【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト5選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計の転職エージェントは問い合わせ時に「業界の最新情報」を教えてくれる?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/24


転職エージェントを利用して仕事を探すときのポイントの1つが、業界の最新情報を教えてもらえるのかという点です。現在の状況がわからなければ、今後を考えてよい職場を選ぶことはできません。建築設計の分野に詳しいかという点は、利用する転職エージェントによっても異なります。

業界の情報に精通しているのか調べる

建築設計関連の仕事に転職を考えている場合、転職エージェントを利用するという方も多く見られます。ここでポイントになるのが、どのように利用するエージェントを選択したらいいのかという点です。

実は利用可能な転職エージェントには、複数の選択肢があげられます。利用するところによって紹介してもらえる求人の種類などの点で違いが見られます。少しでも良い環境で働くためには、どのようなところを利用するかもポイントの1つです。

良いエージェントを選ぶためのポイントの1つに、業界の最新の情報に精通しているのかという点です。同じ職探しでも、建築設計関連と別の分野だと注目すべき点が変わってきます。自分が働きたい分野に精通している方を頼ることで、より良い形で仕事を探していくことにもつながります。

同じように見えるエージェントでも、特定の分野に詳しいかどうかには差が見られます。その差を考慮したうえで、自分に合った業者を選択できるようにしましょう。また自分と相性がよさそうな業者を選んで利用することも欠かせません。

直接話をして詳しいかどうか確かめよう!

転職エージェントを利用する際に、働きたい建築設計の情報に詳しいかどうかがポイントの1つです。ですが知識が豊富なことが大切といわれても、情報通か知るためにどのような点に注意したらいいのかわからないという方もいるでしょう。

そこで大切になってくるのが、担当者と直接話をしてみるということです。同じ転職エージェントであっても、担当者によって業界の事情に精通しているのかなどの点には違いがあります。だからこそ全体で考えていくだけではなく、担当になった方と直接話したうえで判断するのも1つの手です。

いろいろな質問をして話をしていくことで、頼りになりそうな存在なのか判断することにつながります。また担当者がイマイチだと感じたら、チェンジしてもらえるケースも見られます。実際にエージェントに登録する場合には、チェンジの条件などを確認しておくことも大切です。

詳しいかどうかという点以外にも、信頼して任せられるのかというのも担当者を選ぶポイントの1つです。自分の今後の人生を左右する仕事探しだからこそ、信頼できるパートナーを得られるようにしましょう。

これから伸びる可能性がある企業を選ぼう

建築設計の企業への転職を考えている方の中には、大手であれば安泰というイメージを持っている方も多くいます。ですが現在経営が安定している大手だとしても、これからも安泰とは限りません。

今後のことを考えたら、伸びる可能性があるベンチャー企業を選んだほうがよいというケースも見られます。今の安泰を選ぶのがいいのか、これからの将来性を選ぶのかという点は業界に精通していないと判断が難しい部分でもあります。だからこそ知識が豊富な転職エージェントを頼ることが大切です。

多くの企業を見て建築設計の分野に詳しい担当者であれば、今後伸びるところがどこかなどの予想もしやすくなります。さまざまなデータを調べて判断したプロの意見を参考に、自分がどのような環境で働きたいのか考えていきましょう。

実際に働きたいところを考えるうえでは、条件を整理することも欠かせません。給料ややりがい、休みのとりやすさなど人によって働くうえで重視するポイントは異なります。自分の条件を考慮して、適した求人を紹介してもらうことが大切です。

自分の話を聞いて適切なアドバイスがもらえるか

転職エージェントを選ぶポイントの1つとしてあげられるのが、個別に適切なアドバイスをもらえるのかという点です。業界の状況に精通していたとしても、自分が欲しい情報がもらえなければ意味がありません。だからこそ直接話してみたうえで、頼りになる存在なのか判断するのも1つの手です。

実際に転職エージェントに登録したら、最初に担当者との面談が行われます。その面談の機会では、自分の求める仕事の条件を伝えたうえで相性の良さそうな求人を紹介してもらえます。

このとき建築設計の分野に詳しい方なら、状況を考慮して相性の良い求人を探す能力を持っています。一方で知識が不十分だと、自分の希望に合った求人を紹介してもらいにくくなるかもしれません。

知識が十分か判断するために、気になる点があれば質問してみるのも1つの手です。質問してみることによって、本当に知識が豊富なのか判断できます。また質問に適切に答えられるということは、知識があるだけではなくしっかりと活用できているということです。詳しくても活用できないのであれば、知識がある方が担当でも意味はないのです。

複数のところから話を聞いてみよう

建築設計の業界に詳しい転職エージェントを利用したくても、どのように選べばいいのかわからないという方もいるでしょう。そのような場合には、問い合わせを活用してみるのも1つの手です。電話やメールなどで問い合わせをしてみることで、どのようなエージェントなのか判断することにつながります。

実際に問い合わせをしてみた場合、定型文しか返ってこないところもあれば知識に基づいた返答が得られることもあります。複数の業者に問い合わせをしてみることで、どのようなところなら頼りになりそうか判断できます。

転職エージェントを比較したいと思っていても、面談をしたうえで比べるのは時間がかかるし面倒だという方もいるでしょう。一方メールなどの形で問い合わせをするのであれば、時間をかけずに比較ができます。質問に対する返答で良い印象を持ったところがあれば、面談を申し込んで担当者と直接話をするのも1つの手です。担当者との相性も大切なので、複数のところで面談を受けてメインで利用するエージェント決めることも可能です。

利用者の意見を比較することも可能

建築設計の業界に詳しい転職エージェントを選びたくても、選択肢が多くて迷ってしまうという方もいるでしょう。そのような場合には、実際に利用した方の評判を参考にするのも1つの手です。

実際に利用した方であれば、担当者が詳しかったかなどの情報を持っています。利用者の意見といっても、担当者やそのときの状況によって業者に対する感じ方には違いがあります。そこで人々の口コミを参考にするなら、複数の意見をチェックしましょう。複数の意見を見たうえで判断することで、良い業者を見つけやすくなります。

また人々が良いと思った業者だからといって、自分も同じように感じるとは限りません。相性の問題があるので、評判が良くても自分に合っているとは限らないのです。そのため人々の意見だけで判断するのではなく、最後は自分との相性を考慮して業者を選びましょう。

自分と相性の良い転職エージェントであれば、より良い職場が見つかりやすくなるかもしれません。良い仕事に出会うためにも、働くうえで重視したいポイントを自分なりに整理しておくことも大切です。

 

転職エージェントで建築設計の業界の仕事を探すなら、担当者の知識に注目することも大切です。最新の情報を把握したうえでサポートしてくれる担当者なら、自分に合った仕事が見つかりやすくなるかもしれません。メールや電話などで問い合わせをして、自分に合った業者を見つけることも可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧