建築設計の転職エージェントで面接の練習をしよう

公開日:2019/07/15  

中途採用の場合は書類選考によって応募者のスキルや技術が求める人なのかどうかをしっかりとチェックし、面接によってコミュニケーション能力や基本的なマナーなどを確認します。

さらに、履歴書や職務経歴書ではわからない部分について詳しく尋ねてきます。

そこでの受け答えで感触が良くない場合には落ちるケースがたくさんあるかもしれません。

いくら何らかの対策をしていたとしても、適切な受け答えができないといくらスキルが高くていい人であっても落ちます。

建築設計業界に行きたいならば、業界に強い転職エージェントによる面接対策を受けるのもいいでしょう。

そういうサービスがあることを知らない人もいますので、うまく使ってください。

 

建築設計業界に行きたいならば入社試験の対策は必須

いくら書類でいいことを書いていて書類選考に通ったとしても、面接の場で上手く対応できなければ意味がありません。

書類でいくら着飾っていたとしても、次の過程でコミュニケーションを取った時に、書類通りに判断されないならば、落ちる可能性が高いです。

書類選考で使う書類については何度も何度もブラッシュアップすることができますし、その都度いいものに変えることができます。

書類については気になるところがあれば提出する前に何度も見直しをすることができ、じっくり内容を考えることが可能なので良いものにすることは容易です。

それに対して、面接試験はその場で対応しなければいけませんので、とっさのことがあった場合に口ごもる可能性があります。

口ごもってしまうとコミュニケーションが取れなくなりますので、何かと不利になります。

選考において何よりも重要視しますので、そこで何よりも失敗したくないという気持ちが出てしまうでしょう。

焦りの気持ちが出た場合は余裕がなくなりますので、往々にして失敗する可能性が高くなります。

うまく行くためには、それなりに練習を踏むことが重要です。

練習をすることによってコミュニケーションの取り方を学ぶことができますし、ノウハウという点においても間違いのない対応をすることができます。

場数を踏むことこそがうまくなるための秘訣と言えます。

上手くなるためにいろいろと練習を積まなければいけません。

建築設計業界に行きたいのであれば入社試験に臨む必要があります。

そこでパスしなければ入社することができないわけですので、そこに向けてしっかりと対策するのは言うまでもありません。

たった一人で挑んでいくのは難しいですので、そこで転職エージェントの力を借りるという方法もあります。

いろいろとあなたに対してアドバイスをしてくれますので、有効活用するのもいいことではないでしょうか。

転職の可能性を広げるためにもしっかりと活用してみてください。

 

模擬面接を受けてみることをおすすめする

必要であれば転職エージェントに頼んで模擬面接をお願いしてみてください。

せっかく行うのならば、本番の流れに沿った形で実施するのがいいでしょう。

実際に行うのであれば、そのために履歴書と職務経歴書を準備して、入室から質問、退室までの一連の流れを意識してください。

本番と違ったことをするのはあまり意味がありませんので、あくまで本番を想定した練習を行うことです。

本番を想定した練習を行いますので、場合によっては質問内容が厳しい可能性がありますが、それにしっかりと挑むことにより、本番に活かすことができるものです。

ただ練習相手としてだけで活用するのではもったいないです。

実際に練習をしたわけですので、実際にどうだったのかというフィードバックをもらってください。

そこではきちんとアピールできたこともあるかもしれませんが、アピールできなかったこともあるでしょう。

アピールできなかったことについては、もう一度再考してみることをおすすめします。

答えられなかった質問についてはどういう意図で質問するのかということについて教えてもらえますので、こういう風に答えればいいのかというアドバイスをもらうことが可能です。

一人で練習をすると、基本的なマナーが正しいのかどうかを確認することができませんが、実際に同じような形で練習するとマナーについても確認できます。

具体的にできていなかった場合は指摘してくれますので、間違っているマナーが何か明確になります。

マナーの面でマイナスになった場合はとてももったいないことですので、本番までにしっかりと反復練習しながらマナーの部分を確認するべきです。

そして対策をきちんとするために、具体的に聞かれる自己PRや志望動機、転職を決めた理由などの定番内容については、あらかじめ文言を作るのではないでしょうか。

文言をいくら作ったとしても、これがどう相手に聞こえるのかどうかはわからないものです。

そこでどのように聞こえるのかということをチェックする必要があります。

自分で考えた文言がどのように伝わるのかをチェックするのに模擬面接を活用してみてください。

 

アドバイスをもらったらそれを実践する

練習をした時に転職エージェントからいろいろなアドバイスをもらうことになるでしょう。

アドバイスというのは決してあなたを否定するものではありませんので、そこでガッカリせずに、一つ一つ言われたことを活かしながら実践していくべきです。

一つ一つ実践することができれば、悪い点は少なくともなくなりますので、自分の力をそのまま出せば面接の場において有利になるはずです。

あとは自信を持って挑むしかありません。

いろいろと本番を想定した練習をすることができれば、いざ本番を迎えた時に自信を持って挑むことが可能です。

根拠のない自信でもいいですので、自分はできるぞという雰囲気を出すことも重要です。

自信を持って挑むことができれば、いい表情をしているという評価を受けるものです。

十分に練習をして悪い点を潰したのであれば、あとは思い切ってやるしかありません。

転職エージェントの模擬面接については複数回受けることが可能です。

複数回受けた方がいいという風に判断したのならば、ぜひともお願いしてみてください。

その時に1回目とどう成長したのかということがポイントになります。

1回目とそれほど成長しないのであれば何回も受けても意味がありませんので、1回目のフィードバックを活かすという観点を忘れないようにしてください。

建築設計業界に行きたいのであれば、うまい具合に転職エージェントを活かしてください。

練習をしてくれるだけでなく、応募する会社の担当者がどういう人で、どういうことを質問するのかなどのアドバイスもしてくれます。

採用活動の傾向などを教えてくれますので、どうすれば受かりやすいのかなどの傾向を事前に知ることができます。

どういう会社なのかということももちろん知ることができますので、より会社に対する理解を深めた状態で応募をすることが可能です。

転職エージェントとの共同作業によって応募をすることができますので、かなり有利な状態だと言えます。

 

建築設計業界に応募したいという場合には入社試験をパスする必要があります。

その時に転職エージェントに相談をすることによって、応募企業を知ることができますし、書類選考と面接のコツについて学ぶことができます。

入社試験をパスするためにはそれなりに対策をしなければいけませんので、そのためのポイントを学ぶのは決して悪いことではありません。

ポイントを学んだのであれば、それをしっかりと実践して本番に臨むことが何よりも大切です。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建設現場で働く職人や大工は、雨の日は工事がストップするので休みになることがほとんどです。施工管理は雨の日もデスクワーク中心の業務を行っています。業務内容が多岐にわたるので、これまでの業務の遅

続きを読む

建築設計業に携わっており、転職エージェントでハウスメーカーに転職しようと考えていませんか?ハウスメーカーといっても、さまざまな仕事が存在します。そこで本記事では、ハウスメーカーの仕事内容や魅

続きを読む

別の仕事がしたい、今の会社とどうしてもあわない、長時間働かされすぎてプライベートの時間がとれないなど、転職を考える理由は人それぞれです。ただ、人手不足が深刻化している近年、引き止められてなか

続きを読む

建築設計業界への転職を考えている人にとって、実務経験が求められるかどうかは気になるところでしょう。募集求人によって異なりますが、建築設計業界の転職では実務経験が求められるのが多い傾向にありま

続きを読む

現在の会社を退職したいけれど、上司から引き留められるなどスムーズに退職ができるかどうか不安に感じる人も多いかもしれません。会社を辞めるときにはトラブルなく円満に退職したいところですが、どのよ

続きを読む

コロナ禍になり、オンラインでの面接する企業も増えています。対面式とは違うオンライン面接を受ける場合、やったことがなく戸惑う方も多いでしょう。本記事では、オンライン面接の流れや準備するべきもの

続きを読む

建築設計業界で働く際には、押さえるべきポイントがたくさんあるでしょう。会社としての規模や自分ができること・やりたいこととマッチしているかも重要ですが、ブラック企業に就職しないよう注意が必要で

続きを読む

働き方の多様化が進んでいる近年、働く曜日や時間帯、場所にとらわれず働けることで、社員のライフスタイルにあわせた働き方ができます。そんな働き方改革のさきがけであるフレックスタイム制という言葉を

続きを読む

CADオペレーターという職業をご存じですか?CADというソフトを活用して、建築や機械系などさまざまな分野の図面を作成する仕事です。資格がなくても働くことができますが、CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターという仕事をご存じですか?CADという専用のソフトを活用して、製図の支援を行う役割を担っています。建築や機械、自動車、ジュエリー、航空機など幅広い業界で使われているため、近

続きを読む