転職エージェントの利用がおすすめな人の特徴について解説!

公開日:2021/12/15  

転職活動には、転職エージェントを利用する方法と自分で行う方法の2種類があります。転職エージェントは利用することで転職に関するさまざまなサポートをけられますが、利用がおすすめできない人も一定数います。そこで本記事では、転職エージェントの利用がおすすめな人と、おすすめではない人の特徴について解説します。

転職エージェントの利用がおすすめな人の特徴

転職エージェントを利用することの最大のメリットは、転職に関するさまざまなサポートを無料で受けられるという点です。とくに現職で働きながら転職先を探す場合は「なかなか時間が取れず転職活動が進められない」という方も多いでしょう。

そんなとき、転職エージェントを利用すれば、面接のスケジュール調整や企業との連絡、求人探し、紹介、内定後の給与交渉などを代わりに進めてもらうことができます。つまり、転職したいけれど時間に余裕がないという方には、転職エージェントの利用をおすすめできます

また忙しい人に限らず、転職の進め方がわからない、キャリアチェンジしたいけれど方向性が決まっていない、面接に自信がないなど、転職に関して疑問や不安を感じているにも、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用すると、転職に関する専門知識のあるキャリアアドバイザーが丁寧に転職をサポートしてくれるからです。

実際にキャリアアドバイザーがサポートを行っている内容には、面談を通して求職者のスキルや性格、適性を判断した上でのキャリア相談や書類や面接を通過するコツを伝授するセミナーなどがあります。求職者が転職を成功させられるよう、充実したサービスを提供しているのです。

その他にも、豊富な求人から転職先を検討したいという方は転職エージェントの利用が最適です。転職エージェントは、一般には公開されていない非公開求人と呼ばれる求人情報を多数保有しているケースがあるからです。

非公開求人とは、他社に知られずに求人を募集したい、応募が殺到するのを防ぎたいという企業側の理由で一般公開されていない求人情報のことです。そして、非公開求人は、公開求人と比較して好条件な求人も多く、転職エージェントを利用することでしか知ることのできない求人情報となっているのです。

また、転職先企業との条件交渉を代わりにしてほしいという方も転職エージェントの利用をおすすめします。一般的には内定獲得後、転職先の企業と具体的な給与交渉などを行います。しかし、面接で遠慮してしまい、希望の給与を伝えられなかったという方も少なくありません。一方、転職エージェントでは、給与などの条件交渉も代行して行ってくれます。

そのため、求職者は転職エージェントの担当者に希望の条件を伝えるだけで、企業と直接交渉をすることなく条件交渉を完了させることができるのです。転職に関して何らかのサポートを必要としている、非公開求人を見てみたいという方には転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントの利用がおすすめできない人の特徴                                

転職エージェントはさまざまなメリットがあり、転職において心強いサポートを受けられまます。しかし求職者によっては、自分自身で転職活動を進めていく方がスムーズに転職を成功させられるケースがあります。そこで、転職エージェントの利用がおすすめできない人の特徴について紹介します。

まず、転職エージェントの利用がおすすめできない人の特徴一つ目は、アドバイスを受けたくないと考えている人です。転職エージェントに登録すると、一人一人の求職者に対してキャリアアドバイザー付きます。そして、キャリアアドバイザーが求職者の要望やスキルをヒアリングし、今後の転職活動に関するアドバイスを行います。

しかし、キャリアアドバイザーも「人」であるため、相性が合わないケースがあります。たとえば、連絡の頻度が多くストレスに感じてしまう、アドバイスが間違っていると感じるなどキャリアアドバイザーの存在があえてストレスになってしまうことも少なくないのです。

また、新任のキャリアアドバイザーの場合は知識不足によって的確なアドバイスができない可能性もあります。そのため、アドバイスを必要としておらず、自分自身の考えを大切にして転職活動を進めたい方は転職エージェントの利用をおすすめしません。

また、受けたい企業が決まっている場合も、転職エージェントのサポートは必要ないと言えるでしょう。なぜなら、受けたい企業が決まっているのに転職エージェントを利用すると、受ける気のない企業を紹介されてしまってストレスになるからです。

また、企業は転職エージェントからの紹介で人材を採用すると、転職エージェントに対して紹介報酬を支払わなければならない仕組みとなっています。企業にとっては自己応募の人材を採用するよりも転職エージェント経由で人材を採用する方が費用はかかるため、内定のハードルが高くなるのです。

その他にも、自分のペースで転職を進めたい方には転職エージェントの利用をおすすめしません。転職エージェントは丁寧に求職者をサポートしますが、できるだけ早く内定を獲得して、実績を獲得しようと考えています。

そのため、内定が出ると決断を迫られたり、できるだけ多くの選考に進むよう勧められたりする場合があります。つまり、時間をかけてゆっくり転職を進めたい方には利用をおすすめできないのです。

転職エージェント利用時に注意するべきポイント

誰でも無料で登録ができる転職エージェントですが、利用を開始する際に注意すべきポイントが2点あります。1つ目は、必ずしも転職支援サービスを受けられるわけではないという点です。転職エージェントは、企業の要望と求職者の要望がマッチしたら、求職者に対して求人情報を紹介します。

しかし、そもそも求職者のスキルや要望に対してマッチする求人がないと、求人を紹介してもらうことができません。もし、紹介できる求人がないと言われた場合は、希望条件を変更すれば紹介してもらえる求人があるのかを確認しましょう。

また、転職エージェントによって保有している求人や得意としている業界が異なります。サービスの内容が合わないと感じたら、転職エージェントを変更することも一つの手段です。

次に、ゆっくりと転職活動を進めていきたいと考えている場合は、事前にキャリアアドバイザーに伝えておくことが大切です。転職エージェントとしては、できるだけ多くの人の転職をサポートしたいと考えているものです。そのため、場合によっては、選考に進むことを積極的に進められたり、内定の決断を迫られたりする場合があります。

その際、選考や内定を断ってばかりになってしまうと、転職に積極的ではないと判断されしまう可能性があります。そこで、誤解を発生させないためにも、ゆっくりと検討しながらマイペースに転職活動を進めたいという希望を伝えておくようにしましょう。

 

転職エージェントは、転職希望者の転職がスムーズに成功するよう充実したサポートを行っています。そのため、転職に関して不安や疑問があり、サポートを必要とする場合は非常におすすめのサービスだと言えるでしょう。一方、受けたい企業が決まっている、自分のペースで転職を進めていきたいなど転職に対する考えや目的が明確な人は、個人で転職活動を進めていくことをおすすめします。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建設現場で働く職人や大工は、雨の日は工事がストップするので休みになることがほとんどです。施工管理は雨の日もデスクワーク中心の業務を行っています。業務内容が多岐にわたるので、これまでの業務の遅

続きを読む

建築設計業に携わっており、転職エージェントでハウスメーカーに転職しようと考えていませんか?ハウスメーカーといっても、さまざまな仕事が存在します。そこで本記事では、ハウスメーカーの仕事内容や魅

続きを読む

別の仕事がしたい、今の会社とどうしてもあわない、長時間働かされすぎてプライベートの時間がとれないなど、転職を考える理由は人それぞれです。ただ、人手不足が深刻化している近年、引き止められてなか

続きを読む

建築設計業界への転職を考えている人にとって、実務経験が求められるかどうかは気になるところでしょう。募集求人によって異なりますが、建築設計業界の転職では実務経験が求められるのが多い傾向にありま

続きを読む

現在の会社を退職したいけれど、上司から引き留められるなどスムーズに退職ができるかどうか不安に感じる人も多いかもしれません。会社を辞めるときにはトラブルなく円満に退職したいところですが、どのよ

続きを読む

コロナ禍になり、オンラインでの面接する企業も増えています。対面式とは違うオンライン面接を受ける場合、やったことがなく戸惑う方も多いでしょう。本記事では、オンライン面接の流れや準備するべきもの

続きを読む

建築設計業界で働く際には、押さえるべきポイントがたくさんあるでしょう。会社としての規模や自分ができること・やりたいこととマッチしているかも重要ですが、ブラック企業に就職しないよう注意が必要で

続きを読む

働き方の多様化が進んでいる近年、働く曜日や時間帯、場所にとらわれず働けることで、社員のライフスタイルにあわせた働き方ができます。そんな働き方改革のさきがけであるフレックスタイム制という言葉を

続きを読む

CADオペレーターという職業をご存じですか?CADというソフトを活用して、建築や機械系などさまざまな分野の図面を作成する仕事です。資格がなくても働くことができますが、CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターという仕事をご存じですか?CADという専用のソフトを活用して、製図の支援を行う役割を担っています。建築や機械、自動車、ジュエリー、航空機など幅広い業界で使われているため、近

続きを読む