建築設計業に転職するときに失敗しないためのポイント

公開日:2020/04/01  

転職する際に建築設計業を視野に入れているという方も多いのではないでしょうか。確かに現在注目されている仕事ですし、やりがいの大きさという点では大きな魅力があります。やはり仕事ですから、大変な面もありますし、自分に合っているかどうかということは慎重に検討していかなくてはなりません。

必要とされるスキルをチェックしよう

建築設計業の仕事に就こうとする場合、まずはそこで必要とされるスキルについてチェックしていくようにしましょう。もちろん未経験から歓迎という職場もあるかもしれませんが、仕事に早く慣れるためには基本的なこと、必要とされることについてはあらかじめ分かっている人のほうが仕事がスムーズに進んでいくものです。

はじめから躓いて、戦力となれるまでに多くの時間がかかってしまうと、自分自身も大変ですし、周りの人にも多くの迷惑をかけてしまうことになるものです。そうなると職場でのトラブルなどにもつながりやすくなりますし、自信を失い仕事を続けにくくなってしまうということも起こります。再び転職を考えることになるケースも珍しくありません。

そうなることを防ぐためにも、仕事に必要な知識や技術についてはあらかじめ身に付けておくことが有利になっていきます。具体的に求められていなくても、自発的に身に付けて行こうとする意識を持つことが重要になってくるのです。これまで同じような業界で働いていた場合には、その中で生かせるものについては知識や技術の維持に努めていきましょう。やり方が違っても行かせるポイントはあるはずなので、そういったところを大切にしていくことでスムーズに次の仕事に活かしやすくなります。

また、これまでまったく建築設計に触れていなかったという場合には、自分がその仕事に向いているかは判断しづらいものです。未経験だからこそしっかり学び始めるようにするとよいでしょう。関連資格の取得などを目指してみるのもおすすめです。死角があればよいというわけではありませんが、基本的なことを学ぶことができるので、今後の仕事に大いに役立つこともあるからです。

こうした資格取得のために勉強をしていくことで、自分自身に建築設計の仕事が会っているのかどうかということを知ることにもつながります。楽しさや魅力を感じることができるようであれば、仕事として取り組む際にもそういったことを感じやすくなるでしょう。

逆に学ぶことすら辛い場合には、自分には向いていない仕事と言えるかもしれません。経験がないからこそ、どのような仕事なのかを知るためにもこうした関連資格の取得を目指すということからスタートをしてみましょう。資格取得ができれば仕事選びや仕事に就いてからも役立てる知識が得られますし、採用に向けての大きなアピールとなることも期待できます。

今の仕事の問題点を把握していくことも大切

転職を目指している方の場合、現在の仕事に何らかの不満があるということが多いです。そこで仕事を変えるという選択をするのですが、単に仕事を変えたからと言ってその問題がクリアできるとは限りません。特に問題点を意識せずに仕事を変えただけになってしまうと、また同じ問題が起こってしまい、再び新しい仕事を探さざるを得なくなってしまう恐れがあります。

こうして次々に新しい仕事へと移っていくということを繰り返していると、一つの場所にいられないという評価につながってしまうこともありますし、積み重ねていくはずだった経験も得られなくなってしまいます。回数を重ねていくごとに仕事探しが難しくなっていくということも考えられるのです。

こうした失敗を防いでいくためには、現在や過去におこなってきた仕事、所属してきた職場にどういった問題があったのかということを検討してみましょう。どのような問題があったのかはっきりさせることができれば、次の職場として選ぶところではそういった問題がおこらないようなところを選ぶということも可能になってきます。仕事に就いてからのトラブルを防いでいくということもできるのです。もちろんすべての問題をクリアできる職場というものは少ないでしょう。

そのため、どのようなポイントが自分にとって大きなものなのかということを考える必要があります。優先順位を付けて、最も重要なポイントがクリアできているかというところから見ていくのです。ここで妥協してしまうことで、次の仕事で長く働けるかどうかということが変わってきます。

新しい仕事を探すにはある程度エネルギーも使いますし、時間もかかることがあります。何度も繰り返してしまうことは自分にマイナスに働くこともありますから、自分自身が納得して長く働くことができる職場を探せるように、どのような問題をクリアすべきなのかをまず把握し、そこからさまざまな求人情報をチェックしていくようにすると自分に合った転職先が探しやすくなります。

情報収集や体力作りにも意識を向けて

建築設計の仕事は専門的なものであり、なかなか深い情報を得にくいということもあるでしょう。その中でもできるだけ次の仕事につながる情報が得られるようにしていくことも大切です。同じような仕事をしている方なら、他の会社の情報にも詳しいかもしれません。人脈を広げていくことでそういった方と話せる機会も出てくるかもしれません。

単なる求人情報だけでは見ることができないような情報を得られる可能性もあるのです。今後転職を視野に入れている場合には、人脈を広げていくということも意識していくとプラスに働くことも多いのではないでしょうか。

特に現在の仕事が建築設計業と全く異なる場合には、関連する業界の方との人脈作りはすぐにできることではないので、転職を考え始めた段階から進めていくことも必要になります。また、建築設計の仕事では体力なども必要になることがあります。体力がなく仕事について行けないということがないように、今のうちから体を鍛えるなどということにも取り組んでいきましょう。

体力がないと長時間の仕事などに対応できないことがありますし、十分活躍できなくなる恐れもあるものです。特に今の仕事であまり体を動かしていない方などは意識的に体を動かしてみるということも必要でしょう。こうしたことはなかなかすぐに成果が出るものではありません。転職したいと思ったときに取り組んでも遅いということが多いものです。

今後その可能性があると感じた時点から取り組んでいくことも大切です。そうすることで、より自分に合った仕事で長く働いていくということが可能になっていくでしょう。

 

転職の場合、年齢が上がることによって、今後の選択肢も狭くなることからできるだけ失敗をしたくないものです。だからこそ、事前にきちんと自分の意識のあり方やこれから就く仕事の内容などについてしっかり把握したうえで、これから長く働ける仕事へつけるようにしましょう。

事前の調査や自分自身の準備が十分でないと、働き始めてから仕事があわないということになりがちで、再び仕事を変えることを検討することにもなってしまいます。そういったことを繰り返していくと、一つの仕事で経験を積んでキャリアを作り上げていくということができなくなってしまうのです。より良い仕事に出会うことができるように、転職時の仕事選びをしっかりしていくようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む

建設業界における施工管理の労働環境にはさまざまな課題が潜んでいます。労働基準法改正による労働時間の上限設定や、国土交通省のICT化推進による改善策がある一方で、ブラックな環境も少なくありませ

続きを読む

異業種から建築設計への転職は大きな挑戦です。この記事では成功への道筋や重要なポイントを解説します。基礎知識、関連スキルの獲得から始まり、柔軟なアプローチや業界内ネットワーキングの重要性まで紹

続きを読む

建築設計のアルバイトは、アトリエや組織設計事務所でさまざまな実務業務に携わります。模型製作やCADを使用しての図面修正、デザイン作業など、業界における重要なタスクに従事し、設計スキルを向上さ

続きを読む

近年、建築設計業界は、テクノロジーの進化と共に、働き方に大きな変革を迎えています。特にコロナ禍をきっかけに、リモートワークの導入が加速し、業界全体の働き方に影響を与えています。この記事では、

続きを読む

建築設計業界での転職は、自分のスキルと経験を際立たせる必要があります。その鍵を握るのが「ポートフォリオ」です。ポートフォリオは、技術や経験を示す重要なツールであり、転職成功のためには効果的な

続きを読む

建築士は、創造性と技術的なスキルを要求される職業であり、プロジェクトの期限や顧客の要望など、多くのストレス要因に直面しています。では、建築設計業界におけるストレスマネジメントはどうすべきでし

続きを読む

  デベロッパーとゼネコンの仕事に興味があるけど、詳しく違いが分からない人もいるでしょう。さまざまな部署と連携して仕事を進めていくので、バランス能力に優れた人が求められています。そ

続きを読む

転職は人生の大きな転機です。しかし、どこから始めればいいのか、どのように進めればいいのか、多くの疑問や不安がつきものです。そんなとき、転職エージェントの存在が大きな力となります。本記事では、

続きを読む