転職エージェントを使わなくても転職は成功する?利用せずに転職できる人の特徴とは

公開日:2022/10/15   最終更新日:2024/06/07


転職活動について調べていると、転職エージェントの利用をすすめているサイトを多く見かけますが、実際はどうなのでしょうか。「転職エージェントを使わなくても転職できるのはどんな人?」「転職エージェントを使わない転職方法はある?」といった疑問を感じている人のために、今回は「転職エージェントを利用しない転職」について解説します。

建設業界転職エージェントおすすめランキング

転職エージェントを使わないほうがいい人の特徴とは

実際、転職エージェントを使わなくても転職に成功した人はたくさんいます。むしろ転職エージェントを使わない方がいい人も存在するため、最初に特徴を紹介しておきましょう。

働きたい企業が決まっている人

まずは、応募したい企業が明確に決まっている人です。たとえば「ずっと憧れていた〇〇社で働きたい」というように転職先がピンポイントで決まっている人なら、転職エージェントに複数の転職先企業を紹介してもらう必要はありません。

明確に応募先を定めている場合は、企業のホームページから直接応募したり、企業のSNSアカウントにダイレクトメッセージを送ったりしてアプローチするのがおすすめです。応募者の多くが転職エージェントや転職サイトを利用している中、直接的なアプローチは採用担当者の目を引くうえに、熱意もしっかり伝わるのではないでしょうか。

ベンチャー企業や中小企業に応募したい人

続いて、転職エージェントが取り扱っていないようなベンチャー企業や中小企業で働きたいという人です。求職者側は無料で転職エージェントのサポートを利用できますが、それは求人を出している企業が紹介料を支払っているからです。具体的には、転職した人の年収の3~4割ほどを成功報酬として支払っているといわれています。

資金に余裕がないことの多いベンチャー企業や中小企業は、高額な成功報酬が必要な転職エージェントではなく、比較的求人掲載料の抑えられる転職サイトやハローワーク、既存社員の紹介などで人材を獲得しています。転職エージェントではベンチャー・中小企業の求人はそもそも取り扱っていないことが多いため、これらを目指す人は転職エージェントを利用しなくてもよいでしょう。

ヘッドハンティングされた人

ヘッドハンティング、いわゆる引き抜きの声がかかった人は、転職エージェントのサポートを利用しなくてもスムーズに転職できる場合が多いでしょう。一般的な引き抜きは、取引先企業、友人や知人、ヘッドハンターから話を持ち掛けられることが多いようですが、最近は知人などの紹介で採用する「リファラル採用」が盛んになっています。

信頼できる人物からの紹介であれば、能力だけでなく人柄もある程度把握できているため、ミスマッチを起こしにくいというメリットがあるのです。ヘッドハンティングの声がかかり迷うことなく相手先の企業に転職するという場合は、転職エージェントの出る幕もなく採用に至るというケースが多いのではないでしょうか。

転職エージェントを利用するか迷ったらどうすべき?

転職エージェントを利用しなくてもよいケースを紹介しましたが、転職エージェントを利用するかしないか判断に迷う場合はどうすればよいのでしょうか。おすすめの解決策を紹介します。

とりあえず登録してみる

転職エージェントを利用するべきかどうか迷っている人は、とりあえず一度登録してみるのがおすすめです。なぜなら、ほとんどの転職エージェントが無料で利用できるため、登録しておいて損はないからです。実際、転職エージェントと転職サイトを併用しながら転職活動を進めている人も多くいます。登録したプロフィールをもとにスカウトが来る場合もあり、待っているだけでも自分の市場価値がわかる、視野に入れていなかった職種の求人を知れるなど、転職活動の幅が大きく広がるでしょう。

利用しながら自分に合うか見極める

転職エージェントのサポートを利用しても、実際に企業に応募する前までなら誰にも迷惑をかけることはありません。転職エージェントの担当者と面談してみて、どのような求人を紹介してもらえるのか実際に経験してみてから利用の継続を判断してもよいでしょう。転職エージェント側も成功報酬という収益を上げなければならないので、エージェントのペースで転職活動が進みがちな点をデメリットと感じる人もいるかもしれませんが、まずは利用しながら自分との相性を見極めてみてはいかがでしょうか。

転職エージェント以外の転職方法とは

転職エージェントを利用しない場合、転職するにはどのような方法があるのでしょうか。転職エージェント利用しない転職方法を5つ紹介します。

転職サイトを利用する

転職サイト利用はもっとも一般的な転職方法で、さまざまな求人情報が掲載されたサイトから自分で求人を探して応募する方法です。転職エージェントのように面談をする必要もなく無料で簡単に登録できるので、自分のペースで気軽に転職活動を進められます。一方、膨大な求人から自分の条件にマッチした企業を探すのに時間がかかるというデメリットも存在します。

企業のホームページから応募する

中途採用を行っている企業では、企業のホームページに求人情報が公開されています。応募フォームから直接応募できるので、多くのライバルが転職サイトや転職エージェント経由で応募している中で熱意が伝わりやすいというメリットがあります。ただし、転職エージェントの非公開求人となっている場合は、企業のホームページには公開されないので注意が必要です。

企業のSNSアカウントにメッセージを送る

最近はTwitterやFacebook、InstagramなどのSNS経由で採用活動を行う「ダイレクトリクルーティング」に力を入れている企業も増えてきています。SNS投稿からは、面接での表面的な対応だけではわからないプライベートの過ごし方や人柄などがわかることも多く、企業側にもメリットがあるのです。とくにIT系やweb系の企業ではSNSを活用した採用を積極的に導入している場合が多いので、気になる企業があればアカウントをチェックしてみるとよいでしょう。

ヘッドハンティング・知人に紹介してもらう

仕事におけるスキルや実績が豊富な人は、取引先企業や知人からヘッドハンティングされる可能性も高くなります。知人などからの紹介で採用するリファラル採用が、コストを抑えながらも信用に値する確かな人材を獲得できるという理由で最近盛んになっています。転職を視野に入れている人は、実績を積みつつ人脈作りにも力を入れていくのがおすすめです。

ハローワークで求人を探す

ハローワークは無料で求人を出せるため、地元の中小企業といったあまり資金に余裕がない企業でも求人を出しやすく、幅広い求人に出会えるのがメリットです。その反面、質の低い求人もかなり混ざっているため注意が必要です。あくまで最終手段としてハローワークを利用するにとどめておくのが無難でしょう。フリーター向けや第二新卒向け、さらには特定の業種に特化した転職エージェントなどもあるので、まずはそういったところで転職先を探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

転職活動をする人にとってメリットの大きい転職エージェントですが、もちろん転職エージェントを利用しなくても転職はできます。今回は、転職エージェントを使わない方がいい人の特徴や転職エージェントを使わずに転職する方法について紹介しました。ただ、利用するかしないかの判断は一度利用してみないことには難しいため、迷っている人は一度登録してみることをおすすめします。ほとんどの転職エージェントは無料で利用できるので、まずは気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

建設業界転職エージェントおすすめランキング

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

宅建士とは、不動産分野で専門的な知識を有する資格です。本記事では、建築設計業界でも活躍の場が広がりつつある宅建士のスキルに焦点を当て、どのようなメリットがあるのかについて探ります。建築や不動

続きを読む

プラントエンジニアはプラント設計の専門家で、企画から維持管理まで幅広い役割を果たしています。その高度な専門性とスキルはモノづくりに欠かせず、将来性も期待されているのです。この記事では、プラン

続きを読む

ゼネコンの現場監督といえば、労働環境や年収などに対する様々なイメージが存在します。一部では厳しい労働環境が指摘されていますが、最近は働きやすい環境が整備され、給与面でも魅力的な職種になりつつ

続きを読む

建設業界では、「ゼネコン」と「ハウスメーカー」が主要なプレイヤーとして活躍しています。この両者は建築においてそれぞれ異なる役割と特徴を持っています。この記事では、ゼネコンとハウスメーカーのそ

続きを読む

建築積算士資格試験は、その難易度からすると少し高いといわれています。建築業界で欠かせない資格であるため、取得することで転職やキャリアのステップアップにつながります。この記事では、建築積算士の

続きを読む

建築士になるためには、単なる資格取得だけでなく、特定の性格や特徴が求められます。建築士に向いている人物像や必要な資質について、4つの視点から解説していきます。自分自身の適性を知り、建築の世界

続きを読む

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境

続きを読む

転職エージェントは転職を検討している人にとって効果的なサービスです。しかし、いつまでサポートを受けられるのかわからず、利用を迷っている人も少なくないと思います。本記事では、転職エージェントの

続きを読む

電気通信工事施工管理技士になるには、実務経験が必須ですが、実務経験がなくても資格を取得する方法が存在します。本記事では、実務経験の有無に関わらず資格を取得するための詳細な情報を提供します。受

続きを読む

建設・土木業界における長年の悩みである3K(きつい、汚い、危険)から脱却し、新たな働き方新3K(給料がよい、休暇が取れる、希望が持てる)を実現すべく、国土交通省を中心に業界全体で取り組みが進

続きを読む