在職中の転職活動はエージェントを利用するのがおすすめ!その理由とは?

公開日:2021/07/15  


転職を検討する際、一度退職した後に転職活動を行うのか、在職中に転職活動を行うのか悩まれる方が多いです。なるべく不安がないよう転職活動をするにはエージェントを利用するのがおすすめです。そこで今回は在職中の転職活動の際、エージェントを利用するメリットについて、またエージェントがおすすめの理由についても説明していきます。

在職中に転職活動をスタートさせるメリット

在職中の転職活動はよいのか、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。実際在職中の転職活動には、さまざまなメリットがあります。

■経済的な不安が少ない

在職中の転職活動は、収入が安定しながらも転職活動を行うことができるというメリットがあります。一度会社を辞めてから転職活動を行う場合は、時間的な余裕はあるものの、収入がなくなってしまいます。次の転職先だけに集中できず、経済的な不安が残ってしまうかもしれません。すぐに転職先が見つかれば問題ありませんが、転職活動が長引いてしまう場合はより経済的不安が大きくなってしまう恐れがあります。

さらに、転職希望先の企業によっては本社で面接を行うことがあります。したがって、希望の勤務先から遠い場所で面接を行うこともあり、交通費がかかってしまいます。転職活動の面接には時間と労力、そしてある程度のお金がかかってしまうのが現状です。そのため、在職中に転職活動を行うことで、収入を減らすことなく新しい会社への転職活動を行うことをおすすめします。

■ブランクがない

離職後から転職先へのブランクがないため、転職活動が有利になることがあります。たとえば、仮に離職期間が長くすぎると、書類選考の段階で採用担当者に疑問に思われてしまい落とされてしまうことも少なくありません。そのため、在職中に転職活動を行うのは離職期間をつくらずに転職に挑むことができるというメリットがあります。

通常、退職後3か月程度であれば転職活動のためのブランクだと判断されるため、悪い評価を受けることは少ないです。しかし、退職後6か月から1年ほどブランクがある場合は、離職期間中に何をしていたのかを質問されるでしょう。しっかりと答えられなければ印象が悪くなってしまうため注意が必要です。

■現職に残るという選択肢もある

仮に希望の転職先が見つからなかった場合でも現職に残るという選択肢もあります。転職活動を続けていくなかで、なかなか希望の条件に合わなかったり、採用されなかったりということもあります。その場合は現職に残るという方法もあります。一度、退職してから転職活動を行うと、転職活動が上手くいかないからといって、前職に戻ることはできません。そのため、在職中の転職活動は転職活動に失敗したとしても、現職に残ることができる保険があるということです。

■スキルや経験を補える

スキルアップのための転職の場合、転職希望先の募集要件に当てはまらないこともあります。その場合は現職で働きながら経験を積み、転職に挑戦できます。一方、一度退職してしまうと経験を積む場所や機会がなくなってしまうため、希望の転職先の募集要件によってはスムーズに転職活動を行うことができない場合もあります。

転職活動を進める上で気を付けるべき点

メリットをご紹介しましたが、在職中に転職活動を進める上で気をつけるべき点がいくつかあります。

■時間の制約がある

在職中は自由に使える時間に限りがあります。そのため、面接日時も限られてしまうというデメリットがあります。現職の休日が土日祝で、転職希望先も土日祝が休みの場合は面接を受けることが難しいですよね。その場合、平日に有休などを取得して転職希望先の面接を受けなければなりません。また採用後に研修等がある場合、現職を休んで参加しなければならないことも珍しくないため注意が必要です。

■退職時期と入社時期のタイミングが合わないこともある

通常、退職する場合は1か月前に会社に伝えるのが一般的です。しかし、多くの企業が早く働ける人を募集しているため、採用後はすぐにでも入社してほしいというのが現状です。そのため、退職時期と入社希望時期が合わないこともしばしばあります。したがって、事前に転職するまでにかかる時間を把握し、退職のタイミングを会社に伝えるようにしましょう。

■連絡方法と時間帯を明確にしておく

在職中の転職活動の場合、転職希望先の採用担当者とメールや電話で連絡を取り合います。しかし、基本的には平日の日中に連絡を取るため、現職の仕事の状況によっては対応できない場合もあるかと思います。また、面接日時についても急な仕事や用事でいけなくなる可能性もあります。

ただし、何度も日時を変更したり、連絡が遅くなってしまったりすると、採用担当者の印象が悪くなってしまいます。そのため、あらかじめ確実に連絡できる時間帯や連絡方法について検討しておくことをおすすめします。

■機密情報の漏洩に注意

現職の仕事内容や業務内容を面接時に伝える必要があります。しかし、内容によっては秘匿案件や秘密保持義務が課せられている情報もあるため、どこまでの内容を伝えるべきか検討する必要があります。とくに同業種内での転職活動の場合は情報漏洩に注意しなければなりません。転職理由や志望動機を伝えなければならない場合でも、現職の情報をすべて話してはいけません。

場合によっては損害賠償を請求されてしまうことがあるため、充分な注意が必要です。また、競業避止義務というものがあり、会社によっては同業他社への転職を一定期間禁止していることもあります。これについては入社時の説明や就業規則に書かれているため、事前に確認しておくことをおすすめします。同業他社へ転職したことが、元職場にわかってしまった場合は損害賠償を請求される可能性があります。

在職中の転職活動はエージェントを利用するのがおすすめ!

在職中の転職活動には、転職のプロであるエージェントを利用することをおすすめします。

■プロからアドバイスをもらえる

エージェントは転職のプロです。そのため、転職活動に役立つ内容を教えてくれたり、どのように進めていけばよいかのアドバイスをくれたりします。また、履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれるため、ベストな状態で転職活動に挑むことができます。

■条件交渉を行ってくれる

収入面や入社日など条件の交渉を代行してくれるというメリットがあります。エージェントは企業と転職希望者の間を取り持ってくれるため、いいづらい内容でもしっかりと交渉してくれます。たとえば、収入や手当についてなどデリケートな内容であっても交渉を行ってくれるため、安心して任せることができます。

■効率よく情報収集できる

求人情報は莫大な数があるため、すべてを見ることは現実的ではありません。そのため、エージェントに希望の職種や業種、収入や休暇などを詳細に伝えることで、エージェントからピッタリの企業を紹介してくれます。また、会社の雰囲気や社風、面接の内容などについても過去の実績からアドバイスをもらうことができるため、転職活動に活かすことができます。

 

在職中の転職活動は時間に制約があり、なかなか思うようにいかないことも珍しくありません。そこで、エージェントを利用することでスムーズに転職活動を行うことができます。たとえば、転職活動に関するアドバイスがもらえたり、求人情報を教えてくれたりしまう。さらに、履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれるため、在職中でも安心して転職活動に専念できます。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む