建築設計業の転職エージェントの評判の調べ方

公開日:2021/02/15  

建築設計業界に転職をしたい時は転職エージェントが利用できます。転職エージェントとは専門の担当者が求職者の転職をサポートするサービスです。それぞれのサービスによって、対応力などに違いがあるので、利用をするときには下調べをして最適な企業を選ぶのがコツです。そこで建築設計業の転職エージェントを選ぶときの評判の調べ方を紹介します。

比較サイトを使って調べるのがよい

建築設計業の転職エージェントの評判を調べるには、比較サイトを使うのがおすすめです。比較サイトとは各エージェントの情報が細かく掲載されているサイトを指します。

実際にエージェントを調査するときには、比較表をチェックしましょう。表には細かいデータが掲載されているので、どのような分野に強いサービスなのか一目瞭然です。企業の紹介ではどのような業界に強いのか、どのような担当者が在籍しているのかを確認できます。

マッチング実績なども表示されるので、より質のよいバックアップを行ってもらえる企業を見つけることが可能です。さらに公開求人数やハイクラスの役職に強いところなども調査できるので、希望通りのエージェントも探しやすいでしょう。

ちなみに比較サイトでは総合評価も行っています。企業の信用性やサイトの操作性、アドバイザーの質や対応地域などを評価したグラフがあるのでわかりやすいでしょう。また非公開求人の数なども把握できるため、使い勝手もよいと評判です。サポート力なども把握できるので、スムーズに転職活動をしたい場合は、比較サイトを使いましょう。

口コミサイトを使って評判を調べてみよう

建築設計業の転職エージェントの情報を効率よく集めるには、口コミサイトを使ってみましょう。口コミサイトとは実際にエージェントを利用した方が、コメントを残しているサイトです。一般的にエージェントのようなサービスは、使ってみないと使い心地などがわかりません。また評判などは外部に漏れにくいため、自力で収集するのは困難でしょう。しかし口コミサイトを使うことによって、それぞれのサービスを利用した求職者の声を知ることができます。

たとえばアドバイザーの対応がよかったのか、適切な企業を紹介してくれるのかなどの情報を収集可能です。模擬面接の質や企業との連絡の質についても調べられるでしょう。さらに、口コミサイトはさまざまな人がサービスを利用しています。実際にサービスを利用すると、自分には合わなかったということはよくあります。そのような問題点を事前に回避できるので、口コミサイトをうまく使ってみましょう。

5chを使って転職エージェントを調べてみる

5chとは電子掲示板のことで、正式名称は5ちゃんねると呼びます。5chはもともと1999年に誕生したもので当時は2chという名称でした。この5chではユーザーが個人的に情報を書き込んで会話しているようです。中には転職エージェントに関係する情報もあるので、うまく使って情報収集しましょう。

基本的に5chに投稿されているコメントは、すべて個人が書き込んだものです。実際に転職エージェントを利用して、どのような内容だったのかという情報を調べることができるので便利に使える人もいるでしょう。

使い勝手に関しては口コミサイトに似たような内容ですが、5chは方向性が違います。コメントはユーザーが自由に書き込まれるようになっているため、より具体的な情報を知ることができるようです。たとえばアドバイザーの対応が悪かった場合は、内容も細かく書かれています。とくにネガティブなコメントを収集することもできるため、より細かくエージェントの特徴を把握したい時に5chは重宝するサービスです。うまく利用して外部にはあまり出ない情報を集めましょう。

ブログを使用して情報収集を行おう

エージェントの情報を収集するときには、ブログも活用してみましょう。ブログは個人が運営を行っている日記のようなものです。さまざまなジャンルに関係するブログがあり、中には転職エージェントの情報を書いているものも用意されています。

こちらは実際に書き手がエージェントを利用したときの感想を細かく書いています。口コミサイトに似たような性質があるのですが、情報量が多いため使い勝手がよいでしょう。たとえば、エージェントに相談に行ったときにはどのような対応をしてくれたのか、スムーズに転職するためのコツなども書かれています。またエージェントを利用したときの流れなども知ることができるので、より細かく情報を調べたい時に活用可能です。他にも各エージェントが保有している案件数や、どの企業と精通しているのかも書かれていることがあります。

もちろん建設業関係のエージェントを利用した人のブログもあるようです。5chや口コミサイトとは違い、成功までの流れや失敗したときの体験談なども詳しく調べることができるので、便利に活用しましょう。

各エージェントのサイトに行き情報を集める

転職エージェントの情報を調べる場合は、建築設計業に精通するサービスのサイトにアクセスしましょう。対象サイトの公式ページなので、細かい情報を把握できます。たとえばどのような業種に対応するのか、ハイクラスの役職にも対応しているのか調べられるのです。

それぞれのエージェントでは、独自の案件を保有している場合もあるので調べておきましょう。独自案件は別名非公開案件とも呼ばれるもので、対象のサービスでしか見ることができません。非公開案件は通常のものよりも条件がよいものも多いため、各サイトに行き案件の量を調べるのがおすすめです。

また公式サイトには、どのような部分を重視してサービスを提供してくれるのかなども記載されています。たとえば、こだわり検索ができる、女性の転職をサポートしてくれるなど個性があるようです。他にも20代の転職に特化したサービスなどもあるので、自分の特性に合う企業を利用しましょう。ちなみに、各エージェントを利用するのなら、メモやワードパッドなどを利用して、対象のサービスの特徴を書き出し比較すると理想の企業を見つけやすいです。

エージェントの特集をしている記事を見る

インターネット上には転職エージェントを利用した方たちを対象にした調査を行っているサイトもあります。たとえば1,000人に聞いたエージェントの評判などの情報を掲載しているので、うまく利用して情報収集しましょう。このようなサイトではキャリアの達人たちが細かく解析をして、最適なエージェントの見つけ方、注意点などを紹介しています。

複数のサービスを利用して転職活動をすることによって、転職活動の効率はよくなったのかなどの情報を見ることが可能です。また総合転職型のエージェントを使ってみた人の感想や、特化型のサービスを使った方の感想なども見ることができるため、より正確な情報を調べたい時に便利なサイトでしょう。さらに、利用者の評判なども書かれているため、自分にマッチするエージェントも見つけやすいといったメリットがあります。

気に入ったサービスを見つけることができたら、その場から各サイトにアクセスをして登録をすることも可能なので使い勝手がよいでしょう。プロの視点でエージェントの調査をしたり、分析を行っていたりするので、質の高い情報を手に入れることができると期待できます。

 

建築設計業の転職エージェントの情報を調べるときには、ネット上にある情報サイトはブログなどを使うのがよいでしょう。ただし、1つのサービスを利用して情報収集しても意味がありません。複数のサイトを利用して、より正確な情報を集めることが大切です。たとえば個人のコメントを見るだけでなく公式サイトに行き、各サイトの強みなどを調べると自分に合うサービスを見つけやすいでしょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

志望する企業に受かりたいという思いから、履歴書や実務経歴書に嘘を書いてしまおうと考えてしまったことがある人もいるのではないでしょうか。この記事では、履歴書に嘘を書いてしまう人の心理や嘘がバレ

続きを読む

建築士の資格を持っているけどこれまで資格を活かした仕事をしてこなかった方や、これから建築士の資格を取ろうとしている方にとって、資格が転職に有利に働くかどうかは大いに気になるポイントでしょう。

続きを読む

二級建築士は、一般的な戸建住宅などを設計および監理できる国家資格です。取得後、建築事務所で働いているうちに、将来独立したいと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、独立は自分の責任のもと

続きを読む

建築現場の経験を活かしたい、もともと設計したかったといった理由で設計事務所への転職を考えている方も多いのではないでしょうか。そもそも建築現場と設計事務所は、建築という共通点があるため、転職は

続きを読む

人手不足が叫ばれる建築業界において、内装施工管理も例外ではなく、大手による優秀な人材の囲い込みもさかんになっています。内装施工管理は関係する資格取得も大切ですが、それ以上に現場経験と実績も重

続きを読む

転職活動について調べていると、転職エージェントの利用をすすめているサイトを多く見かけますが、実際はどうなのでしょうか。「転職エージェントを使わなくても転職できるのはどんな人?」「転職エージェ

続きを読む

転職エージェントは転職活動をする際に強い味方ですが、実は怪しいサイトもあるのをご存じでしょうか?せっかくの転職活動が辛いものにならないように、怪しい転職エージェントに当たってしまったらエージ

続きを読む

女性は結婚や子育てがあるため建築士になるのは難しいという噂がありますが実際はどうなのでしょうか?建築士として活躍している女性はいるのでしょうか?本記事では女性が建築士になるのは難しいのかにつ

続きを読む

建築設計は、これからつくる建物の資材、構造、工事費を計画し、図面に起こす仕事です。建築設計は日本に限らず、世界中で行われているため、海外で仕事をして、稼ぎたいと考えている方も多いのではないで

続きを読む

建築業界に興味を持つ人にとって、もっとも有名かつ、花形とも言える職業は建築士ですね。世のなかのあらゆる建物は、建築士が設計した図面をもとに建てられます。そんな建築士の仕事内容は意外にも忙しく

続きを読む