20代の方が転職エージェントを利用するメリットについて解説!

公開日:2022/02/01  


20代の方は経験が浅いことも多いので、転職のプロである転職エージェントを利用するとスムーズな転職ができるかもしれません。スキルが少なくても知識を身につける方法や自己アピールの見せ方など、1人では難しい場面もフォローしてくれます。今回は20代の方が転職エージェントを利用するメリット、注意点をご紹介します。

20代の方が転職エージェントを利用するメリット

まず、転職エージェントとは担当のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートします。求人を探すことはもちろんですが、企業との面接日程の調整やキャリア相談など、手厚いサポートがあるので安心した転職活動が可能です。

似ている転職サイトは求人や転職に関する情報を紹介しているサイトで、応募や面接日時の決定など、すべてを自分で進めます。とくに20代は経験が浅いことで転職が難しい場合があります。転職エージェントを利用するときめ細かなサポートで、転職の成功率が上がりやすくなるのです。利用する具体的なメリットをご紹介します。

自分に合う企業・職種を紹介する

転職エージェントはありとあらゆる企業、職種に精通しているので、企業ホームページにはない情報を教えてくれます。さらに自分に適した企業や職種の紹介、求人の応募も行います。1人だと時間がかかる転職活動ですが、転職エージェントならば、自分にぴったりな企業もすぐに探し出してくれるのです。また転職サイトにない求人も紹介するので、理想とする企業に出会いやすいでしょう。

キャリアの方向性を明確にする

中途採用は経験を重視する企業が多いですが、経験の浅い20代だとポテンシャル採用を決めるケースがよくみられます。これからということでキャリアの可能性は無限大です。しかし進みたいキャリアが曖昧だと、長期的なキャリアを見据えることができません。転職の目的・キャリアの方向性を明確にするのが大事です。転職エージェントでは、企業・職種・業界に精通しているため、的確なキャリア形成のアドバイスを受けられます。

書類から面接まで徹底的にサポート

応募書類の添削を行う転職エージェントもあります。とくに志望動機は書類選考の判断基準でもあるので、丁寧で正しい構成で作りたいものです。独学では学びにくい書類の添削をするので、安心して取り組むことができます。さらに面接対策のアドバイスも行います。説明のほかに模擬面接をしてフィードバックをしてくれるため、修正するポイントが明確になるのも転職エージェントの魅力でしょう。

自分の強みを探してくれる

経験が浅いと自分のアピールポイントやスキルがない場合があります。しかし、キャリアアドバイザーと一緒に自己分析を行うので、自分の強みがわかるようになるのです。第三者から話を聞くことで、今まで見えなかった自分のアピールポイントを知ることができます。またリーダーなどの経験を積んだ場合、どのように企業に伝えるか、アピールすべきポイントといった転職活動で活かす方法のアドバイスをくれるでしょう。

未経験の職種に対しスキルアップのサポートをする

20代だと、可能性が広がっているため未経験でも挑戦しやすいです。しかしスキルや知識を少しでも身につけておく方が有利となります。転職エージェントはスキルアップのサポートも充実しているので、未経験でも挑戦できる環境にあるでしょう。

働きながらでも無理なく転職活動ができる

働きながら転職活動をする人も多いでしょう。面接や説明会など、スケジュール管理が大変で両立するのに苦戦しがちです。転職エージェントは転職のプロで情報収集からスケジュール管理まで支えてくれるので、気持ちに余裕を持ちながら転職活動ができます。

20代の方が転職エージェントを選ぶ際のポイント

自分に合った転職エージェントを選ぶのが大切です。転職エージェントは主に総合型と特化型の2種類があります。それぞれの特徴を把握して、自分に適したエージェントを選択しましょう。

総合型は求人の取り扱い数が豊富

総合型は大手の転職エージェントで、求人数が豊富で企業や業界、業種に関する知識量が多いです。幅広いジャンルだけでなく特定の職種に絞った専門の転職エージェントもあります。方向性が定まっていない、興味のある業種が複数ある人などは総合型がおすすめです。さまざまな業界の具体的なアドバイスを受けられます。

さらに総合型は、アプリを用いた求人紹介も展開しています。スマホでサッと情報を得られる利便性は大手ならではでしょう。

特化型は業種を絞って転職活動したい人におすすめ

特化型は業種、年齢、経験など専門に特化した転職エージェントです。中にはさまざまな業界の求人を取り扱う中小転職エージェントもあります。特化型のメリットは絞られた業種の情報量が多いことです。

規模が大きくないからこそ、丁寧に話を聞いてくれたり細かいサポートをしてくれたりします。転職したい業界が決まっている、専門スキルを身につけたい、年齢を限定して探したいなど、具体的な転職が決まっている人におすすめです。

転職エージェント利用時の注意点

メリットばかりの転職エージェントですが、もちろん注意点もあります。利用するときに気をつけて起きたい注意点をご紹介します。

転職時期が未定、時間があく場合は優先順位が下がる

転職エージェントは転職に向けて真剣に取り組む人を優先して、求人を紹介しています。キャリアアドバイザーは1人に複数人の転職希望者をサポートします。そのため、転職時期が未定だったり後先であったりした場合、優先順位が下がるかもしれません。転職エージェントによっては、サポートは利用登録から3か月などの期間を決めているところもあります。

転職エージェントは転職希望者が転職できると、企業から人材紹介料を受け取ることができます。どうしても転職に前向きな人を優先してサポートするのです。もしも転職希望時期が6か月以上などの長期間先になるなら、キャリアアドバイザーに連絡を小まめにとって転職の意欲があることをアピールしましょう。

相性の合わないキャリアアドバイザーがいる

キャリアアドバイザーによっては相性が合わない場合があります。納得できる情報を共有しない、求人の紹介する数が少ないなど、不満が少なからず出てくるでしょう。相性のよいアドバイザーを見つけるきっかけになります。よいキャリアアドバイザーの特徴は、希望する業界について細かく話を聞き、転職希望者の意見を尊重する人です。

自分の希望に逸れた求人ばかりを紹介するアドバイザーはよくないといえるでしょう。複数のエージェントに登録してアドバイザーを比較するのもおすすめです。不満がある場合は担当者を変更できるので、遠慮なく申し出ましょう。

同一求人に複数応募できない

複数の転職エージェントに登録していて、同じ求人をそれぞれで応募することはできません。重複応募がバレると、転職エージェントからの信用が下がってしまいます。さらには、企業の内定取り消しという最悪のケースになる可能性もあります。複数のエージェントを利用するときは、それぞれのエージェントで利用していることを伝え、トラブルに発展しないようにしましょう。

 

転職エージェントは求人探しから紹介、自己分析まで幅広く転職活動をサポートします。ネットにはない企業の情報や求人なども教えてくれるので、経験の浅い20代の方は積極的に利用するとよいでしょう。総合型、特化型それぞれの特徴は違いるため、転職の目的に合わせて使い分けます。転職したいけれど自分が何をしたいか決まっていない人も、転職エージェントで相談すると、将来のビジョンが見えてくるかもしれません。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは転職活動をする際に強い味方ですが、実は怪しいサイトもあるのをご存じでしょうか?せっかくの転職活動が辛いものにならないように、怪しい転職エージェントに当たってしまったらエージ

続きを読む

女性は結婚や子育てがあるため建築士になるのは難しいという噂がありますが実際はどうなのでしょうか?建築士として活躍している女性はいるのでしょうか?本記事では女性が建築士になるのは難しいのかにつ

続きを読む

建築設計は、これからつくる建物の資材、構造、工事費を計画し、図面に起こす仕事です。建築設計は日本に限らず、世界中で行われているため、海外で仕事をして、稼ぎたいと考えている方も多いのではないで

続きを読む

建築業界に興味を持つ人にとって、もっとも有名かつ、花形とも言える職業は建築士ですね。世のなかのあらゆる建物は、建築士が設計した図面をもとに建てられます。そんな建築士の仕事内容は意外にも忙しく

続きを読む

終身雇用が崩壊し、転職が当たり前となりつつある昨今では、転職を視野に入れている、一級建築士の方も多いのではないでしょうか。実は、設計意外にも一級建築士が求められる仕事は、たくさん存在するので

続きを読む

一級建築士の転職活動は、40代からでも可能です。一般的には、40代の転職は遅いというイメージが強いため、積極的に慣れない方も多いのではないでしょうか。確かに60歳を定年と考えたときは、すでに

続きを読む

建設工事において工程管理や安全管理を行う施工管理職にはさまざまなやりがいや魅力があり、転職先として志望する人も多い職種です。ここでは施工管理職の仕事のやりがいや魅力から志望動機やアピールした

続きを読む

施工管理士は所属する会社によって仕事内容がさまざまなため、就職前のイメージとのズレが大きく転職を考える方もいるようです。本記事では、施工管理技士が転職する際に多い理由と転職後に選ばれやすい仕

続きを読む

建築業界というと男性のイメージが強いですが、建築士資格保有者の4分の1が女性であることからもわかるように実際は女性も多い職場です。しかし女性は体力面や出産、育児などの理由により前線で働き続け

続きを読む

建設設計業界はほかの業界と比べて転職をする人が多いことで有名です。本記事では、建設設計業界に勤める人々が転職を考える理由について解説します。おすすめの転職タイミングや他業種への転職についても

続きを読む