募企業に対して、志望意欲が高いというイメージを与えることができるでしょう。

面接当日などの緊急時の連絡は電話がおすすめです。例えば面接当日に電車やバスなどの公共機関が遅延するなどで、どうしても約束の時間に遅刻してしまう場合は行き違いを防ぐためメールではなく電話で連絡する方が安心・安全です。

パソコンのアドレスを教えている人は多いですが、携帯のアドレスも伝えておくと良いでしょう。パソコンのメールアドレスだけを伝えている場合、携帯のメールアドレスも一緒に伝えておくことによってメール着信に素早く対応することができます。

外出先でも転職情報をチェックすることができるので便利です。建築設計を専門にしているエージェントの場合、登録者専用のアプリを提供しているところもあるでしょう。アプリのプッシュ通知設定をオンにしておくとエージェントからの新着メールが届いたり、アプリで知らせることが可能です。

電話対応が可能な時間帯を連絡しよう

建築設計関係の仕事を続けながら転職先を探している場合、仕事中におけるエージェントからの電話はなかなか出にくいものです。電話に出られない時間がある場合、あらかじめエージェントに電話対応が可能な時間帯や、メールなら対応することができる時間帯を伝えておくと良いでしょう。

電話での連絡は急ぎのケースが多く、対応することができる時間帯を伝えたり、メール対応可の時間に急ぎの件がある場合スマートフォンなどに着信履歴や留守番電話などを残してほしいとエージェントに依頼しておくと便利です。仕事などで電話に出られない場合でも緊急の案件かどうか判断できます。緊急の場合折り返し連絡することを早めにして、臨機応変に対応すると良いでしょう。

建築設計専門の転職エージェントにはキャリアアドバイザーなどが在籍していて、業務内容を詳しく聞いたり掘り下げて質問することが可能です。一人ひとりの強みや能力を引き出すことをサポートしてくれたり、転職したい企業毎の特色や面接で注目しているポイントなどをアドバイスしてくれるので便利です。

過去にどのような人材がプラス評価されたり、採用されているかなどを把握することができます。特に面接対策が難しいと感じるなら、上手に活用すると転職するのに有益です。

内定が出ると連絡の頻度が多くなる

実際転職エージェントを利用する場合、メールや電話などの連絡頻度は高いのは事実です。これにはいろいろなメリットがあり、一次面接の結果や二次面接の対策などについて連絡してくれます。二次面接後の会社の反応などをエージェントが教えてくれたり、いろいろとサポートしてくれるので転職先を探している人には頼もしい面もあります。

特に結果に関して早く知らせてくれるので現状を把握することが可能です。もし不合格になった場合、今後の活動方針などを決めやすくいろいろな相談に乗ってくれるでしょう。いくつかトラブルになるのは内定が出た後で、転職エージェントは内定した会社に入社してもらうことによって、初めて報酬を得られる仕組みです。

そのため利用者が他のエージェントで内定をもらった企業に入社されると、エージェント会社としてこれまでの努力が無駄になってしまいます。とりあえず内定が出るとその企業に入社させようと、意志確認を取ろうとしてくるものです。

この段階において連絡の頻度がかなり多くなるので、中にはしつこいと思う人も多いです。転職活動している人には働いている人がたくさんいるので、もし勤務中に連絡があると仕事に支障をきたすかもしれません。転職活動を行いやすい環境を作るため、コンサルタントには電話は何時以降が良いと伝えておくと便利です。電話が苦手ならメールにしてもらったり、コンサルタントと相談すると良いでしょう。

きちんと自分の状況を連絡しよう

建築設計業務への転職志望者はいろいろな会社の条件を比較し、自分にとって最も良い条件の企業に入社したいものです。そのため内定が出たとしても他のエージェント会社から連絡があるまで、もう少し待ってほしい人も中にはいるでしょう。

他に応募した企業の結果が出てから、しっかり考慮し最終的な入社先を決定したいものです。転職志望者の全部の企業からの結果が出てから確認したいという意向と、エージェント側の早く内定先を決めたいという意思が働き、最終段階に来ると何かしらのトラブルが起こりやすいことがあります。

利用者はエージェントからのメールなどの連絡による催促がストレスになりやすく、煩わしく感じてる人も多いです。利用者はコンサルタントに対して、はっきりと言うべきことは伝えることをおすすめします。

例えば現在何社に対して転職活動していて、これぐらいの段階まで進んでいたり、ある会社は何時に最終面接があるので何日頃結果が出る予定があるなど、きちんと連絡しておくと良いでしょう。会社の最終結果の内容を見てから、入社の意思を考えたいなど担当者にきちんと伝えるべきです。

エージェント側も今後の活動方針をアレンジしやすくなり、担当者もこれからどのように利用者をサポートしていけば良いのか分からなくなってしまいます。連絡がしつこいからといって無視やキャンセルするのではなく、きちんと自分の状況を連絡することをおすすめします。

連絡すると催促するようなことはなくなる

転職エージェントからの連絡の頻度が多いため無視する人もいますが、仮に無視したからと言ってお金などがからむこともありません。しかしエージェント側のブラックリストにのる可能性は高くなります。また転職したくなった時にそのエージェントを利用できなくなるかもしれません。

自分の状況や意志、スケジュールなどをしっかりと伝えておくとそれ以上連絡頻度が増えることもともないでしょう。これらの現在の状況をきちんと連絡したり、誠意を持った対応を行っていると催促することもありません。転職活動の状況や入社の意思決定をいつ頃間まで待ってほしいかに関して、エージェントに伝えれば最終期日が来るまで連絡が来ることはありません。

電話はもちろんメールで催促するようなこともなくなり、利用者の返信を待つようになります。別の会社の内定が出た時点で、各会社の条件や業務内容などを比較検討し転職エージェント経由で決まった会社に就職するつもりならその内定の意思を伝えましょう。他のエージェントで決まった内定先の方が良い場合も、その意向を必ず連絡すると催促するようなことはなくなります。

連絡回数の多さはサポートの丁寧さを現している

建築設計専門の転職エージェントを利用すると、連絡がしつこいので面倒なことになりそうや使いたくないと思う人もいるでしょう。しかしこの連絡の頻度の多さはある意味大切でエージェント側のサポートの丁寧さが現れていると言えます。

他のエージェントの場合は登録していても初回案件は紹介してくれたがその後そのまま放置されてしまったり、結局まともな転職先を紹介してくれなかったということもあります。それに比べるといろいろな企業を紹介してくれたり、連絡の頻度が高いエージェントほど案件の数も豊富です。

転職志望者に対するメールなどの連絡頻度が高いため、担当者と相談しながらスムーズに転職活動に臨むことができるでしょう。連絡回数の多さはエージェント側のサポートの丁寧さを現していると言うことができ、紹介連絡さえくれない企業もあります。結果が出るタイミングも早い傾向にあり、面接時のサポートも丁寧に受けることが可能です。

転職エージェントは利用する価値が高く、ここ数年で転職を繰り返している人もいるので、一度転職エージェントを利用した後でまた同じエージェントを利用し活動している人もいます。お互いが気持ち良くエージェントを利用できるような環境にしておくといろいろなメリットがあります。

 

建築設計専門の転職エージェントは、企業と転職希望者の間をとって求人を探してくれるので便利です。頻繁に連絡が来ることもありますが、対応が可能な時間帯を連絡することをおすすめします。内定が出ると連絡の頻度が多くなるので、きちんと自分の状況を連絡することが大切です。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

志望する企業に受かりたいという思いから、履歴書や実務経歴書に嘘を書いてしまおうと考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。この記事では、履歴書に嘘を書いてしまう人の心理や嘘がバレ

続きを読む

建築士の資格を持っているけどこれまで資格を活かした仕事をしてこなかった方や、これから建築士の資格を取ろうとしている方にとって、資格が転職に有利に働くかどうかは大いに気になるポイントでしょう。

続きを読む

二級建築士は、一般的な戸建住宅などを設計および監理できる国家資格です。取得後、建築事務所で働いているうちに、将来独立したいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、独立は自分の責任のもと

続きを読む

建築現場の経験を活かしたい、もともと設計したかったといった理由で設計事務所への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。そもそも建築現場と設計事務所は、建築という共通点があるため、転職は

続きを読む

人手不足が叫ばれる建築業界において、内装施工管理も例外ではなく、大手による優秀な人材の囲い込みもさかんになっています。内装施工管理は関係する資格取得も大切ですが、それ以上に現場経験と実績も重

続きを読む

転職活動について調べていると、転職エージェントの利用をすすめているサイトを多く見かけますが、実際はどうなのでしょうか。「転職エージェントを使わなくても転職できるのはどんな人?」「転職エージェ

続きを読む

転職エージェントは転職活動をする際に強い味方ですが、実は怪しいサイトもあるのをご存じでしょうか?せっかくの転職活動が辛いものにならないように、怪しい転職エージェントに当たってしまったらエージ

続きを読む

女性は結婚や子育てがあるため建築士になるのは難しいという噂がありますが実際はどうなのでしょうか?建築士として活躍している女性はいるのでしょうか?本記事では女性が建築士になるのは難しいのかにつ

続きを読む

建築設計は、これからつくる建物の資材、構造、工事費を計画し、図面に起こす仕事です。建築設計は日本に限らず、世界中で行われているため、海外で仕事をして、稼ぎたいと考えている方も多いのではないで

続きを読む

建築業界に興味を持つ人にとって、もっとも有名かつ、花形とも言える職業は建築士ですね。世のなかのあらゆる建物は、建築士が設計した図面をもとに建てられます。そんな建築士の仕事内容は意外にも忙しく

続きを読む