転職エージェントは「相談だけ」の利用もできる?相談だけするメリットや注意点

公開日:2021/10/15  


転職は考えているけど、まだガッツリ転職活動をするところは考えていない、というとき、うっかり転職エージェントに登録すると、いろいろ転職先を紹介されて面倒なのでは、と思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、転職エージェントは「相談だけ」の利用もできるということについてまとめたので、参考にしてみてください。

転職エージェントは相談だけの利用も可能

将来的に転職を考えているけど、転職エージェントに登録するには、「はっきりと転職の意思が固まっている必要があるのではないか、そうでないと相手に迷惑だろうし、しきりに転職先の紹介をされても困る」と考えている方も多いのではないでしょうか。でも、実際にはそんなことはありません。各転職エージェントの公式サイトを見ると、実は「相談だけの利用もOK」と書いている例も多く見られます。

たとえば、大手のエージェントでも「面談にいらっしゃる方が、必ずしも転職の意思が固まっているわけではありません。ご相談だけでもお待ちしております」や「キャリア・転職活動をするか迷っている場合も、お気軽にご登録ください。あなたの『正しい転職』をアドバイスいたします」などと書いてあります。

転職エージェントの仕事は、転職先を紹介して応募を促すことだけではなく、転職を考えているけど迷っている人やどうしたらよいかわからない人に対して、転職に関するカウンセリングを行って、利用者の転職に関する考えをきちんと整理していく役割もあるのです。

転職エージェントに登録してみると、まず転職についての考えを聞かれると思います。その時点でまだ何も決めておらず、漠然と「転職も考えてみようか」と思っている程度でも構いません。薄らとでも転職を考えているのであれば、相談してみるとよいでしょう。転職エージェントにとっても、利用者が満足感を持って転職してくれることが望ましいはずです。きっとあなたが転職に対して満足のいく考えに至れるよう、カウンセリングしてくれることでしょう。

転職エージェントに相談だけしてみるメリット

転職エージェントに相談すると何がよいのでしょうか。大きなところとしては、自分に合った転職のタイミングや転職するにあたって知っておきたい自分の市場価値といった、転職を考えるにあたって必要な情報を提供してくれます。転職エージェントは、これまでの転職支援の実績から、応募者や採用企業の担当者のいろいろな声を聞いており、実に多くの転職に関する情報やノウハウを持っています。いわば転職のプロです。

そうした転職のプロの視点からのアドバイスや指摘をもらうことは、これから転職を具体的に考えていく、あるいは転職活動を進めていく上で、非常に重要なポイントになってきます。自分のスキルや経験が、転職市場で見たらどの程度のものなのかを客観的に知ることもできます。

耳が痛い結果が返ってくることもあるかもしれませんが、それはそれで転職する前にきちんと知っておくべきことです。一人で考えているよりも、客観的で幅広い視野で転職を考えることができることは、とても大きなメリットです。そうしたプロとのやりとりから、たとえ今は転職に迷っているとしても、本当に転職するべきか、転職するとしたら何を強みにどんなポジションを狙うべきか、といったことがきちんと明確になってくることでしょう。

そして、いざ転職活動を始める段になったときは、書類の作成や応募の方法など、しっかりサポートしてくれるはずです。プロに相談してみることで目の前が拓けてくることもいろいろあると思います。もしも気になっているならば、相談だけでもしてみることをオススメします。

転職エージェントに相談だけする際の注意点

転職エージェントに相談するときは、できるだけきちんと自分の意思をはっきりと伝えることがよいでしょう。相談したいだけなのに、転職の意思があるかのようなことを伝えてしまうなど、自分の本心と違うことを伝えてしまうと、うまくあなたにとって必要な情報をやりとりできなくなってしまいます。

相談するのもコミュニケーションなので、そのコミュニケーションが円滑に、そしてあなたの目的を達成できるよう、きちんと自分の意思を正しく伝えるようにしましょう。まだ転職活動への意思が固まっていないのであれば、まずは「相談だけ」をお願いして、カウンセリングをしてもらうことでよいでしょう。

もちろん、自分の意思が「相談だけ」と「転職活動をするとしたら何を考えたらよいか」の間にいて、相談だけのつもりが、転職活動についての具体的なことまで聞いてみたくなった、ということもあるでしょう。相談した結果、いろいろ考えが変わってきたり、隠れていた本心が見えてきたりすることもあります。転職エージェントの担当者とも気が合えば、それっきりということはありません。

「相談の先に今後のキャリアのことも考えたい」と伝えれば、もっと親身に話をしてくれるようになるでしょう。大事なことは先を見据えつつも、自分にとって必要なことを教えてもらえるように、あるいは必要に応じてサポートしてもらえるように、きちんと現時点での自分の意思を伝えることです。少なからず転職に関心を持っているあなたにとって、最良のアドバイスを与えてくれるはずです。

電話相談ができる転職エージェントもある

転職エージェントの中には、サービス拠点に出向かなくても、電話で相談ができる場合があります。最近はテレワークが普及してきているくらいのため、そういったエージェントも少なくないはずです。ネットで申し込むと、電話での面談を予約できる場合があるので、ウェブサイトを見てみましょう。

中には、ウェブサイトで会員登録すると、登録した電話番号に電話が入り、そのまま面談の予約ができ、後日、面談の日時に電話が入って口頭で面談が受けられる、というエージェントもあります。電話面談だと、お互い初めて同士で顔が見えない中で、転職という話題の話をするのは抵抗があるかもしれません。

また、お互いの表情もわからないため、細かなコミュニケーションも難しいところはあります。とはいえ、在職中の方はなかなかまとまった時間が取りにくく、エージェントの拠点へ出向いて面談を受けるというのも難しいかと思います。なかなか時間が取れないまま、面談すらできずに時間だけが過ぎてしまうのはもったいないです。

そうこうしているうちに、転職のベストタイミングを逃してしまうかもしれません。忙しい人こそ、そうした電話面談のサービスも活用するとよいでしょう。まずは話す機会を持ってみて、ご自身の意思に向き合い、ご自身の今の状況から転職するとしたらどんなことを意識しておかなければならないのか、といったことを知ることが大事だと思います。そこから次のアクションにつながっていくのです。

 

今回は、転職エージェントに「相談だけ」の利用もできることをまとめました。転職活動は自分のキャリアや人生を左右する重要なアクションです。一人では不安だし、わからないことだらけだと思います。転職エージェントは、そんなときに頼れるプロです。わからないことはプロを頼ることで、自信を持って前へ進むことができるようになります。迷っている方は、ぜひこの機会に相談して、ご自身の思いを前向きに見つめてみてください。

おすすめ関連記事

検索

READ MORE

転職エージェントは複数社の登録が可能です。複数利用することで求人情報量が増え、キャリアの選択肢が広がるでしょう。しかし情報量が増えれば増えるほど悩んでしまい、エージェントを上手く活用できない

続きを読む

転職活動の心強い味方である転職エージェント。誰もがトラブルなく安心して利用したいと考えるでしょう。しかし人と人が関わって成り立つサービスであることから、トラブルは少なくありません。転職活動を

続きを読む

年収交渉はいい出しにくいですが、転職希望者にとっては大切なことです。とくに希望する企業の年収が低かった場合、なんとかして年収を上げたいものです。ハードルの高い年収交渉も転職エージェントに代行

続きを読む

転職の際にぜひ利用したい転職エージェント。求人紹介から内定獲得までさまざまなサポートをしてくれるサービスですが、利用したことがある方も多いでしょう。今回は総合型の転職エージェントのメリットと

続きを読む

女性の転職は難しいと思う人もいますが、転職に性別は関係ありません。企業の求めるスキルに達していれば内定はもらえます。しかし結婚、出産などのライフスタイルの変化により、働き方やワークバランスが

続きを読む

テレビでは転職エージェントのCMが流れることも増え、転職する人も増加傾向にあります。今回は、建築設計業界における50代の転職事情をご紹介しますよ。一般的には50代の転職は厳しいといわれていま

続きを読む

住宅や商業施設、公共施設など、人々の生活に欠かせない建物をつくる建設設計業界。魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。この記事では、建築設計業界における40代の転職についてご紹介します。転

続きを読む

建物をつくることで人の暮らしを豊かにする建築設計業界。社会への貢献度も高く、魅力の多い業界といえるでしょう。この記事では、そんな建築設計業界における30代での転職について解説します。これから

続きを読む

残念なことに、建築設計業界にはブラック企業が多いという声があります。とはいえ、人の活動になくてはならない業界でもあり、求人を見かける機会も多いのではないでしょうか。そこで、建築設計業界にはブ

続きを読む

建築設計業は、なくてはならない職業のひとつ。また、数ある職業のなかでも、企業や仕事によって業務内容が大きく異なってくる職業であるともいえるでしょう。そこで今回、建築設計業における求人内容や、

続きを読む