転職エージェントの担当を変更するまでの具体的な手順とは?

公開日:2021/12/15  

転職活動を始めるにあたって、最初に転職方法を検討しておくことは非常に大切です。そして、転職エージェントを利用する転職では、担当者との相性が合わず悩む方も少なくないのではないでしょうか。そこで本記事では、転職エージェントの担当者変更前のチェックポイントや担当を変更するまでの具体的な手順について紹介します。

転職エージェントの担当変更前にチェックするべきポイント

「キャリアアップを目指したい」「ワークライフバランスを見直したい」「違う職種に挑戦してみたい」など、求職者が転職先に求める就労環境にはさまざまな条件があります。そうした条件のもとで転職エージェントを利用して転職活動を進めていく際には、担当者との相性が非常に重要です。

転職エージェントの担当者はキャリアアドバイザーとなり、求職者の要望やスキル、適性を判断して転職活動を進めていくためです。求職者と担当者の相性が悪いと求職者の要望をしっかりと判断できず、希望の求人を紹介できないといったすれ違いが発生する可能性があります。

しかし求職者の中には「担当者変更を申し出るとトラブルになるのではないか」と考える人もいるでしょう。たしかに、担当変更を申し出るのは少し気まずいかもしれませんが、実際に担当変更を申し出てトラブルになるケースはほとんどありません。遠慮せずに、申し出ることをおすすめします。

しかし、何度も担当者変更を行ってしまうと、エージェント側も求職者が安易に担当者変更を申し出ているのではないかと不信感を感じてしまう場合があります。つまり、担当者変更によって転職活動が難航するのを防ぐためにも、本当に担当者変更をすべきかを正しく判断する必要があるのです。そこで、転職エージェントの担当変更前にチェックするべきポイントを2つ紹介します。

アドバイスが的確か

まず、担当者変更を判断する基準の一つは、アドバイスが的確かどうかという点です。どんなに話し方や表情が好印象でも、的確なアドバイスができない担当者では、満足できる転職ができなくなってしまう可能性があります。そのため、自分の要望をしっかりと汲み取ってくれていないと感じた場合は担当者変更をおすすめします。

担当者変更で問題が解決するか

また、担当者変更をすることで問題が解決するのかも考えておきましょう。担当者は転職エージェントで働いているため、転職エージェントの方針に従って業務を行っています。

つまり、サービス体制やサポートシステムなどに不満を感じている場合、担当者変更では問題を解決できないケースがあるのです。そこで、担当者変更でも問題が解決しないと感じた場合は、転職エージェントの変更を検討することも一つの手段です。

転職エージェントの担当変更方法

転職は求職者にとって大きな転機であり、できるだけ希望の叶う就労先への転職を成功させたいものです。しかし、担当者との相性が悪いと転職活動が大きなストレスとなり、転職活動自体を辞めてしまう、希望の就職先が見つからないなど転職に失敗してしまうケースも想定されます。

そのため、担当者が合わないと感じたら我慢せず、できるだけ早い段階で変更を申し出るようにしましょう。担当者変更には、主に3つの方法があります。

1つ目は電話で変更を申し出る方法です。キャリアアドバイザーの人柄や性格は好印象で、電話で担当者変更をしてもよいと感じる場合は、電話を利用することをおすすめします。

電話は直接話ができるのでスムーズなのがメリットと言えるでしょう。また、感謝の気持ちを伝えたり、話し方や伝え方を工夫したりすることで、気持ちよく担当者変更を行うことが可能です。

2つ目はメールで変更を申し出る方法です。電話で意思を伝えることが難しい場合は、メールで申し出るという方法があります。メールであれば、キャリアアドバイザーの予定に関係なく申し出を行うことができ、返信も都合がよいタイミングで行うことができます。

つまり、キャリアアドバイザーまたは自分が忙しい場合は、メールでのやり取りがスムーズであると言えます。また、メールであれば事前に文章を考えることができます。そのため、電話で話すのが苦手な方にもおすすめの方法です。

最後に3つ目は、Webサイトで変更を申し出るという方法です。転職エージェントによっては、Webサイトに問い合わせフォームが設けられている場合があります。担当者には直接言いにくい、連絡が遅いといった場合にはWebサイトを利用する方法が最適です。

また、Webサイトから問い合わせを行うと、転職エージェント内の専門の部署にメッセージが届きます。そのため、なぜ担当変更をしたいのかという点を第三者が理解できるよう、丁寧な文章で明確に伝えるようにしましょう。

担当者変更の方法には電話やメール、Webサイトからの申し込みがあり、今の担当者との関係性などを考慮して最適な方法を選ぶことが大切です。

転職エージェントの担当変更後に意識するべきポイント

担当者変更は求職者の希望によって自由に申し出ることができます。しかし、何度も担当者変更を行ってしまうと、転職エージェント側から安易に担当者変更をしているのではないかと疑われてしまう可能性があります。そこで、新担当者とスムーズに転職を進めていけるよう、求職者側が意識したいポイントを解説します。

まずは面談で担当者の能力やスキルを見極めるということです。担当変更後は、新担当者と面談が行われます。その際に人柄や相性を確認することはもちろん、これまで転職をサポートした業界はどこか、どのような実績があるのかを確認しておくようにしましょう。また、希望の業界への転職サポートを得意としているのかという点についても確認しておくと安心です。

新担当者との信頼関係を積極的に築いていくということも意識すべきポイントです。そこで、メールの返信を早めたり、疑問があれば積極的に質問したりするなどしてできるだけ早く関係を築くことが重要です。信頼関係が構築できれば求人を優先的に紹介してもらうことができたり、悩みを相談しやすくなったりと転職活動をスムーズに進めていけるメリットが多くあります。

さらに、転職に対する意欲が高いことを見せることも大切です。新担当者・旧担当者に関わらず、転職エージェントの担当者は転職に対する意欲の高い求職者の転職をサポートしたいと考えているも。常に転職に対して前向きな姿勢を見せ、担当者が求職者をサポートしてあげたいと思える行動をみせることが大切です。

そこで、気になる求人があれば積極的に選考に進む、連絡のレスポンスを早めるということをおすすめします。担当者変更後はより転職活動をスムーズに進めていけるよう、積極的な姿勢で転職活動を行いつつ、新担当者との信頼関係を構築していくことが重要なのです。

 

転職エージェントの担当者を変更したいと感じた場合は、できるだけ早い段階で変更の申し出をするようにしましょう。担当者変更には主に3つの方法があり、担当者との関係性を見極めて適切な方法で申し出ることが大切です。また担当者変更後は、新担当者との信頼関係を構築できるよう積極的にコミュニケーションをとること、転職に対して積極的な姿勢をみせることがポイントです。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

店舗デザイナーとは、物販や飲食店などのデザインを手がける専門家です。外観から内装、家具やファブリックまで総合的に設計し、魅力的な空間を創り出します。この記事では、店舗デザイナーの仕事内容、や

続きを読む

一級建築士の資格を持つ建築士が転職先を模索するなかで、注目すべきポイントやおすすめの転職先について解説します。建築業界の変化や需要の動向、転職の際に重要なポイントを押さえながら、一級建築士の

続きを読む

建設業界における施工管理の労働環境にはさまざまな課題が潜んでいます。労働基準法改正による労働時間の上限設定や、国土交通省のICT化推進による改善策がある一方で、ブラックな環境も少なくありませ

続きを読む

異業種から建築設計への転職は大きな挑戦です。この記事では成功への道筋や重要なポイントを解説します。基礎知識、関連スキルの獲得から始まり、柔軟なアプローチや業界内ネットワーキングの重要性まで紹

続きを読む

建築設計のアルバイトは、アトリエや組織設計事務所でさまざまな実務業務に携わります。模型製作やCADを使用しての図面修正、デザイン作業など、業界における重要なタスクに従事し、設計スキルを向上さ

続きを読む

近年、建築設計業界は、テクノロジーの進化と共に、働き方に大きな変革を迎えています。特にコロナ禍をきっかけに、リモートワークの導入が加速し、業界全体の働き方に影響を与えています。この記事では、

続きを読む

建築設計業界での転職は、自分のスキルと経験を際立たせる必要があります。その鍵を握るのが「ポートフォリオ」です。ポートフォリオは、技術や経験を示す重要なツールであり、転職成功のためには効果的な

続きを読む

建築士は、創造性と技術的なスキルを要求される職業であり、プロジェクトの期限や顧客の要望など、多くのストレス要因に直面しています。では、建築設計業界におけるストレスマネジメントはどうすべきでし

続きを読む

  デベロッパーとゼネコンの仕事に興味があるけど、詳しく違いが分からない人もいるでしょう。さまざまな部署と連携して仕事を進めていくので、バランス能力に優れた人が求められています。そ

続きを読む

転職は人生の大きな転機です。しかし、どこから始めればいいのか、どのように進めればいいのか、多くの疑問や不安がつきものです。そんなとき、転職エージェントの存在が大きな力となります。本記事では、

続きを読む