建築設計の転職エージェントを選ぶ時のポイント

公開日:2020/06/01   最終更新日:2024/03/21

転職エージェントに登録するなら建築設計業の求人がたくさんあるところを選びたいと考えるのはもっともなことでしょう。エージェントによって持っている求人の件数には違いがあるのでしょうか。

求人の種類にどのようなものがあるかがわかると実態をつかめるので、登録先として魅力が大きいエージェントを選び出せるようになりましょう。

エージェントの持つ求人件数は三種類ある

エージェントが転職志望者に対して紹介している求人は三種類に分けることができます。この種類の違いがわかるとエージェントごとに持っている求人件数に違いがあるのか、それともほとんど変わらないのかが推察できるようになります。

まず、一つ目に挙げられるのが公開求人です。一般に公開されている求人のことで転職エージェントだけでなく転職サイト、求人サイト、求人誌のフリーペーパーなどにも掲載されています。

大抵の場合には企業が広告料を出して求人サイトなどに掲載を求めているもので、定額制で求人への応募数に関係なく支払っている場合もあれば、応募数に応じて比例計算で広告料を必要とするものもあります。このように求人サイトなどで公開されている求人についてはエージェントが調査をしているので紹介の対象になっています。

エージェントのウェブサイトを見てみると求人リストが載っていることがよくありますが、この内容は基本的には公開求人に基づくものです。求人リストを掲載していないエージェントでも相談をして求人紹介をしてもらうと、公開求人の中に希望に合うものがあるかどうかを探してもらえるのが一般的になっています。

それに加えて、求人リストをウェブサイト上に載せているエージェントの場合には独自の求人が含まれていることもあります。一般公開をして人材を探して欲しいという形でエージェントに個別に依頼があるケースも多いからです。この数の多さがどれだけそのエージェントに独自の求人があるかを左右する要素の一つで、求人の全体数の差を生む要因になります。

二つ目に非公開求人が挙げられます。非公開求人は求人サイトやフリーペーパーなどに掲載されていない求人です。正確に言えば企業からエージェントに直接依頼があった人材紹介の案件で、企業からの希望に基づいてエージェントが求人票を作成しているのが一般的になっています。

場合によってはまだヒアリングをした段階で求人票そのものができていないこともあり、口頭で求人内容を説明してもらえるだけのこともあります。企業とのやり取りの中で求人内容を公開しないで欲しいという相談を受けることはよくあります。

求人活動をしているのが競合他社に知られると内情を推察されてしまうことになるからで、特にどんな業務内容の人をどの職場で雇用しようとしているのかは大きな情報になってしまうことは否めません。

そのため、人材紹介を依頼するときに非公開という形で依頼をするのです。このようにしてエージェントが獲得している求人はどのエージェントでも持っているものではない場合がほとんどです。つまり、非公開求人が多いところほど求人をたくさん持っていると言うことができます。

三つ目の求人の種類として挙げられるのが提案求人です。提案求人はそもそも求人票が存在していないのが特徴で、エージェントが企業に対してこんな人材がいるから採用を検討して欲しいという形で営業をしてくれるものです。

公開求人や非公開求人をいくら紹介してもらっても希望に合うものがなかったり、そもそもエージェント側が紹介できるような求人が見つからなくて困ったりすることもあります。それでも転職先を探したいというときにエージェントが持っているコネクションを使って、きっとこの企業に売り込めば雇ってくれるはずだというところに営業をしてくれるのです。

スキルや経験などに応じて年収なども候補として挙げ、やりたい業務や適性のある仕事についても列挙してアピールしてもらうことができます。自分の実力を最大限に活かしつつ、高い評価を受けられる職場が見つかりやすい傾向があります。

提案営業ができるからといってエージェントの持つ求人件数が増えるわけではありませんが、魅力的な転職先の候補を見つけやすくなるという点で優れているサービスでしょう。

非公開求人がある転職エージェントの特徴

求人件数が多い転職エージェントに登録したいなら非公開求人が多いところを選ぶのが効果的です。公開求人をリストにして閲覧できるようにしているエージェントの場合には公開求人がどのくらいあるかは確認できますが、非公開求人については調べることができません。エージェントによっては全体数の何%が非公開求人かを表記している場合もあります

しかし、ウェブサイトを作った頃に用意したデータをそのまま利用していて最新の情報になっていないこともあるので注意しましょう。非公開求人がある転職エージェントには特徴があるので、それを確認して登録先の候補にするかを決めるのが良い方法です。

非公開求人があるエージェントには必ず実績があります。たくさんの候補者の転職を成功させてきた実績があり、採用した企業からの反響が良いと多くの企業から注目してもらえるようになります。

すると非公開求人をたくさん申し込まれるようになり、充実した求人リストを持てるようになるのです。実績がどのようになっているかをまず調べてみるのが非公開求人の豊富さを判断するのに適切な方法だと考えましょう。

提案求人ができる転職エージェントの特徴

求人がたくさんあるかどうかとは異なるものの、希望する条件で転職できる可能性が高いという点では提案営業ができるのも魅力的でしょう。ただ、提案営業を実際におこなっているエージェントはそれほど多くはありません。どんなエージェントなら対応できる可能性があるかを理解しておきましょう。提案求人を手に入れられるエージェントは企業へのパイプラインを持っていることが必須で、営業リストが充実していないとまず不可能です。

また、提案営業をしたときに快く受け入れてくれるような良好な関係を持っている企業がいくつもなければならないでしょう。特に建築設計業の企業との太いパイプラインを持っていることが必要になります。結論としては非公開求人が多いエージェントと同じで、着実に実績を作り上げてきて高い信頼を得ていることが求められるのです。

それに加えて営業活動自体をおこなっていることが必須なので、提案型の求人を取り扱っているかをあらかじめ問い合わせて確認してみると良いでしょう。

建築設計業の特化型転職エージェントとは?

転職先を探すためのサポートサービスを受けようと思って転職エージェントについて調べてみると種類分けが行われています。総合型と呼ばれるエージェントサービスについてはよく理解できても、特化型の転職エージェントとは一体何なのかとわからずに悩んでしまう人もいます。

特化とはどういう意味を持っているのでしょうか。

特化型の転職エージェントとは何か

特化型の転職エージェントとは一つあるいは狭い領域の業種や職種に限定して転職のサポートをしているサービスです。建築や設計に関わる業界の企業を対象として人材紹介サービスを実施していて、建築士や設計士などの専門スキルを持っている人を求めている企業と、転職先を探しているスキルのある人材をマッチングする役割を果たしています。

企業に対してはヒアリングをしたどんな人材が欲しいのかを聞き出し、その情報を求人として持ち帰っているのが基本です。求職者に対して求人の紹介をしたり、キャリアコンサルティングを実施したり、求人に応募するときに書類作成や面接対策などを補助したりしてくれる仕組みになっています。

その結果として求人に応募した求職者が企業に採用されるとエージェントとしてはクライアントの企業から任されたタスクをクリアしたことになり、成功報酬を受け取れるというのが基本的なビジネスモデルです。このような基本構成については総合型と全く同じになっていて、違っているのはクライアントが限られた業種や職種になっているか、あらゆる業種や職種を対象としているかです。

これがどのようなメリットとデメリットをもたらすのかを詳しく理解しておきましょう。

特化型を選ぶメリットとデメリット

特化型の転職エージェントを利用するメリットとデメリットは裏表の関係にあるので、求人情報の充実度、キャリアコンサルタントのレベル、応募するときのサポートの能力という三つの観点からどんなメリットとデメリットが生まれているのかを確認していきましょう。まず、求人情報がいかに充実しているかという観点から重要になるのが企業とのパイプラインの太さです。

特化型のエージェントの場合には建築設計業に特化しているので業界内の企業との太いパイプラインを持っているのがメリットです。普段から業界内の企業と連絡を取っているので人材が必要になったときにはすぐに求人をもらえる状況が生まれています。

また、数多くの人材を紹介するのに成功しているケースも多く、強い信頼関係を樹立していることも少なくありません。そのため、このような人材が欲しいのだけれど公開求人として出したくないからこっそり探してくれないかという相談を受けていることもしばしばあります。

一般的に非公開求人と呼ばれているもので、特に優秀な人材を高い待遇で獲得したいときによくおこなわれている人材紹介の受け方です。このような相談を経て紹介してもらえる求人も多いのはメリットでしょう。

一方、総合型のように幅広い業界を相手にして事業をおこなっているわけではないので、建築設計業以外に業界については専門性がなくてパイプラインも持っていないのがデメリットです。業界内で転職したいときには有用なサービスではあるものの、他の業界を目指したいときにはあまり有効ではないと考えましょう。

キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーからコンサルティングを受けられるのはエージェントサービスの魅力ですが、そのレベルの高さはどうなのでしょうか。専門業界に特化しているお陰でキャリアコンサルタントは建築や設計に関わる知識や技術、キャリアや資格などに関する幅広い知識があるのがメリットです。

自分自身が建築士として働いてきた、設計士としてあのビルを手がけたことがある、業界で品質管理業務に当たっていたなどといった形で業界経験を持っているキャリアコンサルタントを揃えているエージェントが大半を占めています。

きちんと現場経験を積んでいるので専門的な話でも理解してもらいやすいメリットがあることに加え、キャリアパスを考えるときにも現場にいたからこそ思い当たるような道筋を提案してもらうことが可能です。そして、企業とのパイプラインの場合と同様に、業界外の知識やスキルについてはあまり持っていないことから業界外への転職を希望するときにはあまりコンサルティングの質を期待できません。

業界内のことに特化してしまっているため、あまり他の業界のことまで勉強をしていないケースが多いのです。また、キャリアパスも業界外へ向かう道についてはあまり詳しくない場合がほとんどです。

キャリアコンサルタントもプロなので何か提案をしてくれますが、業界内でのキャリアパスを相談しているときに比べると明確ではない、具体性がない、アピールするときの自信がなさそうに見えるなどといった問題が生じるでしょう。応募するときのサポートの能力という点でもキャリアコンサルタントのレベルと大きく影響します。

特化しているエージェントなら専門業界内の転職でのサポート力はかなり高いのがメリットになりますが、業界外への転職を考えているときにはあまり役に立たないサポートになってしまうこともあるのがデメリットです。もう少しこの観点を詳しく見ていきましょう。

業界内の転職でサポートの能力が高いのは知識や経験があるからだけでなく、企業のニーズを詳しく理解しているからです。応募をするときには履歴書や職務経歴書の書き方を教わることができ、書類選考を通過した後は面接でどんな内容を話すべきかについての相談ができます。

その際に書類に記載した内容や面接で答えた内容が企業のニーズを考慮したものになっていれば採用担当者もぜひ会ってみたい、採用を前向きに検討したいと考えるようになります。企業の状況だけでなく業界の動向も踏まえたサポートを受けられるので企業から高い評価を受けられる可能性が高くなるのがメリットです。

しかし、他の業界にも適用できるノウハウを持っているとは限らないので、やはり業界外への転職では書類作成や面接対策の内容があまり充実せず、企業のニーズに合った内容にできないこともあります。全くサポートを受けられないわけではないものの、本当に相談して意味があるのだろうかと疑問に感じてしまうこともあるでしょう。

特化型を選ぶときに重要なポイント

特化型の転職エージェントを選ぶときには上記の三つの観点からメリットを大きくできるようにするのがポイントです。十分に業界内の企業とパイプライン作りをしているか、キャリアコンサルタントのレベルを重視しているか、サポートを受けて転職に成功した人の実績があるかを比較しましょう。

建築設計専門の転職エージェントはどれくらい業界知識がある?

建築設計への転職を考えている場合のポイントの1つが、どのような転職エージェントを利用するのかという点です。ですが利用したとしても、担当者の知識が乏しいと良いところに転職できるとは限りません。

業界に関する十分な知識があるのかという点は、利用する転職エージェントによっても変わってきます。

担当者の知識量に問題がないのか

数ある建築設計の転職エージェントの中から、どのように利用するところを選べばいいのでしょうか。選ぶ際のポイントの1つとしてあげられるのが、担当者の質に問題がないのかという点です。

建築設計の業界といっても、さまざまな企業が存在しています。さまざまな企業の選択肢の中から、自分に合った職場を選ぶのは簡単なことではありません。

そこでポイントになるのが、業界の知識が豊富な人のサポートが得られるのかという点です。もしも担当者の知識面で問題がある場合には、状況を考慮したうえで自分に合った環境を紹介してもらいにくくなります。

一方で詳しくない人が担当になった場合には、業界の状況がわからない状態で仕事を探すことになってしまいます。中途半端な形で職場を探してしまうと、あまりよくない環境で働くことになるかもしれません。

少しでも良い環境で働きたいなら、その分野に詳しい方のサポートが欠かせないのです。詳しい担当者がいるのかという点は、利用する転職エージェントによって異なります。

実際にどのようなスタッフがいるのか情報を集めたうえで、転職先探しを検討していくことが大切です。

多くの求人を扱っているところを探す

多くの転職エージェントの選択肢があると、どのような基準で利用するところを選べばいいのか迷ってしまう方も多くいます。そこで迷っている場合の選び方の1つに、どのくらいの求人を扱っているのかという点があげられます。

利用者が多い業者だとしても、求人の種類が少ないとしたらどのような問題が生まれるでしょうか。もしも扱っている求人の数が少ないと、自分に合ったところを紹介してもらいにくくなります。

ただし扱っている求人の数が多いとしても、質が高い情報を扱っているとは限りません。良い求人が揃っていなければ、紹介してもらえるところが多くても意味がなくなります。

だからこそ情報量だけではなく、質という面にも注目するようにしましょう。具体的な数字の問題を知りたければ、実績を参考にするのも1つの手です。

実績面を調べることで、どのような形で業務を行ってきたのかなどの情報を把握することにもつながります。自分に合った求人を見つけるためには、さまざまな情報に基づいて考えていくことも欠かせません。トータルで考えていくことが大切です。

自分の可能性を模索したい場合の選択肢

実際に転職を考える場合には、目的を明確にすることも忘れてはいけません。同じように建築設計で働きたいと考えている方でも、どのような目的で転職をしたいのかという点は人によって異なります。

自分の目的を整理したうえで、より良い形で転職するための選択肢を探っていきましょう。例えば実際に仕事を探している方の中には、やりがいを求めているという方や自分の可能性を広げたいと考えている方もいます。

自分の可能性を広げたいと考えている場合には、どのような環境で働くかは重要なポイントの1つです。新しい仕事にチャレンジしたくても、環境によっては責任のある業務はなかなか任せてもらえません。

新人にもチャンスがある職場を見つけられれば、やりがいを感じやすくなる可能性もあります。実際にやりがいを感じられる職場を選ぶために、転職エージェントを利用してどのような職場なのか情報を集めるのも1つの手です。

担当者が業界に精通している方であれば、自分の希望をくみ取ったうえで良い求人情報を紹介してくれる可能性が高くなります。

自分との相性を考えて選ぶことも大切

実際に転職エージェントを利用する場合には、自分と相性が良いのかというのもポイントの1つです。例えば担当者の知識面で問題がないとしても、自分の意図をくみ取ってもらえなければ良い求人は紹介してもらえません。

自分の求める職場が相手に伝わっていれば、満足度の高い職場を紹介してもらえる可能性が高いのです。では実際に自分と相性の良いところを選ぶためには、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

例えば相性の良いところを選ぶために、複数のところを利用してみるのも1つの手です。無料で登録できるところであれば、登録して実際に担当者と話をしてみることで相性が良いサービスなのか判断できます。

仕事探しというのは、これから長い時間を過ごすことになるかもしれない場所を選ぶ人生のターニングポイントのようなものです。そのようなターニングポイントを少しでも良い形で迎えられるように、建築設計の業界に詳しい転職エージェントを探すことが欠かせません。

相性が良いと感じる条件は人によって異なるからこそ、比較しながら自分にとって良い環境を選べるようにしましょう。

利用者の意見も考慮して選ぶのも1つの手

建築設計の転職先を探すとき、どのようなエージェントを利用したらいいのか迷ってしまう方も多くいます。迷っているという状況であれば、実際に利用した方の意見を参考にするというのも選択肢の1つです。

利用者の意見を参考にすることによって、自分に合ったサービスを見つけることにもつながります。同じように転職エージェントを利用した方でも、どのように感じたのかという点には個人で違いがあります。

そこで利用者の評判を参考にするときには、複数の意見をチェックしましょう。複数の意見を把握することによって、どのような形で利用することでメリットが感じやすいのか見えてきます。

例えば転職エージェントを利用するメリットの1つが、担当者に個別のアドバイスなどがもらえるという点です。担当の方か得られるサービスや情報を活用することで、より良い形で転職しやすくなります。

一方で担当の方と相性が悪く連絡を取り合わないと、利用するメリットが減ってしまいます。利用するのであれば、少しでもメリットが大きくなるようにサービスを活用していきましょう。

建築設計の転職エージェントを選ぶ際の注意点

建築設計の仕事は専門性が高い仕事ということもあって、一般的な求人サイト等では十分な求人数を見つけることが難しいといえます。これまで培った建築設計のスキルや建築系の専門資格などを十分に活かしてさらなるキャリアアップを考えているという人は、できるだけ専門的な求人に特化しているサービスを利用したほうが良いでしょう。

建築業界に携わっている人は、社会でも一定の割合がいるので、転職エージェントの中にも建築系の仕事を得意としている会社も見つけることができます。インターネットから会員登録をして利用することができる転職支援会社も多いので、気軽に利用することが可能です。

建築設計業界に強いサービスを利用するとよい

建築設計の求人を探す場合、忙しい時には転職エージェントに就職活動をサポートしてもらえると効率的に情報収集や企業への応募をすることができます。また、自分のこれまでのキャリアにふさわしい良い仕事を紹介してもらいたいという時も転職エージェントを利用すると良いです。

建築設計を中心に仕事を探している人は、まずは転職エージェントを選ぶ際に業界に関して一定の知識をもっている会社を探すことが、一つの注意点と言えます。あまり業界に詳しくないという人がエージェントとして担当になってしまった時には、自分の培ったキャリアの内容をきちんと理解できないケースがあり、良い求人を紹介してもらうことも期待できなくなってしまいます。

大手の転職支援サービスを利用するのも良いですが、幅広い業界の求人を扱っている会社の場合には、担当者が建築業界の事をあまり理解していないこともあります。サービスの知名度よりも、建築業界にどの程度実績があるかを目安として利用するサービスを選択することが重要となります。

これまで建築設計に関しての業務が未経験だという場合、どのようにして建築設計の仕事に従事していくことができるかを相談したい時なども業界に特化している相手の方がしっかりとしたアドバイスを貰えることでしょう。建築の設計と一言でいっても、意匠設計や構造設計、設備設計など幅広い分野があり、携わっている建物の種類も幅広いものとなっています。

細かい設計業務の違いなども一般の人には理解することが難しいので、自分のキャリアを相談したい時には話が分かる専門の転職支援会社の担当者が良いといえます。戸建て住宅の設計に携わりたいという人、病院や学校などの特殊な建物の設計を行いたいという人など個別にキャリアの方向性に違いがあるので、そういった細かいキャリアへの想いをくみ取ってくれる相手を選ぶと良いです。

数多くの転職支援サービスを利用してみて、自分が良いと感じたサービスを利用することに決めると良いでしょう。

サービスが手厚い会社を利用したほうがよい

建築業界で特に建築設計に携わっている人は、仕事が深夜まで及んでしまうことが多くなってしまうので、転職活動をする時間もかなり限られてしまっています。転職エージェントのサービスを受ける場合、注意点としては、どの程度のサービスを行ってくれるかを事前に確認しておくことが大切です。

忙しい人はできるだけ多くのサービスを受けることができたほうが、時間を有効に活用して転職活動をすることができるようになります。転職エージェントの中には、しっかりと求人応募先の企業の担当者と、面接等の日程調整を実施してくれるところもあるので、そういったサービスを活用するとこまごました調整作業から解放されます。

仕事が忙しくて自由に転職活動をする時間を確保できないと、転職を諦めてしまう人もいるので、しっかりと手厚くサービスしてくれるエージェントを利用したほうが良いです。自己アピールをする際にどのように記載をすればよいかは応募する企業によって違いがあるので、書類の具体的な書き方のなどの相談に乗ってくれるような相手を探すと良いです。

また建築関係の企業向けの応募書類の作成方法などのノウハウなどをもっていて、サービス利用者に対してきちんと記載仕方を教示してくれるような転職支援サイトであれば、かなり助かるでしょう。最終的に複数の企業から採用通知を頂いたときなどに、本命の会社以外の会社に断りの連絡をすることが必要となります。

そういった断りの連絡なども求職者に代ってすべて行ってくれる転職支援会社を利用すると忙しい時にはかなり助けになることでしょう。採用を貰った後の、ガイダンス等の日程調整なども行ってくれるところがあり、すごく助けにもなります。

また、転職後に実際に働き始めてから、ちょっとした問題や悩みなどができてしまった時などに相談にのってくれるような会社もあります。転職後は新しい仕事に慣れるまで不安な時期を過ごすことになるので、気軽に相談できる相手になってくれることはかなり精神的には助かるでしょう。

実績が多い会社の担当者であればリアルな話を聴ける

転職エージェントを選ぶ際の注意点としては、建築設計の会社に多くの求職者を送り出している実績があるかどうかを確認したほうが良いでしょう。応募を考えている会社の実態などを具体的に知っている担当者がいれば、応募前に詳しく内部事情を教えてもらうことができて良いです。

また、働いている人たちの年齢層や職場の雰囲気、残業時間等も具体的に尋ねることができるので、働き始めた後の事をイメージしやすくなるでしょう。転職した先輩の話なども聞くことができれば、よりリアルに職場の事をイメージすることができて良いです。

働き始めてから事前に聞いていた話と職場の環境が違うというような、失敗も少なくなることでしょう。企業の風土は会社ごとに異なっているので、応募を考えている会社ごとに面接時の対応方法を変えていくことが重要となります。

建設業界の様々な会社に採用者を送り出してきた実績があれば、会社ごとの対策などを教えてもらうことができるので、ライバルに差をつけることができるでしょう。面接に失敗してしまった時などにも、どのような点がマイナスだったなどを教えてもらうことができ、違う会社の面接の際に活かすことができます。

これから行われる大規模なプロジェクトを実施するために経験を積んできたメンバーを募集したいと考えている会社もあります。実績が多い転職支援会社であれば、そういった特殊な募集案件も多数扱っていることが多いので、大規模なプロジェクトに携わっていくことができる仕事も紹介してもらえることでしょう。

まとめ

建築設計業の求人ができるだけたくさんある転職エージェントを利用したいときには非公開求人が豊富にあるところを選び出すのが大切です。公開求人の大半はどのエージェントでも紹介できるので件数にあまり差はありません。

しかし、非公開求人はどれだけ企業とのつながりがあって依頼を受けられるかに大きく左右されることから、エージェントによって持っている件数にかなりの差があります。企業から信頼を受けられるような実績を作り上げてきているエージェントを選んで登録するようにしましょう。

このようなエージェントでは提案求人も手に入れられることが多く、希望する条件で働けるようになる可能性が高まります。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建築積算士資格試験は、その難易度からすると少し高いといわれています。建築業界で欠かせない資格であるため、取得することで転職やキャリアのステップアップにつながります。この記事では、建築積算士の

続きを読む

建築士になるためには、単なる資格取得だけでなく、特定の性格や特徴が求められます。建築士に向いている人物像や必要な資質について、4つの視点から解説していきます。自分自身の適性を知り、建築の世界

続きを読む

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境

続きを読む

転職エージェントは転職を検討している人にとって効果的なサービスです。しかし、いつまでサポートを受けられるのかわからず、利用を迷っている人も少なくないと思います。本記事では、転職エージェントの

続きを読む

電気通信工事施工管理技士になるには、実務経験が必須ですが、実務経験がなくても資格を取得する方法が存在します。本記事では、実務経験の有無に関わらず資格を取得するための詳細な情報を提供します。受

続きを読む

建設・土木業界における長年の悩みである3K(きつい、汚い、危険)から脱却し、新たな働き方新3K(給料がよい、休暇が取れる、希望が持てる)を実現すべく、国土交通省を中心に業界全体で取り組みが進

続きを読む

建築プロジェクトや製造業において、施工管理とCADオペレーターは重要な役割を果たしていますが、その違いを理解することは業界において不可欠です。施工管理者とCADオペレーターは異なるスキルと責

続きを読む

建築業界にはさまざまなプロフェッショナルが存在しますが、なかでも建築デザイナーと建築士は混同されがちです。同じ建築業界で携わっているとはいえ、異なるポイントがあります。この記事では、両者の違

続きを読む

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む