建築・設計業での転職活動を始める前に!自己分析ってどうやればいい?

公開日:2022/01/01  


「自己分析をしてから転職をした方がよい!」と聞いたことはあるけど「なぜだろう?」と思う人もいるのではないでしょうか?自己分析はすごく重要です。ここでは転職活動を始める前に自己分析をする意味と効果について解説していきます。ぜひ自己分析を行って自分に適した仕事に就きましょう。

建築・設計業での転職活動を始める前に!自己分析ってどうやればいい?

まずは転職をする前に自己分析がなぜ必要なのか?その理由について解説していきます。

1つ目の理由は本当に自分に合った転職先を知るためです。自分が「やりたい仕事」と「向いている仕事」は必ずしも一致するとは限りません。自己分析をすることで、建築・設計業の中で自分に向いている職種が見つかるでしょう。

2つ目は自己分析をすることにより、企業選びや内定時に迷うことがなくなります。自己分析で自分に適した職種が分かってきますので、企業選定や内定をもらった後も「本当にこの会社でよいのか?」と悩まなくてすみます。

3つ目は職務経歴書・面接の通過率が高くなります。自己分析をすることで、本心から「この会社で働きたい。この仕事をしたい」そう感じるようになります。その思いは文章や面接で相手に伝わりますので通過率は高くなります。

自己分析の簡単なやり方

実際に自己分析をしてみましょう。簡単な方法ばかりを紹介します。高度な方法に挑戦してもよいのですが、煩雑さからやる気をなくしては意味がありません。自分に合ったやりやすい方法でよいので、まずは行動してみましょう。

自分の好き・嫌いで決める方法

食べ物・スポーツ・性格・物事の考え方など何でもよいので「これが好き。これが嫌い。」と、メモ用紙に箇条書きで記入していってください。書き出すことにより自分の思考グセがわかります。

好き・嫌いを言語化することにより自分の価値観を表面化させることができます。好き・嫌いを表面化したら今度は次の項目から企業選定の軸を決めます。

・自分に適した職種は何か?
・安定を望むのか挑戦を望むのか?
・ワークライフバランスの重要性はどうか?
・どんな人となら良好な関係を作れるのか?
・収入にどの程度こだわりがあるのか?

たとえば、「自由な時間を大事にしたい」人であれば、残業が多めの企業や職種は避けた方がよいでしょう。残業なしを売りにしている企業を選ぶ必要があります。他にも「威張る人が嫌い」ということなら人間関係を大切にしている企業で働く必要があります。

過去の自分を掘り下げる方法

幼少期から現在に至るまでの過去を振り返り、メモ用紙に記入していきましょう。

記憶にとくに残ったこと、楽しかったこと、嬉しかったこと、悔しかったこと、悲しかったこと、頑張ったこと、継続したこと、価値観が変化したでき事など、こちらも箇条書きにしていってください。その中からとくに思い入れのあるでき事を選び、次の項目に照らしあわせて深掘りしましょう。

・なぜ頑張れたのか?
・何を学んだのか?
・どんな課題が浮き彫りになったか?
・どんな行動をとったか?
・行動した結果どうなったか?

これらに照らし合わせることにより、自分の行動グセがわかります。たとえば「人と何かを一緒にする時に成果を出しやすい」という行動グセがあるとすれば、チームで仕事をする職種が向いているといえます。

自分のキャリアを見つめ直す方法

Willは「やりたいこと」Canは「できること」Mustは「やらなければならないこと」と解釈される3つのフレームワークについてご紹介します。

Will「やりたいこと」はまさに言葉の通りです。自分が「やりたい」と感じることを紙に書き出しましょう。たとえば、以前はデスクワークが中心だったので、今後はアクティブに体を動かす仕事がしたい。そう感じるようなら、紙に「体を動かす仕事がしたい」と記入しましょう。

Can「できること」は自分の能力を冷静に分析して棚卸しします。自分がそう感じることでもよいですし、人から褒められたり尊敬されたりした経験を、できることにするとよいでしょう。たとえば自覚がなくても、よく人から「どんな時も冷静だね」といわれるようなら「常に冷静な判断ができる」と記入しましょう。

Must「やらなければならないこと」は企業から求められる経験やスキルを指します。これまでの経験から「できること」を判断し、未来に向けてやりたいこと、やらなければいけないことを明確にする、というイメージです。

そして、この自己分析は面接時の志望動機に直結します。その企業でやりたいことを伝え、企業のニーズと自身の能力を照らし合わせ、できることをアピールする。そして、入社後に貢献できることを伝える、といった効果があります。

ツールを使う方法

インターネットを使えばさまざまな自己分析ツールを見つけることができます。とくに転職サイトには診断テストや自己分析シートなどの名称で、無料にて自己分析ができるようになっています。一度は使ってみることをオススメします。他にも書店に行けば自己分析するための書籍がたくさん売られています。ニーズがあり、購入される方も多いです。

他にも、転職エージェントを利用するという手段もあります。転職エージェントは専任のコンサルタントが、あなたの転職に関する悩みを聞いてくれます。悩みに対してアドバイスがもらえ、最適な職場を紹介してくれます。

自己分析で気をつけたいこと

自己分析は自分の強みや適正を見極めるために行うものです。しかし、ポイントを押さえないと間違った自己分析をしてしまう可能性があります。意味のある精度の高い自己分析ができるようにしていきましょう。

短所の捉え方を変える

自己分析の結果、自身の短所が浮き彫りになることもあるでしょう。しかし、それを駄目なことだと思ってはいけません。捉え方を変えれば短所は長所に変わります。

たとえば、
短所:考えずに行動してしまう。
変換:行動力がある。

という感じで、捉え方を変えれば面接でもよい印象を与えることができます。

他人に自分はどんな人か聞く

「自分のことは自分が一番よく分かる」と思っている人こそ実践していただきたいです。人は大抵、「自分が思っている自分」と「他人が思っている自分」に落差があります。たとえば「自分は気が利かない人間」と思っていたとしても、周りからは「よく声をかけてくれて気が利く人」と認識されている。

そんなことはよくあります。自身を過小評価する人もいればその逆もいます。とにかく、すぐにできることなので、周りの人に「自分はどんな人間か?」聞いてみましょう。

企業に無理して合わせない

転職したい企業があると、自分がその企業に合っていると思いたくなります。冷静さを欠いた自己分析では本当の適性や強みが分からなくなります。「あの企業は自分に合っているはず!」と決めつけずに、正しい自己分析ができるようになりましょう。

 

自己分析をすることは難しくありません。しかし、自己分析から得られることは多くあり、本当の自分を知るきっかけとなります。転職を考える時、つい給料や待遇ばかりに目がいきがちですが、一番大切なことは「本音の自分の声を聞くこと」です。自分はどんな人間で何を大事にしているのか?自分の心の声を素直に拾い上げることで、満足のできる転職につながるといえます。ぜひ、この記事でご紹介した自己分析を実践してください。活躍されることを願います。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む