建築設計業の転職エージェントを活用する利点とは?リスクも同時に確認!

公開日:2021/06/15  


転職を検討する際、転職エージェントを利用することで多くのメリットがあります。そのため、最近では転職活動をスタートする際にまず転職エージェントに登録することが一般的となっています。しかし、建設業界への転職を検討している場合は注意が必要です。本記事では、建築設計業の転職エージェントを活用する利点やリスクについて解説します。

建築設計業の転職エージェントを活用する利点

建設業界では、多くの職種があることが魅力的なポイントです。しかし、建設業界は人材不足が深刻な問題となっており、職種によっては充分な人材確保ができていない傾向にあります。そのような状況の建設業界へ転職を目指す場合、転職エージェントを利用することで多くのメリットがあります。

まず、自分の価値を客観的に判断しておすすめの職種を紹介してくれるという点です。会社で働いていると、自分自身の市場価値がわからなくなる傾向にあります。したがって、転職をする際にどのような市場価値があるのかわかりにくく、自分を客観視することが難しいケースも少なくありません。

そこで、転職エージェントを利用することで経験豊富な担当者が、これまでの経験やスキルについてヒアリングを行います。そして、ヒアリングした情報を元に客観的に転職者の市場価値を判断し、転職先の紹介を行います。また、ヒアリングでは転職者の経験やスキルといった市場価値の部分だけでなく、性格や仕事をする上での価値観についてもヒアリングが行われます。

つまり、転職者の希望している就労環境と企業の求める人材がマッチングしている転職先を紹介してもらうことができます。また、転職活動が初めての場合は、面接の受け方や履歴書の記入方法など選考についてのアドバイスも受けることができます。

さらに、転職エージェントでは一般的に公開されていない求人情報を保有している場合があります。非公開の求人は倍率が高くなることがない上、転職エージェントも見合った人材しか紹介を行いません。つまり、求人を出している会社と転職者のマッチング率が高い傾向にあります。そして、建設業界では専門性の高い職種を募集している場合もあります。

転職エージェントを活用するリスクもある?

建設業界の転職を行う際に転職エージェントを利用することはリスクも存在します。たとえば、転職エージェントの担当者が建設業界の知識がない場合は注意が必要です。転職エージェントの社員であるからといって、全業界の情報について詳しいということはありません。とくに、建設業界は専門性の高い知識が必要とされる上に、建設業界出身の転職エージェントは非常に少ない傾向にあります。

しかし、建設業界の知識が充分でないと適した転職先に主導できません。他の業種に対しても同じですが、担当のスタッフが業界の内情に詳しくなければ、働く方たちの経験やスキルに対する正しい評価を行うことが困難です。結果として、転職者の要望や適正と企業側の求める人材とのミスマッチが発生し、転職活動が失敗となってしまう場合があります。建設業界への転職を目指す際は、担当者が必要となる知識をしっかりと持っているか必ず確認することが重要です。

また、紹介された転職先について、自分で判断して選考に進むことをおすすめします。転職者が転職エージェントを利用する際は費用が発生しません。しかし、企業側は転職エージェントに対し成功報酬を支払っています。成功報酬とは、転職エージェントから紹介された人材を採用した場合、転職者の年収30~40%を転職エージェントに支払うというものです。つまり、転職エージェントの中には、ノルマを達成するために転職者をないがしろにして求人の紹介を行う人もいます。

したがって、成功報酬を得るために転職者を実力よりも下のランクの会社を紹介するケースや、適していない企業を紹介されている可能性があります。つまり、転職エージェントのクライアントは企業であり、転職者ではないことを理解しておく必要があります。

転職エージェントとしては、転職者が企業に採用されることで報酬が発生します。そのため、採用件数を多くするために積極的に相談やアドバイスを行います。しかし、転職エージェントの転職できるというアドバイスと、転職者の求めている環境は異なる場合があります。転職活動を失敗しないためにも、転職エージェントに紹介される企業の選考をただ受けるのではなく、目標を定めて自分で判断した上で選考をすすめることが重要です。

また、企業側は採用した人材がすぐに離職しても再度募集をかけるだけですぐに新しい人材を確保できます。しかし、転職者にとって転職後すぐに退職することは今後のキャリアに関係します。転職に失敗して退職すると、職務経歴書に記載する必要があります。たとえば、20代後半で職務経歴書に2社の経験を書いているのと、3社の経験が書いてあるのでは企業側の印象が大きく異なります。今後のキャリア形成を考える上でも、転職先はしっかりと自分で判断し、適した環境を選択することが重要です。

メリット・デメリットを正しく理解して、転職を成功させよう!

建設業界への転職を考える際に転職エージェントを利用することはリスクが高いと感じられます。しかし、転職エージェントを正しく活用することで実のある転職活動につながります。

まず、転職エージェントのクライアントは企業であることを念頭に置いてエージェントを利用することが大切です。転職エージェント主導になってしまうと、ノルマや成功報酬に囚われて求めている職場とは異なる転職先を紹介されるリスクがあります。

そのため、転職エージェントには、自分自身の考えをはっきりと伝え、対等な関係を築くことがポイントです。転職エージェントは転職者に適した環境であると言葉巧みに企業を紹介しますが、実際に働いているところを想像して客観的に判断することが大切です。

もし、紹介された求人が要望と異なる場合ははっきりと伝えて、再度探してもらうことをおすすめします。また、転職エージェントの担当者が合わない、知識が充分でないと感じた場合は担当者変更を行うことも可能です。転職エージェントの中には経験豊富で、転職を希望している業界出身の担当者がいる場合もあります。担当者変更や転職に関する相談に費用は発生しないため、担当者を変更したいと感じた場合はすぐに変更することをおすすめします。

また、転職エージェントは転職の成功を保証してくれるものではありません。しかし、非公開の求人を持っていることや転職者の適性や市場価値を判断し、客観的に企業の紹介を行ってくれます。一方で、中には報酬やノルマに囚われている場合もあるので、転職エージェントのアドバイスを鵜呑みにするのではなく、最終的な判断は自分で行うことが重要です。

 

建設設計業の転職を検討する際、転職エージェントを利用することは多くのメリットがあります。たとえが、転職者の適性や市場価値を判断し、適した環境の職場を紹介してくれるなどです。しかし、転職エージェントの中には知識が充分でない担当者やノルマに囚われて転職者目線で求人の紹介を行っていない場合があります。転職エージェントを利用する際は、リスクも理解した上で、最終的には自分の判断で転職先を探すことが重要です。本記事を参考に、ぜひ自分に合った転職先を見つけてくださいね。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む