紹介予定派遣とは?メリット・デメリットを理解して転職を成功させよう

公開日:2023/06/15   最終更新日:2024/06/19


転職を考えている方にとって、紹介予定派遣は有力な選択肢となります。紹介予定派遣とはどのようなものなのか、そのメリットとデメリットについて正確に理解することは、転職活動を成功させるために重要です。この記事では、紹介予定派遣について詳しく解説。紹介予定派遣とは何か、その特徴や利点、注意点などについて明確に説明しています。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣とは、派遣された先の会社の従業員になることを前提とした派遣の形態です。派遣期間中は試用期間のような扱いで、派遣社員として働きながら、派遣先企業と直接雇用について検討を進めます。直接雇用するか、派遣社員と企業がそれぞれ検討し、両者が派遣から直接雇用に変更したいと結論付けた場合は直接雇用されるのです。

ただし、必ずしも直接雇用されるわけではないので、注意しましょう。紹介予定派遣による転職を希望する場合は、直接雇用される可能性が高いことを了解し、申し込む必要があります。

また、通常の派遣では派遣先との事前の書類選考や面接が認められていませんが、紹介予定派遣では派遣前の書類選考や面接が行われる場合があります。企業側も、直接雇用するに当たり一定の知識や能力を備えているかどうか確認するためです。

派遣期間も異なっており、通常の派遣では最長で3年ですが、紹介予定派遣としての派遣期間は、もっとも長くても半年です。派遣先に雇用されることを予定した派遣形態である紹介予定派遣について、正確な理解をもち、うまく活用して転職活動を進めましょう。

紹介予定派遣で働くメリット

紹介予定派遣で働くメリットを理解し、転職活動を成功させましょう。紹介予定派遣の制度を活用することには、転職を考える上で多くのメリットがあります。以下にそのメリットを紹介しますので、確認してみてください。

直接雇用される可能性が高い

まず、直接雇用される可能性が高い点が大きなメリットです。通常の派遣と比較して、紹介予定派遣では直接雇用を前提として働くため、長期的な安定雇用が見込まれます。また、紹介予定派遣中の6か月は試用期間として働くことができるため、実際の職場の雰囲気や仕事内容を把握できるのです。

合わない会社に長くとどまることは難しく、数か月で離職することも珍しくありません。しかし、紹介予定派遣なら、試用期間で働いてみて、自分に合わないと感じた場合には直接雇用を辞退することができます。長期間にわたって合わない環境で働くリスクを回避できるという点がメリットです。

入社が難しい会社に入社できる可能性がある

正社員として入社することが難しい会社において、未経験でも入社するチャンスがある点もメリットです。新たな業界への挑戦を希望する場合におすすめの転職方法といえるでしょう。また、紹介予定派遣では仕事が途切れずに継続して働くことができます。

これは紹介予定派遣の安心ポイントのひとつです。通常の転職では、離職すると再び転職活動を始める必要がありますが、紹介予定派遣では派遣元の会社に所属し続けるため、新たな派遣先を選んでくれるなどのサポートが期待できます。

合わないと感じた場合でも次の職場がすぐに見つかるため、辞めるリスクが少なく、迅速に見切りをつけることができるのが特徴です。一般的な転職活動では、次の職場がすぐに決まるわけではありません。紹介予定派遣なら、居心地の悪い職場に長くとどまる必要はありません。

紹介予定派遣で働くデメリット

紹介予定派遣には多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。転職活動が成功するためには、これらのデメリットも把握しておく必要があるでしょう。こちらで、デメリットを確認してください。

直接雇用について合意が必要

紹介予定派遣では派遣期間中の6か月の間に、企業側と派遣社員の双方が直接雇用について合意する必要があります。片方だけが直接雇用を希望していても、合意にいたらないのです。また、通常の転職活動よりも転職までの時間がかかることもあるので、転職までの期間が延びる可能性に留意しましょう。通常の転職活動に比べて時間的な余裕が必要な場合があります。

採用試験が行われる

通常の派遣とは異なり、筆記試験や面接などの採用試験が行われることがあり、難易度が高い傾向があります。しっかりと準備をしていないと、不採用になる可能性があるのです。派遣社員は就業までに派遣先と面接することは許されていません。通常の派遣社員の流れに従って紹介予定派遣を希望すると、試験に焦ってしまうことがありますので、充分な試験対策と準備が必要です。

求人数が少ない

求人数が正社員の求人数に比べて少ないという点もデメリットです。競争率が高くなる傾向があります。大企業であっても、紹介予定派遣の制度を知っている従業員は全体のわずか56%程度であり、知名度も高くありません。紹介予定派遣による転職は、派遣会社が高待遇の求人を手に入れているかどうかが成功のカギとなります。待遇のよい企業が紹介予定派遣を活用した採用活動を行っていない場合も多く、転職は狭き門となる可能性が高いです。

正社員と同等の待遇ではない

紹介予定派遣で直接雇用された場合の待遇についても注意が必要です。紹介予定派遣の場合、直接雇用されても、必ずしも正社員と同等の待遇ではない場合があります。契約社員として採用されるケースもあり、派遣会社と派遣先での待遇や契約条件が異なる場合もあるのです。待遇や契約条件については事前に調査し、確認しましょう。

紹介予定派遣として働くときのポイント

紹介予定派遣として働く際には以下のポイントに注意しましょう。

事前に情報収集を行う

入社を希望する企業について、事前に情報を収集しましょう。その企業の特徴や業務内容を把握することは重要です。応募時には自身の専門知識やスキルを積極的にアピールしましょう。自身の強みを的確に伝えることで、企業側から選ばれやすくなります。

実績豊富な派遣会社を選ぶ

魅力的な就業先を紹介してもらうためには、派遣会社の能力も大きな要素です。実績豊富な派遣会社を選びましょう。派遣会社の設立からの年数や、これまでの紹介実績をチェックすることをおすすめします。実績のある派遣会社は、優れた求人情報をもっている可能性が高いです。

自己啓発やスキルアップの意欲が重要

紹介予定派遣では、自己啓発やスキルアップの意欲が重要です。現在のスキルに加えて、将来的に必要とされるスキルや資格を積極的に学びましょう。派遣先での業務に加えて、自己成長を促す研修やセミナーにも参加することで、自身の市場価値を高めることができます。

コミュニケーションを積極的に行う

人間関係の構築も重要です。派遣先でのコミュニケーションを大切にし、チームや上司との関係性を築いていきましょう。良好な人間関係を構築することで、仕事へのやる気や意欲が高まり、将来的なキャリアの可能性も広がっていきます。

まとめ

ここまで紹介予定派遣について、その特徴や利点、注意点について詳しく解説してきました。紹介予定派遣は転職を考える際の選択肢のひとつであり、そのメリットは直接雇用を前提としていることによる長期雇用の期待や、試用期間中に職場の雰囲気を把握できることなどにあります。

一方で、デメリットとしては直接雇用にいたらない場合があることや求人数の少なさ、待遇面が正社員とは異なる可能性があることに注意が必要です。転職を成功させるためには事前の情報収集や派遣会社の選定が重要。紹介予定派遣にはデメリットも存在しますが、上手に活用することで転職活動を有利に進めることができます。紹介予定派遣を活用して、転職を成功させましょう。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

建築設計業業界でも、転職エージェントはキャリアチェンジ希望者にとって強い味方となっています。しかし、未経験の場合、転職エージェントを有効活用できるのか疑問に思う方も多いでしょう。今回の記事で

続きを読む

近年、建設業界における人手不足や高齢化が深刻化しており、生産性向上や安全性の確保が一刻も早い課題となっています。こうした課題を解決するために、AI技術の活用が期待されています。本記事では、建

続きを読む

建築設計業への転職を成功させるためには、自分に合ったキャリアサポート業者を選ぶことが重要です。特化型エージェントと一般エージェント、それぞれの特徴とメリット・デメリットを理解し、自分の経験や

続きを読む

建設設計業界でも転職エージェントの利用が増えており、その役割やメリットは多岐にわたります。本記事では、建設設計業に特化した視点から、転職エージェントの利用方法やそのメリット・デメリットについ

続きを読む

建築業界での転職はキャリアアップや新たな挑戦の絶好の機会ですが、慎重に進めないと失敗するリスクもあります。たとえば、準備不足や自分の強みを活かせない選択が失敗の原因となります。本記事では、転

続きを読む

設計の世界で成功するためには、単に美的センスがあるだけでは不十分です。問題解決能力やクリエイティブな思考、細部へのこだわりが求められます。本記事では、設計士に向いている人の特徴や、向いていな

続きを読む

設計士の就職・転職先として設計事務所が一般的にあげられますが、実はそれだけではありません。ゼネコン、ハウスメーカー、アトリエ事務所など、多様な分野で設計士のスキルは求められています。設計の専

続きを読む

建築業界のなかで収入が高い職種を知ることは、キャリアパスを考えるうえで非常に重要です。本記事では、建築士や技術士など、とくに高収入が期待できる職種について取り上げ、その職種で求められる資格や

続きを読む

宅建士とは、不動産分野で専門的な知識を有する資格です。本記事では、建築設計業界でも活躍の場が広がりつつある宅建士のスキルに焦点を当て、どのようなメリットがあるのかについて探ります。建築や不動

続きを読む

プラントエンジニアはプラント設計の専門家で、企画から維持管理まで幅広い役割を果たしています。その高度な専門性とスキルはモノづくりに欠かせず、将来性も期待されているのです。この記事では、プラン

続きを読む