【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト8選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計業を目指すなら!転職エージェントの活用方法

公開日:2021/01/15  最終更新日:2021/02/02

人手不足が顕著な業界のひとつが建築関係です。一定の経験や資格などがあれば重宝されやすく、建築設計業への転職もスムーズに行えるチャンスがあります。そして、おすすめなのが転職エージェントを利用した仕事探しで、転職の成功に向けて登録するケースも増えています。どのような活用方法ができるのか紹介するため、参考にしてください。

働きながらでもピッタリの求人を探せる

転職はできるだけブランクを作らずに進めることが大切ですので、働きながら求人のチェックを行う人も多いでしょう。しかし、限られた時間の中で求人情報を確認するのは労力が大きく、満足に仕事探しができないということもあります。

そこで活躍するのが転職エージェントです。利用者に専属でつくキャリアアドバイザーが、希望を踏まえつつ求人のリサーチを代わりに行い、ピッタリの情報を探してくれます。仕事に集中しながらも情報を逃さずに済み、転職のチャンスを掴み取る手助けとなるのです。

転職エージェントでは、非公開求人の紹介も行っています。一般に出ている建築設計業の募集は情報の一部であり、公開されていない求人も存在するのです。したがって、公開情報だけで判断してしまうのは早計といえるでしょう。非公開の情報を知るには、転職エージェントを利用する必要があります。利用者だけに情報を開示してもらうことが可能で、この活用方法によってより希望に沿った求人と巡り合えるかもしれません。

提出書類の作成アドバイスや添削指導

求人への応募を行う際には、書類を準備しておかなければいけません。履歴書や職務経歴書は必須であり、選考がある場合ですと書類によって通過の可否を判断されることになります。面接においても履歴書などを軸にやりとりが行われますので、充分に内容に気を配った作成をする必要があるのです。

しかし、不慣れでどのように作ればよいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。そのような悩みは、転職エージェントがサポートしてくれます。プロの視点で通りやすい書類の作成アドバイスを行ってもらえ、1からポイントを教えてもらうことが可能です。迷いがちな志望動機や自己PRなども要点を押さえたアドバイスで、スムーズに作成できるでしょう。

あわせて添削指導も受けられることで手直しが必要な箇所も明確となり、完成度の高い書類を作成でき、選考や面接への自信も高まるはずです。なお、書類の内容は応募企業によって作り直すことも必要です。その都度アドバイスを受けるようにし、最適な形で提出できるようにしておきましょう。

模擬面接で質疑応答への自信がつく

面接は採用の可否を判断するための重要なプロセスです。これまでのキャリアをはじめ、受け答えの仕方や人となりなどを面接官に細かくチェックされます。応募者は抜けもれなくアピールすることが大切ですが、面接は緊張しやすい場面ですので、苦手意識を持つ人も少なくありません。

関門となる面接を突破するためにも、転職エージェントでの模擬面接サービスを活用しましょう。実際の面接を想定しながら、効果的なアピールの仕方や適切な受け答えの方法などを身につけることができ、質疑応答にも慣れることで本番での失敗を減らすことができます。来社して直接的に模擬面接をするだけでなく、オンラインで行えるところもありますので、自宅にいながらでも面接対策をすることが可能です。

ただし、模擬面接はどの転職エージェントでも行うわけではありません。簡単なアドバイスに留まることもあり、満足のいくサポートを得られないこともあります。必要とする場合は、手厚いサポートが用意されているところを選ぶようにしましょう。

ミスマッチを防止するための手助けとなる

転職をしたものの、いざ働き出してみるとイメージと違っていたというケースは少なくありません。入社してからわかることもあるため、時には転職を繰り返すこともあるでしょう。しかし、容易には防ぐことができない問題ですので、結果的に失敗に終わってしまうこともあるのです。しかし転職エージェントでは、このようにありがちなミスマッチが起きないよう手助けをしてくれるため、心強い存在だといえます。

自分1人での仕事探しですと主観的な判断となったり、大切な部分を蔑ろにしてしまったりなどが起こり得ますが、キャリアアドバイザーがその企業を選んで間違いはないのか、客観的な立場で応募者と企業とのマッチングを判断してくれます。

また、企業に関する情報提供を行ってもらえるのも特徴でしょう。個人で得られる情報は限られているため、たとえば実際の業務内容や上司の人柄などを知ることはできないですが、転職エージェントは詳細な情報を有しています。それによって総合的に企業を判断しやすくなりますし、実際にそこで働くイメージも膨らませやすくなるはずです。

雇用条件の交渉を代理で行ってくれる

転職エージェントによる代理交渉も、おすすめの活用方法の1つです。役職や業務内容、待遇などに気がかりが生じるのはありがちなケースですが、そのような時にも転職エージェントが活躍します。雇用条件を個人で交渉をすることは難しく、交渉を行うことで印象を落としてしまうこともあるでしょう。

とくに待遇面は切り出しにくいテーマであり、内心では待遇のアップを求めたいと思っていても、なかなか口に出すことはできないという人が多いでしょう。しかし、心配を抱えたまま内定を承諾してしまうと、後に不満となる可能性を否定できません。納得した上で内定の承諾を行うためにも、キャリアアドバイザーによる代理交渉を行ってもらうのがおすすめです。

自分では伝えにくいことも、代理で企業側と相談を行ってくれるため、気がかりなポイントをしっかりと整理した上で、気持ちよく内定承諾を行うことができます。もしも折り合いがつかない場合は、辞退することも可能ですし、その際の企業側への連絡も代行してもらえますので安心です。

転職エージェントは複数登録を行うのがおすすめ

できるだけ複数の転職エージェントを利用するのが、仕事探しに成功するための秘訣です。理由の1つは求人に関することで、建築設計業の募集情報をどれだけ扱っているのかは、各転職エージェントにより差異があります。また、得意とする分野にも違いがあり、建築業の求人にはあまり強くないところもあるため注意が必要です。

担当者との相性があるのも複数社への登録が大切な理由でしょう。担当者との相性が悪く感じたり、サポート体制に満足できなかったりなど、思うようなサービスを受けられないこともあります。不満を抱えたまま利用する必要はないので、他サービスも積極的に取り入れながら、自分にとって利用しやすいところを見つけるようにしましょう。

ただし、複数登録を行うことによる弊害もあるため注意が必要です。たとえば、サポートを優先してもらえなくなる可能性や、さまざまなアドバイスが行き交うことで、混乱してしまうこともあるかもしれません。しかし複数登録するメリットも大きいため、注意点に気をつけながら活用していくようにしましょう。

 

多角的にサポートをしてくれる転職エージェントは、建築設計業を目指す転職希望者に適したサービスです。プロとの二人三脚で仕事探しができるため心強く、困った時にもすぐに相談できます。短期間での転職を成功できる可能性も高まりますので、できるだけ急ぎで転職先を見つけたい人にもおすすめといえるでしょう。

【建築設計】転職エージェント・求人サイトランキングはこちら!

おすすめ関連記事

転職エージェントランキング!
第2位A-worker(ユニオンシステム株式会社)
第3位建設・設備求人データベース(株式会社クイック)
建設・設備求人データベース(株式会社クイック)の画像
第4位施工管理求人ナビ(株式会社ウィルオブ・コンストラクション(旧C4株式会社))
施工管理求人ナビ(C4株式会社)の画像
第5位ビズリーチ(株式会社ビズリーチ)
ビズリーチ(株式会社ビズリーチ)の画像
第6位転職EX
転職EXの画像
第7位パソナキャリア
パソナキャリアの画像
第8位type転職エージェント
type転職エージェントの画像
記事一覧
サイト内検索