建築設計業が未経験の人向けの転職エージェントはある?

公開日:2020/06/15  

転職をサポートする転職エージェントはよく利用されているものの、経験がない分野への転職もサポートしてくれるのかというのは疑問になりがちです。未経験の人でも転職に成功できるようなサポートをしているエージェントはあるのでしょうか。建築設計業への転職という観点から有用なサービスを利用可能かどうかを理解しておきましょう。

専門特化型のエージェントは経験者向き

転職エージェントの中には専門特化型と呼ばれる、ある業界や職種に特化してサポートをしているエージェントがあります。建築設計業への転職のときにはその専門特化型のエージェントを利用するのが有利だということがよく言われています。

ただ、この有利というのには深い意味があるので注意しなければなりません。通常、専門特化型のエージェントは業界に精通していて、どんなスキルが重宝されているか、どの企業がどんな経験を積んでいる人を欲しているかを熟知しています。その情報に基づいて優秀な人材を企業に紹介するという形で事業をおこなっているため、基本的には経験者にとって有利なシステムになっているのです。

他の方法で転職活動を進めてもやりたい仕事が見つけられない、給料が思ったよりも上がらない、働きやすい環境を手に入れられないなどといった悩みを持っているキャリアのある人にとって魅力的なのが専門特化型のエージェントの一般的な傾向です。キャリアが十分にあれば年齢も特には問題にならず、40代、50代になってから転職に成功している事例もあります。

また、今までのキャリアに基づいてどのような経験を積んでいくのが良いかといった観点からコンサルティングを受けることもできるため、今後のキャリア構築について真剣に考えたいという人にも向いているでしょう。

ただ、経験がない人についてはなかなか魅力的な求人を紹介できないケースが多いのです。場合によっては今までのキャリアをよく理解してもらえず、転職先の紹介も的を射ないものになってしまうことがあります。

これに対して総合型と呼ばれるエージェントの場合には一つの業界に特化しているわけではありません。登録する人もあらゆる分野にわたっているため、転職先の候補として挙げられる企業についても多岐にわたる分野があるという仕組みになっています。

企業によっては業種や職種に経験がない人でも雇いたいという意向を示していることもあるのは確かで、総合型のエージェントを利用すれば経験が全くない業界や職種であっても求人を紹介してもらえることがあります。

経験がない人が新しい分野にチャレンジしたいというときにも総合的にサポートしてくれる仕組みになっていることが多く、どんな勉強をすべきか、転職を成功させるにはどの資格を取得したら良いかといったことも提案してもらうことができます。

そのため、未経験で建築設計業に転職したいというときには総合型のエージェントからサポートを受けるのが合理的だと言えるでしょう。比較的大手のエージェントであれば建築や設計に関われる仕事や、この業界で事務職や品質管理職などの職種で働ける求人も見つけられるので安心です。

未経験でも活用できる専門特化型のエージェントもある

このようにして考えると建築設計業で働くのが未経験の人が業界入りして転職したいと考えたときには総合型のエージェントを利用しなければならないと考えることになるでしょう。

ただ、これはあくまで一般的な傾向であって、全てのエージェントに対して適用できる事実というわけではありません。専門特化型のエージェントの中にも経験の有無を問わずに手厚いサポートをしているところもあるのです。

どのくらい未経験者のサポートに長けているかはケースバイケースなのでよく吟味する必要があります。単純な指標としてはエージェントのホームページを閲覧してみて、経験がない人もサポートすると明言されているかを確認する方法があるでしょう。そのようなケースでの転職事例について具体的に示してあったり、利用した人の声が掲載されていたりすれば信頼性があります。

また、経験がない人に対する指針などを記事として掲載してある場合にもサポートする意思が強いことがわかるので、登録してみると想像していた以上にいろいろな角度からサポートをしてもらえると期待できます。

実績を見て良し悪しを確認しよう

それではどの転職エージェントに登録すれば未経験でも建築設計業への転職を手厚くサポートしてもらい、希望するような現場で働けるようになると期待できるのでしょうか。

登録先を厳選しなければ経験者しかまともな形で対応してもらえないところに登録してしまい、一応サービスは受けられているけれどなかなか応募できる求人がないという状況に陥るリスクがあります。たくさん登録してどれか一つが良ければ十分という考え方もないわけではありません。

しかし、二つや三つくらいであればエージェントとのやり取りに苦労しなかったとしても、四つや五つともなるとそれぞれから来る連絡に対して応じるだけでも大変になりがちです。一つに限定する必要はないですが、あまり登録先が多くならないように気をつけましょう。

そのために大切なのが本当に未経験者でもサポートして転職を成功させてくれているかどうかを実績から確認することです。エージェントでは宣伝広告の意味も兼ねて実績をホームページで公表していることがよくあります。その情報を見てみるとどの業界にどんな人を転職させることができたかがわかることもあります。

ただ、そこまで詳細なことが書かれていない場合も多く、漠然と登録者数が何人いて、年間で何人くらいの転職者が出たかを書いてあることのほうが多いでしょう。もっと詳しい話を知りたいと思ったら、エージェントに問い合わせて直接確認してみるのが簡単で確実な方法です。

専用のダイヤルが用意されていることもありますが、特に見当たらない場合には登録用の電話番号に電話してしまっても問題ありません。実績について詳細を聞きたいという話をして、その内容によっては登録したいという意思を伝えれば開示できる範囲で実績を説明してもらえるでしょう。

スムーズに質問できるように聞きたいことをリストアップしておくのが大切です。建設設計業に年間何人志望していて、何人転職に成功しているのかというものも、そのうちで経験が全くなかった人はどのくらいの割合なのかも重要な質問です。話の流れも想像しながら質問リストを作っておくと、短い時間で必要な実績を確認することができ、その場で登録手続きを進めるべきかを判断できるでしょう。

 

転職エージェントは専門特化型の場合には一般的に経験者をより良い職場へと導くというスタンスでサポートをおこなっています。中には未経験者でも手厚いサポートをしてくれるところもありますが、本当にそのような実績があるのかを問い合わせたり、ホームページの情報から確認したりすることが必要です。

総合型のエージェントを利用すれば異分野にチャレンジしたい人もサポートしてくれるでしょう。ただ、専門性が高くないので本当に魅力的な候補を見つけてくれるかは不透明です。建築設計業への転職実績を広く調べていき、期待できそうなところをいくつか選んで登録してみるのが良い方策です。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む