転職エージェントの担当を変更するまでの具体的な手順とは?

公開日:2021/12/15  

転職活動を始めるにあたって、最初に転職方法を検討しておくことは非常に大切です。そして、転職エージェントを利用する転職では、担当者との相性が合わず悩む方も少なくないのではないでしょうか。そこで本記事では、転職エージェントの担当者変更前のチェックポイントや担当を変更するまでの具体的な手順について紹介します。

転職エージェントの担当変更前にチェックするべきポイント

「キャリアアップを目指したい」「ワークライフバランスを見直したい」「違う職種に挑戦してみたい」など、求職者が転職先に求める就労環境にはさまざまな条件があります。そうした条件のもとで転職エージェントを利用して転職活動を進めていく際には、担当者との相性が非常に重要です。

転職エージェントの担当者はキャリアアドバイザーとなり、求職者の要望やスキル、適性を判断して転職活動を進めていくためです。求職者と担当者の相性が悪いと求職者の要望をしっかりと判断できず、希望の求人を紹介できないといったすれ違いが発生する可能性があります。

しかし求職者の中には「担当者変更を申し出るとトラブルになるのではないか」と考える人もいるでしょう。たしかに、担当変更を申し出るのは少し気まずいかもしれませんが、実際に担当変更を申し出てトラブルになるケースはほとんどありません。遠慮せずに、申し出ることをおすすめします。

しかし、何度も担当者変更を行ってしまうと、エージェント側も求職者が安易に担当者変更を申し出ているのではないかと不信感を感じてしまう場合があります。つまり、担当者変更によって転職活動が難航するのを防ぐためにも、本当に担当者変更をすべきかを正しく判断する必要があるのです。そこで、転職エージェントの担当変更前にチェックするべきポイントを2つ紹介します。

アドバイスが的確か

まず、担当者変更を判断する基準の一つは、アドバイスが的確かどうかという点です。どんなに話し方や表情が好印象でも、的確なアドバイスができない担当者では、満足できる転職ができなくなってしまう可能性があります。そのため、自分の要望をしっかりと汲み取ってくれていないと感じた場合は担当者変更をおすすめします。

担当者変更で問題が解決するか

また、担当者変更をすることで問題が解決するのかも考えておきましょう。担当者は転職エージェントで働いているため、転職エージェントの方針に従って業務を行っています。

つまり、サービス体制やサポートシステムなどに不満を感じている場合、担当者変更では問題を解決できないケースがあるのです。そこで、担当者変更でも問題が解決しないと感じた場合は、転職エージェントの変更を検討することも一つの手段です。

転職エージェントの担当変更方法

転職は求職者にとって大きな転機であり、できるだけ希望の叶う就労先への転職を成功させたいものです。しかし、担当者との相性が悪いと転職活動が大きなストレスとなり、転職活動自体を辞めてしまう、希望の就職先が見つからないなど転職に失敗してしまうケースも想定されます。

そのため、担当者が合わないと感じたら我慢せず、できるだけ早い段階で変更を申し出るようにしましょう。担当者変更には、主に3つの方法があります。

1つ目は電話で変更を申し出る方法です。キャリアアドバイザーの人柄や性格は好印象で、電話で担当者変更をしてもよいと感じる場合は、電話を利用することをおすすめします。

電話は直接話ができるのでスムーズなのがメリットと言えるでしょう。また、感謝の気持ちを伝えたり、話し方や伝え方を工夫したりすることで、気持ちよく担当者変更を行うことが可能です。

2つ目はメールで変更を申し出る方法です。電話で意思を伝えることが難しい場合は、メールで申し出るという方法があります。メールであれば、キャリアアドバイザーの予定に関係なく申し出を行うことができ、返信も都合がよいタイミングで行うことができます。

つまり、キャリアアドバイザーまたは自分が忙しい場合は、メールでのやり取りがスムーズであると言えます。また、メールであれば事前に文章を考えることができます。そのため、電話で話すのが苦手な方にもおすすめの方法です。

最後に3つ目は、Webサイトで変更を申し出るという方法です。転職エージェントによっては、Webサイトに問い合わせフォームが設けられている場合があります。担当者には直接言いにくい、連絡が遅いといった場合にはWebサイトを利用する方法が最適です。

また、Webサイトから問い合わせを行うと、転職エージェント内の専門の部署にメッセージが届きます。そのため、なぜ担当変更をしたいのかという点を第三者が理解できるよう、丁寧な文章で明確に伝えるようにしましょう。

担当者変更の方法には電話やメール、Webサイトからの申し込みがあり、今の担当者との関係性などを考慮して最適な方法を選ぶことが大切です。

転職エージェントの担当変更後に意識するべきポイント

担当者変更は求職者の希望によって自由に申し出ることができます。しかし、何度も担当者変更を行ってしまうと、転職エージェント側から安易に担当者変更をしているのではないかと疑われてしまう可能性があります。そこで、新担当者とスムーズに転職を進めていけるよう、求職者側が意識したいポイントを解説します。

まずは面談で担当者の能力やスキルを見極めるということです。担当変更後は、新担当者と面談が行われます。その際に人柄や相性を確認することはもちろん、これまで転職をサポートした業界はどこか、どのような実績があるのかを確認しておくようにしましょう。また、希望の業界への転職サポートを得意としているのかという点についても確認しておくと安心です。

新担当者との信頼関係を積極的に築いていくということも意識すべきポイントです。そこで、メールの返信を早めたり、疑問があれば積極的に質問したりするなどしてできるだけ早く関係を築くことが重要です。信頼関係が構築できれば求人を優先的に紹介してもらうことができたり、悩みを相談しやすくなったりと転職活動をスムーズに進めていけるメリットが多くあります。

さらに、転職に対する意欲が高いことを見せることも大切です。新担当者・旧担当者に関わらず、転職エージェントの担当者は転職に対する意欲の高い求職者の転職をサポートしたいと考えているも。常に転職に対して前向きな姿勢を見せ、担当者が求職者をサポートしてあげたいと思える行動をみせることが大切です。

そこで、気になる求人があれば積極的に選考に進む、連絡のレスポンスを早めるということをおすすめします。担当者変更後はより転職活動をスムーズに進めていけるよう、積極的な姿勢で転職活動を行いつつ、新担当者との信頼関係を構築していくことが重要なのです。

 

転職エージェントの担当者を変更したいと感じた場合は、できるだけ早い段階で変更の申し出をするようにしましょう。担当者変更には主に3つの方法があり、担当者との関係性を見極めて適切な方法で申し出ることが大切です。また担当者変更後は、新担当者との信頼関係を構築できるよう積極的にコミュニケーションをとること、転職に対して積極的な姿勢をみせることがポイントです。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む