【建築設計業界の方におすすめ】転職エージェント・求人募集サイト8選を比較紹介!中途採用に強い転職サポート支援!

建築設計業を目指す女性におすすめの転職エージェントの特徴

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/02/02

建築設計業といえば、かつては男性の職場であり女性は少数しか働いていないというイメージがあったかもしれません。しかし現在では、資格を取得することが非常に難しいといわれている建築士1級の国家資格を取得した人のうち4人に1人が女性となっているのです。建築設計業を目指す女性は増えているため、おすすめのエージェントの特徴を紹介します。

女性の活躍が期待されている建築設計業

男性が多いと考えられている建築設計業の職場において、女性建築士が増えてきた理由としてあげられるのが、国土交通省と5団体の建設業団体によって定められた、もっと女性が活躍できる建設業行動計画が考えられます。その職場だけではなく、建設業の業界全体で活躍をバックアップしいるということは、女性にとって働きやすい職場になってきているといえるでしょう。

しかし、建設業の仕事の大変さは男女ともにあり、仕事が定時では終わらない、残業や徹夜をしても納期以内に作業を終えなければならないということも少なくありません。とくに徹夜での仕事となると精神力や体力が要求されますので、その職場がどのような環境になっているかを考えた会社選びはとても大切です。

そして、建築現場などで働く職人には男性が多いため、働く環境も周囲が男性ばかりという状況が多くあるようです。仕事仲間と協調しながらうまく仕事をしていく上では、知恵やノウハウが必要となります。

女性の働きやすい制度を導入しているかどうか

世の中全体の動きともいえますが、人生において大切なライフイベントとして訪れる結婚や出産などが、キャリアに影響を与えないための環境配備が、建築設計業においても進められています。出産する前後14週に取得できる産休制度や、生まれたばかりの新生児や赤ちゃんを養育するための時間で設けられている育休制度、また働きながら養育を続けるために必要な短時間勤務の制度などの導入が進められているようです。

ただ制度が配備されているというだけではなく、きちんと制度を活用できる職場を選ぶのがよいでしょう。その会社で実際に制度が活用されているのかどうかは、転職エージェントに確認すると、会社の内情を把握しているため教えてもらえることが多いようです。

制度の導入は現在では男女ともに必要なこととされており、義務として整備はきちんとされているケースが見られます。しかし、実際に働いている環境によっては制度を活用しにくい、休暇を取ることによってキャリアアップが難しくなってしまうということも少なくないため、確認してみたほうがよいでしょう。

非公開求人なども活用して探しましょう

転職エージェントを選ぶときに、ネットなどで見た情報だけで決めてしまってはいけません。たとえば、サイト上に求人検索できるような場所を設けている場合、出てくる件数の多さなどから一番使いやすいエージェントだと判断してしまうようなことはないでしょうか。

実は、転職エージェントは非公開求人を多数取り扱っています。非公開求人を扱う理由は、たとえば超人気企業の場合ネット上に公開してしまうとすぐに応募が殺到してしまうので、非公開として実際に会社に合いそうな人にだけ紹介しているサービスと位置づけている場合があります。

とくに建築設計業などの技術やスキルが必要な職種の場合、非公開としてよい企業を転職エージェントが保持している可能性は高いようです。そのため、ネットで求人検索をしただけで自分の転職先を探すためのエージェントを決めるのではなく、一度実際に担当者と面談して、自分の希望やスキルセットについて理解してもらい、転職についてのさまざまな不安点などを相談してみることをおすすめします。

転職エージェント担当者との相性も大事

エージェントの担当にも営業成績といったノルマは課せられているため、場合によって男女の差をあまり考えずにとにかく求人を紹介するような担当もいるかもしれません。

これは、面談などの作業が増えていくだけで、本当に希望している会社に入社するには不要な時間といえるかもしれません。面談設定をされてしまうと断るのも気まずいことがあるでしょう。きちんとヒアリングをして希望や状況を考慮した上でよいと思われる会社を数社紹介するような、丁寧な対応をしてくれる転職エージェントのほうが望ましいです。

また面接に受かって入社できる状態になっても、本当に自分がその会社で働きたいのかどうかなどを考える時間や余裕が欲しいものでしょう。転職エージェントによっては、強引に転職をすすめてくるような場合もありますので注意が必要です。あくまで利用者の立場に立って考えられるエージェントの担当者についてもらうことが、転職を成功させるうえではとても大切な要素になります。よさそうな担当者を見つけるまでは、何回か数社のエージェントと面談をしてみるのもよい手でしょう。

エージェントのヒアリング力も大事

女性が建築設計業に転職する際に質問されやすい項目や、相手が求めている事などを把握しており、練習してフィードバックしてくれるような転職エージェントを探してみましょう。女性ならではの質問もあり、その質問に対して準備をしておくことで面談に向かう心づもりは変わってきます。

そのような質問想定ができるということは、それだけ女性の転職活動支援で成功している転職エージェントであり、業界とのコネクションももっている企業といえるでしょう。必ずしもエージェントの担当者が同性である必要性はありませんが、同性の担当者の場合は、さらに細かい部分まで理解したうえで相談に応じてくれるかもしれません。

基本的に面談や採用に男女差はありませんが、どうしても会社側は配属先の部署の男女バランスなどを考えて採用するものですので、会社の内情についてまで聞き出せているエージェントの担当者はとても頼りになるでしょう。

自分の希望条件はきちんと伝える

女性がワークライフバランスを大切にしながら働ける環境を構築している、もしくは構築することを目指している企業を探すことが大切です。しかし、内情は求人情報からはなかなか読み取ることができません。実際に働いている人の意見を聞いて、会社の方針をきちんと把握している転職エージェントの担当者の意見を聞いてみることで、初めて納得いく回答をもらえるものです。

そのため、まず会社とのマッチングをしてもらう段階で、きちんと自分の希望を伝えることがとても大切です。希望を主張しすぎると紹介してもらえる会社が少なくなるのではないかと心配する人も多いですが、実際に入社してしまい理想と違ってしまうというのは、会社側にとっても応募する側にとってもアンマッチングとなってしまいます。自分の希望条件をきちんとまとめて転職エージェントに伝えること、それを把握してくれるエージェントを活用することの2点を重要に考えて、転職活動を進めてみることをおすすめします。

 

1日の大半の時間を過ごすことになる会社選びは、自分の希望と相手の会社の希望の両方がしっかりとマッチングして、初めてお互いに有益な転職を実現できます。大切な会社選びをする際に心強いパートナーとなってくれる転職エージェントを選ぶことは、会社選びの最初の段階として重要な作業ですので、さまざまな転職エージェントをためしてみることをおすすめします。女性への面接対策がしっかりとしているエージェントを選んで、転職活動に励みたいものです。

【建築設計】転職エージェント・求人サイトランキングはこちら!

おすすめ関連記事

記事一覧
サイト内検索