プラントエンジニアとは?プラント設計を手掛ける専門家の役割を解説

公開日:2024/05/15   最終更新日:2024/01/29

?

プラントエンジニアはプラント設計の専門家で、企画から維持管理まで幅広い役割を果たしています。その高度な専門性とスキルはモノづくりに欠かせず、将来性も期待されているのです。この記事では、プラントエンジニアの仕事内容や必要な資格・スキル、将来性について詳しく解説していきます。

プラントエンジニアとは?

プラントエンジニアは工場や発電所、下水処理場などのプラント施設において、専門的な技術や知識を駆使してさまざまな業務を担当する専門家です。

これらのプラントは製品、エネルギー、環境などの分野に分類され、それぞれ異なるプロセスや機器を有します。

プラントの種類と役割

製造工程を担当するのが製品系プラントです。

たとえば鉄工場や化学プラントがこれに当たり、生産ラインの構築や操業を行い、製品の製造に関与します。発電所やLNGプラントなどが含まれるエネルギー系プラントは、異なるエネルギー源を利用して電気やガスを生産し、供給するプロセスを担当します。

ゴミや下水の処理場などが該当するのは環境系プラントです。環境保護やリサイクルを促進するために、プラントエンジニアは処理プロセスを設計し、運用します。

建築との違い

建築士と比較して、プラントエンジニアは建物そのものよりも、そのなかに組み込まれる設備や機械に焦点を当てます。

プラントエンジニアの仕事は、設備や機械の専門的な知識が不可欠であり、施設が円滑に機能するための最適な条件を整えることが求められます。

プラントエンジニアの仕事内容

プラントエンジニアは、プラント(工場設備一式)の企画から維持管理までを担当する専門家です。

彼らはプラントの設備や機械を専門的に設計し、適切な稼働や運用を確保します。

機械系プラントエンジニア

機械系プラントエンジニアは、プラントの基本設計や詳細設計、構築を担当します。

さらに、機械装置の設計や開発も彼らの業務に含まれます。

化学系プラントエンジニア

化学系プラントエンジニアは、鉱物などの原料から製品になるためのプロセスを構築・マネジメントします。

彼らは製造プロセスの最適化に従事します。

電気系プラントエンジニア

電気系プラントエンジニアは、プラント各所への電力供給システムや制御システムの構築を担当します。

全体の制御システムも設計します。

土木系プラントエンジニア

土木系プラントエンジニアは、プラントに付随する道路設備や港湾施設の設計・施工管理を担当します。

彼らはプラントのインフラ整備に従事します。

仕事の重要性と専門性

プラントエンジニアの仕事は、製造、エネルギー、環境など多岐にわたり、そのプラントの特性に応じて専門的なスキルが求められます。

彼らの労働により、安定的で効率的なプラント運営が可能となり、産業全体に貢献しています。

プラントエンジニアに必要な資格・スキル

プラントエンジニアは、工場や発電所などのプラント全体の設計、建設、運用、管理に携わる専門家です。

この分野でキャリアを積むためには、特定の資格やスキルが求められます。以下に、プラントエンジニアに必要な主な資格とスキルについて解説します。

一級建築士

一級建築士の資格は、建築分野で高度な設計や監理業務を行えることを示すものです。

プラントエンジニアにとって、大規模な建築物や設備の設計・監理が求められる場面があります。一級建築士の資格をもつことで、プラントの設計や建設プロジェクトにおいてリーダーシップを発揮できます。

技術士

技術士は、科学技術に関する高度な知識や能力を有していることを証明する資格です。

機械、化学、建設、電気、環境など、20の専門部門が存在し、プラントエンジニアが関わる多岐にわたる分野でのスペシャリストとして活躍できます。技術士の資格は、プラントエンジニアにとって高い信頼性をもたらします。

エネルギー管理士

エネルギー管理士の資格は、エネルギーの効率的な利用や管理に関する知識を有していることを示します。

プラントエンジニアは、エネルギーの効率向上が求められるため、エネルギー管理士の資格をもつことで、プラント全体のエネルギー関連の課題に対処できます。

高圧ガス製造保安責任者

プラントにおいては高圧ガスを使用する場面があります。

高圧ガス製造保安責任者の資格は、高圧ガスの製造・取り扱いに関する安全管理者としての資格です。プラントエンジニアが安全性を確保し、適切な管理を行う上で役立つ資格のひとつです。

各種施工管理技士

プラントの建設やメンテナンスにおいて、施工管理技士の資格が有用です。

土木、電気、機械、化学などの専門分野において、プロジェクトを円滑に進め、品質を保つための知識やスキルを有することが期待されます。

専門的な学位

プラントエンジニアには高度な専門知識が求められます。

そのため、機械工学、電気工学、化学工学、土木工学など、関連する分野の大学での学位が基本的な要件となります。理工学部や大学院で修士または博士課程の修了で、より深い専門知識の獲得が可能です。

語学力

多くのプラントプロジェクトは国際的な現場で進行されるため、一定の語学力が求められます。

とくに英語は国際ビジネスの共通語として重要です。TOEICやTOEFLなどの資格取得や、留学経験を積むことで、異なる文化と円滑にコミュニケーションをとる能力を高めることができます。

適応力とコミュニケーション能力

プラントエンジニアは多くの場合、異なる国や文化のチームメンバーと協力してプロジェクトを進める場合があります。

そのため、新しい環境に迅速に適応できる柔軟性が求められます。また、異なるバックグラウンドをもつ人々と円滑にコミュニケーションをとるスキルも不可欠です。

プラントエンジニアの将来性

プラントエンジニアの将来性は、その高度な専門性とグローバルな需要に支えられています。

日本国内の産業構造の変化や新興国における発展などが、この職業に新たな展望をもたらしています。

国内外での需要拡大

日本国内では、限られた土地面積と成熟した産業構造により、新規プラントの建設需要には限界があります。

しかし、既存の施設のメンテナンスや更新の必要性が高まっており、これがプラントエンジニアに安定した需要をもたらしています。同時に、発展途上国や資源豊富な地域では、新規プラント建設の需要が拡大しており、国内外での仕事の機会が広がっているのです。

グローバルなキャリアの可能性

プラントエンジニアは、グローバルなプロジェクトへの参加が一般的です。

とくに新興国でのプラント建設プロジェクトが増加しており、これにともない海外での活躍の機会も増えています。異なる文化や技術環境での仕事を通じて、幅広い経験を積むことができ、国際的な視野をもつことが可能です。

先端技術の導入

プラントエンジニアは、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)などの先端技術を導入する動きが進んでいます。

これにより、プラントの効率化や自動化が進み、新たな技術への対応力が求められます。将来的には、これらの技術の進化に対応できるスキルを身につけることが、プラントエンジニアにとって重要になるでしょう。

持続可能な開発

環境への配慮がますます重要視されるなか、プラントエンジニアはエネルギー効率向上や環境負荷の軽減など、持続可能な開発に寄与する役割を果たしています。このような社会的な要請に対応できるプラントエンジニアは、ますます需要が高まることが予想されます。

まとめ

プラントエンジニアは、プラント設計の専門家で、幅広い専門性が求められます。仕事内容はプラントの企画から維持管理までを担当し、高度なスキルが必要です。資格は必須ではありませんが、一級建築士や技術士などが役立ちます。将来性は安定した需要が見込まれ、海外での活躍の場を広げることも可能です。転職エージェントの活用で、キャリアの幅を広げることができます。プラントエンジニアは、モノづくりに携わり、やりがいを感じながら国内外でのキャリアを展望できる職業といえるでしょう。

 

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

宅建士とは、不動産分野で専門的な知識を有する資格です。本記事では、建築設計業界でも活躍の場が広がりつつある宅建士のスキルに焦点を当て、どのようなメリットがあるのかについて探ります。建築や不動

続きを読む

プラントエンジニアはプラント設計の専門家で、企画から維持管理まで幅広い役割を果たしています。その高度な専門性とスキルはモノづくりに欠かせず、将来性も期待されているのです。この記事では、プラン

続きを読む

ゼネコンの現場監督といえば、労働環境や年収などに対する様々なイメージが存在します。一部では厳しい労働環境が指摘されていますが、最近は働きやすい環境が整備され、給与面でも魅力的な職種になりつつ

続きを読む

建設業界では、「ゼネコン」と「ハウスメーカー」が主要なプレイヤーとして活躍しています。この両者は建築においてそれぞれ異なる役割と特徴を持っています。この記事では、ゼネコンとハウスメーカーのそ

続きを読む

建築積算士資格試験は、その難易度からすると少し高いといわれています。建築業界で欠かせない資格であるため、取得することで転職やキャリアのステップアップにつながります。この記事では、建築積算士の

続きを読む

建築士になるためには、単なる資格取得だけでなく、特定の性格や特徴が求められます。建築士に向いている人物像や必要な資質について、4つの視点から解説していきます。自分自身の適性を知り、建築の世界

続きを読む

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境

続きを読む

転職エージェントは転職を検討している人にとって効果的なサービスです。しかし、いつまでサポートを受けられるのかわからず、利用を迷っている人も少なくないと思います。本記事では、転職エージェントの

続きを読む

電気通信工事施工管理技士になるには、実務経験が必須ですが、実務経験がなくても資格を取得する方法が存在します。本記事では、実務経験の有無に関わらず資格を取得するための詳細な情報を提供します。受

続きを読む

建設・土木業界における長年の悩みである3K(きつい、汚い、危険)から脱却し、新たな働き方新3K(給料がよい、休暇が取れる、希望が持てる)を実現すべく、国土交通省を中心に業界全体で取り組みが進

続きを読む