【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト8選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計業未経験の人が転職エージェントに聞くべきこと

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/08


建設業界はオリンピックなどの影響で盛り上がっています。こうした状況もあって建設業界へ転職しやすくなっているのです。建築設計業未経験の人であっても参入しやすくなっているのですが、やはり転職エージェントの利用は必須でしょう。では、未経験の人が転職エージェントを利用する際、どのようなことを聞くべきなのでしょうか。

建設業界は未経験でもできるのか

この点について疑問を感じる人は多くいることでしょう。とはいえ、建築設計業界は未経験であってもまったく問題ありません。逆に未経験でも欲しいくらいに人が足りなくなっているのが建築設計業界です。だからこそ他の業界にいたからといって、不利になるとは言い難いです。体格等を気にする人もいるでしょう。

しかし、これに関しても変わってきています。昨今ではマシーンを用いて作業するのが基本なので、特定の業種を除くとそこまで体格的に優れていなくても大丈夫になっています。ためらうことなく建築設計業界に飛び込んでみるとよいでしょう。

とくに気になるのが資格についてです。資格があればより転職しやすくなっていますが、建設業界は無資格者であっても問題なく入れます。まずは働いてみて「自分にあう業界だな」と感じたら本格的に資格取得するといったことも可能です。大事なことはまずは思い切ってやってみることであり、そこから資格については考えても遅くありません。早速転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは未経験の場合には必須

未経験でも建築設計業界では問題なく雇ってもらえます。とはいえ、やはり転職専門エージェントは必須といってもよいでしょう。転職専門エージェントがないとどうしても不利になりやすいですし、どういった職種に申し込んだらよいのかわからなくなってしまうことも出てきてしまいます。

より有利なスタートを切るためにも転職専門エージェントに応募しておいてください。転職専門エージェントを利用すればいろいろとサポートしてもらえますし、おすすめの案件なども紹介してもらえます。それに加えて、面接練習なども受けることができるので、快適に転職活動を乗り越えていくことができるでしょう。何か不安なことがある場合でも、サポートを受けることによって自信を持てるようになります。

とくに他の業界における経験があるならば、こうした経験を活かすためにも転職専門エージェントを利用することがおすすめです。転職専門エージェントを使うことによって、思わぬ機会が得られる可能性もあるのです。もちろん、転職専門エージェントでないと紹介してもらえない求人情報等もありますから、利用するメリットは大いにあるはずです。

転職エージェントを利用する際に聞くべきこと

転職エージェントに聞くべきことはたくさんあります。いろいろな情報を収集して転職活動を成功させていきましょう。たとえば、給料については真っ先に聞いておきたい点です。建設業界はかなり活況ですが、やはり給料的には未経験の場合だと、最初から多くもらえません。

これは会社によって異なりますが、初任給が20万円を切ってしまうこともあります。とはいえ、がっかりしてはいけません。その一方で少し経験を積めば直ぐに給料も40万円台を狙うといったことも可能です。建築設計業界においては、少しの経験で直ぐに稼げるようになってくるのが最大の利点ともいってよいでしょう。

他にも聞くべきことなのが待遇です。人手不足の建築設計業界では、いろいろな福利厚生等を充実させてより快適に働けるようになっています。だからこそ福利厚生の点などは比較してみてください。「もっとよい待遇の求人情報はありませんか」と聞いてしまっても構いません。それくらい人手不足で売り手市場でもあります。

転職後のキャリアについて

他に聞いておきたいのがその後のキャリアについてです。建築設計業界に入る人は無計画で始める人が多くなっており、これは決しておすすめできることではありません。適当に始めても、目標やその後のキャリアが明確になっていなければ、ただ業務をこなすだけになってしまいます。

しかし、長期的に働くつもりであれば、20年後の自分を思い描いてキャリア構築しましょう。たとえば、キャリア構築のためにも選ぶべき職種について転職専門エージェントの担当者に聞いておいてください。これからとくに需要が上がるのは施工士などといわれているので、こうした職種を選んでみてもよいでしょう。

こうした職種は、やはり倍率も上がってしまって「早く転職が終わるように他の職種にしたい」と思うかもしれません。先のことを考えているならば、ここはグッと我慢して応募を続けてみましょう。人によってこの決断は変わりますが、最初の転職先が良ければその業界でもよいスタートを切れることは間違いありません。いずれにしてもキャリアと絡めて仕事先を選ぶのは重要です。

転職エージェントの担当者と話をする

他に適正についてもしっかりと理解しておきましょう。建設業界と一口にいっても大変多くの仕事があります。鳶職等の現場で働く仕事もありますし、重機オペレーター等の仕事もあります。

他に監督の仕事もあったりCADオペレーターの仕事もあります。たくさんあるからこそ、しっかりと比較しないといけません。「そんなこといっても初めてだからわからない」思うかもしれませんが、転職専門エージェントの担当者にしっかりと相談すれば、よい解決策を提示してくれます。

なんといっても転職専門エージェントの担当者は応募者の適正を見抜くプロなので、いろいろと話をすることで最適な仕事について教えてくれるのです。自分にあった仕事であれば続けやすくなるでしょう。そのため、転職専門エージェントの担当者に相談して適正を見極めてもらうことをおすすめします。

一番転職専門エージェントの担当者から薦められた職種ならば、問題なく受け入れて構いません。適正にあっている仕事であれば長く続けることもできるようになってきますし、より楽しく仕事ができるのではないでしょうか。

転職エージェントの担当者との相性

他にも聞いておいてことはたくさんあります。とくに「仕事の内容について」はしっかりと聞いておいておください。現実と理想のギャップがあって転職後にがっかりしてしまうことも珍しくないので、転職エージェントの担当者に「どのような仕事内容なのか」聞いておきましょう。

これによってしっかりとした実情を知ることもできて、ミスマッチも少なくなってきます。他にも、建設業界の内部事情などにも聞いておいてください。今後の動向などがわかればより転職する際にも不安がなくなってきますし、余計な不安を感じているとよい転職活動もできません。

このように転職エージェントの担当者から知れることは大変多いです。加えて、転職中にいろいろと精神的サポートをしてもらえることもありますから、転職エージェントの担当者とはよい関係構築しておきましょう。転職が終わった後も何かと次のキャリア等について聞くこともあるでしょう。このようなこともあり、転職エージェントの担当者との相性は意外と大事です。

 

転職エージェントの担当者に聞くべきことはとても多いです。キャリアなどについて転職エージェントの担当者に聞いておくとともに、適性についても確認してもらいましょう。他にもいろいろと相談することがあるので、よい関係を構築しておくことをおすすめします。もちろん、頼りすぎずに自分で業界研究することも欠かせません。

【建築設計】転職エージェント・求人サイトランキングはこちら!

おすすめ関連記事

転職エージェントランキング!
第2位A-worker(ユニオンシステム株式会社)
第3位建設・設備求人データベース(株式会社クイック)
建設・設備求人データベース(株式会社クイック)の画像
第4位施工管理求人ナビ(株式会社ウィルオブ・コンストラクション(旧C4株式会社))
施工管理求人ナビ(C4株式会社)の画像
第5位ビズリーチ(株式会社ビズリーチ)
ビズリーチ(株式会社ビズリーチ)の画像
第6位転職EX
転職EXの画像
第7位パソナキャリア
パソナキャリアの画像
第8位type転職エージェント
type転職エージェントの画像
記事一覧
サイト内検索