建築設計専門の転職エージェントは大手にパイプを持っているのか

公開日:2019/09/15  

大手企業で建築設計の仕事をしたいという人場合には、求人情報誌で探す人が少なくありませんが、それより効率的な方法があります。

ここでは転職エージェントを活用した仕事の探し方、面接を成功させるポイント、自分に合った職場の見つけ方、などについて説明していきます。迷ったときはプロに任せるのが仕事探しで失敗しないコツです。

建築設計に特化した転職エージェントを利用するべき理由は?

総合的な職種を取り扱いする転職エージェントは便利ですが、建築設計の仕事を探すなら建築設計に特化したサービスがおすすめです。大手を筆頭にさまざまな案件を紹介しており、入社のサポートをしてくれるところもあります。

相談員のエージェントが親身になって相談に乗ってくれますし、今までのキャリアを考慮した仕事探しを提案してくれるでしょう。大手にパイプを持っているエージェントなら、給与や福利厚生、働きやすさなどを考慮した仕事探しが可能になります。業界に精通したエージェントは、話が非常に伝わりやすいのが特徴です。

業界の内部事情を把握していますし、企業とのコミュニケーションも円滑に進められます。求職者との会話もスムーズですし、適性診断でベストな仕事探しをサポートしてくれます。自分の適性を自身で把握するのは難しく、自分で選んだ職場がミスマッチするケースは少なくありません。

プロの適性診断を受ければ、自分で知らなかった強みに気づける可能性があります。自己流の転職活動で失敗を繰り返してきたという人は、ぜひ転職エージェントを利用してください。

企業との交渉代行をしてくれるのは本当?

建築設計の会社への転職活動では、企業との条件交渉というハードルがあります。特に月収・年収に関する交渉をする必要性は高いですが、しつこく交渉すると不採用になるのではと不安に感じている人は多いでしょう。

確かに採用の可否を決定するのは企業ですから、面倒な求職者だと感じれば不採用にする可能性はありえます。こうした悩みを解消するためにも、建築設計専門の転職エージェントを活用するメリットは大きいです。

プロが交渉代行をしてくれるので、成功率がグンと高くなります。企業との間に入ってもらうことで、ワンクッションを置けるわけです。転職における失敗で多いのは、入社前後で条件が異なるという問題でしょう。

専門のサービスを利用すれば、こうした問題は一気に解消します。自分が希望する条件が確実に受け入れられるという保証はありませんが、エージェントは少しでも高待遇で契約できるように注力してくれます。

特にパイプを持っている企業に対しては、よい結果を期待できる可能性が高いです。現実的に見ても自分で交渉するのと比べて、プロに任せたほうが高待遇が提示されるケースは多々あります。

面接アドバイスは受けたほうがよい?

どのような業界に転職する場合も、面接を避けて通ることはできません。単発アルバイトなどは書類だけでOKという案件がありますが、フルタイムで働く職場となるとそうはいかないです。

必ず面接を受ける必要があるので、事前に対策しておく必要があります。そもそも面接とは自分という人材をアピールする場所ですから、緊張しすぎてしまうと問題があります。緊張してガチガチになってしまうと受け答えが精一杯となり、質問するのが難しくなるでしょう。何より自分の強みを伝えられないのは非常に損をすることです。

建築設計の転職エージェントを利用すれば、面接のサポートもしてくれます。どのような社風で雰囲気はどうなのか、面接ではどんな質問をされるのか、担当者の性格はどうか、などまで把握しています。事前に情報を確保しておけば、不安は大幅に解消するでしょう。

面接で失敗してしまう要因として大きいのは緊張であり、これは不安と不慣れから発生するのが普通です。この2点を対策するだけで、面接での受け答えがスムーズになります。あとは自分の中でイメージトレーニングをして、大丈夫だと言い聞かせることがポイントです。

求人情報誌で探すより効率がよい?

求人情報誌で建築設計の仕事を探している人は多いですが、思うように見つけられないという話は少なくありません。転職エージェントを活用するメリットは、大手とのパイプをつないでくれるだけではなく、求人情報誌には掲載されていない案件があることも大きいです。

案件数が豊富にあるほど選択肢は広くなり、自分に合った仕事が見つかりやすいです。また条件を絞って探せるのも特徴ですから、求職活動にかかる時間をぐっと短縮できます。仕事探しは時間をかければよいものではありません。積極性が大いに大切となり、応募しようか悩んでいる間に採用者が決まってしまう可能性があります。

建築設計専門の転職エージェントを活用するなら、マッチングする案件があったら即応募するのがおすすめです。企業の中には早い者順で決めてしまうところもあり、スキルが高くても応募するタイミングが遅いだけで不採用になってしまうケースがあります。

自分がよいと思った案件は、他者も狙っていると考えてください。素早く応募するためには、適性診断を受けて自分の強みを知っておくこと、面接対策をして自信を持つこと、などが重要となります。

自分に合った働き方を見つけるために

仕事というのは生涯にわたって従事するものですから、快適に働ける職場を見つけることが重要になります。できれば大手に勤務したいと考えている人は多いでしょうから、そのためにも建築設計に特化した転職エージェントを活用してください。

同様の仕事をする場合でも、大手は給与・福利厚生が充実していることが多いです。年収・生涯収入に大きな差が生じてきますので、大手とパイプのある転職エージェントにサポートしてもらうメリットは非常に大きいです。

事業規模が大きければ仕事の幅も広く、キャリアアップが容易になるのも特長です。さまざまな仕事を経験してみたい、今以上の高収入を狙いたいという人も大手に入社するメリットは大きいでしょう。

もちろん正社員としての採用だけでなく、派遣社員や業務委託といった働き方もあります。派遣社員としてさまざまな職場を体験しながら、自分に合った職場を見つけていくのもよいです。

ほかにもフレックスタイム制を採用している会社に行きたい、残業はなるべく避けたいなどの希望にあわせて探す方法もあります。

大手企業に就職するメリットは安定性にある

建築設計の転職エージェントを通して、大手企業で働きたいという人は少なくありません。そのメリットはなんといっても仕事の安定性にあり、年間を通して仕事を得ることができます。事業規模と仕事量・年収は比例することが多いので、ここは決して無視できないポイントです。

仕事量が豊富にあるほど多くの経験を積めるので、将来的なキャリアアップが楽になります。年齢を重ねてから小規模な会社に転職する人はいますが、若いころは積極的に大企業で経験を積むのがおすすめです。

転職エージェントを活用すれば、仕事探しにかかる労力を大幅に軽減できます。自分の強みを客観的に判断してくれますので、どのような職場が向いているか把握できます。転職を成功させるポイントは長期的な勤続を視野に入れて探すことで、5年後や10年後をイメージしてみるとわかりやすいです。

転職はよりよい職場を探すための行為ですが、何度も繰り返していると再転職で不利になる可能性があります。生涯働ける職場を見つけるイメージで臨むと失敗する確率が低くなります。

 

建築設計の仕事を効率よく探すためには、建築設計専門の転職エージェントを利用するのが一番です。

大手とのパイプを持ったエージェントが多く、面接・入社のサポートもしてくれます。膨大な案件から仕事を絞っていけるメリットもあるなど、紙媒体で探すよりも有利になっています。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

志望する企業に受かりたいという思いから、履歴書や実務経歴書に嘘を書いてしまおうと考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。この記事では、履歴書に嘘を書いてしまう人の心理や嘘がバレ

続きを読む

建築士の資格を持っているけどこれまで資格を活かした仕事をしてこなかった方や、これから建築士の資格を取ろうとしている方にとって、資格が転職に有利に働くかどうかは大いに気になるポイントでしょう。

続きを読む

二級建築士は、一般的な戸建住宅などを設計および監理できる国家資格です。取得後、建築事務所で働いているうちに、将来独立したいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、独立は自分の責任のもと

続きを読む

建築現場の経験を活かしたい、もともと設計したかったといった理由で設計事務所への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。そもそも建築現場と設計事務所は、建築という共通点があるため、転職は

続きを読む

人手不足が叫ばれる建築業界において、内装施工管理も例外ではなく、大手による優秀な人材の囲い込みもさかんになっています。内装施工管理は関係する資格取得も大切ですが、それ以上に現場経験と実績も重

続きを読む

転職活動について調べていると、転職エージェントの利用をすすめているサイトを多く見かけますが、実際はどうなのでしょうか。「転職エージェントを使わなくても転職できるのはどんな人?」「転職エージェ

続きを読む

転職エージェントは転職活動をする際に強い味方ですが、実は怪しいサイトもあるのをご存じでしょうか?せっかくの転職活動が辛いものにならないように、怪しい転職エージェントに当たってしまったらエージ

続きを読む

女性は結婚や子育てがあるため建築士になるのは難しいという噂がありますが実際はどうなのでしょうか?建築士として活躍している女性はいるのでしょうか?本記事では女性が建築士になるのは難しいのかにつ

続きを読む

建築設計は、これからつくる建物の資材、構造、工事費を計画し、図面に起こす仕事です。建築設計は日本に限らず、世界中で行われているため、海外で仕事をして、稼ぎたいと考えている方も多いのではないで

続きを読む

建築業界に興味を持つ人にとって、もっとも有名かつ、花形とも言える職業は建築士ですね。世のなかのあらゆる建物は、建築士が設計した図面をもとに建てられます。そんな建築士の仕事内容は意外にも忙しく

続きを読む