建築設計業の求人件数は転職エージェントによって変わる?

公開日:2020/06/01  

転職エージェントに登録するなら建築設計業の求人がたくさんあるところを選びたいと考えるのはもっともなことでしょう。エージェントによって持っている求人の件数には違いがあるのでしょうか。求人の種類にどのようなものがあるかがわかると実態をつかめるので、登録先として魅力が大きいエージェントを選び出せるようになりましょう。

エージェントの持つ求人件数は三種類ある

エージェントが転職志望者に対して紹介している求人は三種類に分けることができます。この種類の違いがわかるとエージェントごとに持っている求人件数に違いがあるのか、それともほとんど変わらないのかが推察できるようになります。

まず、一つ目に挙げられるのが公開求人です。一般に公開されている求人のことで転職エージェントだけでなく転職サイト、求人サイト、求人誌のフリーペーパーなどにも掲載されています。

大抵の場合には企業が広告料を出して求人サイトなどに掲載を求めているもので、定額制で求人への応募数に関係なく支払っている場合もあれば、応募数に応じて比例計算で広告料を必要とするものもあります。このように求人サイトなどで公開されている求人についてはエージェントが調査をしているので紹介の対象になっています。

エージェントのウェブサイトを見てみると求人リストが載っていることがよくありますが、この内容は基本的には公開求人に基づくものです。求人リストを掲載していないエージェントでも相談をして求人紹介をしてもらうと、公開求人の中に希望に合うものがあるかどうかを探してもらえるのが一般的になっています。

それに加えて、求人リストをウェブサイト上に載せているエージェントの場合には独自の求人が含まれていることもあります。一般公開をして人材を探して欲しいという形でエージェントに個別に依頼があるケースも多いからです。この数の多さがどれだけそのエージェントに独自の求人があるかを左右する要素の一つで、求人の全体数の差を生む要因になります。

二つ目に非公開求人が挙げられます。非公開求人は求人サイトやフリーペーパーなどに掲載されていない求人です。正確に言えば企業からエージェントに直接依頼があった人材紹介の案件で、企業からの希望に基づいてエージェントが求人票を作成しているのが一般的になっています。

場合によってはまだヒアリングをした段階で求人票そのものができていないこともあり、口頭で求人内容を説明してもらえるだけのこともあります。企業とのやり取りの中で求人内容を公開しないで欲しいという相談を受けることはよくあります。

求人活動をしているのが競合他社に知られると内情を推察されてしまうことになるからで、特にどんな業務内容の人をどの職場で雇用しようとしているのかは大きな情報になってしまうことは否めません。

そのため、人材紹介を依頼するときに非公開という形で依頼をするのです。このようにしてエージェントが獲得している求人はどのエージェントでも持っているものではない場合がほとんどです。つまり、非公開求人が多いところほど求人をたくさん持っていると言うことができます。

三つ目の求人の種類として挙げられるのが提案求人です。提案求人はそもそも求人票が存在していないのが特徴で、エージェントが企業に対してこんな人材がいるから採用を検討して欲しいという形で営業をしてくれるものです。

公開求人や非公開求人をいくら紹介してもらっても希望に合うものがなかったり、そもそもエージェント側が紹介できるような求人が見つからなくて困ったりすることもあります。それでも転職先を探したいというときにエージェントが持っているコネクションを使って、きっとこの企業に売り込めば雇ってくれるはずだというところに営業をしてくれるのです。

スキルや経験などに応じて年収なども候補として挙げ、やりたい業務や適性のある仕事についても列挙してアピールしてもらうことができます。自分の実力を最大限に活かしつつ、高い評価を受けられる職場が見つかりやすい傾向があります。

提案営業ができるからといってエージェントの持つ求人件数が増えるわけではありませんが、魅力的な転職先の候補を見つけやすくなるという点で優れているサービスでしょう。

非公開求人がある転職エージェントの特徴

求人件数が多い転職エージェントに登録したいなら非公開求人が多いところを選ぶのが効果的です。公開求人をリストにして閲覧できるようにしているエージェントの場合には公開求人がどのくらいあるかは確認できますが、非公開求人については調べることができません。エージェントによっては全体数の何%が非公開求人かを表記している場合もあります

しかし、ウェブサイトを作った頃に用意したデータをそのまま利用していて最新の情報になっていないこともあるので注意しましょう。非公開求人がある転職エージェントには特徴があるので、それを確認して登録先の候補にするかを決めるのが良い方法です。

非公開求人があるエージェントには必ず実績があります。たくさんの候補者の転職を成功させてきた実績があり、採用した企業からの反響が良いと多くの企業から注目してもらえるようになります。

すると非公開求人をたくさん申し込まれるようになり、充実した求人リストを持てるようになるのです。実績がどのようになっているかをまず調べてみるのが非公開求人の豊富さを判断するのに適切な方法だと考えましょう。

提案求人ができる転職エージェントの特徴

求人がたくさんあるかどうかとは異なるものの、希望する条件で転職できる可能性が高いという点では提案営業ができるのも魅力的でしょう。ただ、提案営業を実際におこなっているエージェントはそれほど多くはありません。どんなエージェントなら対応できる可能性があるかを理解しておきましょう。提案求人を手に入れられるエージェントは企業へのパイプラインを持っていることが必須で、営業リストが充実していないとまず不可能です。

また、提案営業をしたときに快く受け入れてくれるような良好な関係を持っている企業がいくつもなければならないでしょう。特に建築設計業の企業との太いパイプラインを持っていることが必要になります。結論としては非公開求人が多いエージェントと同じで、着実に実績を作り上げてきて高い信頼を得ていることが求められるのです。

それに加えて営業活動自体をおこなっていることが必須なので、提案型の求人を取り扱っているかをあらかじめ問い合わせて確認してみると良いでしょう。

 

建築設計業の求人ができるだけたくさんある転職エージェントを利用したいときには非公開求人が豊富にあるところを選び出すのが大切です。公開求人の大半はどのエージェントでも紹介できるので件数にあまり差はありません。

しかし、非公開求人はどれだけ企業とのつながりがあって依頼を受けられるかに大きく左右されることから、エージェントによって持っている件数にかなりの差があります。企業から信頼を受けられるような実績を作り上げてきているエージェントを選んで登録するようにしましょう。このようなエージェントでは提案求人も手に入れられることが多く、希望する条件で働けるようになる可能性が高まります。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む