CADオペレーターは女性が多い?年収や仕事内容について解説!

公開日:2022/06/01   最終更新日:2022/12/15


CADオペレーターには女性が多いという噂がありますが、実際のところはどうなのでしょうか?本記事では、CADオペレーターには女性が多いのか、求人条件に男女差があるのかについて解説します。CADオペレーターの給与アップ方法についても紹介しているので、CADオペレーターを目指すか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

建設業界転職エージェントおすすめランキング

CADオペレーターは女性が多い?

CADオペレーターには女性が多いという噂がありますが、「本当のところはどうなの?」と疑問を持っている方のために、ここではCADオペレーターの女性にスポットを当てて解説します。実際の男女比や女性に向いている業務などを紹介するため、CADオペレーターを目指すか迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

CADオペレーターの男女比

CADオペレーターの女性の比率は、おおよそ20%から30%程度です。男女比で見ると女性のほうが多いわけではありませんが、女性でも雇用してもらえることやパート派遣での募集が多いことから女性にも向いている職業として注目を集めています。CADオペレーターの仕事は未経験から挑戦でき、一度スキルを身に付けると4050代になっても仕事を続けることができるため、妊娠や出産などのライフスタイルの変化で一時的に離職しなければいけないシーンが多い女性にも向いています。手に職をつけて家庭と仕事を両立したいと考えている方は、CADオペレーターを目指してみてはいかがでしょうか?

女性に向いているCADオペレーターの業務

CADオペレーターの業務の中でも、チェックの行程などは正確な作業が求められるため女性に向いているといえます。また、男性よりも女性のほうがコミュニケーション能力は高いことが多く、業務を円滑に進めることができるため、普段の業務から活躍できる可能性が高いです。細かい作業や正確性を求められる作業が得意という方は、CADオペレーターを目指してみてはいかがでしょうか?

仕事内容や求人条件に男女差はあるのか

男性と同じ待遇を受けたい、男性と肩を並べて働きたいと考えている女性が多いのではないでしょうか?CADオペレーターでは、求人条件に男女の差はほとんどないといわれています。一部の会社では役職に就くのに男性が多いことなどの理由から、給与のみ男性の方が若干高いことがあるようですが、基本的には同じ条件のことがほとんどです。また採用面でも、男性と女性関係なく採用を行っている企業がほとんどで、多くの企業で女性も男性同様活躍しています。性別で区別されたくない、男性と肩を並べて働きたいと考えている方は、CADオペレーターを目指してみてはいかがでしょうか?

CADオペレーターは年収が低い?給与アップを狙う方法は?

CADオペレーターの年収は低いといわれていますが、平均年収は300万円から400万円ほどといわれています。他業種と比べても特別低いというわけではありません。中には年収600万円以上もらっている方もいます。CADオペレーターは業務内容に単純作業の部分が多く、未経験からでも比較的就職がしやすい職業です。また、簡単な業務という理由でパートや派遣などの非正規での雇用が少なくないため、給与が低い求人も多く稼ぐことができない職業と勘違いしている方がいるようです。

しかし実際は、しっかりと資格や経験を身に付けたり働く場所を選んだりすることでほか業種と同等かそれ以上に稼ぐことができる職業となっています。CADオペレーターになって稼ぎたいと考えている方は、自分のスキルアップや職場選びがとても重要です。ここでは、CADオペレーターとして年収をアップさせる具体的な方法について解説します。CADオペレーターとして稼いでいきたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

スキルアップする

CADオペレーターとして給与アップを狙う一番確実な方法はスキルアップです。スキルアップとは、資格を取るという話ではありません。作業のスピードを速くしたりデザイン力を身に付けたりするなど、資格を取らなくてもできることは多いです。仕事の数をこなしていくことで自然と身に付いてくるスキルもありますが、仕事以外でも積極的にスキルアップの勉強をしていったほうが効率的にスキルを磨いていくことができます。

CADソフトの勉強をする

世の中にあるCADソフトは1つではありません。1種類だけのCADソフトが使える人よりもたくさんの種類のCADソフトを扱える人の方が多様な業務を任せられるため、重宝され給与が高くなります。一つのCADソフトの使い方をマスターすることも重要ですが、使用可能なCADソフトの種類を増やすことも重要なため柔軟に対応しましょう。

コミュニケーション能力を身に付ける

コミュニケーション能力が高く業務を円滑に進めることができる人材は貴重です。そのため、コミュニケーション能力を身に付けることができれば、給与などの待遇がアップを狙っていくことができます。コミュニケーション能力は、仕事を続けていくことで自ずと身に付けていくことができます。焦らずゆっくりと身に付けていきましょう。

資格を取得する

資格を取得したら給与がアップするケースは非常に多いです。どの資格を取得したら給与がいくらアップと決まっていることがほとんどのため、資格取得で給与アップを目指す場合は、所属している会社に資格手当がないか確認しましょう。現在所属している会社では、資格を取得しても給与アップにつながるか分からないというケースもあるかと思いますが、そういった場合は積極的に資格取得を目指していくことがおすすめです。

ゆくゆくはキャリアアップや年収アップを目指しているのであれば、早い段階から積極的に資格を取得したほうがキャリアアップ・年収アップを狙えます。取得する資格が決まっていない、決められないという方は、CAD利用技術者試験と建築CAD検定試験がおすすめです。CAD利用技術者試験とは、CADオペレーターとしての技術を証明する試験でCAD関連の資格の中でもっとも認知度が高いといわれており、合格することでCADオペレーターとして一定以上の能力を持っていることを証明できます。もう一つの建築CAD検定試験は、建築業界で働く方向けのCADの資格です。4級のみ取得に制限がありますが3級以上であれば誰でも挑戦できます。

転職する

CADオペレーターの平均年収は300万円から400万円といわれていますが、労働条件によっては年収600万円以上を目指すことも難しくありません。通常自分のスキルアップをしていくことで給与アップを狙っていくことができますが、同じ職場でスキルを磨いても給与アップが期待できないという場合は、転職することで給与アップを狙うことができます。充分に力を身に付けたのに、いつまでたっても入社時とほとんど変わらない給料しかもらえないというケースは少なくありません。

給与アップを目指して努力しているのに給与アップが期待できないときは、早めに転職を考えましょう。非正規雇用よりも正社員のほうが年収は高い傾向にあるため、非正規雇用で働いている場合は、まずは正社員を目指すことがおすすめです。なお、転職したら必ず今よりも待遇がよくなるというわけではありません。転職を考える際は、最悪の場合今よりも待遇が悪くなってしまう可能性も考慮して慎重に行うようにしましょう。

 

本記事では、CADオペレーターには女性が多いのか、求人条件に男女差があるのかについて解説しました。CADオペレーターは、男女で労働条件に違いがほとんどなく女性であっても男性同等の待遇を受けることができます。また、完全未経験から挑戦できる会社が多いため、手に職をつけたいと考えている女性におすすめです。CADオペレーターが気になっているという方は、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?本記事が、CADオペレーターを目指すか迷っている女性の役に立てれば幸いです。

建設業界転職エージェントおすすめランキング

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

宅建士とは、不動産分野で専門的な知識を有する資格です。本記事では、建築設計業界でも活躍の場が広がりつつある宅建士のスキルに焦点を当て、どのようなメリットがあるのかについて探ります。建築や不動

続きを読む

プラントエンジニアはプラント設計の専門家で、企画から維持管理まで幅広い役割を果たしています。その高度な専門性とスキルはモノづくりに欠かせず、将来性も期待されているのです。この記事では、プラン

続きを読む

ゼネコンの現場監督といえば、労働環境や年収などに対する様々なイメージが存在します。一部では厳しい労働環境が指摘されていますが、最近は働きやすい環境が整備され、給与面でも魅力的な職種になりつつ

続きを読む

建設業界では、「ゼネコン」と「ハウスメーカー」が主要なプレイヤーとして活躍しています。この両者は建築においてそれぞれ異なる役割と特徴を持っています。この記事では、ゼネコンとハウスメーカーのそ

続きを読む

建築積算士資格試験は、その難易度からすると少し高いといわれています。建築業界で欠かせない資格であるため、取得することで転職やキャリアのステップアップにつながります。この記事では、建築積算士の

続きを読む

建築士になるためには、単なる資格取得だけでなく、特定の性格や特徴が求められます。建築士に向いている人物像や必要な資質について、4つの視点から解説していきます。自分自身の適性を知り、建築の世界

続きを読む

建築業界において、働きやすさは個々の職種や企業によって異なります。ホワイトな職場を求めるならば、給与や残業時間、体力面、休日数を注意深く見極めることが大切です。本記事では、建築業界の労働環境

続きを読む

転職エージェントは転職を検討している人にとって効果的なサービスです。しかし、いつまでサポートを受けられるのかわからず、利用を迷っている人も少なくないと思います。本記事では、転職エージェントの

続きを読む

電気通信工事施工管理技士になるには、実務経験が必須ですが、実務経験がなくても資格を取得する方法が存在します。本記事では、実務経験の有無に関わらず資格を取得するための詳細な情報を提供します。受

続きを読む

建設・土木業界における長年の悩みである3K(きつい、汚い、危険)から脱却し、新たな働き方新3K(給料がよい、休暇が取れる、希望が持てる)を実現すべく、国土交通省を中心に業界全体で取り組みが進

続きを読む